ワニワニ学級 本校

子ども達や自然や日常から生きるヒントを考える



このホームページでは

人類にとって生命の指標(ライフインデキス)である子供達の活動のようすや、

「太陽(Hアルファ画像)」や「お星さま(冷却CCD他)」の写真、

「みんなのペット」「顕微鏡でとった写真」・・・などの自然、

そして日常生活のすべてが生きる上で示唆してくれているものを共に探っていきたいと思っています。

☆★☆ おとなも子供もみなさんどうぞ ☆★☆

はじめての方はこちらからどうぞ

開設日 平成10年6月25日

現代の「新感覚稚児」である(?)
がきんちょ三人組(有安杏果さん・美山加恋さん・鈴木理子さん)や
週末ヒロイン「ももいろクローバー」を、ホームページ内で応援しています。



たぬき先生が開いている別のホームページ

環境ホームページ


ふるさと・地球環境などの実践記録です
上のマークをクリックすると行けます。

NEW  平成22年 4月9日~  8日撮影の桜画像(分校跡地 赤塚駅近く)

http://www.geocities.jp/neverland1660/index.html

 



  あなたは 人目の参観者です。

祝50500人突破!(H22,2,7
(最新更新日 平成29年3月23日 朝

金環日食特集 太陽のお部屋に新設


学習会だより

「すぐ役に立たない」=「いろんな役に立つ」  ・・・6月3週目号

あるビジネス雑誌に「数学」を勧める特集がありました。単に実務上で計算力が必要だから、というのではなく、数学的に考えることなどが様々な場面でいかされるという趣旨です。本音をいえばこうした取り上げ方はまるで数学を学ぶことが投薬のようで嫌なのですが、私がいつも強調している「類化性能」とも直結している話題だったので特集しました。

「思考のジャンプ」と「遊び心」-①  ・・・6月4週目号

理数的に「思考のジャンプ(類化性能)」を鍛えるためのネタは案外どこにでも転がっています。今回はある小学校の5年生、6年生とのやりとりの内容を紹介しています。

「思考のジャンプ」と「遊び心」-2  ・・・6月4週目号

同じ思考のジャンプ力を鍛えるのでも日本人が古くから行ってきたものには「掛け言葉」などもあります。和歌でも大切なポイントですよね。技巧として古典ではならいますが、本当はもっと深いところに意義があります。今回は和歌での書け言葉ではなく、笑点などでも時折やっている「・・・とかけて・・・と解く。その心は・・・」という方を例にしています。

*一見地震とは関係ない話題のようなタイトルでもしばらくは「今のこの時期」を意識してテーマを決めています。なので地震関連の特集として先週設けた欄に、前の週の特集も順次移しています。読み落としのある方は、ぜひ地震前の「ナマズ絵」のものも含めて最初のものから読み返してみてください。


予告

  たぬき流勉強法コーナー  現在「数学編」についてを作成中です・・・体調不良で進んでいません
(今出来ているのは「歴史編 年表つくり」)
 

 

最新更新への直行通路

入れ替えアルバムなどの定期更新以外で更新された場所への直行通路です。(各お部屋の入り口を飛び越して直接その場所へ行くので、ご注意を!それぞれのお部屋に入っていろいろ巡りたい場合は下の方の「お部屋ご案内」からどうぞ)

料理コーナーにレンコン料理コーナーとブリ大根の朝日新聞風レシピ平成22年1月25日
             キンピラごぼうについてのコメント&画像(1月27日)



個人的関心からのミニ情報



NHKミニ番組 日めくり万葉集 HP
今まで放送された和歌と口語訳も載っています

http://www.nhk.or.jp/manyoushuu/bangumi/index.html



がきんちょメンバー3人組関連情報
たぬき先生は がきんちょ3人組&ももいろクローバー の皆さんの生き様そのものを応援しています!

美山加恋さん
公式ブログ
 



有安杏果さん & ももいろクローバーZ
セーラームーン連載20周年記念の一環として今年公開予定のアニメ主題歌をももクロが担当
ももいろクローバーZの活動 スケジュールはオフィシャルサイトから  

左から 高城れに 佐々木彩夏 有安杏果 百田夏菜子 玉井詩織 早見あかり(現在は卒業)さんです
ももいろクローバーZ 各メンバーの公式ブログ
ありやす~http://ameblo.jp/ariyasu-sd/
れにhttp://ameblo.jp/takagi-sd/
かなこぉhttp://ameblo.jp/momota-sd/
あ~りんhttp://ameblo.jp/sasaki-sd/
しおりん
http://ameblo.jp/tamai-sd/


主として「Z」になる前のコーナーはこちら



鈴木理子さん

公式ブログ・・・H23,8月初旬に再びブログが閉じられました

鈴木理子さん主演
ふみ子の海 公開情報

平成20年 7月6日 主演女優 鈴木理子さん 茨城上映会舞台挨拶ルポはこちらです


この画像をクリックするともっと大きなサイズで出てきます

日本各地の上映情報は  ふみ子の海 公式サイト http://www.fumikonoumi.com/


更新時のひとこと&PR

大地震以降の分 その1(H23年 3月11日~)

 その2(3月18日~) 

その3(4月1日~)

母親他界連絡(前日)以降の分(4月22日)

5月1日以降の分

5月21日以降の分 

ももいろクローバー「未来へススメ!」より

「どんなどんな困難でも きっときっと立ち向かえる 一人じゃ挫けそうでも 助け合えば大丈夫! いつかいつか辿り着ける 夢に夢に描く場所へ 忘れないよいつだって 孤独じゃない強い智(きずな)まっすぐ未来へススメ!」


研ナオコさんが畳で足をすべらせて転倒・・・右大腿部頸部骨折ということなのですが・・・他人ごとではありません。母方の祖父も縁側から部屋に入ろうとした時にわずかな段差で転んでやはり大腿部頸部骨折しましたから。頻繁にバランスを崩したり転倒している私もかなりリスクは高い・・・

それだけに「今のうちにやらねば」という焦りのような気持ちも強いわけで・・・・最近ちょっとずつ実行に移すことが増えてきていること自体はいいことであるハズなのですが、「また何かに取り組めるようになってきている」という喜びよりは、以前の自分と比べてしまっての衰えの再認識や、「どこまでやれるだろうか」という気持ちばかりで・・・・。

先週、KOU君が「ドラゴンボールZの主題歌の中にこんな言葉がありまして・・・」と最近私がこだわっている「意識世界の器化」に関連してのことを教えてくれました。

『頭カラッポの方が 夢詰め込める』

確かに今の自分などは「器化」と主張しつつ、自分は全くその真逆だと反省させられます。

(21日 朝)お墓参りには19日にいってきたのですが、そのせいか足腰の痛みが悪化して、ゆうべの家庭教師の時には座っているのが本当にきつかったです。

数日前にまた転倒してしまって特に左肩にダメージ・・・これも断続的に顔をしかめるほどの痛みが走ります。そしてゆうべもまた転倒。倒れたところが布団の上だったのでダメージは少なかったですが、こんな調子でいたらいつ取り返しのつかないような転び方をして日常が一変してしまう可能性がどんどん高まっていき、やがて・・・という不安がつのります。

今朝は4時頃には寝付けずに起きだして、昔ごく簡単なアニメを教え子たちと作っていた頃にアフレコで使っていた古い機材(マイクや音声ミキサー)を発掘しました。ちょっと最近もくろんでいるある企画のために・・・

(17日 朝)
児言態の月例会への参加をはじめとして、何年にもわたっての冬眠生活のようなことから脱却している気配があるわけですが、さらに違う面でもこれまでとは違う行動をとるようになりつつあります。それが吉とでるか凶とでるかは分かりませんが内なる声に従って今の私の生活状況からみたら常識破りなことへの挑戦???

長編アニメに着手した宮崎駿監督ではないですが、どうせ破綻に向かってしまっているなら、今できることを少しでもやっておかないで終わりを迎えたらきっと大きな後悔をしながらあちらへ行くことになりそうなので。

・・・ということで昨日も思い切った行動にでたのですが、その影響なのかどうか知りませんが、また葬儀がらみの夢をみました。これも生々しい感覚が伴っています。ごく簡単にいうと
かつてこの家の主だった祖父の葬儀。納棺を前にして私は何人かの教え子たちといっしょにいます。子供の一人が「あれ、動いてるよ!」と。確かに寝心地が悪そうに頭を動かしているようにみえます。葬儀会社の方は「よくあることです。細胞に栄養分が残っていると亡くなっていても動かせるんです」と平然としながら作業を進めている・・・そんな夢でした。

なんだか今の自分と重なるような気がしました。(残った力をふりしぼって動こうとしている感覚)

(11日 午前)
今日で東日本大震災から6年・・・・とはいっても震災は過去のものではありません。被災した方々にとっては今なおという感覚です。東北のかげに隠れて被災地と思われていないことの多い茨城県の我が家周辺でさえ、住めなくなって空き家になったまま壊れかけている家や崩れたままの塀はあちこりにあります。最近になってようやく取り壊しの工事が始まった家も何軒もあります。

ましてや例の遠出で福島県に行けば震災の爪痕はいたるところに残っています。そしてさらに他の地域へ移り住んでいる方々への偏見・・・子供たちがいじめられているとかいう話が絶えないというのは本当に情けないことです。

(10日 夕方)夜中にまた生々しい実感を伴う長編の夢をみました。ところどころ忘れているのですが、基本的にはまた火葬場・葬儀がらみの夢です。他界した父や母も生きているということで登場しました。

(以下夢の概略)父が若い頃から師と仰いでいた方が亡くなったという知らせがあって、我が家も一家総出で葬儀のお手伝いにでかけることになりました。私は夜に予定されていた家庭教師の仕事をキャンセルするために先方へ電話をするのですが、なかなか通じません。そのうち電話がかかってきて母がとったのですが、これが(夢の中で)つい先日お試し授業をやった男の子からで「やっぱり見てくれの悪い中年のオヤジみたいな人には教わりたくない」というキャンセルの電話。寂しげな私の様子をみて母は私の置かれている状況の厳しさを再認識してくれています。葬儀会場での出棺の時、何故か棺のふたが釘で打ち付けられていなくてみんなが運び出そうとした際にふたがずれて頭のあたりが見えました。火葬場は相当大きな施設で・・・多数の棺が次々と炉に機械仕掛けで運ばれていきます。そんな様子をずっと見ていました。

ここ最近いろいろな事で「大きな節目にさしかかっている」という気がしているのですが、ますます迫ってきているという気がします。

(9日 朝)
厳しい冷え込みですね・・・昨日の朝なども道路に残っていた水たまりが凍結していました。
水戸名物の梅の花はどんどん咲き始めていますが・・・・心も冷え切っているし、腰痛などはますます悪化しているし・・・パソコンでテープ起こしの作業をしてもすぐにダウンです。(視力の低下も尋常ではない)

(5日 朝)何とかこうして更新作業をしていますが、上野についたあたりで周囲の見え方が格段に悪くなり目眩というか貧血状態のようにふらついて何度もよろけそうになりました。児言態の集まりに参加する頃はややマシになりましたが・・・・
上原先生の語録作成等々も早く進めなければという思いも再確認・・・児言態のためというよりも、子どもたち・若者たちのためにということで。

それぞれの「今」を精一杯生きるために・・・

(4日 朝)昨日はひな祭り・・・今年も近所の方からちらし寿司を頂きました。旬の便りです。

 

足の痛みに加えて片頭痛の発作も起きてしまい、ゆうべから鎮痛剤を飲んでいます。今日はこれから児言態の3月例会に出かけますが・・・ちゃんと参加できるかどうか・・・椅子に座っていてもかなり辛い状態がここ数週間で加速しているので、電車だとか会議で長時間座っていることで、明日以降かなり厳しい状況になることは避けられないと思います。(だからといって立っているのが楽というわけではないですが・・・突然のめまいというかふらつきも相変わらずですから)

(2日 朝)ゆうべも寝付けないでいたときに急に学年発達視点で図式化の形が浮かんできて・・・明け方まで2時間以上書いていました。前回のよりは余白がありますが・・・やっぱりゴチャゴチャしています。

ここ数日、夢の中で父や母と言葉を交わすようなことが増えています。対話の内容は覚えていないのですが・・・何か節目が来ているという暗示????

書き終えてひと眠りして起きたら、右足首に痛み・・・・悪化したら明日の児言態参加がきつくなります。

(3月1日 朝)27日の真夜中・・・寝付けないでいた時に児言態の原稿の構想をぼんやり考えていたのですが・・・ちょうど2時頃に次々とこれまで考えてきたことがつながりはじめてきたような感覚になりました。このままでは忘れてしまいそうだったので起きだして紙に書き始めたのがちょうど2時半。私が考えて書いているというよりも次々と頭に言葉が浮かんでくるのを書き留めているという感覚で、A4の白紙にぎっしりと4枚分・・・書き終えたのは5時半頃でした。
この前できなかった分のKOU君の授業がゆうべあったのですが、そのメモ書きの検討・・・さらにわずかな余白にも書き込みが加わりました。

今日から3月・・・恒例の万葉集占いですが、今朝ひきあてたのは挽歌でした。柿本朝臣人麻呂が亡くなった時に妻が詠んだ歌です。

今日今日と 我が待つ君は 石川の 貝に(一に伝ふ「谷に」)交りて ありといはずも(224番) 

口語訳(小学館) 今日こそ今日こそと私が待っているあなたは石川の峡に(また「谷」に)はいっているしまっているというではないか  

口語訳(折口先生) 今日帰るか 今日帰るか と毎日わたしが待っていた人は、石川の谷間に紛れ込んでいるということではないか。あゝ無駄に逢う日を待っていたことだ。


過去のことにいつまでもこだわっていたり囚われていたりするのはもうやめて再出発を・・・という示唆なのでしょうかね・・・

(25日 午後)腰痛やむち打ち症のぶりかえしなどで思うように体が動かず難儀しています。今日は早朝から例の遠出を電車で行ってきたのですが、さらに私が諸悪の根源であるかのような言われようで・・・近い将来この家に住むこともできなくなり路頭に迷ってあちらの世界に旅立つことになるのではということがどんどん現実味を帯びてきています。

そうなる前に遺言がわりといったら変ですが、「児言態的全人教育論」のアウトラインをはっきりさせたり、上原先生の語録もある程度形にしたいなと思っています。

・・・でも正直いって・・・都合よく一部の連中に利用されまくって何十年もめちゃくちゃにされ続けた人生がこんな風にカウントダウンしていくというのはとっても悲しいというか悔しいというか・・・「人を呪わば穴二つ」と言われてもついついそういった方向へ気持ちが暴走中です。

(22日 朝)
この前の月曜日・・・小学生の授業の時にこんど小1になる弟君がずっと部屋にいました。エネルギーの塊のような感じで、好奇心旺盛+元気がはちきれている幼児の典型の子・・・数年前に会っていた頃からさらにパワーアップです。

途中、かつて小学生を担任していた頃のようにちょっと抱え上げようとしたのですが・・・なんと20センチほどしか持ち上げられず・・・ショックでした。かつては小4~5年生くらいはひょいと抱え上げて肩車したりできたのですが・・・・。もちろん筋力の低下は自覚していましたが、まさか幼児をほとんど持ち上げられないほど低下していたとは思っていませんでした。

(19日 朝)一昨日の春一番から一転、再び寒さがぶりかえして・・・そんな中、昨日は起きた時に何とかなりそうと感じたので、参加を断念していた児言態の月例会に急きょ行ってみることにしました。
新宿あたりで目の見え方にこれまでとはちょっと違う異変がおきて・・・バランス感覚も低下・・・何とか現地についたという感じでした。

先日の小学生授業のさいにでた「靴」(足跡)に関するやりとりなども紹介したのですが、「壺」や「たまご」ということのイメージと根源ではやっぱりつながっているんだろうな・・・なんていう話になりました。そこにはこれまでの人生や、そのまた祖先たちの様々が流れ込んできていて・・・ここからまたいろんな可能性に広がっていく・・・そんな感覚です。

(14日 朝)厳しい寒さですね・・・先ほどからファンヒーターを強にしていますが指はガチガチにかじかんでいて思うように動きません。おとといの転倒での後遺症も多少あるし。

昨日の小学生の授業は、最初の雑談の中で「ストレス」という言葉が子供たちの方からでてきて・・・予定を変更していろいろと聞いてみました。あとで紹介したいと思いますが、古来からの日本人の「型(器)」意識や「みそぎ」意識につながるような発言が飛び出してきて・・・とても小学校2年生と3年生にやった授業とは思えないような板書となりました。


(12日 夜)目眩というかバランス感覚がおかしくなることがまた増えていて・・・今日の昼間、また室内で転倒してしまいました。この前に比べれば体へのダメージはずっと軽かったのですが、時間がたつにつれて手首等々に鈍い痛みが発生しています。

(11日 夕方)どうにも体調がしみじみしません。足腰や肩の痛みもまたひどくなってきているし・・・ほとんど布団の中です。困ったものです。壺作文のデータ化も数日間全く進んでいません。

(7日 朝)昨日、久しぶりに小学校低・中学年各1、合計2人の授業をしました。児言態の研究授業で平成26年12月に私が授業をした時は高学年だったので、この学年は本当に久しぶりです。内容は二人の発言を受けながら学校教育のカリキュラムを超越していきました。

やっぱり子ども(大人だって)自分の想定をはるかに超えた力を内在しているものですね。

(4日 朝)昨日は節分で暦の上では今日は立春・・・とはいっても今朝も冷え込みはきついです。マア本当の季節感にそっている旧暦でいえば、昨日が1月7日で「七草がゆ」ですから寒さ真っ只中というのは当然のことなのでしょうね。11時半すぎに家庭教師から帰宅して日付が変わるギリギリに簡単な豆まきをし、今年の分の豆を食べました。

子どもの頃は年々一個ずつ食べる数が増えていくことを喜んでいたものですが、ここ数年は正直いって「今年のノルマは○つか」と思いながら豆の数を数えつつ・・・という感じです。幼い子どもが節分豆で窒息する事例が増えてきているので乾燥した豆などを食べさせるときには注意という呼びかけがありましたが、その危険性はノドの老化現象が進んでいる私もどうようで、ぬるめの白湯を何度も飲みながら飲み下しています。

そんな風に仏間で豆を食べながらゆうべもフト「人生であと何個まで節分の豆を食べられるのかな?」と思ったのですが・・・・最終的にいくつまで節分の豆を食べるかは人それぞれ・・・・。節分豆は前日のうちに買って神棚の前(仏壇のわき)に御供えしていたのですが、その場所には既に他界された教え子たちの写真も飾ってあります。「この子は12個だったんだな・・・この子は・・・」というように考えると複雑な心境でした。

ちなみに昨日の午後、近所のスーパーにいくと例年になく大量の恵方巻が山積みされていて驚いたのですが・・・家庭教師の帰りに寄ったときはすべて売りつくされていました。関東の業界が盛んに流行らせて定着させようと何年も頑張ってきた結果なわけですが、私は自分では恵方巻を買ったことは一度もありません。「ここは関東だ」という妙な意識もあるのですが、現実問題としてはあれを噛み切らずに最後まで食べるという行為は健康どころかかなり危険を伴う行為です。ノドの老化で激しく咽るような咳がとまらなくなることもあるし・・・。以前たまたま節分の日と重なった家庭教師の際にハーフサイズのをごちそうになったことがありますが、その当時でさえ、途中で何度も口から話してしまいました。

そんなこんなで1時頃に眠りについたのですが、未明にかなり現実感を伴った、でも現実にはありえない夢をみました。長かったのですが、一番の場面を紹介しますと父方の祖母が臨終をむかえています。でもみんな仕事や用事で忙しくてだれも駆けつけることができていません。部屋の中には祖母と私の二人だけ。いよいよ息をひきとってしまって・・・何故か隣の部屋には納棺用の幅の狭い布団が用意されていて、そこに私が祖母を亡骸を移し変えることになりました。移し変える際、既に亡くなっているはずの祖母が自分でも少しずつ体を動かしながら納まる位置を微調整。「こっちでやるから大丈夫だよ」と話しかけたのをきっかけに、何度か祖母と言葉を交します。そのやりとりはほとんど覚えていないのですが、一つだけ覚えているのは「昼間の仕事がないから僕は何とか最期に立ち会えたよ」と言ったこと・・・。やがてみんなかけつけてきて・・・納棺されて・・・火葬場へ。という内容でした。ここで一度目を覚ましました。4時半頃です。いつもだったらここでトイレに行くのですが今朝はそのまま布団の中で夢の内容に刺激されての祖母とのことや、既に他界された方々のことをいろいろと思い出していました。で、いつのまにかまた寝てしまって・・・

そのときに今度はかつての教え子たちや、新たに出会った子ども達が大勢出てくる夢をみました。目を覚ますと7時半・・・・約6時間一度もトイレにいきませんでした。体調によっては1時間おき、普通でも2~2時間半おきに何度もトイレに行く私にとって、こんなに長時間寝ている間にトイレに行かなかった記憶はこの前に続いて2度目です。

(2月1日 朝)体調の関係でなかなか更新できないでいます。足腰や肩の痛みなどでほとんど寝付けない夜も多く・・・昨日もそんな状態だったのですが、例の遠出でいわきまで・・・・ヘロヘロです。

今日から2月、恒例の万葉集占いです。今朝であった万葉集の歌は長歌でした。(50番)ごく簡単に言えば目に見えない世界の神々と一体になって政を行なっているから世が安定している、ということを讃えた内容です。

個人的な価値観とか人間の目先の判断・常識等々を超えた神のような視野にたっての政が基本中の基本・・・・なんだか今の世界情勢をみつめる上でタイムリーですね。

もちろん私個人の生き様というところでも、現実的に生活が追いつめられている今だからこそ、私個人の利害をこえた視点から生きる方向を定めていくように、というあちらの世界からのメッセージなのでしょう。

(23日 朝)先日のKOU君との授業の際に、クラス担任していた頃に作成したミニドラマをいくつか視聴しました。あと平成6年に担任した2年生のクラス紹介や一年間の思い出ビデオ・・・・。

社会人になった今でも時折会ってやりとりしているS君もいれば、もう他界してしまっている聖良さんやバットマン君の姿もあって・・・複雑な心境でした。作成していた当時は、まさかこの中から私より先にあちらへ逝ってしまう子が出てくるなんて夢にも思っていませんでしたから・・・・

(20日 朝)12日の反動で体調は極めて不安定な状態が続き・・・一昨日からはそんなに高い熱ではないのですが微熱前後で強烈なだるさ・・・ほとんど家で過ごしている日ばかりです。(16日は震災の直後に会った以来の教え子と貴重な時間を過ごすことができたのですが・・・やや体調がマシだったので助かりました)昨日の夕方からは何故か大量の鼻水がとまらず・・・現時点でもけっこう大変。

広島の中学2年生が書いた「壺」作文の分析をKOU君やチョコレートさんの助けをかりて行なっているのですが、当初考えていた以上に様々な意識と関わっているようで・・・・中2という段階の生き様をありありと浮かび上がらせてくれるような気がしています。

「大人としての人生意識への橋渡し」という点でも・・・

(13日 朝)前の晩から足腰や肩の痛みが悪化してほとんど眠れず・・・・明け方の寒さのせいか不整脈の発作も起こりかけて・・・それでもどうしても私が一緒に立ち会う必要があるからということでいわきに出かけたわけですが・・・。

ある方が車を出してくれるという事で昨日は電車でいわき駅までいってそこからは車だったのですが、やはり体の負担は相当あったようで・・・目的地に着いてからも断続的に平衡感覚を失いよろめいたり転びかけたり・・・・。周囲の方々に大分心配をかけてしまいました。

それでも例の人物だけは「フン」という感じで私を気遣ってくれている人たちに「足腰が痛いとか体の調子が悪いとか言ったって、こうやってくることが出来てるんだから大したことなんてないのよ!大袈裟なんだから!!」と・・・。

それなら素直に昨年6月に医師から「もうこれ以上の無理はするな」と言われていることをきちんと実行してやろうかと思ってしまいます。ただ、それをすると当人というよりは、私以外の誰かが私の負担を肩代わりにすることになってしまう・・・それが申しわけないというのもあって・・・・あの人物に人生を目茶苦茶にされるのは私一人で十分です。

もちろん私だってこれ以上目茶苦茶にされたくはないですが、正直言っていつ転倒とか自爆自己でアウトになるか分からない・・・そのリスクが極めて高い毎日・・・・ならばせめて残された力は将来を担う若者たちのために使いたいと思うのが正直なところ。

自分の身勝手さとか利益のためには他人の人生を踏み台にして、それを生き方が上手なんだと若い頃から自負して生きてきたあの人物(本当に小学生の頃からその人物も生きる姿勢も最も嫌悪してきました)のさらなる我がままの為に、貴重な生命力を消耗したくないというのが何十年も抱いてきた本心です。妙な因果で私が貧乏くじをひいてしまったような形になってしまっているにしても・・・・。

(10日 朝)ノドの老化からくる咽るような咳がさらに悪化・・・発作のように激しい咳をくりかえすのですが、ひどくなると呼吸困難状態。足腰の痛みも強いので児言態の作業やKOU君たちとのやりとりのテープ起こしも全く進められていません。本当に困ったもの・・・というか情けないです。

(7日 午前)急きょKOU君の授業にチョコレートさんとS君が飛び入り参加・・・・壺の話を中心に熱く語り合うこと7時間以上・・・さいしょは「今回は3時間程度」という話だったのですが・・・とっても濃い時間を過ごせました。

終わる頃、KOU君が「こんなのが松下村塾っぽく・・・」と言っていたのですが、以前の社会人クラスのように教育関連ということに限定しないでいろんな畑の同志達が集い生で直接語り合う場が定期的に行なわれるようになると、違った展開がみえてきそうなんですが・・・。

帰宅後あまりの冷え込みになかなか寝付けなかったので、一応眠れたという感覚が得られたのが午前10時頃。明け方にセットして炊いておいたおかゆに七草セットを塩茹でして混ぜて先ほど七草粥を食べました。

(5日 朝)月曜日が仕事始めの予定だったのですが、頭痛がひどくなったので3日夜に変更しました。何とかスタートをきることができたのですが、昨日は朝から腰痛が急速に悪化。午後から家庭教師だったのですが、正直かなりしんどかったです。

夜には咳がますます悪化・・・むせるような感じで呼吸困難になる咳き込みが断続的・・・。なかなか寝付けないでいたところにまたもやや強めの地震。(震度4でした)これが引き金になって今後の生活への不安や絶望感がどんどんと増大し、明け方まで眠れませんでした。あいかわらず腰も痛いし・・・・そんな状態の時に例の遠方から電話・・・ちょっとしたものを買ってきて欲しいんだけどいつ来られるのかと・・・

こちらの体調のことを言ってもボロクソ言われてますます不快になるだけなのでやんわりといついけるとははっきり言えないと伝えたのですが・・・・・今回の電話でも私が単なる道具であることにはかわりないという趣旨の発言があって爆発するのが抑えるのが大変でした。

ほとんど動けないでいるので録画したままたまっていたNHKBSの「新日本風土記」をまとめて観ています。今、児言態的全人教育論としてまとめようとしている事へのヒントがそれぞれの地域の伝統行事や生活の中に感じられて・・・・それはそれで現在の体調不良を一部プラスに転化できているかな?????

(2日 朝)午後からノドの腫れがさらに悪化して確実に声がおかしくなり・・・37~38度の間をいったりきたり・・・熱の出方からするとインフルエンザではないようですが本格的な鼻風邪です。今朝は腫れもひいてきたような・・・

夜になって帰省してきた具利院さんがお姉ちゃんと一緒に訪ねてきてくれました。玄関先での立ち話だったのですが、その時にまゆみ'2002さんに「先生の今年の目標は何ですか?」と聞かれとっさに答えたのが「来年も年をこして、こうやってまたみんなと会えること」と答えました。これ、かなり本心です。

今朝みた夢・・・これが初夢?・・・かつて小学校の時に住んでいた団地が舞台。かなり傷んでいるなと思いつつ歩いていたらかつて同級生だった男のお母さんにばったり会います。彼自身はどうなっているのか分からない状況だったのですが、何故かタイガーマスクのコミック原画の初期の頃のをその方が持っていて、それを私が譲り受けます。その後近くを歩き回ったのですが面影はほとんどなく・・・・という夢でした。

(平成29年 1月1日)家庭教師も入っていたのですが、暮れから本格的な鼻風邪気味で・・・発熱はないのですがノドの腫れや咳で声がちょっとおかしいです。

昨日はKOU君宅で家庭教師のシメだったのですが「壺作文」をきっかけにして今年の総決算のようなまとまったやりとりになりました。

KOU君宅に行く直前に来客・・・そして夕方にはまゆみ'2002さんやいとこ達が訪ねてきてくれて・・・・数年ぶりに会う教え子もいて・・・その子などは初めてまゆみ'2002さんたちに連れられて私の家に来た時には小学校にあがる前でした。それが大学を卒業して社会人2年目・・・時間の移り変わりを感じます。

夜には特にテレビなども観ることなく昼間のKOU君との授業のテープ起こし・・・冒頭部分がやっとだったのですが、早く仕上げて先日の児言態合宿のテープ起こしに移りたいものです。

午前0時は地元の神社でむかえたのですが、毎年撮っているお札などを焼いているたき火・・・鳥のような形が写らないかと期待していたのですが、何とか鳥っぽくみえたのがこの一枚。

中央下にちっちゃく頭があって大きく上の方に翼を広げているイメージです。



初日の出の撮影はどうしようかと迷ったのですが、ギリギリの時間になって出かけ、速攻でパチリ。







さて、月初め恒例の万葉集占いですが、年明け早々にひきあてたのは歌番号がちょうど100番の和歌でした。

東人の 荷前の箱の 荷の緒にも 妹は心に乗りにけるかも 

口語訳)東国人の荷前の箱の荷物の緒のように、あなたは私の心をしっかととらえてしまったことです

単純な内容ではありますが、昨年10月以来キーワードの一つにしている「憧れ」とか、「君の名は。」のキーワードである「結び」と通じるものを感じました。

(29日 朝)やっとうとうとしたと思ったら、また火葬場を舞台にした夢をみました。本当に私は小学生の頃から火葬場や葬儀にからんだ夢を何度もみています。

(以下、夢の内容)細部は起きた時点で忘れてしまったのですが、ある大きな火葬場のお手伝いをしています。炉で焼き終えた台車を他の階の納骨室に大きなエレベーターで運ぶのが私の役目。台車には遺影とか遺品とかも添えられています。次々と送り込まれてくる火葬場なのでエレベーターには2台ごと乗せて運ぶのですが、印象に残っているのは大きな台車と小さな台車を一度に運んだ時・・・・大きな方は年配の男性、小さい方には遺影はなかったのですが、赤いランドセルが遺品として添えられていて・・・・そのお二人は他人同士なのですが、その組み合わせにより複雑な想いを抱いている私がいました。

(28日 夜)先ほどの地震・・・県内の北部では震度6弱・・・ちょうど寝ようと思って電気を消してから1分ほどした時にガタガタッと揺れ始めました。水戸市でも結構真面目な揺れで、正式な発表はまだないですが震度は5弱以上と推定されているとニュースでは言っています。

その後再び揺れがありましたが、とりあえず今のところ家の中で大きな落下などはないようです。

これがより大きな地震の前触れでないことを切に祈りたいです。

疲れているので寝たいのですが・・・・また余震が起きるのではないかという不安で寝付けそうにないです。

(27日 朝)児言態合宿への資料作成等々で精一杯だったので更新できずにいました。

24日のクリスマスイブ夜はKOU君宅での家庭教師。たまたまネット上に「クリスマスイブを独りで過ごす未婚の20代の割合が増加」という調査結果が出ていたということが話題。その集計をみながら「少なくとも今年は独りでは過ごしていない」と私が発言。でもこの状況では「若い男性と過ごしている・・・ということになってしまうか!」・・・・でもそれを言ったらKOU君は「中年の男と過ごしていた」ということになってしまうということで二人で盛り上がっていました。

25日は児言態合宿のために葉山へ。ここにくるといつも夕日や富士山の写真を撮るのですが・・・今年はこんな感じでした。






葉山からの帰宅後、ゆうべは普通に家庭教師。

よほど疲れたのか0時頃に寝たのですが、次に起きたのが7時半・・・・夜中に眠れたとしても体調によって1時間おき、マシな時でも2時間半ごとくらいに夜中に目を覚ます私が、一度も起きずに朝をむかえるなんて先ずない・・・というかちょっと記憶にありません。

今日も昼から臨時の授業、夜には数日前に出来なかった分の授業と続きます。足腰の痛みが悪化している上、今朝はやけに目眩というか平衡感覚の以上でよろけてしまうのを連発・・・思わぬ転倒のリスクが高いので要注意です。

午後からかなり冷え込むという予報も出ているし・・・体調管理をしっかりしなければ・・・・

(18日 朝)金曜の夜7時半から明け方4時半まで大学生であるKOU君宅をお借りして社会人のチョコレートさん、S君を交えての語り合い会、2回目が実施されました。

内容はそれこそ多岐にわたったのですが、その中でKOU君が「自然数から複素数まで」の数の広がりについて1時間ほどかけて自称「数学とか嫌いだった」という二人に解説・・・・それを引き金にして、その後の語り合いに新たな筋が一本加わりました。(ちなみにかつて小学校時代に担任していたり、家庭教師として教えていた私に言わせれば、受験数学のようなものに対しては嫌いであったものの、本当の意味で数学の発想を感じ取り、生活の感覚に活かすという構えは二人とも優れていました)

まさに数学が「らいふいんできす(生命の指標)となっている」という感覚でした。

以前からずっと言い続けていることですが、単に受験対策の無駄を省くためというような理由で「文系・理系」というような意識を早い段階から抱かせる風潮は大変に愚かしいこと・・・子ども達(若者たち)の可能性が発露することを最初から封印するようなことだと改めて感じました。

(14日 朝)資料作成のために久しぶりに玉川学園創立者である小原國芳先生の「全人教育論」を読み返そうと思ったのですが、視力低下や体調不良もあって、2ページほどで挫折してしまいました。

こうしてパソコンを打っていても老眼の影響で文字はかなりかすんでいるので半分「勘」です。誤字脱字がますます増えたとよく言われますが・・・御容赦ください。

(11日 朝)体内の違和感やあちこちの痛みでフラフラヨロヨロしながらやっとこさ(電車で)いわきへ行って来ましたが・・・・例のごとく暴言の嵐。あまりに私を悪者扱いする相手の態度にみかねて、先々で周囲の方々がたしなめて下さって大事にはなりませんでしたが、私も自分を見失って大爆発する寸前でした。

父の墓参りにも行きましたが、このまま向こうの世界へ逃げ出したくなる衝動にも正直かられました。

(10日 朝)今日は父の命日・・・ここ数日、足腰や肩の痛みに加えて胃のあたりの違和感も半端でなく全身のだるさもあって、ゆうべの家庭教師も半分以上横になって何とかしのいだという感じです。

今日は車ではなく電車を使って行きますが、自分で運転しなくても体へのダメージは毎回かなりのもので・・・・おまけに今日はあることがあって、場合によっては本当に自分の寿命や生活の破綻に直結しそうな大きな節目の日にもなりかねない・・・(それもあってここ数ヶ月ずっと憂鬱で絶望的になっているわけですが)

(7日 朝)転倒から一ヶ月以上たつのに、この数日、打撲した右肩に激しい痛みが断続的に走り、パソコン作業などがほとんどできないでいます。今度の土曜日にまともに遠出できるでしょうか?????

(12月1日 朝)更新の間が空いてしまいました。29日には例の遠出・・・向こうで散々な我がまま・暴言・・・そして私がすべて悪いかのような非難・・・・ほとほと悲しくなりました。こんな人物のために私のこの20年以上の時間は振り回され、破壊され、そして今、息の根を止められようとしている感覚です。この前のように爆発寸前になっていたのですが、今回は第三者がお二人同席してくれていて、客観的に暴言に対してやんわりとストップをかけつづけてくれていたので何とかこらえることができましたが、帰宅は夜の8時頃になってフラフラ。向こうに着いた時点でも平衡感覚がおかしくなって何度もよろけ転びそうになり・・・帰宅後はそこに足腰の激しい痛みが加わって・・・うまく寝付けない状態がますますひどくなって続いています。

ゆうべからはいつものとは違うタイプの吐き気を伴った頭痛・・・。

その影響なのか明け方に観た夢は・・・・父方の親戚の法事に体調が悪い中、車を運転していって参加・・・帰りに親戚筋の子ども達を車に乗せて送り届けることになったのですが、途中信号待ちの間に激しい目眩がして意識を失ってしまいます。ちょうどその場所が古い木造の病院で、ハッと気がつくと中にかつぎこまれていました。次々と脳をはじめとして次々と検査を受けたのですが、その最中、フト廊下をみると私の父も入院患者として同じ病院内にいるのをみかけます。向こうがチラっと私に気がついたときに私は別の検査室に・・・・。検査後に父を探そうと思っていたのですが、検査の途中で夢から覚めました。

ちなみに次にいわきへ行くのが12日10日、その日は父の命日でもあるので、お墓参りもしてこようと思っているのですが・・・・今の私の日々をどんな風に見つめているんでしょうね・・・・

月初めの万葉集占い、今年のシメをかざる出合った和歌は

をみなえし 咲きたる野辺を 行き巡り 君を思い出 たもとほり来ぬ(3944番)

 (口語訳)おみなえしが咲いている野辺を行き来して あなたを思い出してはまわり道をして来ました 

心から思える「誰か」の存在があれば、紆余曲折の人生も肯定できるというような感覚とも言えましょうか・・・・私にとってはそれが特定の個人ではなく「子ども達」「若者達」への思いということなのですが・・・・12月下旬の児言態の集まりに向けて、ここ数年考え続けてきたことの概略をまとめる作業をすることになっているので、それに向けての応援歌であるような気もします。

(26日 朝)今日は平成14年に火事で他界した教え子の通称聖良さん(平成6年度小2の時に担任)、平成26年に他界された上原輝男先生のお孫さん、そして平成21年に他界した叔父さんの命日です。体調の関係で聖良さんのお墓参りはちょっときついかな・・・・

聖良さんに関する記述はこちら

☆☆これまでの☆☆



子供達の写真・お星さま・子猫の写真

(最新入れ替え日  7月9日)

上のボタンをクリックすると大きな画像のコーナーにとびます
今回の入れ替え分


前回の入れ替え分

子供達の写真・ちょっと大き目の天体写真を2日に一度入れ替えています。



「お星さま・ミクロ世界」などの写真集
実は「顕微鏡写真」もあるんです!!

「子ども・教育」「クラス・クラブなどの思い出」関係


特設コーナー

「食の思い出」

「ペットのページ」

高電位治療器 リブマックス9000
つぶやきのお部屋内「よりぬきコーナー」にあります

聖良さんに関する記述はこちら


常連様用「特急ボタン」

お星様のお部屋

  ミクロ  イメージ  思いで  言葉  授業  つぶやき 

 学問(恩師の上原輝男先生・父の語録です・・・児言態コーナー追加)  




朝日や夕日、雲などの画像もあります。

最新画像・・・h24,5,21 「金環日食特集」



メールはこちらから

ここに寄せられた声の抜粋も随時ここで紹介しています!


リンクのおへや

天体関連/学校・教育関連/映像関連/顕微鏡(ミクロ)関連/教え子  他


おことわりとお願い

*このお部屋も含めて、当ホームページの画像・資料・内容は、学校の授業など純粋に子供達の育成に用いる限り自由に使って頂いて結構です。ただし、それ以外の目的での使用・転載・複写などは固くお断りします。

また、このページの意図に反するリンクなども固くお断り致します。また、もしもそうした行為を行っているページを発見された方はぜひお知らせください。



更新履歴・カウンター経過

*入れ替えアルバムの定期更新や太陽・天体は履歴には載せていません。
*期間限定のコーナーについても原則として載せていません。


平成13年1月までの更新履歴(ダイジェスト)はこちら

6月25日  開設