ワニワニ学級 本校

子ども達や自然や日常から生きるヒントを考える



このホームページでは

人類にとって生命の指標(ライフインデキス)である子供達の活動のようすや、

「太陽(Hアルファ画像)」や「お星さま(冷却CCD他)」の写真、

「みんなのペット」「顕微鏡でとった写真」・・・などの自然、

そして日常生活のすべてが生きる上で示唆してくれているものを共に探っていきたいと思っています。

☆★☆ おとなも子供もみなさんどうぞ ☆★☆

はじめての方はこちらからどうぞ

開設日 平成10年6月25日

現代の「新感覚稚児」である(?)
がきんちょ三人組(有安杏果さん・美山加恋さん・鈴木理子さん)や
週末ヒロイン「ももいろクローバー」を、ホームページ内で応援しています。



たぬき先生が開いている別のホームページ

環境ホームページ


ふるさと・地球環境などの実践記録です
上のマークをクリックすると行けます。

NEW  平成22年 4月9日~  8日撮影の桜画像(分校跡地 赤塚駅近く)

http://www.geocities.jp/neverland1660/index.html

 



  あなたは 人目の参観者です。

祝70000人突破!(H29,5,14
(最新更新日 平成30年5月27日 朝

金環日食特集 太陽のお部屋に新設


学習会だより

「すぐ役に立たない」=「いろんな役に立つ」  ・・・6月3週目号

あるビジネス雑誌に「数学」を勧める特集がありました。単に実務上で計算力が必要だから、というのではなく、数学的に考えることなどが様々な場面でいかされるという趣旨です。本音をいえばこうした取り上げ方はまるで数学を学ぶことが投薬のようで嫌なのですが、私がいつも強調している「類化性能」とも直結している話題だったので特集しました。

「思考のジャンプ」と「遊び心」-①  ・・・6月4週目号

理数的に「思考のジャンプ(類化性能)」を鍛えるためのネタは案外どこにでも転がっています。今回はある小学校の5年生、6年生とのやりとりの内容を紹介しています。

「思考のジャンプ」と「遊び心」-2  ・・・6月4週目号

同じ思考のジャンプ力を鍛えるのでも日本人が古くから行ってきたものには「掛け言葉」などもあります。和歌でも大切なポイントですよね。技巧として古典ではならいますが、本当はもっと深いところに意義があります。今回は和歌での書け言葉ではなく、笑点などでも時折やっている「・・・とかけて・・・と解く。その心は・・・」という方を例にしています。

*一見地震とは関係ない話題のようなタイトルでもしばらくは「今のこの時期」を意識してテーマを決めています。なので地震関連の特集として先週設けた欄に、前の週の特集も順次移しています。読み落としのある方は、ぜひ地震前の「ナマズ絵」のものも含めて最初のものから読み返してみてください。


予告

  たぬき流勉強法コーナー  現在「数学編」についてを作成中です・・・体調不良で進んでいません
(今出来ているのは「歴史編 年表つくり」)
 

 

最新更新への直行通路

入れ替えアルバムなどの定期更新以外で更新された場所への直行通路です。(各お部屋の入り口を飛び越して直接その場所へ行くので、ご注意を!それぞれのお部屋に入っていろいろ巡りたい場合は下の方の「お部屋ご案内」からどうぞ)

料理コーナーにレンコン料理コーナーとブリ大根の朝日新聞風レシピ平成22年1月25日
             キンピラごぼうについてのコメント&画像(1月27日)



個人的関心からのミニ情報



NHKミニ番組 日めくり万葉集 HP
今まで放送された和歌と口語訳も載っています

http://www.nhk.or.jp/manyoushuu/bangumi/index.html



がきんちょメンバー3人組関連情報
たぬき先生は がきんちょ3人組&ももいろクローバー の皆さんの生き様そのものを応援しています!

美山加恋さん
公式ブログ
 



有安杏果さん & ももいろクローバーZ
有安杏果さんの公式ブログは3月15日のお誕生日をもって閉じられました。
ももいろクローバーZの活動 スケジュールはオフィシャルサイトから  

左から 高城れに 佐々木彩夏 有安杏果 百田夏菜子 玉井詩織 早見あかり(現在は卒業)さんです


鈴木理子さん

公式ブログ・・・H23,8月初旬に再びブログが閉じられました

鈴木理子さん主演
ふみ子の海 公開情報

平成20年 7月6日 主演女優 鈴木理子さん 茨城上映会舞台挨拶ルポはこちらです


この画像をクリックするともっと大きなサイズで出てきます

日本各地の上映情報は  ふみ子の海 公式サイト http://www.fumikonoumi.com/


更新時のひとこと&PR

大地震以降の分 その1(H23年 3月11日~)

 その2(3月18日~) 

その3(4月1日~)

母親他界連絡(前日)以降の分(4月22日)

5月1日以降の分

5月21日以降の分 

ももいろクローバー「未来へススメ!」より

「どんなどんな困難でも きっときっと立ち向かえる 一人じゃ挫けそうでも 助け合えば大丈夫! いつかいつか辿り着ける 夢に夢に描く場所へ 忘れないよいつだって 孤独じゃない強い智(きずな)まっすぐ未来へススメ!」



4月8日から時折紹介している上原先生の言葉ですが、大学の教育学科での講義抜粋ですから「教育」に関する内容が主です。でも上原先生はその根底に「人間そのもの」を置いています。ですので、教育関係者ではなくてもその気になりさえすればきっと皆さんにも接点があると思いますので、内容に賛同するかどうかは別にして毎回目を通して頂けたらと思います。

ここに掲載したものは順次「学問のお部屋」の「上原先生講義録」のところにも載せています。



ゆうべ、夜になってKOU君の家庭教師に出かけようとエンジンをかけました。先週から車の中で聴いていたのは西城秀樹さんのデビュー曲からの私にとってなじみの曲を再編集したもので、エンジンをかけると最後に聴いていたもののあたりから再生します。

で、流れ出したのが「ヤングマン」でした。昼間のことで何とも虚しく荒れた心になっていた為か、改めてその歌がこちらを励ましてくれているように感じて涙が出てきました。

そして次に流れてきたのがちびまるこのEDだった「走れ正直者」・・・・それを聴きながら相手にどれだけ理不尽な扱いをうけても、自分がそうした人間に成り下がらないことを貫けるか・・・・そんなことを呼びかけられているような気がしました。

昨日は西城さんの告別式があった日でもあったので余計にそう感じました。

もちろんこうしたことは単なる偶然であり、私の都合の良い思い込みと言われましょうが・・・そう感じたことはやはり救いにはつながります。

フラツキはあいかわらずだったので速度をおさえながらゆっくり走ってKOU君宅に到着。部屋に入って座るまでも何度かよろけて転びそうになる状態でした。ごく簡単に今日の出来事を話し「もし途中でいきなりバタッとなったらよろしくね」と冗談のように本気で言ったら「よろしくってどうすればいいんですか?」と苦笑されました。(彼もここ数年の流れはずっと知っているので、こうしたシビアな内容でも私と共に「とりあえず笑うしかない」という感覚で歩調を合わせてくれています)

授業としては思うように言葉がスッと出ないということもこれまで以上ひどかったのですが、先日来、上原先生が晩年ずっとおいかけてきたということからよく話題になっている「馬」について実りある語り合いができました。彼もこれまで特に馬に関心がなかったのが、ここにきて日常の中で全く馬と関係ないことにも深い関係があるのではないかと気が付くことが増えている、ということでいろんなことを聞かせてくれます。


(26日 午後)
さきほどやっとの思いでいわきから帰宅しました。でかける時からフラツキがひどくてかなりまずい状態だったのですが、仕方なく行きました。途中まではグッとこらえて過ごしていたのですが、最後の最後になってこちらの体の状態のことでボロクソいろいろなことを言われて・・・我慢しぎれずに爆発しました。第三者の方がいらしたからボロクソといってもかなりオブラートに包んだ言い方だったのですが、それでもこちらの我慢をはるかに超えて・・・・。(オブラートに包まれた言い方ではありましたが、さすがにその場にいらした第三者の方も、いくらなんでもあのいいかたは冷たくてひどすぎる、ということでさりげなく私に一人になって落ち着くためのチャンスを作ってくださいました。)

30日は行かないということで関係者の方にも了解を頂きました。

当の本人はこれでまた私をお払い箱にする口実を得たので、先日の電話の主などと結託して今度こそ私を葬り去るに等しいことをしかけてくると思います。


(25日 未明)
激しい頭痛のためというよりは激しい怒りをグッとこらえた状態で夜中ずっと眠れずにいたのですが、4時頃になってとうとう爆発・・・・近所に聞かれたら何と思われるかわからないようなとんでもない言葉を涙ながらに怒鳴り散らしながら激しく布団を殴り続けてしまいました。

家じゅうのものをひっくりかえしたり、窓をすべてぶち壊したくなる衝動にもかられましたが、さすがにそれは押さえています。

こんな状態で明日、いわきへ行かなければならないというのはいろいろな意味で危険だと思うし、ましてもし先日電話をしてきた人物までもがまた偉そうにしゃしゃりでてきてここ数か月繰り返されているように一方的に私をののしってきたら自制できる自信は全くありません。(仮に私が爆発すればそれは相手の思う壺となり、私の立場ばかりが余計に悪くなるという助言も周囲の方から頂いていますが、これまでの人生の中で最も荒れまくっている自分の中身は、とても押さえきれるかどうかわかりません)

何とか明日かろうじて乗り切ったとしても、それで余計に体調も崩れた状態で30日に再びいわきへ行くというのはさすがに厳しいです。

本当はこういったことをこのホームページに書くのは皆様にとっても不快なことをまき散らすことになってしまうので自制しなければということもあって、過去に暴言を吐きだしたことを削除していたのですが・・・・・・・


(24日 夜)
昼の更新後もますます体も心もおかしな方向へ暴走・・・突発的に怒鳴ったり身近なものをバンと叩いて手に痛い想いをしたり・・・。こちらがこういう状態になっても、言いたい放題の相手の連中はこちらほどは心乱れていないわけで・・・・

だいたい無責任で非常識な人間ほどストレスもためないで悠々と生きているというのが世の常・・・それだけに余計に無性に腹が立ち・・・「人を呪わば穴二つ」ということが分かっていながら、自分だけがひっそりと死んでたまるもんか、という気持ちも正直沸々と湧いてきます。そんな心が反映したのか、午後からは片頭痛もどんどんひどくなって今かなり厳しい状態。

父などは生前よく「人を恨んだり攻撃するのはやめて、どんな人間に対しても赦しの心」と言っていましたが、私はそんな境地にはなれないというか、現実には逆に「なんでこちらが赦さなければならないんだ!」という心がますます強まります。

「そんなくだらない連中の事を気にしていたら自分が損」という助言も昨日ある方から頂いたのですが、どの道損とか得なんて言う以前にバッドエンドしかあり得ないと思っている私にとっては、なりふりかまわず道連れにしてやりたい、と思い詰めてしまっています。

以前だったらいろんな教え子とのやりとりで意識の転換のきっかけがつかめることもあったのですが、家庭教師に出かける日がなくなってきている今、昨日の電話のようなことがあるとずっと独りで暴走する時間ばかりで歯止めがきかなくなっています。


(24日 昼)
目に見えて体のあちこちに新たな異変や悪化傾向があらわれてきています。土曜日や水曜日にいわきへ遠出などというのはかなり厳しい状況ですが、仮に体調の関係で私が行けないということになれば、今度こそ本気で用済みの私はこの家に住めなくなる手続きへの移行しかねない状況です。

かといって無理してでもでかければ今まで通り「そうやって来られるんだからたいしたことないじゃない。大袈裟なんだから」で済まされてしまう・・・。そして本当に体を壊せば「私のせいになんてしないでよ」でポイ。これが何十年も前から続いていて、そこに数か月前からこれまた目先の利害で援護する人間が出てきてしまっているためにますます過激化・・・いよいよその極みというか最終段階に突入しています。

置かれた状況は違いますが、ここ数日のアメフトの件、特に昨日の指導者二人への記者会見の様子などをみていると、とても他人ごととは思えません。

今回に限らずこれまでも上に立つ者が「秘書(部下)が勝手にやった」「そういうつもりで言ったわけではないのを勝手に解釈して・・・」云々と言い訳をする場面は政治でも企業でも宗教でもありましたが、そういった醜い生き様ばかりの大人が今の日本には増えすぎています。

そうした大人は昔だって皆無だったわけではありません。でもそうではない大人・・・例え自分の立場を悪くしてでも筋を通す大人、自分の言動に責任を持つ大人・・・がそれ以上にいて、若者たちのお手本・憧れの対象となっていたから、世の中全体としては日本人の生き様の美徳とされた面がキープできていたんだと思います。

(23日 午後)先ほどここ数か月私のことを一方的に批判しつづけている人物からいつになく辛辣な内容の電話があって・・・どうしようもなく割り切れない気持ちで荒れまくっています。私が体を直そうともしないで無責任に何もしないで毎日仕事もしないで遊び歩いているというような感じでボロクソ・・・・。そんな風に結託している連中のために、私は命を削る想いで先月も医師の警告を無視して動き続けたし、今度の土曜日や水曜日にも出かけるわけですが・・・・参加したい児言態の集まりは断念しながらも・・・・。

はっきり言って昨日から新たな異常などもあちこち発生しています。周囲にはいっそうのこと医者から言われているように入院してしまったら、とも言われているのですが、でもそうなれば今度こそ経済動物同様に処分・・・この家に住めなくなる等々のことになるわけで・・・・。

どちらにしてもお先真っ暗でそう長い事ないんだなという想いや怨念が渦巻き・・・今夜も眠れないでしょうね。(精神内科の受診も先月勧められているのですが、今月の新たな検査結果後に他の科の受診を優先させたほうがいいということになっています)

(22日 朝)あいかわらず体のあちこちがおかしくて・・・やはり時折遠出という無茶をしているからいくら薬を飲んでいても抑えきれないということは当然なんでしょうが。マザー・テレサさんの言葉を引用しながらまとめとして書こうと予定していた「経済動物③」もなかなか書こうという気力がわかずにいます。

(20日 昼)
昨日の夜、突然ちょっとまぶしさを感じるように周囲の見え方が変わったかと思ったら目眩というか平衡感覚が失われかけたというか・・・そんな感じで体をまっすぐにしているのが大変でした。ひどい状態は数分でおさまりましたが、今もまだちょっとふらつきがあります。

また昨夜はまた生涯を通して何度も繰り返しみているモチーフである「火葬場・葬儀」のかなり生々しい体感を伴った夢をみました。夢の内容は具体的には書きませんが、この頃ずっと私を振り回している人物に関するものでした。

(19日 朝)様々な番組で西城秀樹さんのことをとりあげていて・・・若い頃の映像をみながら中学生だった頃の自分が甦っていました。エネルギッシュな姿に当時随分と励まされたものです。

今日の児言態の会合出席は「この先も生きていきたいのなら」という医師の意見を尊重して断念することにしました。児言態には参加しないのに、例のいわきへの遠出は今月内だけでもあと2回しなければならないし、来月の会合もいわきへ行く翌日ということで、参加はできません。本当に無念です。

体の方ですが、もしかすると新しく処方されている薬の先日のとはまた違った副作用なのかな、ということも昨夜から起こり始めています。あまりひどいようだったら医師に相談という事になっていますが・・・そうした薬がダメとなると、それはそれで厄介なことになってしまいます。

(17日 夜)つい先ほど、西城秀樹さんが昨日急性心不全で亡くなっていたということを知りました。実は私は中学生の頃から西城秀樹さんのファンでした。ちょうど高学年みんなにいじめられて仲間外れになってい続けていた頃で、秀樹さんのような強いお兄さんが兄貴だったら良かったのに・・・なんていつも思っていました。胴長短足ということでもいつも馬鹿にされていたので、あの長足も憧れでしたね。

その影響もあって、教師だった頃に苦手なカラオケを無理やり(?)強いられた時には「傷だらけのローラ」なども歌ったものです。(もちろん格好良く歌うというよりはギャップによって皆さんに爆笑されるためですが・・・ちなみに特にファンというわけではなかったのですが、もう一つカラオケで持ち歌にしていたのはキャンディーズの「春一番」でした)

西城さんは脳梗塞もわずらっていてリハビリなどでも大変な苦労をなさっていた・・・でも周囲に支えられながら頑張っていた・・・そんな姿にも体を壊して退職後の自分は勇気づけられていました。

先月の東京への遠出から不整脈が再び頻発するようになっているので「心不全」というのは決して他人ごとではありません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

(17日 朝)(経済動物②)行政の世界で端的にこの発想が上隠れするのが「特別支援教育」や「高齢者」の分野です。とてもここには具体的に書きたくもないような上から目線の人たちの本音が存在します。

何年か前にアメリカのどこかの地方自治体がそういった分野への予算を減らす(ストップだったかもしれません)したことが話題になりました。税金の無駄遣いという理由で。「そんな少数のために、どうして多数の人たちが」という発想がその根底にはあります。でも別の見方をすれば「少数の人たちも大切にできない社会が、本当に多数の人たちを大切に出来る社会となりうるのか」ということがあります。実際にそういった主張をする方々は、本音では「自分たちエリートだけが優遇されることを望んでいる」という場合がほとんどですから。

表向きなことばかりが判断基準となり、目に見えない価値観などに対して超鈍感になっている現代人の多くにとって「自分には関係ない」と思っていることが、やがては自分にもはね返ってくるくるのは必然とは思うんですがね・・・・本当は自分にふりかかるからという理由でそういうことも配慮できるようにならなければならないというのも寂しいものです。

いわゆる「社会的な弱者」だから守らなければならないという発想・・・「老人介護」云々という言葉にもそうした考えが反映しています・・・もどこか違和感を感じます。これは「人間の尊厳がどういったことにあるのか」というい根本問題だと思います。

そういった観点での王道貫いたのが「マザー・テレサ」さんなのでしょうかね。(続く)

昨日、総合病院でまた別の部位の検査を受けてきました。結果はあまり良くはない内容でした。投薬以上の対策を立てる必要があるかどうかのギリギリの段階だということで・・・・。それでもいわきに最低2週間おきに行かなければならないというのは、やはり医師からすれば「今後も生きていく気があるのか?」ということになるのでしょうが・・・・でも無理して行かなければ別の意味でお払い箱になって路頭に迷った挙句、この世をリタイヤということになります。どちらにしても自分の人生はそんなものです。本当に心の底から恨めしい!!!!!!


(14日 朝)
先週、チョコレートさんをはじめとした何人かで集まって「馬」のことから話題になったのが「経済動物」についてでした。その後KOU君とも「銀の匙」とからんで、またさらに別の大学生とは以前話題になった「豚のPちゃん」のこととからんで話が深まっています。非常にデリケートな部分も含む問題なので軽々しく断定的な発言はできないことなのですが、この場で問題にしたいのは動物愛護というような観点がらみでのこの問題の是非ではありません。

「経済動物」という発想は、支配者層・権力者からみれば人間の見方にもなっていたわけですが、「成果主義」「競争原理」がはびこっている現代では、(実際には建前であっても)人間の尊厳や存在価値が尊ばれているハズの憲法に則った教育界でも、露骨にそれが常識になってきてしまっています。

食肉用として育てられている家畜は当然という意識ながら、結果が出せなくなった競走馬の多くがどのような末路をたどるか、ということもペットとか動物愛護とかいうのとは全く別次元の問題として従来から平行線をたどっているのは現実問題として仕方のない部分があることは認めざるをえません。実際に私も肉や魚を食べていますし、野菜だって厳密にいえば生命を宿している存在なわけで、(お命を)「いただきます」といって食事をしているわけですから。

でもこの発想が教育界をはじめとする人間界に露骨に持ち込まれることの是非はまた違っていると私は考えます。(職場でも年功序列や正社員制度が崩れたところなどの働き手は経済動物扱いですよね)

私などこれまでの数十年はまさに経済動物扱い。そして役目を十分にはたせなくなったここ数か月はまさに処分される寸前です。(以上「経済動物①)

かろうじて自分の生きる意味を見出そうとしていた教育分野でも、家庭教師の仕事の口が風前の灯になっていることや、体調云々のこともあって今後ますます児言態へ参加できなくなることが現実的になっているので、「何とかやっていかなければ」という気力も急速に失せています。

先日チョコレートさんと教育に関してのネット上での展開についてかつて語り合ったことを何とか今のうちに実行に移せたら・・・というやりとりをしたのですが、例の遠出が最低でも2週間に一度入ることを考えると体調がいくらかマシで作業ができるという日が少しでも確保、ということそのものげ絶望的な気持ちになってしまっています。

気力を奮い立たせたいとは思うのですが、ゆうべも一晩中空回りでほとんど眠れず・・・かわりに湧き上がるのは絶望感や私を使い捨てカイロ扱いして人生を滅茶苦茶にしてきた相手への恨めしさばかりです。(怒りや憎悪をつのらせる気力も激しく湧かなくなりつつあるのですから、いよいよ末期症状????)

・・・相当体がしんどい割には何とかここまで文を打ち込めましたが、これで今日の作業はおしまい。本当は朝食をとらずにこのまま布団の中に入りたいのですが、きちんと食後をとって服用しなければならない薬があるので無理にでも食べなければなりません。最低限の量をとって薬を飲んだら横になって夕方からの貴重な家庭教師の時間に備えます。(ちなみに現在お仕事で出かけるのは原則として週に3日間だけです。来年は週に一日だけになる予定。)

(13日 夜)「仮想人間関係 ③」ですが、レンタルフレンドの事例を読んで率直に思ったのは「かえって虚しくならないのかな?」ということでした。ネットをみた人にどれだけ見栄をはることができても、羨ましがられたりしても本当はそうではないことは自分が一番よくわかっているわけですから。

KOU君と話していてもしかしたらと思ったのは良くも悪くもかつてのような人間関係が希薄になっている現代社会では、希薄ではない状態の人間関係を経験した絶対数が少ないから、そもそもそれが虚しいと感じられるだけの土台がないのではないかということでした。それならばホンモノとのギャップで落ち込むなどということはなく、賞賛されたという事だけが利点として認識されるだろうな・・・と。

それが的を得ているかどうかは分かりませんが・・・。どちらにしてもこの先の人間関係はどのようになっていくんでしょうね。(以上)

昨日は朝から晩まで一日がかりでの遠出でした。先日総合病院で3度目の受診をした上で新たに加わった薬の副作用などもあって、昼頃からは本当に辛い状態になっていて・・・・そこに精神的にかき乱されることが連発されたのでボロボロになっての帰宅でした。再来週の土曜日も同じようなスケジュール、そして月末にも自分で車を運転しての遠出・・・本当は(先月の東京にでかけるのもそうだったのですが)そうした行為は自殺行為だと医師からきつく言われているのですが・・・・使い捨てカイロの私には拒否権はありません。朦朧として事故でも起きてしまったら、それは私が役たたずとしてこの世をリタイヤしたとされるだけです。(そんな時に良くて入院という話になっても身元保証人はいないし、万が一ということになっても葬儀を出してくれる身内もいないです。)

来週の土曜日は児言態の月例会が予定されているのですが、ちょっと参加は厳しいそうです。

(10日 朝)「仮想人間関係 ②」です。例えばネットで「レンタルフレンド」と検索すると事例がいっぱいでてきますが、例えば多くみられるのが「誕生日にみんなに祝ってもらった」といえるような記念写真を撮ってネットにアップするというもの。そうまでして自分が「リア充」であること(現実生活が充実した日々であること の略だそうです)を装いたいようです。

私が教員にった頃ですから随分前になりますが「ネアカとネクラ」というのが社会的に騒がれたことがありました。「ネクラ」というレッテルをはられることを非常に恐れて無理してでも「自分はネアカだよ」と常に明るく元気に振舞う・・・でもその反動で独りになった時にドッと精神的な疲れがでて、心が病んでいく・・・。「前向きに」とか「プラス思考」ということが盛んに言われだしたときに、表向きは明るく振舞っていても実はそういう想いに成り切れないことを感じて、余計に自分を追いつめてしまう、という構造も同根だと思います。

これが数年たつと無理してそういった態度を取り続けることに疲れて人目を避ける傾向が強まりました。休み時間に一人でトイレで食事をとるとか、引き籠りとか、そういったことです。

こうしたレンタルフレンドの場合は、無理に友達いっぱいという状況を作らなくてもいいわけです。雇っている時間だけだし、最初から契約関係なのですから。そしてネット上に画像をアップすれば周囲は自分をリア充だと認めてくれる・・・。先立つものさえ確保できていればお手軽と言えばお手軽なのでしょうね。(続く)

昨日病院にいって初「MRI」体験でした。うわさには聞いていましたが確かにやかましい検査ですね。最もきつかったのは体を動かさないで30分ほどいなければならないこと。その影響なのか、現在ひどい腰痛に悩まされています。

検査の結果は脳内には腫瘍・動脈瘤・脳梗塞等々の異常はありませんでした。

まだ他の診療科の受診も予定されているのですが、明後日はまた無理を承知でいわきへ遠出です。また腹のたつことが起きるんだろうな・・・・。ここ数日の異常な寒さも体調の悪さに影響しているし・・・早く気候も安定してほしいものです。

一昨日の夜、思わぬことをきっかけに私を含めて4人のメンバーが顔をそろえて深い語り合いができました。そしてまた昨日は、うち一人から電話を頂き、今後の生き方についての語り合いを具体的にすることができました。ありがたいことです。


(6日 朝)本来のこのホームページの趣旨から外れて愚痴ばかりこぼす場となっているのが残念という想いはここ何年ずっとあります。上原先生の語録を載せ始めたのも中途半端に終わってしまったし・・・・。

試しにKOU君とのやりとりを中心に家庭教師時に話題になった内容を積極的に紹介していってみようと思いました。第一弾は「仮想人間関係」です。

きっかけは先日のサイエンスゼロでも紹介されていた
 3DCG女子高生「Saya」 です。http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/09/news090.html  (その他「Saya」動画検索すると旧Verですがあります)以前から話題になっていたそうですが私は全く知りませんでした。どんどん進化しているということなのですが、KOU君の意見では「実写に近づける意味が感じられない。」・・・ネット社会内ではアニメキャラがやりとりできる相手として進化中であり、好きなアニメキャラとやりとりできることで孤独感を癒される人が多いだろうと。

それに対して私の意見は「需要としては、ネット社会とふれあう機会の多い人たちじゃなくて、一人暮らしのお年寄りや、老人介護施設なんかの需要が今後期待されているんじゃないの?」でした。人に反応するロボット犬が実際に介護施設などで実績をあげているということだし・・・。

そこから以前社会的に話題になった「お年寄り向きのレンタル家族業」の話になりました。これが最近は若者の間でも拡大してきているということを彼が教えてくれました。(続く)


(5日 朝)昨日の朝、庭先に鯉のぼりをぶらさげていた時に、いつも家庭菜園のことでお世話になっている近所の方が話しかけてきてくれて、苗の作業を手伝ってくれることになりました。


30分程度したらということだったのですが、その後天候が急変・・・激しい雨とともに雹がふりました。

数分後にはやんであっという間に青空が広がったので汗ばむような陽気の中、助言を頂きながら植え替え作業。(とはいっても私の体調がいかにも悪そうということで、ほとんどその方がやってくださっているのをみていただけですが・・・・)


一通り済んでやれやれと思っていたら、午後にまた天気が急変。雹がふりました。

こんな風に一日二回も雹がふったというのはちょっと記憶にありません。苗の方は無事でしたが気温が急降下。長袖でも肌寒い一夜で今朝もひんやり。バジルがちょっと心配です。(一応カバーはしたのですが)


(4日 朝)
昨日、家庭教師に出かけた帰りにホームセンターに行って苗を購入してきました。狭い庭の中で連作障害なるものをどう克服していくか・・・・とりあえず接ぎ木タイプのを中心に買ってきましたが・・・その分、ちょっと高くつきました。(植え替え作業はまだできないでいます。)

ゆうべも夜中に捨て台詞を爆発させていました。本当にもういい加減にしてほしいものです。

(2日 午後)そろそろ庭に野菜の苗を植える時期なのですが、足腰の痛みやふらつきがひどいのでホームセンターにも行けないでいます。まあ明日あたりは風雨も強くなるようなのでかえっていいのかもしれませんが・・・。昨年、近所の方が育てた細長い西洋かぼちゃの種をとっておいて春先に植木鉢にまいておいたのが次々と発芽しています。

何本もまくわけにはいかないので、この画像を撮ったあとに大きな3本を残して小さいのは抜きました。本葉がいくつか出たところで植え替えるのを選ぼうと思っています。

(1日 夜)ついさきほど(夜8時)やっとのことで帰宅しました。さすがに腰痛が途中でどんどん悪化・・・いわきに着いた時点でフラつきもひどくなって何度も転びそうになりました。特に数日間は転倒要注意です。(第三者の方々の励ましによってなんとか精神的にも崩壊せずに今日をのりきれました。

偶然ということだけでは片付けられないようなこともあって、今朝の万葉集占いで示唆されたように見えない世界の方々にも本当に守られているんだなと思えました)

(5月1日 朝)昨日は直接本人ではなくて伝言として別の人物から「8時に来るように」とのことが強い命令調できました。本人ではなくて周囲の責任ある立場の人に電話をしてみたら「そんな必要はない。10時頃までに着いていれば大丈夫」と確認がとれました。それでも本当に10時頃に行けばまたあらぬ言いがかりを一日中言われ続けられそうなので、仕方なく6時27分の特急で向かい9時頃には到着しようと考えています。こうした無理がつのって私がどのようなことになろうと、その時には用済みとしてポイされるだけなのですが・・・。

月初め恒例の万葉集占いをしたら長歌が出ました。(894番)

概略としては船で困難な旅に出る相手に向かって贈った和歌のようで・・・・
この国は多くの神々の守護を頂いている国なのだから、あなたも守ってもらえるし、ちゃんと導かれて迷うこともないでしょうから、早く元気に帰ってきてください・・・というような内容です。

気力・体力ともに厳しい一日となるわけですが、そんな私にあちらの世界の方々がエールをおくって下さっているような気持ちになれます。

(30日 朝)朝、どんどん上に伸びていってしまっている庭の木を見上げてから普通の視線に戻したらよろけて転んでしまうかのような立ち眩みがしました。顔の向きをかえるとフラッとするのはいつものことなのですが、今日は特にそれが強くて・・・また1~2分の間、周囲の見え方が変にまぶしいというか・・・クラクラするような感覚です。

明日、本当に大丈夫かな????(体の状態からいうと大丈夫なわけないのですが、体調が崩れても家に帰ってこれるか、という意味です。水曜日・木曜日は家庭教師もないので、戻ってこれさえすれば寝込むことはできますから))

(29日 朝)明後日、早朝から東京に電車、そして東京からいわきまで(他人の運転ですが)車で移動、夕方には電車で帰宅・・・という強行軍が予定されています。再び顔を直接合わせ続けるのですが・・・大爆発寸前の精神状態なのでずっと気が重い状態が続いていて、そのストレスが余計に体にこたえています。

(28日 朝)
愚痴ばかり書いていてもしかたないので・・・今月はじめ、台所の隅で使うのを見落としていたニンジンから葉が出てきていたので上部を切って植木鉢に植えておいたのですが、それが結構元気よく伸びてきました。ネットで紹介されていたのを参考にしてふじっ子煮の「おかか昆布」と一緒にごま油で炒めてふりかけにしてみました。ほんのりとした苦みが加わって、なかなか美味です。


(27日 朝)
一昨日のことで言いがかりをつけてきた人物は周囲に私のことを「自分の落ち度を認めようともしないで自分の体調のことばかりを言って帰っていった」と言いふらしているそうで・・・本当にやりきれません。私の落ち度などでは全くなかったことも本人に対して周囲がきちんと説明し、単なる言いがかりだったことは示されているのですが、そういった自分に都合の悪いことは完全に棚上げして、自分だけが悲劇のヒロイン気分に浸る典型的な人物です。

医師から東京へ何度も往復するなど自殺行為だというようなことまで言われているというのは関係者のほとんどには黙っているのですが・・・仮に言ったとしても役立たずとして切り捨てられるだけ・・・・。

昨日も本人からも電話があったのですが、人を奴隷扱いすることはますますエスカレートしています。「体が大変だ大変だって言っていながら、こうしてちゃんと来られるんだから大したことないんじゃない!」というのが昔からの決まり文句。だから以前にも医師から「もう限界を超えているから無理しないように」と診断されたことを伝えても「そんな藪医者は変えて、別の医者に何とかしてもらえ!」という始末。結局自分のパシリとして動けという結論ありき。

周囲は「相手は心の病気だと思って上手に受け流しな」というような助言をしてくださいますが、実際にたった数分間文句を言うためだけに突然東京へ呼び出したり等々の体に負担になることが相次いでいるので、聞き流せばすむという問題ではありません。(聞き流せるほど私は人間ができていませんし)

無理して行っても、無理しないで行かなくても、どちらにしても私の運命は風前の灯・・・・

そんなことで昨夜もまた一晩中眠れないでいました。全くの悪循環です。

*本当に全国にはこうした理不尽な扱いを受けている方々(特にお嫁さんという立場)が大勢いらっしゃるんでしょうね・・・・「みんなでしっかりと乗り越えましょう」と励まし合う元気も失っている方々も少なくないと思います。

(25日 夜)今日は一日フリーの予定だったのでじっくりと体を休めようと思っていたら、午前中に東京から第三者を通しての伝言で「急いで来い」・・・・用件は明かさなかったようで・・・・仕方なく不整脈の発作はひどかったのですが本降りの雨の中、急きょでかけました。

フラフラになりつつ着くなり文句をタラタラ言われ・・・よくよく聞けば全くの言いがかり。単に自分のわがままを通すために私が嘘をついていたということをでっちあげてのことでした。そういった隙を与えたくなかったから土曜日だって児言態の大切な会合を中座してまで行ったのですが、全くそれが無意味でした。

一方的に悪者にされて言いがかりを浴びせられての数十分を終えて、無性にやりきれない思いで帰途についたのですが、帰りは不整脈に加えて目眩で雲の上を歩いているような感覚がどんどんひどくなり・・・・今もこうして座ってパソコンを打っていても船の中で作業をしているような感じです。

私が病院でかなりシビアな診断を現時点でもされていることはどうせ言ってもボロクソに言われるだけなので向こうには言ってはいないのですが・・・・今月いっぱいでケリのつく予定の今回のことが終わった時に、自分は普通の生活を見かけ上だけでもキープできるのでしょうか・・・・。

こんなことで自分の命や生活を削ってのこの数十年・・・いよいよバッドエンドが近い????

(24日 朝)寒暖の差が極端で体調管理が大変です。冷えたせいか再び片頭痛の兆候。

最近「心意伝承」を考えるヒントになるような番組や本に偶然出くわすようなことが続いています。あちらの世界の方々からの示唆なんでしょうね・・・きっと。そう考えると「偶然」ではなく「必然」です。

そんなことに関連するような上原語録を2つ紹介します。

☆人間の感情構造は『この世』に生きるためではなく、生き物としての性質が人間の感情となっている。
 例 恐怖感情は、身を守るためでなく『この世以外の物と交信するため』に持っている。
 例 『この世』だけに生きるのであれば『予見』など必要がないのに、人間は『予見性』を持ち『ただの巡り合わせ』であってもそれ以上を感じ感動  する。

 そのことが感じられるようになってくると、『あの世の人』と接することの方が大切になってくる。
 本当はイメージによって『あの世』とつながっているのに、今の世の中ではむしろ『深い水脈を切る』ことばかりやってしまっている。        (昭和六十二年十一月例会)

*もう一度、この世が『忘れかけているもの』『忘れてしまったもの』を見つけなければならない。それは我々が見落としている『あの世からの信号』をみつけることです。
 寺やお宮の役目はこれなんだよ。ただの宗教研究所ではない。学校もこの意識でやらなければ・・・。(国文学講義)


(23日 夕方)
平成23年の今日、ちょうど今頃の時間(夕方)に電話がなって・・・独り暮らしをしていた母が遺体で発見されたので身元確認のためにすぐに東京まで来てほしいという警察からの電話がありました。すぐにかけつけて時間が経過していて変わり果てた姿と対面したわけですが・・・あの時の様子五感を通しての感覚は7年たった今でも鮮やかに残っています。

東京に住んでいたものの、母も震災の影響といえば影響で他界したわけですが、例えば震災で心に深い傷をおうような体験をした方々・・・特に子ども達・・・は何年たってもありありとしたフラッシュバックに襲われていると思います。そしてそれはどんなに「プラス思考で生きましょう」と言われたって消えることはありません。

消えないことを前提にどうそれらと向かい合って生きて行けばいいのか・・・それが大きな課題なんだと思います。


(23日 朝)
夜になってようやく片頭痛が和らいできました。でも全体として体の状態はかなりきついので、出来れば今週は東京へ行くのも1~2回におさえたいところです。無理すれば今後動けなくなってしまうというのも現実味を帯びてきているので。

(22日 朝)
児言態の会合・・・少し遅れて参加だったのですが、不整脈や目眩や腰痛で着いた時にはグダーッとしていました。でも話し合いに参加しているうちに別モードのスイッチが入って・・・。声のトーンもいい方向に変化してきたな・・・というところで私は中座。別の場所へ移動でした。

そのときの車内で今度は片頭痛の発作もおきはじめて・・・現在も不整脈+片頭痛で難儀しています。先日来、処方された薬を飲んでいるので、飲み合わせなど未確認のため鎮痛剤は控えているのですが、かなり辛いものがあります。


(21日 朝)
処方された薬で押さえているものの、やはり無理な生活によるダメージがそれを上回っていて・・・ゆうべの段階では午前中の児言態に参加できるかどうか、という状態だったのですが、なんとかこのあとの7時12分発ので出かけられそうです。一日なんとか乗り切れるといいのですが・・・腰痛は仕方ないとしても、フラついて転倒、ということだけは避けたいものです。

(20日 朝
)NHKこころの時代テキスト「マンダラと生きる」、入手できました。日本にマンダラを紹介したのは真言密教の開祖である空海だということなのですが、我が家は真言宗豊山派のお寺である雨引観音楽法寺なので、そういった意味でも縁を感じます。

心意伝承との関りで上原先生(児言態)とユングの「集合的無意識」「元型」ということの関りはよく言われるのですが、そのユングが元型について探求するきっかけとして「マンダラ」があったということです。

明日は午前中が児言態の会合に出席予定。本当は月例会は夕方までなのですが、私は例の個人的な用件のために昼頃にまでの参加です。残念なことなのですが・・・・

(18日 朝)起きてみてふらつきは相変わらず・・・腰痛はますます悪化。

ちなみに何度東京へ行っても、そのついでにどこかに立ち寄るなどということはしたくても出来ない状態です。食事だってコンビニでおにぎりかサンドイッチ一つにペットボトル一本だけという感じですから。どうせ私は単なる奴隷で用済みになればポイ・・・・

NHKこころの時代で、月に一回マンダラについての特集がはじまったのですが、「図像・型」そして「心」を心意伝承的に考えるヒントが得られています。テキストも出ているようですが、近くの本屋には置いてありませんでした。今夜の家庭教師の前に違う本屋にもいって探してみます。

(17日 夜)昨日は上野駅に着いた時点で不整脈の発作がおきて帰宅するまでしんどかったです。そして今日もまた東京。朝から目眩が強めに出ていて、ずっとユラユラした感覚。ちょっと姿勢をかえると立ち眩みで転びそうになって・・・。

実はこうした症状を先週病院で処方された薬で押さえていたのですが、さすがにこれだけ無理が続くと間に見えて悪化してしまいます。

とりあえず土曜日までは行かなくて済みそうだし、今のところ宿泊をしなければならない事態も回避できそうなので・・・なんとか今月中にはケリがつけられればいいと願っています。

(16日 朝)貴重な一日遠出なしもあっというまに終わって、今日からまた辛い日々です。今のところはっきりしているのは今日・明日、そして土曜日が東京方面・・・それ以外にも金曜日の昼間にやっかいな外出が一件。この合間をぬって家庭教師です。場合によってはこれ以上、泊まり込みを含めて東京というのが増えるかもしれません。

今月のこの状態を終えて世間的にはゴールデンウィークとなるわけですが・・・連休明けには、今月の件で受けられないでいる精密検査の続きや精神内科の受診が予定されています。(それまで持たなかったりして・・・あり得ない話ではありません。現時点の検査の結果でも医師には相当シビアなことを言われていますから)


(15日 朝)
朝起きてからもフラついて何度も転びかけました。そんな状態で東京へ(正確には千葉県エリア)・・・予定より2時間ほど早く帰宅できたので家庭教師は普通通りにできました。

一つ大きな救いだったのは、月曜日の予定が先方の都合で少し遅くなったこと。なので今日の午後にまた東京へ行って一泊するという必要がなくなりました。(それでも7時半頃には家を出るのですが)足腰の痛みをはじめとして相当体にダメージはあるので、今日いちにち丸々休めるというのはとってもありがたいです。

(14日 AM 0:30)頃先ほど家庭教師の最中にどんどん体調がおかしくなってきて・・・・頭の中はフワフワして平衡感覚がおかしいという(ここ数年のいつもの)状態がいつも以上に悪化、あとは右手が氷のように冷たくなっていて・・・・

これで明日の朝には東京。夕方には一度帰宅して家庭教師の予定ですが、天気予報だと暴風雨の状態になっていくとか・・・常磐線って風によって電車がとまりやすいので(火曜日もそうでした)スムーズに帰れそうかわかりません。

日曜日も午後にまた東京へでかけ、今度は一泊の予定。月曜の夕方に帰って家庭教師。火曜日には多分また東京・・・そんな感じでの外出を強いられています。実際に土曜日にも火曜日にも別々の医師からそんな無理はしないようにと言われているんですがね・・・・でも少なくとも今月いっぱいはそうした無謀な日々が続きます。

どうせ私は使い捨てカイロですから・・・・

(13日 朝)本当に大変な日々は明日からなのですが、昨日の新たなことも加わって心身ともにノックダウン寸前です。先日、病院でとりあえずと処方された薬(いろいろな検査をしながら分かってきた一部に関するもの)で何とかしのいでいるという感じ・・・。

あと2月くらいから続けているのは呼吸法です。父が生きていた頃からよく言われていたのですが、あまり真剣に実行したことはありませんでした。脇腹や下腹部の筋肉の硬直をゆっくりとほぐし、お腹の中を液体化させていくような感覚です。そうすると自然にゆったり深く息が吸い込めるようになって、荒れた心もだいぶ違ってきます。

それをはるかに上回る事が多発しているから心身の状態は悪化傾向になっているのですが、もしもそれを実行していなかったらもっと崩れは大きくて、今頃完全にダウンしていたでしょう。

呼吸でストレス等々を軽減することに関しては先日のNHK「ためしてガッテン」でもとりあげられていましたが、日本人はずっと昔からその効能を直感して生きてきたといえます。・・・今夜0時ちょっと過ぎから再放送があります。ポイントである肺ストレッチに関してはこちら(NHKガッテンホームページ


(12日 午後)
行きはそれほど影響がなかったのですが、帰りには常磐線のダイヤが強風の影響で大幅に乱れていました。でかけた先でもそれなりにいろいろとあって・・・。

今日も一般的には思わぬ事態が発生して大変なことになっているのですが・・・スピリチュアル的にいえば随分と前からそういったことを引き寄せてしまうのは十分にあり得ると感じていたことで・・・率直には「やっぱり」と思ってしまいました。ますます泥沼化です。

私の心身・・・どこまでもつのかな?????

(11日 朝)今日は上原輝男先生と、昔特にお世話になったある教え子のお母さんの命日です。

今日はまた春の嵐がこのあと吹き荒れるということなので予定より一つ早い電車で向かうことにしました。

(10日 夕方)診察券を8時半に出し、診察・検査等々で一通り終わったのが1時近く・・・複合的にあちこちの異常が疑われるということで今日は内科中心。今後も違う検査をした上で来月後半には精神内科の受診も予定されています。血液検査では7本分・・・こんなにとられたのは初めてです。

本当は今月中に他の検査を勧められたのですが、明日は電車でいわき、週末は泊まり込みも含めて何度も東京へということで連休明けに検査予約は入れました。本当はこんな無理は出来ない状態なんですがね・・・・所詮私は使い捨てカイロのようなものですから。


(10日 朝)
社会人である家庭教師での元教え子のS君が8日、イギリスへの一年間の留学に旅立ちました。先ほどロンドンで一日過ごしてのメールが届きました。これまでもメールのやりとりは時々していたのですが、それと全く変わらない感じで届くわけで・・・・でもこのメールの発信地は遠い国なんですよね。

意識世界の距離感が本当に縮まったという気がしました。

今日はこれからまた地元の総合病院です。土曜日は該当の科が休診日で救急外来の先生が「私で良ければ」ということで診て下さったのでほとんど待ち時間なしで受診できたのですが、今日は普通に3~4時間待ちになりそうです。

(7日 昼)いよいよ来週からいわきや東京へ何度も行かなければならなくなります。それこそ自分の命を削って尽くすという感覚です。理不尽な扱いや暴言などに耐えながら・・・・。

目眩の症状が強めに出ていて、ちょっと顔をあげたりするだけでヨロっとしてしまうので、先ほど地元の総合病院に行ってきました。脳のCTなども撮ったのですが、どうやら神経系が直接の原因ではなく、内臓疾患からの神経への異常のようです。来週、今日とは別の科を受診して、根本原因を探ることになりました。

(4日 午前)暴言をはかれながらも向こうのために痛い足をひきずりながらあちこちでかけ・・・あまりに空しくなり、自暴自棄になりそうだったので、今季3度目の分校跡地訪問。地面には花びらが落ちていて木によってはほとんどぶ葉桜になっていました。



その後、元教え子の家に立ち寄って別世界。そしてまた別の教え子とメールのやりとり・・・。

私の日常や人生を滅茶苦茶にするのは「人」ですが、そんな私を救ってくれるのは「人
」です。

(3日 昼)ボロボロになりながらも今月を乗り切るために精一杯頑張っているつもりなのですが・・・・神経を逆なでされるようなことが続いて・・・・早くも1日の万葉集占いのように大きな壁が立ちはだかっています。絶望感、その他もろもろ。精神は極めて不安定です。

(3日 朝)昨日の朝くらいから左足首が痛み出し歩行困難。痛み止めを飲んで足をひきずりながらかろうじて歩いている状態です。こんなことで東京やいわきに何度も行かなければならないこの4月を乗り越えられるかな?????

特に新年度がはじまったばかりの教え子たちには、家庭教師の授業に穴をあける等々の迷惑をかけたくないものなのですが。

このあたりの桜もぼつぼつ散り始めました。でも歩行困難なので写真は撮れませんでした。今日は買い物ついでに撮れればとりたいです。

(1日 朝)ゆうべの更新後、すぐに寝たのですが、部屋を暗くしたあと、突然いつもとは違う不整脈が起きました。「このままもしかしたらあちらの世界に旅立ってしまう???」という想いが頭をかすめたのですが・・・2分ほどで落ち着きました。そうして目が覚めたのが7時6分。6時間半ほど一気に寝ていました。

あいかわらず片頭痛はおさまっていないのですが、年度初めなので地元の神社にお参り。途中近所の公園で桜を撮りました。散り始めていましたが、今日は太い幹から顔を出して咲いているのを中心にねらいました。個人的にこうした咲き方をしている桜にも強く惹かれます。



帰宅後、月初め恒例の万葉集占いをしたのですが・・・この和歌でした。

春日野に 粟蒔けりせば 鹿待ちに 継ぎて行かましを 社恨めし (405番)

直訳すると粟を蒔くのに邪魔な社があって・・・というような意味になるのですが、これは恋歌で、好きな男性のところに通いたくても実際にはあなたには奥さんがいて・・・というようなことらしいです。

この4月、激動の一か月間になりそうなのですが・・・・大きな障害に立ち阻まれるということですかね????相当の覚悟が必要なようです。

(4月1日 午前0時過ぎ)昼から片頭痛がひどくなって、辛い状態で今年度のシメの家庭教師にでかけようとしていた時、ネットで今夜がブルームーン(同じ月のうちに満月が2回あること)だということを知り、早めにでかけました。

今朝も書きましたが母の推定命日の最終日にこういったことまで重なるというのは・・・理屈からいっても月に2回の満月になるのは最初と最後だけですから、それと水戸近辺の桜が満開というのが重なるのは今後ほとんどないことでしょう。しかも今年はブルームーンが起きる月が一年間に2回。1回目があの1月のでっかい満月と皆既月食までワンセットになった「スーパーブラッドブルームーン」でした。で、2回目が今回。次のブルームーンは2020年の10月31日だそうです。ちなみに今年の様に年に2回あるのは19年後の2037年だとか。

ということでどこで撮るかということだったのですが、迷わず分校跡地で撮りました。






子供達の写真・お星さま・子猫の写真

(最新入れ替え日  7月9日)

上のボタンをクリックすると大きな画像のコーナーにとびます
今回の入れ替え分


前回の入れ替え分

子供達の写真・ちょっと大き目の天体写真を2日に一度入れ替えています。



「お星さま・ミクロ世界」などの写真集
実は「顕微鏡写真」もあるんです!!

「子ども・教育」「クラス・クラブなどの思い出」関係


特設コーナー

「食の思い出」

「ペットのページ」

高電位治療器 リブマックス9000
つぶやきのお部屋内「よりぬきコーナー」にあります

聖良さんに関する記述はこちら


常連様用「特急ボタン」

お星様のお部屋

  ミクロ  イメージ  思いで  言葉  授業  つぶやき 

 学問(恩師の上原輝男先生・父の語録です・・・児言態コーナー追加)  




朝日や夕日、雲などの画像もあります。

最新画像・・・h24,5,21 「金環日食特集」



メールはこちらから

ここに寄せられた声の抜粋も随時ここで紹介しています!


リンクのおへや

天体関連/学校・教育関連/映像関連/顕微鏡(ミクロ)関連/教え子  他


おことわりとお願い

*このお部屋も含めて、当ホームページの画像・資料・内容は、学校の授業など純粋に子供達の育成に用いる限り自由に使って頂いて結構です。ただし、それ以外の目的での使用・転載・複写などは固くお断りします。

また、このページの意図に反するリンクなども固くお断り致します。また、もしもそうした行為を行っているページを発見された方はぜひお知らせください。



更新履歴・カウンター経過

*入れ替えアルバムの定期更新や太陽・天体は履歴には載せていません。
*期間限定のコーナーについても原則として載せていません。


平成13年1月までの更新履歴(ダイジェスト)はこちら

6月25日  開設