ワニワニ学級 本校

子ども達や自然や日常から生きるヒントを考える



このホームページでは

人類にとって生命の指標(ライフインデキス)である子供達,そして人類の未来のためのヒントを

「太陽(Hアルファ画像)」や「お星さま(冷却CCD他)」の天体写真、

「顕微鏡でとった写真」

「コンクリートなどのわずかな隙間から生えている植物」等々

そんな日常生活の様々な事柄を通して探っていきたいと思っています。

☆★☆ おとなも子供もみなさんどうぞ ☆★☆

各コーナーなどの詳しい案内は下の方にあります

はじめての方はこちらからどうぞ

開設日 平成10年6月25日



  あなたは 人目の参観者です。

祝70000人突破!(H29,5,14)
(最新更新日 令和2年6月5日 朝)



駿煌会関連リンク
一昨年から数人のメンバーで「駿煌会」なる会を結成して活動しています。そちらでは私は「虚空」と名乗っています。ブログ更新の情報などはツイッターでその都度紹介しています。

会の趣旨は次の通りです。(ツイッター プロフィール より)
アニメや理数を通して人間(心意伝承)についてあれこれと考えようとしている年齢も性別も職業も違う4人でスタートした集まりです。(現在ライン参加は8人)ブログだけではなくホームページもあります

☆駿煌会ツイッター https://twitter.com/syunkoukai?lang=ja
☆駿煌会ブログ http://syunkoukai.edoblog.net/
☆駿煌会ホームページ http://syunkoukai.komusou.jp

*ブログ記事などを読んで頂けると分かると思いますが、アニメを通して大真面目な考察をしています。
ただ、これまでずっとこのホームページで紹介しなかったのは、以前ここでアニメの話題を書いた際に、家庭教師の一部の親御さんから「アニメを話題にするような人にはまかせられません」というようなことで解雇されたことが数件あって・・・。

以来そのためにここではそういったアニメのことはほとんど取り上げず、駿煌会のことも紹介しませんでした。

今回紹介に踏み切ったのは、実質家庭教師もほとんどないことに加えて、新たな顕微鏡写真のコーナーを駿煌会の方でも紹介しながらという展開を予定してるためです。


お星さまや星雲星団や太陽表面の写真

(最新入れ替え日  令和2年6月3日)
*週2回の更新を目指します(日曜日・水曜日)

上の画像をクリックすると入れます

特設コーナー(お星様のお部屋    太陽コーナー

の中から、大きめの画像で定期的に入れ替えて紹介しています



ミクロのお部屋 2

(最新更新日 3月8日 ある男の子が庭で拾った小石)

最近放送されたアニメ「恋する小惑星」(漫画は現在も連載中)に刺激され新たに特設しました。

主に岩石や砂粒などの顕微鏡写真を公開しています。

また、私の持っている動植物の既成品のプレパラートも紹介しています。





オモ写コーナー

その1  


上の画像をクリックすると入れます


最新更新日 2020年6月5日

5月21日撮影分

容量の関係で5月3日~4日撮影分は削除しました

コンクリートやアスファルトのほんのわずかな隙間から生えている道端の草たち・・・
そんな精一杯に生きている姿を ダンボー や はにわ達 と一緒に撮った画像集です


その2

みんなとお出かけ コーナー
ダンボーや埴輪たちとのお出かけ画像


上の画像をクリックすると入れます

2020年5月21日 大洗水族館 ⑥

館内ガルパンパネルとの合成です

(6月5日更新)



その3


この画像をクリック!

うちにあるいろいろな人形やぬいぐるみと自由気ままに撮った写真です

2020年5月30日更新・・・5,29ミニダンボー仲間入り記念






児童の言語生態研究会関連リンク 
公式ツイッター  上原先生の語録が中心です。教育以外のことについてもたくさん載せています。書ききれないもの(補足)は公式ブログに掲載しています。

 関連の深いコーナー  学問(恩師の上原輝男先生・父の語録です・・・児言態コーナー追加)  


更新時のひとこと&PR

昨日の夕方から片頭痛の発作もジワジワ起きてきて、夜には足腰も頭痛もと大変な状態でした。傷みでほとんど眠れていません。

パソコンの作業も断続的な足腰の痛みの間隔がひっきりなしなのでしばしば中断。情けないものです。

そんな中ですが昨日、画像の感想としてこのようなコメントが寄せられました。

埴輪って力強さと対極ですよね。なんか、緩んでる気がする。心も体も。

興味深い感覚ですよね。何だか古代人とより深く心が通じ合えるような気がします。

道端の草花」と「水族館記録」のどちらの感想欄にも載せておきました。

今朝の画像更新・・・草花の方は水戸駅南口周辺にあるコイン駐車場で撮った画像。パーキングの機械部分との対比でよくこんな所にもはえてくるな、という感じです。水族館の方は館内にあるガルパンキャラパネルとダンボー・埴輪たちの合成写真です。

(4日 夕方)午後は外出予定があったので、午前中に更新したかったのですが、断続的におそってくる痛みの間隔が短くてとてもパソコンに向かえず、ほとんど布団の中で横になっていました。

一応先ほど帰宅して何とか道端の草花画像を3枚準備できたので、更新します。水戸駅南口近くで撮ったものです。

(3日 午前)あいかわらず痛みがひどいので各種作業がとどこおってしまっています。ということで今日は道端の草花の方の更新はお休みです。

庭のドクダミも花が咲き始めているので、つみとってドクダミ茶作りもしたいのですが・・・ちょっと無理。

水族館記録のうちカニは、実際に撮った画像が薄暗くて、さすがにめいいっぱい広角にしても水槽中央にいるカニと水槽の外とのダンボーの距離の差で被写界深度が補正できず、ダンボーがボケボケ。というわけであとから合成しました。

過去の天体写真での見所は月面画像と、平成11年10月23日の大きなプロミネンス。変化も大きく、その様子を並べたので画像はちっちゃめなのですが・・・地球よりメチャメチャでかいプロミネンスです。


(2日 午前)腰から左足の太もも裏、ふくらはぎ、足首にかけて断続的に強い痛みが走り、パソコン作業がしばしば中断です。本当に難行苦行という感じ・・・これが数日続いているのですが、いっこうに痛みがひく気配がありません。困ったものです。

道端の草花・・・5月8日撮影分はオールアップ。あと、過去に投稿した画像3枚にタイトルをつけてくれた方がいました。それぞれの画像につけておきました。

水族館記録は、マンボウ水槽1枚、とチンアナゴ水槽2枚です。もっと鮮明に撮れたら良かったのですがね・・・。


この時期、毎年時折庭にスズメバチが飛んでいます。一匹で飛行している今のうちに退治しておかないとどこかに巨大な巣を作ってしまう・・・祖父が生きていた頃に我が家の壁の中に作られて、知らずに草取りしていた祖父が刺されてという前歴もあります。

ハチ用の10メートル近く飛ばせる殺虫剤はいつも常備しています。昨日も一匹発見したので退治。向こうも生物として当然の行動をしているとはいっても、やはりスズメバチとの共生はここでは難しいので毎回見つけ次第退治させて頂いてます。


(6月1日 午後)体調が今一つなので昼にも寝込んでいたのですが、その際にリアル感いっぱいの夢をみました。(以下夢の中)玄関に誰かきたので開けてみると見知らぬ30歳くらいの女性が立っていました。「どちら様でしょうか?」と聞くとちょっと寂しげな顔をして無言で立ち去ろうとします。ただ、顔がどことなくこの家にかつて住んでいた祖母にどことなく似ていたので「もしかしたらおばあちゃん?」と声をかけると「そうだよ」と。このところのいろいろな様子をあちらの世界から観ていて、ちょっと私のことを励ましに来たんだ」と。・・・・そのあたりで夢から覚めてしまいました。

今朝、体の調子が悪いながらも月初めなのでゆっくりと歩きながら地元の神社に参拝したのですが、月初めのせいなのか、普段は無人の社務所に何人かの方がいて、神社の扉も大きく開かれていました。この扉が開かれているのは年越しの夜中と、秋祭りの時くらいしかみたことがないので、何かいよいよ大きな動きが私の周辺でも具体的に起きるのかな・・・と思っていたところに、若い姿の祖母が夢の中で励ましにきてくれた、ということで・・・不思議な感覚になりました。



道端の草花は常澄地区から水戸に帰る途中で撮った画像の続きです。

水族館記録は魚の水槽のところで撮ったもので、イワシやフグなど・・・。標本でないので、いい具合の位置になるまで何度もトライしました。


さて、月初め恒例の万葉集占いですが、今朝出合った和歌は次のものでした。

我が背子に 恋ふれば苦し 暇あらば 拾ひて行かむ 恋忘れ貝 (964番)

(口語訳)あの人に 恋すると苦しい 暇があったら拾っていこう 恋忘れ草を


京都に帰る途中の海岸で貝をみて詠んだ歌のということです。「恋」というのをもっと拡大解釈して、かつては仲が良かった相手、信じていた相手、慕っていた相手・・・そういう人たちの信じられないような裏切りにあったさいに、その当時の良き思い出をひきずると余計に苦しさが増してしまう・・・だからスパッと切り離せ・・・なんていうメッセージとも受け取れました。

先ほどの夢のあとに、この和歌をひいたので、余計にそう思えてしまいます。

もちろん人間らしい情は大切なわけですが、時と場合によっては、それを完全にオフにするということも実は大事なのではないか・・・。その判断基準が難しいところですが・・・・。

その基準を自分の利害優先にして考えてしまうと、多分見誤ってしまうのでしょうね・・・。



(31日 朝)断続的に強く襲ってくる腰の痛みにかなり苦しんでいます。今朝も早朝に一度パソコンをたちあげて更新作業をしようとしたのですが、痛みの感覚が頻繁でとても作業ができずすぐに閉じました。すぐに朝食をとって鎮痛剤を飲んで・・・やっと今、更新作業ができました。

過去の天体写真入れ替えアルバム・・・やはりお勧めは月面画像。太陽画像では大きなプロミネンスや黒点群の周辺の模様・・・砂鉄をまいて磁石をという実験をみなさんもやったことがあると思いますが、それと同じような模様ができています。そこから太陽表面の磁場との関連が感じられやすい一枚だと思います。

いろんな子ども達にもこれらのコーナーをみてもらいたい・・・拡散の御協力をよろしくお願い致します。

道端の草花も成長した草との画像が多いので埴輪たちもちっちゃくしか写っていません。これらもみんなコンクリートなどのわずかな隙間・・・土なんで見た目では確認できないような場所に生えているものばかりなんですよね・・・。

大洗水族館画像、今回はイルカ・アシカショーのジャンプ中心です。ヘッドライトで埴輪を照らしながらどこから飛び出してくるかはっきりしないジャンプをタイミングよく、しかもある程度まとまった構図でというのは大変でした。撮った画像を何とかトリミングしてある程度まとまった構図にしています。



(30日 午前) ちっちゃいダンボー達を開封したところで、先日のオモ写の番組を教えてくれたかつての教え子が、撮影に使えるんじゃないかということで、苔をくださいました。

これを機にさらに新たなコーナー「オモ写いろいろ」を追加。ますますにぎやかになりそうです。

オモ写の定義にも狭い定義とか広い定義とかいろいろあるようですが、マア自分としてはうちにある人形とかぬいぐるみとか・・・それらが自由に動き回って・・・というイメージのものととらえています。

「道端の草花」はコンクリートやアスファルトに囲まれた悪条件の中で精一杯成長しようとしている草花たちが主役。水族館記録もメインは魚たち・・・・

でも「オモ写いろいろ」コーナーは人形たちが主役という気持ちでいます。

身近なところで、もしかしたら私達が気づかないうちに、「ちっちゃな何か」がこんな風にいて別の世界を作っているんじゃないかな・・・そんな風にフト思えるような・・・・。

もちろん虫や微生物などがどこにも満ち溢れているのがこの地球・・・決して人間の都合だけで存在が認められる、認められないというわけではないんですよね・・・。

なんていいつつも、私だって自分に都合の悪い蚊だとか家庭菜園を食い荒らす虫たちは退治していますが・・・(苦笑)

新コーナーの立ち上げで今日は精一杯・・・道端とか水族館の更新はお休みです。
(どうにもここ数日・・・腰痛がひどくて・・・)


(29日 朝)一昨日ネット通販で購入したミニダンボーのセット。箱の中にさらに小さな箱が12個入っていて・・・。試しに一つあけたらそれがまた小さなビニール袋に入っていて・・・腰痛のこともあって、そこで開封作業はストップしています。

既に使用しているダンボー君ですが、実はそれを購入した際に同じ大きさの「アマゾン段ボールVer」のも買っていました。ただ、それがずっと行方不明になっていたんです。

昨日、それが物陰に落ちているのを発見。おそらく震度4くらいの地震の時にまぎれてしまったのでしょう。

これでダンボーの合計は14です。ちっちゃいダンボーをあけたら全員並べてのオモ写を撮りたいと思っています。


(入っている箱の画像です)

今回の「道端の草花」コーナーは、駿煌会で「諷虹君」(このHPではKOU君)の家の玄関先にある花壇周辺で撮ったものです。

水族館記録」は水族館再開後、2回目のシリーズ。とりあえず今回は外で撮った3枚です。



(28日 午前)ゆうべ知り合いが教えてくれたNHKの番組で「オモ写」なる言葉がネット上で使われていることを初めて知りました。

まずは今まで更新していた「道端の草花」のコーナーと、「水族館記録」を「オモ写コーナー」としてひとくくりにしました。

ちっちゃな人形やぬいぐるみなどはその他にも家の中にやまほどあるので、だんだんと自由気ままに登場させようと思います。

場合によっては更新がずっと途絶えているミクロコーナーなんかの画像にも合成したり・・・もともと科学的な解説を目的にしたサイトではなく、いろんな世界に想いが広がるようにというのを意図してのHPなので


腰痛はあいかわらず・・・早くマシになってくれないと合成画像の作業などにも着手できません。


(27日 午前)ここ数日、腰痛でも苦しんでいるのですが、昨日あたりからさらに痛みが増していて、パソコン作業も頻繁に休憩をとりながらやっています。早朝からはじめてやっと今(午前11時)画像更新関連の作業が終わりました。

道端の草花は5月15日撮影分に突入。あと容量の関係で最初の頃のは削除しました。

水族館の記録は昨日の続きで「触れる標本」との組み合わせです。

過去の天体写真入れ替えアルバム・・・今回の月面画像のクレーターや山脈の画像は個人的にお気に入りの2枚です。

太陽は平成11年10月中旬頃の黒点群の画像が中心ですが、結構毎日活発で毎日楽しみだったのを覚えています。


今朝、京アニ放火犯人が逮捕されたというニュースがありましたね。

あの事件以来、京アニ作品を観返していてもどうしても放火事件のことが頭から離れずに純粋に作品の世界に浸れません。本当は亡くなった方々の真の供養のためにも、皆さんが心を込めてつくりあげた作品の世界をそのまま受け止めるというのが大事だと頭では思うんですけどね・・・・。

特に観ていて辛いのがエンディングでのスタッフの方々の字幕。

「この中であの事件の被害にあわれた方々が大勢いらっしゃるんだろうな」と考えてしまって、今でも涙がこぼれてしまいます。


(26日 夕方)
今日もほとんどグロッキー状態で室内でずっと休んでいました。

道端の草花は5月9日に撮った3枚。この時は草丈があるものばかりだったので・・・この頃からはっきりと「合成手法も取り入れようかな・・・」と考え始めていました。

水族館記録は、触れるお魚標本と埴輪達の組み合わせ。今回と次回2回に分けて紹介します。
標本だけにじっとしていてくれるので、好きなように撮れました。

個人的にはこのシリーズ、結構気に入っています。


(25日 夕方)またも大洗水族館へ。再開後2回は人形持参で、どのように一緒に画面におさめるかということばかりだったので、一緒に写しても良好なのが期待できない場合は素通りでした。

画面合成の手法も取り入れようと方針を切り替えたので、今日は人形たちは持っていかないで、水槽の中に純粋に集中しました。(それでも相手は生き物だけになかなかいい瞬間は撮れませんでしたが・・・)

正直言って体力的にはかなり消耗してしまい、帰宅後はグダーッと・・・。ひと眠りしてから今日の更新分の作業をと思っていたのですが、現時点でもちょっとそういった作業ができそうにないので、今日の画像更新はお休みです。

かわりといっては何ですが・・・今日撮ってきたうちの一枚です。(人形との合成はしていません)




(24日 夕方)朝起きたら晴れていたので急きょ思い立って道端の草花の撮影にでかけました。狙いは普段は交通量の激しい道路沿いのとか、あとは草丈が大きく伸びているもの。

車をとめて人形たちを置いて撮影が危険で出来ない場所、あるいは迷惑になってしまう場所でも、休日早朝なら一時停止して車の中からなら撮れるだろうというもくろみです。実際にはほとんど車が走って来ない時には一時停止で降りて撮ったりもしましたが・・・。

草丈も大きく育ったのとあの人形たちを並べるとちっちゃすぎてほとんど分からなくなってしまうんですね。

で、思い切って合成にしてみようと・・・でっかいダンボーや埴輪たちにして。



試作してみたのがこれです。多少不自然にはなりますが・・・まあ遊びということで(笑)




水族館の画像もこの前いろいろ試してみてもどうもうまくいかないので、合成も多様しようと思っています。
そうすれば水槽の中にいるようにという世界も実現できますから。

2月18日に水族館で撮ったクラゲ画像試しに合成してみたのがこれです。





もちろんこれまで通りの手法で出来る、その方が雰囲気が出る、という場合はこれまで通りにします。

遊びとはいっても、それなりに合成作業も大変ではあるので(苦笑)


合成手法のを正式にアップしていくのは今日撮影した分からになります。まだこれまでのストックがあるのでもう少し先になります。


大洗水族館の記録・・・今回は館内にある アニメキャラのパネルと一緒の画像が中心です。お魚との画像はありません。


道端の草花は5月8日撮影分の残り全部です。




(23日 午前)昨日は久しぶりに会った教え子との語り合いのあとで家庭教師・・・・昼の12時頃から夜の11時頃まで・・・さすがに今日はかなり疲れが残っているので、水族館記録は2枚のみです。(フグとエトピリカが一枚ずつ)

これまで寄せて頂いた感想も紹介してます。

道端の草花ですが、縁石の上には花壇に植えられている花、下にはアスファルトにはさまれた場所でささやかに咲いている花・・・・なんていうのもあります。明暗が分かれているといえばそうなのですが、でも精一杯生きようとしているという感覚では、条件の悪い方がたくましさをついつい感じてしまいます。


今朝、このあたりでは広い道路・・・国道50号バイパスの走行車線の方を走っていました。基本的に私は法定速度で走っています。片側二車線ですが、他にはほとんど走っている車はありませんでした。やがて後方から黒っぽくてやや車高が低い車がみるみるうちに近づいてきたかと思うと、私の車のすぐ後ろにピタッとくっついて走行。追い越し車線もがら空きなのですが、そのままずっとついてきます。

以前東北自動車道で同じようなことがあった際には私がすぐ追い越し車線の方に避けたのですが、相手もすぐに車線変更、激しいクラクションとライトをバチバチ上下させながら追突せんばかりにどんどん加速・・・・車線をかえても執拗に後ろにくっついて・・・・殺されると本当に覚悟したことがあって・・・・

それが頭によぎったので、そのま速度をあげないでいました。まあ、今回の相手は自分が車線変更をしたくない、「テメエがどいて道を譲れ!」という気だったんでしょうね。でも私が何も変化しないで走っているのでやがてしびれを切らしたらしく急ハンドルで追い越し車線へ。そして追い抜いたとたんにまた急ハンドルで私のすぐ前に割り込んできて、こんどは激しい蛇行運転・・・・。

ちょうど交差点があったので私はすぐさま右折、その車はそのまま直進していってしまいやれやれでした。

交通マナーが全国ワースト1か2という常連の茨城県・・・・週に何度かはとんでもない運転手と遭遇してしまいます。



(22日 朝)ちっちゃなヘッドライトを持参して、再び大洗水族館へ。手前の人形たちが逆光で真っ黒になってしまうのを少しでも緩和しようと思ったのですが・・・・それくらい暗い場所だと絞りも開放でシャッターも遅くなることから被写界深度も浅くて人形か魚かどちらかが極端にピンボケだったり、魚がブレブレ。

100枚近く撮ってきたデジカメ画像の7割ちかくは削除。良好なのも数枚程度でした。昨日の画像紹介は18日の紹介が済んだあとになるので来週あたりかな????

 ダンボーや埴輪たちとの水族館記録④は4枚更新。そのうち2枚は「チンアナゴ」です。

道端の草花
は、農協の直売所駐車場近辺で撮ったものです。


昨日の大洗海岸






(21日 朝) 
ダンボーや埴輪たちとの水族館記録③はマンボウ水槽での画像・・・昭和のオヤジギャグのセンスで今回はダンボーばかりです。

道端の草花は、再びストックしてある画像の紹介の方に戻りました。5月8日に撮影したものから順にまた更新していきます。

雨続きで新作もなかなか撮れないな・・・・

寒暖の差が滅茶苦茶激しいですね。皆様も体調管理に十分お気をつけてください。


(20日 朝)今日は午前中から午後にかけて病院での定期検査等々があるので、道端画像の更新までは手がまわりません。

ダンボーや埴輪たちとの水族館記録②はサメ水槽での4枚です。サメ君たちの泳ぎが速いのでなかなかタイミングがあわなくて・・・館内が暗くシャッタースピードが遅いので押した瞬間で撮れない・・・動きを予測して早めに押さなければならない・・・いやー、それなりに足腰の痛みもひどかったので疲れました。

でも他のお客さんたちがいなかったのでそれなりに粘れました。



天体写真の入れ替えアルバムコーナーは、容量の関係で過去の公開画像のリストをやめました。そのかわり前回のを残して、ひとまとまりを1週間の間公開、という形にします。



(19日 朝)
道端の草花は撮り溜めているのもあるのですが、先に昨日の大洗で撮ってきたのをアップしました。

また、ダンボーや埴輪たちとの水族館記録①も特設コーナーを設けて更新。少しずつアップしていきます。

とにかく今度は晴れた日に・・・なるべく混みださないうちにまた行ってみます。今度はデジカメのバッテリー充電や、小さな照明などの準備もして・・・。


入館前の検温。このイラストにあるような赤外線で計る機器で額のところにピッ。一瞬で計れます。私は36.1でした。


(18日 夕方)今日から平日・県内の方に限りということで大洗水族館が再開・・・というのを昨日知りました。

で、今朝になってフト思い立って急きょ出かけました。あの人形たちと一緒に・・・・。





館内はガラガラだったのでダンボーや埴輪たちの画像がたくさん撮れました。



ただ、あまりに思いつきでのお出かけだったので、デジカメのバッテリー充電が思ったより早く消耗してしまい・・・。


以前のように混み始めると、このような撮影をしながらというわけにはなかなかいかなくなるので、近いうちにまた行きます。(ある方のご協力で年間パスポートを持っているので・・・。ちなみにそれで券を買う必要がなかったので、再開後入場者の2番目でした)

このところ数週間続いた庭の整備の影響か、それなりに腰痛などがひどいので、パソコンでの画像処理をする元気がとてもありません。なので今日の道端の草たち更新はお休みです。

また、今回の大洗水族館の画像は明日以降、少しずつ特設コーナーを作って公開したいと思っています。


(17日 朝)週2回のペースにした「入れ替えアルバムコーナー」の天体写真、ちゃんと予定通りにできました。道端の草たち も5枚更新です。

映画「若おかみは小学生!」 ラインで感想も寄せられているのですが、やりとりがまだ継続中なので紹介するのはあとにします。

公開当時から単なる感想だけではなくて、上原輝男先生の心意伝承・・・特に「犠牲論」の観点などから様々な考察もしているのですが、駿煌会のブログでもあまりきちんとは公開していません。犠牲論って一つ間違えると大変な誤解をされかねないんで・・・・。


この画像はアップするのを忘れていた5月8日茨城町での夕焼け画像です。





(16日 朝)道端の草たち  今朝は6枚更新です。一見するとどこに草が生えているのか分からないようなのもあります。与えられた場所(宿命)を精一杯生かして伸びようとしている姿には、いつも反省させられます。

ちょっとお知らせが遅れてしまったのですが、
今日 5月16日 の午後、NHKのEテレで 劇場版「若おかみは小学生」の放送があります。 午後3時25分から

子供向けの映画と思われがちですが、公開当時、子どもに付き添った大人たちが感動してネット上で「大人にこそみてほしい映画」というのが広がり上映館や上映期間が増えたという展開をみせた映画です。

主人公 おっこ の辛い運命にもかかわらず一生懸命に生きる姿には、道端の草花と通じるものを感じます。

私もお金がないにも関わらず何度も映画館で観ました。映画館の大きなスクリーンでこそというシーンも多々あったんで。

願わくはこれを機会に全国の映画館でリバイバル公開されないかな・・・・やっぱり劇場でみたいです。

(#若おかみは小学生 #Eテレだよ若おかみ)


(15日 朝) 道端の草たち  5枚更新。 いつも撮影順に紹介しているのですが、特に今回は本当に一見して 土 などないような・・・コンクリートやアスファルトに囲まれた場所に生えている草花の画像なんだと分かるようなのが多いです。よくぞまあ、このような状況で精一杯成長しようとしているな・・・・

昨日は、草取りをして空いた庭の片隅に、近所のフキを移植させて頂きました。うまく根付いてやがて群生してくれるといいのですが・・・




このろころパソコン等々のデスクワーク作業をするのがかなり大変な体の状況になっていて、例えば駿煌会のブログ更新などは何週間もとまってしまっています。大量の文字を扱うので。

載せたい記事はどんどんたまるばかりだし、なかなか読んで頂けないブログではありますが、ちゃんと記録には残しておきたいやりとりばかりなのですが・・・


様々な状況で、いつ普通の日常がアウトになるのか分からないというのがかなり現実味を帯びてきているので、正直焦っています。






(14日 昼)
道端の草たち
  5枚更新。どこに生えているの? というくらい目立たない・・・でも懸命に成長しようとしているのもあります。

先ほどハンバーグのリベンジをしました。今回はネットで調べたコツもふまえて・・・あと野菜は前回の飴色玉葱の残りのみとしました。ちなみに一人分をつくるためにパン粉を買うというのも使いきれずにもったいないので、これは前回同様に片栗粉でやっています。食感がかなりなめらかな感じになりるのでひき肉料理を食べているという感覚とはちょっと離れるかな????

今回ふまえたコツは2つ。

「ひき肉をこねる時に冷水で冷やしながら」
「形を整える際に表面はなめらかツルツルに」




食べた感じとしては昔、母の作ってくれたものにちょっと近づいたかな・・・。

あれにはニンジンやピーマンも入っていたと思うのですが、みじん切りを細かく、そして玉葱を炒める仕上げのあたりに一緒にいれて十分加熱してやわらかくする・・・つなぎはパン粉・・・なんてすれば再現できるのかもしれません。



(13日 朝)
入れ替えアルバムの天体写真を更新です。これまで週に1回の更新でしたが、今回からは週に2回を目指します。一応日曜日と水曜日の予定です。旧作ばかりで申し訳ないですが・・・・

 道端の草たち  5枚更新。昨日寄せられた感想も紹介しています。

今朝は山椒の葉を多めにつんで下茹でしました。半分は冷凍保存、のこりはしらす干しと炒り煮してふりかけにします。(この欄の4月12日のところで作るプロセスは紹介しています)

(12日 昼)今回の 道端の草たち  も5枚更新です。あと、これまでの画像は移動しています。

昨日はご近所からから自生しているフキを頂いたので、調理しました。茎は鳥皮と一緒に甘辛く炒り煮。葉はいつものようにフキ味噌にしました。

茎の方は数分間下茹でしてからしばらく水にさらしておき、それから筋をとって調理なので手軽といえば手軽なのですが、大変なのは葉の方。アクというか苦みが強烈なのでしっかりと下処理が必要です。

数十分グツグツと茹でてから水にさらして一晩。細かく刻んでから何度か水にさらして絞るを繰り返すのですが、ここで苦みを抜き過ぎるとフキ味噌の味わいがなくなってしまいます。こまめに葉を味見してほどよく苦みが残っている状態でアク抜き完了。

あとはごま油に砂糖と味醂で軽く炒め、つゆのもとを隠し味に入れたら味噌を投入。ちょっと値段の高めのを贅沢に使います。仕上げに削り節をいれて完成。

ご飯に混ぜてもいいし、味噌汁に加えるとちょっとしたアクセントにもなります。

フキの葉は捨ててしまうという方も多いですが、もったいないですよ!!!




うちの庭、フキは裏にちょこっとだ生えているのですが、何十年も手入れをしなくて雑草に負けてしまいなかなか増えません。昨年、試しに近所の方に分けてもらって表の庭の方に植えてみたのが少し増え始めたので、今年も先月移植してみました。





ちなみにこちらがご近所の庭で群生しているフキです。フキ味噌も相当作れますね(笑)




4月12日に紹介した山椒ですが、これもかなり葉が増えました。若い葉を今のうちに茹でて冷凍しておけば、山椒しらす干し(山椒ちりめん)が好きな時に作れるそうで・・・近々やります。





庭に自生しているもので毎年いろいろと重宝しているのが茗荷。今年も若い芽が伸び始めています。薬味としてだけでなく、夏野菜としてお肉と炒めたり、それを卵とじにしたりしています。






我が家の庭でもっとも勢力が強いのがドクダミ。毎年伸び放題で放置していたのですが、近所の方に勧められて今年は初めてドクダミ茶を作ろうと思っています。




地面にゴチャゴチャと生えているほとんどがドクダミです。


ネットで調べると花が咲くころが最も薬効が高くなるとかなので、もうしばらく様子見です。

お茶以外にも焼酎漬けとか、天ぷらとか・・・人によっては青菜汁・スムージーとか、お粥に入れるとかも書いてあったのですが、あの強烈な匂い・・・どうなんでしょうね???

これらがもう少しクセなく食べられるのなら、夏野菜が収穫できるようになるまでの貴重なビタミン源になるんですが・・・


(11日 朝)今朝の 道端の草たち  は5枚更新です。

あと寄せられた感想欄も作りました。昨日寄せられた感想には「ダンボーは未来で埴輪は昔って感じですね」という言葉があったのですが、「未来」と「過去」が「生命の発露である今(旬)」に交錯しているというようなイメージとつながるようなコメント内容だと思いました。

数日前に、以前買っておいた玉葱がそろそろ発芽しそうだったので、みじん切りにして冷凍庫にしまっておきました。こうするといわゆる飴色になるまで炒める時間が短縮されるとかで・・・。

昨日の朝、フトこれをつかってのハンバーグを今から作ろう、と突然思いたってひき肉を買ってきて・・・時間をかけて玉ねぎを炒め、ひき肉もコネコネ。

この段階からハンバーグを作るというのはこの10年でもちょっと記憶にありません。

作業の途中、フト半分だけ使っていてわずかにしなびかけているニンジンが箱に端にあるのを発見。もったいないのでみじん切りにしてハンバーグの具に混ぜ込みました。

さて、結果は・・・ニンジンのみじん切りをもっと細かくして玉葱と炒めればよかったのですが、そのまま入れて焼いたので結構ゴロゴロしたニンジンの触感ばかりが目立ってしまいました。

あと下味をもう少しつけた方が良かったかな・・・・胡椒は入れたのですがわずかにシナモンパウダーを入れてもいいのかもしれません。




そんなこんなで食べ終わってネットの作業をしている時に、実は今日が「母の日」であったことに気が付きました。

母は他界していますが、思い出の料理の一つが実はハンバーグ。そんなことを意識したわけでは全くなかったのですが、10年以上もの間、まともに作った覚えのないものを突然作ろうと思い立ってというのは、母の導きだったのかな・・・なんてついつい考えてしまいました。

ここ数か月の私の置かれている大変な状況をちゃんと見守ってくれているというようなメッセージにも感じました。


炒めた玉葱はあと半分残って入れ冷凍してあるので、近々リベンジしてみます。

ちなみに残ったハンバーグは今朝食べたのですが、ゆうべと違ってニンジンがゴロゴロしているというのをちゃんと分かって食べたせいか、それほど気になりませんでした。むしろ歯ごたえのアクセントになっているかな、という受け止め方さえも・・・。

「・・・であるべき」というこだわりを捨てると、案外身の回りのことで想定外の良さを受け入れられることって多いのかもしれません。


(10日 朝)
ゆうべの高校1年生との家庭教師の時間は、先週にひきつづいて彼が今関心を寄せている「沖縄の宗教」、そしてそこから発展しての「チベット仏教」等々の話題でした。折口先生や上原先生の心意伝承のことや、神仏習合の発想についてが話の柱でした。

単に宗教の知識というのではなく、伝わっていく中でどのようにそれぞれの地域性や歴史性が混ざり込み、新たな姿に転換していくのか・・・その積み重ねが今を築いている・・・広い意味では「歴史」「古典」を学ぶ意義に通じることというつもりで語り合いました。

どの教科もそうですが、もともとはテスト対策としての勉強ではなかったという当たり前のことに立ち返りたいわけです。学校が休みであるなら尚のこと純粋な本来の形で・・・。

今朝の 道端の草たち は7枚更新です。

(9日 朝)昨日は散歩の時ではなく、買い物に行った先々でコンクリートなどに囲まれた場所に生えている草花を撮りました。

なんだかんだいって、まだ載せていない画像が60枚ほどになっています。さすがに一日2枚ずつでは追いつかないので、今日は6枚更新しました。(道端の草たち

似たような画像や、同じ草を再び撮ったりということもありますが、日々成長して微妙に変化していたり、一緒に写すはにわ像などによっても違ってくるので、そのまま載せています。


あと、昨日は知り合いの方の田んぼの泥と水をほんの少しわけてもらいました。プランクトンのミクロ撮影のためです。
でも撮影して紹介するのは明日以降になるかな????


(8日 朝)ゆうべは満月。ちなみに5月の満月には「フラワームーン」という呼び方もあるそうで・・・・





日本古来のというのではないようですが、こちらのサイトに西洋流の(?)それぞれの月の満月の名称が紹介されています。ちなみに11月は「ビーバームーン」・・・あの水辺の生き物のビーバーです。
こうしたイメージが伴っているというのも面白いものですね。


「道端の草たち」2枚アップしました。


最近、駿煌会とは別に新たな方々と語り合える機会が増えたのですが、非常に刺激的というか・・・やりとりしていて発想が広がります。まるで第二の駿煌会といえるような場。

駿煌会もそうですが、こうした場で語り合えたことが、今の世の中に対して何かお役にたてるように広げられない方・・・・というのを尚更感じています。



(6日 夜)天体写真の入れ替えアルバムと、道端の草花コーナーを更新しました。

草花の方・・・今回はミニイカ娘ちゃんも混じっています。


天体写真の方、星雲星団では「オリオン大星雲」や「系外銀河」、そして太陽画像ではフレアがおさまったあとの太陽表面のデッカイ痕跡が特にお勧めです。

ミクロ写真の方は最後に更新してからもう一ヶ月近くたってしまいましたが、まだ手付かずです。石や砂や生物標本は相当たまっているんですけど・・・・

駿煌会の方は、広島大学の難波先生の呼びかけで4日の午前中にネットを用いてのテレビ会議で初の総会をしました。私を含めて7人・・・茨城・神奈川・広島を結んで・・・の1時間半。このメンバー全員の都合がついて一か所に集まるということはどうしてもできなかったので、実際に顔を合わせることが理想ではあっても、やはり必要なツールにだということを実感しました。

4日の2時頃からも一部のメンバーと、途中で新たにメンバーが加わりながらなんだかんだいって夜の8時過ぎまでやりとり。

その余勢をかってさらに昨日もかなりの長時間、教育と福祉の接点を通して人間の生きがい等々に関して本質的なことについてのやりとりができました。

本当はそうした内容の記録を駿煌会ブログにすぐにアップできればいいのですが・・・私の心身の状態で文字起こしやブログ更新の細かい作業がほとんどできないため、駿煌会のブログもしばらく更新できていません。

ちょっと焦っています。


(5日 未明)今日は5月5日 子どもの日 。

そんな日にまさにふさわしい画像が知り合いから昨日送られてきました。知り合いのそのまた知り合いの方のお子様の笑顔です。(もちろん画像掲載の許可は頂いています)



月並みな言い方ではありますが、こうした子ども達がいつまでも笑顔で成長していけるような社会をしっかりと築いていく責任が私達にはあります。

残念ながら教育の世界も現実社会もついつい悲観的になってしまいがちな場面で一杯です。

でも、やっぱり今の世の中にも素晴らしい心を持った人たちは大勢いらっしゃるし、身近なところにも素晴らしいことは一杯です。

コロナ感染の問題等々、直面している現実対応があまりにも想定を上回ってしまっているために、どうしても身近な素晴らしさに気が付かないでしまっているだけで・・・・。

こういう時だからこそ、そういう事を少しでもキャッチできるように意識のアンテナを伸ばしていきたいものです。

そもそも子ども達の笑顔が保証されるという世の中の実現は、人間社会全体にとっても、みんながお互いに笑顔で過ごせることそのものになるわけですから。


そんな願いも込めて、道端の草花の画像集コーナーもやっと特設できました。

今日は初回なので、既にトップページで紹介しているものの含めて全部で6枚の画像を公開しています。明日以降はできれば一日1~2枚ずつ載せていければなと考えています。

容量の関係もあるので、1週間程度たったものから順次削除しますのでご了解ください。

(ミクロコーナーの更新のずっととまっているな・・・・・)


(5月4日 朝)本当は今日、「道端の草」のコーナーをたちあげる予定だったのですが、コーナー用のボタンの為の画像を撮ろうと思っていたら今朝は雨で・・・。

ということでここに昨日撮ったうちの2枚を載せました。  






#ダンボー×風景  R2,5,3


ちなみにこの埴輪は 「はにわ堂」 というところで販売しているものです。通販もやっています。

はにわ堂 ブログ 

#はにわ堂

(3日 昼)
昨夜のKOU君(駿煌会では諷虹君)とのやりとりの中で、道端の植物を撮る際に小さな人形等々と一緒にということを思いつきました。

昨日載せたのと同じものがこんな風になります。・・・花弁はもう散っていました。


#ダンボー×風景  R2,5,3


ちなみにこれは「よつばと」という漫画に登場する「ダンボー」というキャラです。この人形と一緒に風景を撮った写真はかなり多くの人が撮ってネットにアップしています。

(例えば 「ダンボー×風景」 で検索 )

ダンボー以外にも「埴輪」や「太陽の塔」や「ミニイカ娘」等々で試し撮りをしています。

それらの画像は明日以降、ちゃんとコーナーを作って公開予定です。



(2日 朝)コロナによっての学校(学力)問題から、何故か突然にふってわいてきたような「9月入学」・・・来年秋の実施を視野にいれて本格検討という流れになってきました。

個人的には私は反対です。大きな理由は二つあるのですが、そのうちの一つについて駿煌会のツイッターに載せました。このHP同様、ほとんど閲覧されていないツイッターですが、このHPよりは小まめにコメントをしているので、是非そちらの方も覗いて頂けると嬉しいです。(虚空 と名乗っています)

また今朝はネット上にあった「飛沫感染防止用のビニールを張ったら客からイヤミを言われ、◯◯と返したらあっさり納得→ネット民「そういう客にかぎって…」 - いまトピ の記事に対してのコメントもツイッターに載せています。


新コーナーがまだアップできないでいるので、載せる予定の画像をこのトップに少しずつ載せる事にします。

これも昨日の散歩の時に撮ったのですが・・・すごいところに咲いているものですね。


 

(5月1日 午前)5月を迎えられたというのが、例年以上にありがたく感じられます。昨日はホームセンターで苗を買ってきて夕方に植えました。

今朝は6時半頃から散歩。例のごとくコンクリートやアスファルトに囲まれた悪条件でも精一杯生きている草の画像を撮りながらです。




こうした画像を撮っている一方で、今朝も庭の草むしり。矛盾していますね・・・・


昨日は、ある方と「旬の食材」について語り合いました。

そのことについて駿煌会のツイッターでつぶやいている時に、宮崎駿監督の初テレビ監督作品「未来少年コナン」再放送決定という記事がツイートされているのに気が付き・・・「子どもの存在」についても交えながら旬に関して書きました。

こちらの方にも転載しておきます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆ある方と「旬の食材」についておしゃべりしました。

上原輝男先生も「季節感」の大切さについてよく話されていましたが、それはやはり「生命の発露」が最盛期である瞬間の食材ということなのでしょう。

そうした生命力を体内に取り込むことで、我々も生命力をアップさせる・・・


☆また、そうした瞬間の食材を頂くことが、まさに「いただきます」の根底にある「命を頂きます」ということをより強く意識することになるわけですよね。

今の季節でいえば、春になってやっと芽吹いてきた新芽などを摘み取って頂くわけですから・・・・・


*ダンデリオンツイッターでの「未来少年コナン」(宮崎駿監督が初テレビアニメ監督をした作品)が入りました
祝!『未来少年コナン』再放送決定。42年前にNHKで放送された、宮崎駿の原点であり最高傑作(と信じ込んでる)。エネルギー問題、食糧、資源、社会格差、など様々なテーマを盛り込みながら元気いっぱいのエンターテイメント。超人コナン少年と美少女ラナとが注ぐ愛に、すべての対立が熔解する大団円。


☆「生命力」という観点からすると、まさに子どもというのは本来「旬」の感覚で一瞬一瞬に生命を燃焼させ、それを積み重ねながら生きている存在。

宮崎駿監督は、そうした旬の子ども達の生命力をつかまえるセンスが抜群ですよね。

未来少年コナンはまさにそんな子どもの象徴!
(虚空)


☆旬の食材ということで・・・昨日、近所の方にタケノコを頂きました。(下茹で済)

厚揚げ豆腐と一緒に煮込み、飾りとしてうちの庭の山椒の新芽をそえてみました。



(虚空)



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、月初め恒例の万葉集占いですが、今朝巡り合った和歌は・・・・・

思ほえず 来ましし君を 佐保川の  かはづ聞かせず 帰しつるかも (1004番)

(折口信夫先生 口語訳)思いがけなくおいでくさだったあなたですのに、佐保川の河鹿の声も、お聞かせ申さずにお帰し申し上げたことです。残念に存じます。



旬ということからすれば、まさにこの時期ならではの世界と交流しあうことをさせてあげられなかったという悔いの気持ちというところでしょうか。

「旬」というのを「最も核心の部分」と言い換えれば、今の子ども達(若者たち)のおかれている状況などとつながって考えてしまいます。

自宅学習で課題を出されてという形はやむを得ないというのは分かるのですが、それだとどうしても「形式的なとらえかた」に偏ってしまいがちですよね。

問題の解き方とか、知識を丸暗記するという方向ばかり・・・

そうではない素晴らしい世界がその向こう側にあるということに気づかせてあげることが出来ずに日々が過ぎていく。それに対して私自身は何も出来ないもどかしさ。

そんな想いがますます募りました。






(29日 夜)またまた更新が遅れ気味の「入れ替えアルバムコーナーですがやっと更新しました。個人的に今回思い入れが強い画像は「馬頭星雲」と、平成11年8月21日に起きた「太陽フレア」です。



今日「昭和の日」はもともと昭和の頃は「天皇誕生日」でした。昭和天皇が植物を愛されていたことにちなんで平成以降は「みどりの日」でした。(「雑草という名前の草はない」というのは有名なお言葉です・・・諸説はありますが)

それが現在では「昭和の日」に改められているのですが、自分のイメージでは「植物とゆかりの深い日」というのがあって、本当は今日、新しいコーナーを作る予定でした。でも体調等々の関係で今日には間に合いませんでした。とりあえず1枚目に載せるつもりだった画像がこれです。





趣旨としては、このように道端・・・それもコンクリートやアスファルトのほんのわずかな隙間に生えている草の画像を紹介するコーナーです。


(29日 午前中)庭に植えていた わけぎ の葉が一部枯れ始めてきたので、全部抜いて調理しました。



枯れた葉はなどをとる作業や、根の部分と分けて、根をきざむのがかなり大変でしたが・・・葉の部分は「ぬた」にしました。





一緒に混ぜ込んだのはワカメと、値引きで売っていたホタルイカ。





画像では小さな器にいれていますが、かなりの量ができました。

根の方は、豚肉と甘辛く炒り煮して卵とじにしました。とりあえず半分を茹でたうどんにかけて食べました。



入れ替えアルバムの更新作業が遅れています。

またずっと企画していてまだ実行できていない、道端の草を撮った画像のコーナーも今日は立ち上げたいのですが、まだ着手できていません。

夜には何とかなるかな?????

(23日 夜)出かけていた先で
岡江久美子さんが他界されたというニュースを知りました。私の中では女優さんというよりは、若い頃には「連想ゲームの女子キャプテン」、そして退職後、昼間も家にいるようになってからな「はなまるマーケットの司会」というのでなじんでいた方でした。

コロナによる犠牲者・・・・他人ごとではないです。

(21日 夜)入れ替えアルバムの天体写真更新・・・なるべく毎週日曜日にと思っていたのですが、今回はちょっと遅れてしまいました。

今回の太陽画像、黒点群の中に、まるで犬の顔のようなものにみえるのがあります。当時の教え子たちがけっこう盛り上がっていたな・・・


スーパーに買い物に行くといろいろなものが品薄になっていますね。備蓄したい気持ちも分からないではないですが、ある程度ストックがあるのなら、まだ全く買えていない人のことにちょっとでも想いを寄せて頂ければありがたいです。


(4月17日) 緊急事態宣言が全国に出され、また「特定警戒都道府県」の中に茨城県も含まれました。

こうした動きに対して「まだうちの県は踏みとどまっているのに」「このあたりにはほとんど感染者はいないのに」という声も多数あるようですが、茨城県だってほんの数週間前は感染者がほとんどいませんでした。深刻な事態になってからでは遅いということは十分に認識した方がいいと思います。

もう一つ深刻なのは「コロナ差別」。この風潮がなくならない限り、さらなる拡大につながっていくということの自覚。何よりもこうなっている以上はどんなに気をつけていてもいつ自分が感染するか分からないわけですから、日本人がずっと大切にしてきた「お互い様」の精神。



駿煌会のラインでコバルトブルー君がこのようなコメントをしていました。

今日本で起きている事は、タイタニックでいう我先にへと数少ない救命ボートに乗り込もうとしている人々、・・・・・

みんなコロナではなく社会的迫害から怖れている方がはるかに大きくなってしまっている。
コロナ感染者を迫害してしまっていると言うことは、いざ自分が感染した場合迫害される立場になるっていう道理が成立してしまう。

それでは愛が止まってしまっています。

構えの話をすれば、自分は移らないという構えより、人に移さない構えに切り替われば社会はずっとあたたかく良くなると思います。・・・・・・・・

完全にコロナに背中を見せた敗走状態です。

コロナパンデミック終息の一番の近道は「人を先に自分は後に」の構え。





(16日 朝)この1週間で茨城県でのコロナの状況も急激に悪化しています。全国的にみればまだまだ深刻度は低いのかもしれませんが、おそらく時間の問題。

あまり考えたくはないことですが、一部に「ゴールデンウィーク期間が過ぎればコロナはおさまってくる」という楽観論があることに対して素朴な疑問をどうしても持ってしまいます。

もちろん治まってくれればそれは大歓迎なのですが、一体その根拠は何なのか?

単に緊急事態宣言の期間がそうなっているというだけで、状況が変わらなければ延期だって普通にありうるわけですよね。実際に全国的にも世界的にもますます厳しさを増しているようにみえますから。



録画してたある番組を今朝みたのですが、今の世の中に対して大きな示唆があるような内容でした。タイトルからだけでは「恋愛」というような狭い受け止められ方になってしまいそうですが・・・・。

お互いにエールを送り合う等々の「人類愛」に通じる内容です。

また「楽しく生きるために」というのも目先の快楽というような話ではありません。西鶴自身も我が子を亡くす等々のどん底を突き抜けた上での境地です。

再放送予定
先人たちの底力 知恵泉▽“愛”を止めるな!井原西鶴~人生を楽しく生きるために
4月21日(火) 午後0:00 〜 午後0:45


(12日 午後)入れ替えアルバムの天体写真を更新しました。

夜中の地震・・・このあたりは震度4でしたが、結構棚のものなどが落下しました。揺れが大きくなっていった時に「もしかしたら震度5くらいになるかな・・・」と思っていたのですが、かろうじて震度4レベルでふみとどまってくれたという感じです。

目にみえないいろいろな不安・重圧がのしかかってきて・・・特に今は月曜から木曜までは完全に仕事もなく、ほとんど独りで室内にこもっているので、なかなかトランスフォーメーション(意識の転換)ができずにズルズルと意識を停滞させてしまっています。

収入もほとんどないし・・・(苦笑)


そんな中、今日は近所の方に教わった「山椒の若葉としらす干し」のふりかけと、知り合いから頂いた旬のタケノコを厚揚げ豆腐と一緒に煮ものなどにしていました。





ちなみに山椒は我が家の庭にある小さな木で、これまでは調理には使った事はありません。






たまたま昼頃に庭の片づけをしてた時に通りかかった近所の方が作ってみたら、と勧めてくれたのでスーパーにいってしらす干しを買ってきた次第です。


多めに摘んでも下茹すると少しになります。1分くらい下茹でであく抜きをして、ちょっと冷水にさらしました。






あとはそれをお酒・みりん・つゆのもと(それぞれ適量)と一緒に炒り煮して、最後に削り節をまぜて出来上がりです。







*今日からスーパーのレジに透明なビニールシートで客とレジの人の間に仕切りが設けられていました。お金などはそのシートの下からやりとりするのですが、とっても不思議な光景です。


(11日 昼)4月1日に紹介した分校跡地のイチョウ・・・あの次の日、枝を何本か拾ってきてネットで調べた方法で挿し木をしてみました。







現在は割と新しい葉が出てきています。











ただ、根が出てくるまでには相当な時間がかかるようで・・・サイトによって違うのですが半年とか、1~2年とか・・・。はたしてちゃんと根が出てきてくれるでしょうか???


たまたま昨日近くに用があったので、分校跡地に寄ってみました。切り落とされた枝はそのまま。




で、ところどころ新しい葉が出ていました。でのこれらの葉はやがて枯れる運命・・・・・


ギンナンが大量に落ち続けていた周辺の木陰をよくみたら、こ数年の間なんでしょうね・・・ギンナンから発芽したものが何本も生えているのに気が付きました。



この前は葉が出ていなかったのでイチョウだと気が付かなったんだと思います。


そこで今日、もう一度分校跡地にいってたくさん生えてきている中から5本・・・とってきて、我が家の植木鉢に植え替えました。





ちゃんと根付いてくれるでしょうかね?????


ついでというわけではないですが、庭の隅に松が出てきていたのがあったので、それも植え替えました。




イチョウなどは一般家庭の庭で地植えにするとやがて大木になってとんでもないことになるというので、このままずっと鉢植えのままという予定です。ミニ盆栽というわけではないですが。


分校のシンボルの一つであり、最後の授業の時に「すずかけ写真館」とのからみでこのイチョウの木のことも使って100年以上の歴史の〆をしただけに・・・・この植え替え作業をしている時には「はっぱのフレディ」なんかも思い起こしています。

自分などは独身だし・・・何をもって代替わりなのかというのはかなり強く意識しています。



(9日未明)ゆうべ7時半頃と、先ほど3時50分頃の2回、300ミリの望遠レンズを使ってスーパームーンを撮ってみました。昇ってきた時と、これから沈んでいく時というので、月面の模様の向きが違っています。








昇ってきた時の模様は「うさぎ」っぽいですが、沈んでいく時はうさぎにはみえにくいですよね。

ちなみに撮るのを忘れたのですが、0:30頃にも外に出て眺めていました。

この模様の向きの中間なのですが、それはちょうど左を向いた女性の横顔のようにみえます。



(8日 朝)今夜は満月なのですが、いつもとはちょっと違う満月です。

望遠鏡なども販売しているビクセンの公式ツイッターからの転載です。https://twit

ter.com/vixen_japan

地球と月の距離が今年いちばん近づく『スーパームーン』です。 今年の最近は約35.7万km、最遠は約40.7万km、その差は地球一周分ほどにあたる約5万kmにもなるそうです。


(6日 朝)入れ替えアルバムコーナーの天体写真を入れ替えました。本当はミクロコーナーもどんどん更新したいところなのですが、諸事情でなかなか着手できないでいます。

社会の仕組みや人間存在そのものを根底からゆさぶる状況がますます悪化しています。

若者たちと最近よく話しているのは、特に教育などは「日本古来・・・特に江戸時代のことなどを参考にしたら」ということです。本気でそう思います。


(4月1日 夜)新年度になりましたね。

通常なら気持ちを新たに切り替えて・・・ということなのですが、今の世界の状況ではなかなかそうもいかないですね。

「こんな時だからこそ」という声もいろいろと聞きますが・・・・・どんなにささやかでも何か今の自分達でもできることをみつけて生活できるように・・・・と願いつつ・・・・。

昨日、毎年恒例になっている分校跡地で桜の撮影をしてきました。





いつもながら滑り台やブランコと桜の組み合わせが、全校児童21日ながらも賑やかだった当時を思い出させます。






それと、シンボルの一つだったイチョウの大木が切られていて・・・・ショックでした。





つい最近作業をしたらしく、切り落とした大量の枝が周囲に散乱していました。





100年以上続いた分校での最後の授業は(3年生)、国語で「すずかけ写真館」を教材にして、このイチョウの木がずっと思い出を・・・なんていうことをやっていただけに・・・

「すずかけ写真館」っていうのは、幼い頃からずっと見守っていたある子どもが、大人になって海外へいきもう日本に戻らないという男性が懐かしい場所に帰ってきた・・・・その時にすずかけの木が過去をみせてくれたという幻想的なお話。

みんなが大きくなって、分校跡地にきた時に、このイチョウの木が分校のあった頃の生活をみせてくれるかもしれないね、


なんていう話で100年あまり続いた分校での最後の授業はしめくくられました。

そんな木だったんで・・・・・・・







平成4年度、閉校式の頃の画像










去年はここまで大きくなっていました。







月初め恒例の万葉集占いですが・・・・今日であった和歌はこれでした

わたつみの 豊旗雲に 入日さし  今夜の月夜 さやけかりこそ (15番)

(口語訳)大海原の 豊旗雲に入り日がさしている 今夜の月は さわやかであってほしい



ここ数か月、人生でかなりシビアな局面にたたされていて・・・なので、「さわやかであってほしい」というのは私の今の心の叫びです。






「お星さま・ミクロ世界」などの写真集
実は「顕微鏡写真」もあるんです!!


朝日や夕日、雲などの画像もあります。


特設コーナー

「子ども・教育」「クラス・クラブなどの思い出」関係

「食の思い出」

「ペットのページ」

高電位治療器 リブマックス9000
つぶやきのお部屋内「よりぬきコーナー」にあります


常連様用「特急ボタン」

お星様のお部屋

  ミクロ  イメージ  思いで  言葉  授業  つぶやき 



過去の特集コーナーなど

アイドル応援(有安杏果さん ももいろクローバー 美山加恋さん 鈴木理子さん)関連

東日本大震災前後の記録

学習会だより その他過去の特集関連

平成14年に火事で他界した教え子 聖良さん に関する記述はこちら




メールはこちらから

ここに寄せられた声の抜粋も随時ここで紹介しています!


リンクのおへや

天体関連/学校・教育関連/映像関連/顕微鏡(ミクロ)関連/教え子  他


おことわりとお願い

*このお部屋も含めて、当ホームページの画像・資料・内容は、学校の授業など純粋に子供達の育成に用いる限り自由に使って頂いて結構です。ただし、それ以外の目的での使用・転載・複写などは固くお断りします。

また、このページの意図に反するリンクなども固くお断り致します。また、もしもそうした行為を行っているページを発見された方はぜひお知らせください。



更新履歴・カウンター経過

*入れ替えアルバムの定期更新や太陽・天体は履歴には載せていません。
*期間限定のコーナーについても原則として載せていません。


平成13年1月までの更新履歴(ダイジェスト)はこちら

6月25日  開設