視力検査法について

| HOME お問い合わせ |

| 強度近視パソコンメガネ |
偏光サングラス丸メガネ剣道メガネスポーツ用メガネ
| 子供メガネ跳ね上げメガネ大きいメガネ
深視力メガネボストンメガネウェリントンメガネ
| 乱視のメガネ|

快適なメガネ作製のための視力検査法

【両眼開放屈折検査】
メガネの度数測定には様々な方法が
ありますが、「両眼開放屈折検査」
といわれる検査法がメガネ作製の
ための度数決定には最適な方法
であると考えています。
よく見えて疲れないメガネを作るには
この「両眼解放屈折検査」が必須です。

通常の視力測定は片眼を隠して
各眼の視力を測るという方法を
採りますが、「両眼解放屈折検査」は
「両眼で視力表を見ながら」
左右各眼の視力を測るという
検査法です。

ほとんどの眼科や眼鏡店では
検査の時に片眼を隠して検査を
することが多いのですが、
普段は両眼でものを見ている
ため日常視とは違う不自然な
状態で視力を測ってしまう
ことになります。

メガネの度数測定はできるだけ
日常視に近い状態で測ることが
大事で両眼を開けたままの
日常視の状態で左右各眼の
視力を測ることができる
特殊な視力装置や技術を用いて
検査する必要があります。

この検査法で測定したメガネは
視力の改善だけでなく、違和感の
少ない自然で楽な見え方の
メガネになります。

HOME