不同視のメガネ

HOME お問い合わせ
超うれしいメガネ

強度近視パソコンメガネ偏光サングラス丸メガネ
剣道メガネスポーツ用メガネ子供メガネ
跳ね上げメガネ大きいメガネ深視力メガネ
ボストンメガネウェリントンメガネ
疲れ目の原因と対策

不同視・・・左右の眼の矯正度数が違う

不同視とは
右眼と左眼の度数が異なる眼を
「不同視」と言います。
少しでも違えば不同視ですが、一般に
「不同視」と呼ぶのは左右の度差が
2D以上あるときです。
そのような度差があるとそのままの
度数で掛けることは難しく、
もし掛けることができても数時間の経過で
眼精疲労を起こすことが多いからです。

不同視メガネは掛けられないのでしょうか
では本当に2D以上の差のあると
掛けられないのでしょうか。
下記に示すデータは当店での不同視眼の
実際の例で、特に左右の度差の
大きいかたの例です。
【例1】   72歳 女性
R=S-1.00D C-0.25D Ax120 0.5△BU
L=S-5.50D C-2.75D Ax3 0.5△BD

この例は少し専門的な記載もありわかりにくい
のですが左右の数値の違いからもお分かり
いただけますように左右の度差の大きい
不同視メガネの例です。
このかたの場合両眼ともほぼ同等の
いい視力で、そのため高度の立体視を
感じとることができています。
またこのかたのように不同視の場合には
上下方向の眼位のズレ(斜位)を伴うことが
多くズレの方向と大きさの測定が
必要です。

もう一つ別の例を示します。
【例2】   18歳  女性
R=S-5.25D C-1.00D Ax180
L=S-9.00D C-1.25D Ax170

このかたの場合3〜4歳の頃から
メガネを掛けておりその時の度数は
R=S+0.25D C−0.50D Ax180
L=S−2.75D C−0.75D AX145
年齢とともに大きな左右差がそのままで
強度近視になっていった例です。

HOME