初診の方は電話でのご予約をお勧めします TEL.082-245-5118

〒730-0051 広島市中区大手町2丁目7−26

前歯の治療

前歯での部分的な虫歯の場合、その部分を充填する保存修復治療。
大きな虫歯や神経を処置した歯は、全体を冠で被せる補綴治療になります。
歯の変色等がある場合、削る量を最小限に、外側だけをカバーして修復するラミネートベニアという治療もあります。

前面を歯の色の材質でカバーする前装冠について。

使用する材質には、プラスチック(硬質レジン)、セラミック、
ハイブリッドセラミック等があります。

@ 硬質レジン (保険による治療)
 審美性
色調等にこだわらなければ問題ありませんが、色調はやや平面的です。セラミックのように天然歯に近い
透明感や色調は出ません。


 着色
早い人は1ヶ月程度で着色してくることもあります。
但し、変色とは違い、研磨等によって着色はかなり除去できます。

 変色
陶器のお皿は何年経ても変色しません。一方プラスチックのお皿は徐々に色が変わってきます、これと同じしくみです。
どの時点でという区切りはなく、徐々にですが変色してきます。

 強度
咬合力等の関係もありますが、ある時突然欠けるということがあります。
特に咬合力が強くかかる人や、奥歯が欠損したままの方は要注意です。

 耐摩耗性
歯磨き粉を多めにつける方は要注意です。削れてきて内側の金属が露出する場合もあります。

 ◎費用
前歯の硬質レジン前装冠は基本的に保険でできます
。     

Aセラミック (メタルボンド)

 ◎審美性
天然歯は場所によっても、同じ1本の歯の中でも先端と根本の部分で色は微妙に違います。これを再現するには、経験と技術が必要です。同じセラミックの歯でも人工物とすぐ判るものと、天然歯と見分けが付かないもの、その仕上がりの差は小さくないです。

 ◎着色
着色はありません。
これは年数を経ても変わりません。
セラミックには歯垢もほとんど着きません。

 ◎変色
これも陶器のお皿で分かりますように、変色はしません。

 ◎強度
強度がありますが、破折することもたまにあります。

 ◎耐摩耗性
摩耗することはほとんどありません

 △費用
自費治療になります。
当クリニックでは7.8万円〜+税です。

Bハイブリッド 
プラスチックとセラミックの中間的な性質を持つ材料です。
(エステニアは商品名です)

 審美性
色調等は硬質レジンとほぼ同等です。

 着色
硬質レジン程ではありませんが、着色はしてきます。

 ○変色
4〜5年程度では、大きな変色はないといわれています。この点が硬質レジンと大きく違うところです。

 ○強度
硬質レジンより強度があるので、臼歯の噛み合わせの部分にも適用可能です。
咬合力の強くかかる(歯ぎしり等)場合、端から一部欠けてきたりしてくることはあります。

 ○耐摩耗性
臼歯に使用した場合、年数が経過すると咬合面が摩耗してくる場合があります。

 △費用
自費の治療になります。 当クリニックでは6.3万円〜+税です。

※選択時の参考・・
・前歯なので、さすがに金属は困るけど着色は気にならない。
          →硬質レジン

・前歯は一番人目に触れるので、天然歯に近くしたい。  
          →セラミック

・大臼歯も歯の色にしたいけど、できるだけ安く。    
         →ハイブリッド

・大臼歯も摩耗するのは気になるし、一番良いものにしたい。
          →セラミック

 

クリックで発信できます!TEL 082-245-5118


院長ブログ!!

〒730-0051
大谷歯科クリニック
広島市中区大手町2丁目7−26
タウンページ