屋号 よしだ屋珈琲店
創業 1980年2月20日
東京乃木坂での 営業は2011年8月06日で終了しました。
WEB豆販売・HPは継続して おります。
WEB
店主 吉田 彰   メールはこちらからどう ぞ。   

コーヒー豆通販 コーヒー豆のご注文はこちらからどうぞ
お知らせ
焙煎士の伊藤さんより「良質なトラジャ生豆の入手が困難になりました。」との連絡があり、しばらくトラジャカロシは販売休止とします。
納得のいく、良い生豆を待つことにします。よろしくお願いいたします。よしだ屋珈琲店  吉田彰


バリエーションコーヒー
    

今ではコーヒーに砂糖やミルクを入れて飲むのは普通です。
その昔コーヒーが飲まれ始めた頃は、ミルクどころか砂糖も加えずコーヒーの果実をそのまま煮出し、
そのスープを飲んでいたそうです。酒を禁じられていた回教の僧侶たちが、眠気ざましの秘薬として用いていました。
カファーと呼ばれたそのコーヒーはどんな味だったでしょう・・・。
時代は流れ世界各国で愛飲されているコーヒー、そのバリエーションも様々です。

ミルクや生クリーム、リキュール、スパイス等を加えた
バリーエーションコーヒーをご紹介します。

ホット・モカ・ジャバ 

コーヒーとチョコレートのハーモニーを楽しむコーヒーです。
ココアとも違う、贅沢な深みのある味わいです。
世界各国で、コーヒーにチョコの取り合わせがあります。なかでも行平鍋に卵黄・チョコレート牛乳を入れ、
沸騰寸前まで良くかき混ぜ、コーヒーに注ぐ、ロシアウクライナ地方の飲み方は有名です。(ラシアン・コーヒー)

乃木坂で営業していた頃の話です。
20代前半の女性で「私コーヒーは飲めないのですが、モカなら大丈夫なんです。」

はて?コーヒーが飲めないのに?
モカと言えば独特な草の香りを持つ人気のストレートコーヒーです。

アラビア半島の南西部、北イエメンで作られるコーヒーは一般的にモカと呼ばれています。
紅海を挟んだ西隣のエチオピアの「カファー」地方で野生していたのがコーヒーのルーツと言われています。
時が経ち、6世紀にはアラビア人商隊の手でイエメンに持ち込まれ、ここから世界中に伝播したそうです。
エチオピアのハラー地方で産出されるものを、モカ・ハラー。イエメンのベニーマタール地区で産出されるものをモカ・マタリと言います。
どちらも今は閉港となったイエメンのモッカ港の名前を取り、モカの冠詞がついています。

「チョコレートとホイップクリームがたっぷりなんです。」なるほど、モカ・ジャバのことなんだと納得。

コーヒーにカカオを入れたものをモカ・ジャバと言います。なぜそう呼ぶようになったかは諸説あるようです。
そこからコーヒーにミルクやチョコレート、ホイップクリームを加えたバリエーションコーヒーを「カフェ・モカ」「モカ・ジャバ」
と言うようになったのでしょう。

上の写真のスプーンはミルク&ビターチョコレートです。知人からのプレゼントです。
かき混ぜているうちにトロリと溶けて、モカ・ジャバコーヒーに・・・。

寒いこの時期、温かなバリーエーションコーヒーをお楽しみ下さい。

バリエーションには焙煎の度合いが深いフレンチローストの豆を使用します。焙煎が浅いと豆自体の酸味が出てしまいます。

youtubeでご覧いただけます。
コー ヒの淹れ方ちょっとしたコツで ご家庭でも香り高いコーヒーが楽しめます。
湯 の温度による違い高すぎる場合と低すぎる場合、豆の膨らみなどが違います。
ア メリカンコーヒーの淹れ方お 湯で薄めたコーヒーとは一味違います。
ア イスコーヒーの淹れ方出来立てのアイスコーヒーは香りと透明感が違います。
ア イスカフェ・オ・レちょっとしたコツで美しい出来上がり。
コー ヒーの妖精ドリップする度に現われます。

マスターの遊び   ←春は you tube にUPしました。

日本経済新聞の記事の間違いと訂正について」2008年