バリエーションコーヒー
今ではコーヒーに砂糖やミルクを入れて飲むのは普通です

その昔コーヒーが飲まれ始めた頃は、ミルクどころか砂糖も加えず
コーヒーの果実をそのまま煮出し、そのスープを飲んでいたそうです

酒を禁じられていた回教の僧侶たちが、眠気ざましの秘薬として用いていました
カファーと呼ばれたそのコーヒーはどんな味だったでしょう

時代は流れ世界各国で愛飲されているコーヒー、そのバリエーションも様々です
ミルクや生クリーム、リキュール、スパイス等を加えた
バリーエーションコーヒーをご紹介します
    

心も体も暖かくなる・・・そんなバリーエーションコーヒーをご紹介します

カフェ・カプチーノ  アイリッシュ・コーヒー ホット・モカ・ジャバ ウインナーコーヒー カフェ・オ・レ

 

カフェ・カプチーノ 

よしだ屋珈琲店でも人気の高い 
カフェ・カプチーノ
 その語源「カプチーノ」とは?
ローマカトリック教会の一派、カプチン修道僧のことです。
1906年ミラノ博覧会にエスプレッソマシーンが登場。
その後エスプレッソコーヒーに泡立てたミルクを浮かべ、
シナモンパウダーやチョコをふりかけたコーヒーが
カプチン修道僧の法衣と頭巾を連想させ、この名が付きました。
おいしいコーヒーの淹れ方を参考にフレンチローストのコーヒー豆でコーヒーを入れます。

温めておいたコーヒーカップにコーヒーを注ぎ、グラニュー糖を一匙加えます。

ホイップした生クリームを浮かべ、刻んだレモンの皮とシナモンパウダーを飾ります。

スプーンのかわりにシナモンスティックを添えます
(ニッケイの樹皮が陽に当たって、クルリと棒状になったものです)

シナモンスティックでゆっくりと混ぜ、ひとくち
 シナモンとレモンピールの香とコーヒーの苦味の絶妙なバランス・・・何とも言えません

 

アイリッシュ・コーヒー アイルランドのコーヒー。漁から帰った漁師たちが冷え切った
身体を温めるためにこのコーヒーを飲んだといわれています。
アイリッシュ・ミストはリキュールです。
アイルランド・ウイスキー、蜂蜜、香草で作られます。
口当たりはすごく良いのですが、アルコール度数は
30度ときついので、お酒の弱い方は要注意!!
ゆっくりと味わいたい、コーヒーのひとつです。
おいしいコーヒーの淹れ方を参考にフレンチローストのコーヒー豆でコーヒーを入れます。

耐熱のガラスのグラスを温め、コーヒーを注ぎます。

アイリッシュ・ミストを15tいれ、グラニュー糖を一匙加えます。

ホイップした生クリームを浮かべます。

 

ホット・モカ・ジャバ  コーヒーとチョコレートのハーモニーを楽しむコーヒー。
ちょっと変わった味わいです。
ココアとも違う、ちょっと贅沢な深みのある味わいです。
世界各国で、コーヒーにチョコの取り合わせがあります。なかでも
行平鍋に卵黄・チョコレート牛乳を入れ、沸騰寸前まで
良くかき混ぜ、コーヒーに注ぐ、ロシアウクライナ地方の
飲み方は有名です。(ラシアン・コーヒー)
おいしいコーヒーの淹れ方を参考にフレンチローストのコーヒー豆でコーヒーを入れます。

温めておいたコーヒーカップにチョコレート・シッロプを大匙2入れ、コーヒーを注ぎます。

ホイップした生クリームを浮かべ、けずったチョコレートをのせます。

 

ウインナーコーヒー コーヒーの上にホイップした生クリームを浮かべたお馴染みの、
ウインナーコーヒー
しかしオーストリアのウイーンではウインナーコーヒーという
メニューはなく、アインシュペナー一頭だての馬車といいます。
ケーキのザッハトルテで有名なザッハホテルの
「カフェ・ザッハ」で
コーヒーにケーキ用の生クリームを
浮かべたのが始まりだそうです。
1880年頃のことで、ケーキに使うホイップクリームが
コーヒーにもよく合うと好まれるようになり
ドイツ・フランス・イタリアへと流行していきます。
おいしいコーヒーの淹れ方を参考にフレンチローストのコーヒー豆でコーヒーを入れます。

温めておいたコーヒーカップにコーヒーを注ぎ、グラニュー糖を一匙加えます。

ホイップした生クリームを浮かべます。

先にグラニュー糖を入れるとコーヒーを注いだときに砂糖が溶け甘くなってしまいます。

スプーンを添えずにいただきます。かき混ぜてしまわず、
  生クリーム・コーヒー・グラニュー糖の3つの味を徐々に楽しんでください。

 

カフェ・オ・レ お馴染みのカフェ・オ・レ。レはフランス語でミルクのことです。最もポピュラーな
バリーエーションコーヒーです。
初めてミルクを入れたのは、中国滞在中のオランダ人といわれています。
イスラム圏では山羊の乳を入れていましたが、
本格的にコーヒーに牛乳を入れるようになったのは、1685年以降
フランスから広まったといわれています。
正式にはポットをコーヒー用とミルク用の二つ用意し、
カップから離して、同時に注ぎ入れます。
フランス上流階級の家庭で飲まれていました。
お洒落に飲むなら、カフェ・オ・レ・ボールで!!
おいしいコーヒーの淹れ方を参考にフレンチローストのコーヒー豆でコーヒーを入れます。
  コーヒーとミルクの量を半々にすれば、ホット一杯分でカフェ・オ・レは2杯出来ます。
  これを目安に加減して下さい。コーヒー多め、ミルク多めとそれぞれ味わいが違います。

ミルクパン(片手鍋)で出来上がりの量の半分のミルクを温めます。この時沸騰させないように
  気をつけて。コーヒーを加え少し温めます。

温めておいたコーヒーカップに注げば出来上がり。

 

「ホームページもくじ」