平成29年度 功労賞受賞の方々
       
              ・・ 時節一言 ・・        過去掲載文は、こちら
     
            文芸のぼりべつ 発刊継続にご協力を
 

登別市文化協会は、文芸誌「文芸のぼりべつ」を発行しています。この文芸誌は、いわば登別市の文化のバロメーターを示すものであり、これからも永く継続して発行し続けていかなくてはなりません。実は、「文芸のぼりべつ」は、一時期休刊を余儀なくされた時期がありました。要因の一つは、資金難によるものです。

現在は、なんとか資金をやり繰りしながら発行を続けていますが、非常に厳しい状況にあります。ついては、この度、直接投稿をされない方にも会員としての登録をお願いし、いわゆるサポーターのような形でご支援いただきたく、会員登録制度の導入を計画いたしました。

どうか、ご理解を賜りたくお願い申し上げます。下記の通り「趣意書(案)」を作成しました。具体的には、後日お願いに上がりますが、ご一読くださり趣旨ご理解を賜りたく伏してお願い申し上げます。

……………………………………………………………………………………

「文芸のぼりべつ」会員登録のお願い(趣意書・案)

拝啓
皆様には新年を迎えられ、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃は、私ども登別市文化協会にご支援をいただき深く感謝申し上げます。

さて、登別市文化協会では、年一回「文芸のぼりべつ」という文芸誌を発刊しています。登別市文化協会の文芸部門(登別歌人会、登別俳句協会、登別川柳社)の会員作品を中心に、短歌、俳句、川柳のほかに、創作、自伝、随筆などで構成されています。最近は、「東京登別げんきかい」会員の方からの投稿もあり、登別市に関係のある方の総合文芸誌としての役割をも担うようになりました。昨年度で、36号になりました。

「文芸のぼりべつ」は、内容も非常にレベルの高い作品が多く、この文芸誌は、いわば登別市の文化のバロメーターを示すものであり、これからも永く継続して発行し続けていかなくてはなりません。実は、「文芸のぼりべつ」は、一時期休刊を余儀なくされた時期がありました。要因の一つは、資金難によるものです。現在、編集委員や登別市文化協会役員を中心に個別に賛同者の方を訪問しながら購入の依頼をお願いしているのが現状であります。

本来は、一冊千円での頒布で収支バランスを取るべき事業なのですが、近年は、登別市文化協会の厳しい事業予算の中から幾らかの補助をし、やり繰りしつつ発行を続けているのが現状です。が、しかし、それにも限界があり、このままだと発刊自体が困難になることが予測されます。

今回、文芸誌「文芸のぼりべつ」の発刊継続のために、会員(会員の規定は、別途定める規定による)制度の導入を図ることといたしました。これは、執筆者はもとより、投稿はしないけれども文芸誌の発行を応援したい、という方にも会員登録をしていただき、市民の総力を結集しての文芸誌を目指したいとの思いからであります。
どうか、本趣旨に御賛同いただき、下記のとおり会員登録に御協力賜りますようお願い申し上げます。
拝具



会員小規;
1. 会費年額 一人 一口 2千円を納める方を会員とする。(何口でも可)
2. 会員の投稿は、自由とする。
3. 投稿:小説、評論、郷土史、自分史、児童文学、紀行文、随筆、詩、短歌、
俳句、川柳など。
400字詰め原稿用紙で、小説、評論、郷土史、自分史、児童文学は30枚以内。
紀行文は、20枚以内。随筆は、5枚以内.
詩や短歌、俳句、川柳は一人5首(句)以内。一人2作品まで。
  原稿をパソコンなどで作成する場合は、USBメモリーなどを添付のこと。
  原稿の返却を希望する時は返信料を添えて申し込むこと。
  作品の取捨は編集部一任とする。
  作品郵送先:〒059-0012 登別市中央町-21-12 
  青少年会館内 登別市文化協会 文芸係
4. 会員には、「文芸のぼりべつ」一部無料提供する。
5. 納金方法:登別市文化協会事務所まで御持参いただくか、以下の記載場所に振り込んでください。
 振込先:・・・・・・・・・・

なお、可能な限り継続的な登録をお願いいたします。
……………………………………………………………………………………

平成30年2月1日 登別市文化協会 会長 熊野正宏     

                   
                                                             
     


              
                           

 
  ■ これからの会議予定 ・・・  「ニュース」 に記載

  ■ 今年度の文化祭など予定行事 ・・・  「ニュース」 に記載

  ■ 文化伝承ふれあいバンクについては、一時リンクを中止(2017/03/24)

  


  ■ 市民活動センター「のぼりん」文化講座 今後の予定
    なお、市の「広報のぼりべつ」にも順次掲載されます。
    奮って参加下さい。

                                                       
     ……………………………………………………………………  
    
        ●登別歴史散歩      2月 6日(火)  10:00~12:00
        ●初心者書道教室     2月14日(水)  10:00~12:00
        ●陶芸教室           2月17日(土)  10:00~12:00
        ●かっぽれ踊り        2月19日(月)  13:30~15:30
        ●葉画教室         2月23日(金)  10:00~12:00
        ●生け花教室        2月24日(土)  10:00~11:30
                                                                                      
 
     ……………………………………………………………………  
        ●大正琴教室        3月13日(火)  10:00~12:00 
        ●パステル画教室     3月16日(金)  10:00~12:00
        ●囲碁教室          3月17日(土)  10:00~12:00
        ●江差追分道場      3月17日(土)  14:00~16:00
        ●子ども将棋教室      3月18日(日)  10:00~12:00

        
    ……………………………………………………………………  



登別市文化協会事務所
🏣059-0012 登別市中央町5-21-12 青少年会館内
℡:0143-85-8886  FAX:0143-85-0556
メール:n-bunkyo@cream.plala.or.jp
事務所は、毎週火曜日・木曜日 午前10時~午後3時まで
開いています。
 
                                          更新日:2018/1/16