オープンソース・ソフトウェア(OSS)  (簡単にいうと無料のソフトのこと)

ubuntu の紹介 (読み方はいくつかあるが、「うぶんつ」でよいのではないか)


       ubuntu16.04 のディスクトップ
         デスクトップ画面は、懐かしのXPです。
         釧路、根室地方の広大な酪農地帯を
         イメージします


ubuntu16.04 の compiz による3Dデスクトップ
サポート期間は5年、2021年4月までなので、安心して使えます。
Ubuntu 16.04 日本語版は、
2016年4月30日に発表されました。

  

 windows に替わりうる OS です。それにワープロや表計算、プレゼンソフトも付いて無料だということは魅力です。 

 それでは、まずは ubuntu16.04 を手に入れることからはじめましょう。
 ubuntu ジャパニーズチームのホームページから 
    こちら→



右上のニュース
2016年4月30日
Ubuntu 16.04 LTS 日本語 Remix リリース
を左クリック

次の「ubuntu16.04のDVD」ページへ→


                                

OSS(オープン ソース ソフトウェア)とは、

オープン・ソース・ソフトウェア
 ソースとは、プログラミング言語で書かれたプログラムのこと。それをオープン(公開)して、誰でもが改良や追加、再配布できるようにしたソフトのことです。もちろん、著作権など一定のルールはあります。自由に再配布できるということは、無料のソフトということです。
 ワードやエクセルはソースを公開しておらず、利用する権利に価格をつけ販売していることになります。当然、コピーや再配布を禁止しており、利用者に対して責任が生まれ、欠陥があれば損害賠償も発生します。パソコンにインストールすると長文の契約書が表示され同意することになります。
 OSSの普及をすすめるため、IPAをはじめ、さまざまな方々が努力しています。
 IPAからのホームページはこちら→


OS(オペレーティング・システム)
パソコンは、基本的に三層構造になっています。

OSは、コンピューターを動かす土台の基本ソフトのこと。この上で、ワープロや表計算など、さまざまなソフトが動きます。購入したソフトには、必ず使えるOSが記述されています。

 通常は縁の下の力持ちで、表にでてくることはありません。
 マイクロソフトのウィンドウズが圧倒的な市場を占めています。次がマックのOS、リナックスと続くようです。
 ワープロなどのソフトは、指定されたOS上でしか動きません。
 インターネットの世界になると、これでは困ります。そこで、どんなOSでも動くソフトが必要になってきました。HTML言語、JAVA言語などです。



ワープロ・表計算ソフトについて
 オープンオフィス(OOo)とリブレオフィスがありますが、ほとんど違いはありません。
 将来的には違いが出てくるのではないでしょうか。(OOo から派生したのがリブレです)
 現在の ubuntu16.04 には、リブレオフィスが標準で入っています。
 Windows版もあります。これに慣れておけば、ubuntu に移行したとき、楽に扱えます。 
 このソフトには、5種類のビジネスソフトが入っています。

 機能名 オープンオフィスでの名前 マイクロソフトオフィスの対応ソフト
ワープロ ライター (Writer) ワード (Word)
表計算 カルク (Calc) エクセル (Excel)
プレゼンテーション インプレス (Impress) パワーポイント (PowerPoint)
データベース ベース (Base) アクセス (Access)
図形描画 ドロー (Draw)  なし

    画像ソフトとして、GIMP(ギンプ)があります。フォトショップなみの操作ができます。
      (これもWindows版や Linux版があります。グーグルなどでGIMPと検索してください)

 プレゼンの定番ソフトであるパワーポイントは高額なソフトです。
 釧路市役所でも、パワーポイントなどのコピー使用が大問題になったときがあります。
 複雑なプレゼンをつくる必要はありません。シンプルイズベストです。
 無料のインプレスは、同じような操作でプレゼンを作成することができます。
 さらに、作成したデータをパワーポイントのデータ形式にして記録できるため、他のパソコンのパワーポイント
 ソフトで再生できます。

 Windows版のオープン・オフィスに慣れましたら、次は無料のOSである ubuntu(ウブンツ)に挑戦してください。
 ubuntu は、1枚のDVD(約1Gバイト)に収まっており、オープン・オフィスなど、通常使われるソフトはすべて
入っています。