HOME 日本人教師について ネイティブ教師VSノンネイティブ教師 文法について
発音について 小学生の英語学習 中高生の英語学習 プログレスについて 英検について
短期留学について 一般の英会話学習 私の留学体験 学位論文(英語原文)




発音について

日本人が目標とすべき発音とは?
発音学習について述べられたページです。「ネイティブの本物の美しい英語」は目標になるのでしょうか?日本人が目標とすべき発音とはどのようなものでしょうか?
 
日本人教師で発音は大丈夫か?
日本人教師に教わった場合、発音について心配される方もいます。確かに「イットォ イズゥ ア デスクゥ」のようなカタカナ英語レベルの教師から教わるのはよくないでしょう。しかし、ある一定レベル以上の発音を持っていれば、日本人教師から教わることになんら問題はありません。日本人教師の発音はネイティブレベルである必要はありません。また指導についても、英語の発音は日本人教師でも教えることができますし、むしろ日本人教師に教わったほうがよい面もあります。逆にネイティブでも音声学の知識がなければ発音を教えることはできません。
 
私の教室での発音指導・・・
私の教室では発音にも十分配慮して教えています。私の発音はネイティブ並みというわけではありません。しかし発音指導するには十分なレベルです。レッスンでは実際に発音のかなり細かい部分まで指導します − 例えば、lightとrightなど注意が必要な子音、appleとcupなどの母音、ワードストレス、センテンスストレス、リエゾン、イントネーションなど。
 
日本人が目標とすべき発音のレベルは・・・
日本語の訛りがありながらも意思の疎通に問題のないレベルの発音(intelligibilityといいます)を目標にするべきでしょう。いわゆるよく英会話スクールなどの宣伝文句で使われる「ネイティブの美しい本物の英語」を目標にするべきではありません。「ネイティブの美しい本物の英語」は発音のモデルにはなるかもしれませんが、目指すべき目標には成り得ません。
 
「ネイティブの美しい本物の英語」は大きな誤解!!
それには三つの理由があります。第一に、ネイティブ並みの英語の発音を習得することは、日本語を母語として獲得した後ではまず不可能だからです。通常はどんなに努力を重ねてもネイティブのような発音で話せるようにはなりません。たとえネイティブ教師から教わったとしても日本語のアクセントをなくすことはできません。したがってネイティブの発音を目標にするのは現実的ではありません。それに対して、多少の日本語訛りがあったとしてもコミュニケーションに支障を持たない日本人教師の発音レベルは、同じ日本人である生徒にとっても到達可能でありずっと現実的な目標になります。
 
次に、「ネイティブの美しい本物の英語」のような、絶対的な基準となるような英語が世界のどこかで話されているとは考えられないからです。英語の発音はネイティブ話者の間でも大変おおきな地域差や個人差があり、どの英語を基準とするかを決めることは難しいのです。アメリカやイギリスの放送局で使われる英語はひとつの基準にはなるかもしれませんが、それらも絶対ではありません。英語ネイティブが話す英語はみな「本物の英語」です。特定の英語だけに意識を向けるのではなく、いろいろなアクセントに対応できるようになることがより大切です。
 
第三に、ネイティブのような発音を身につけることの必要がそもそもありません。英語はいまや世界語であり、ネイティブ話者の何倍もの数のノンネイティブ話者が世界中で英語を話しています。彼らはそれぞれの母国語訛りの英語を話しますが、それでも意思の疎通はちゃんと成立します。彼らの中には、アクセントがありながらも教養のある流暢で美しい英語を話す人が数多くいます(逆にネイティブでありながら、乏しいボキャブラリーしか持ち合わせていない話者や、マンブリングといわれる口ごもった不明瞭な発音の話者もたくさんいます)。ノンネイティブ話者が話す英語も、コミュニケーションが成立する限りみな「本物の英語」であり、ネイティブのような英語を話せなくても本当のコミュニケーションはできるのです。
 
教養があり上品でハイレベルな「日本人のしゃべる英語」を!!!
英語の発音はまずは通じればよいのです。ネイティブのように響かなくても、ゆっくりはっきり話すことを心がけることが重要です。もちろんそれ以上のレベルを目指しよりネイティブの発音に近づこうとする努力は必要ですが、実際の英語学習では発音よりもっと優先して身につけるべきこと(正確さ、流暢さ、自然さ、語彙力など)がたくさんあります。発音にはあまり神経質にならないことです。むしろ、日本語の訛りは自分が日本人である証というように肯定的に考え、「ネイティブのような英語」ではなく「日本人のしゃべる英語」を堂々と国際舞台で使えるような日本人になることを目指すべきだと考えます。日本語訛りがあってもきれいで上品でハイレベルな英語は可能です。







HOME | 日本人教師について | ネイティブ教師VSノンネイティブ教師 | 文法について | 発音について
小学生の英語学習
| 中高生の英語学習 | プログレスについて | 英検について | 短期留学について | 一般の英会話学習
私の留学体験
| 学位論文(英語原文) | ご意見、ご感想 | リンク 1 | リンク 2 | リンク 3 | リンク 4
リンク 5 | リンク 6 | リンク 7 | リンク 8 | リンク 9 | リンク 10 | リンク 11 | リンク 12



Copyright © 2009 T.Tsuruoka All Rights Reserved.