HOME 日本人教師について ネイティブ教師VSノンネイティブ教師 文法について
発音について 小学生の英語学習 中高生の英語学習 プログレスについて 英検について
短期留学について 一般の英会話学習 私の留学体験 学位論文(英語原文)




中高生の英語学習

中学生、高校生が「使える英語」を学ぶには?
中学生、高校生の英語学習に関するページです。「使える英語」の必要性が高まっています。しかし、日本の英語教育の主な担い手である学校、塾、英会話スクールで「使える英語」は身につくのでしょうか?中学生、高校生は、日本の英語教育システムの現状の中、どのように「使える英語」を学んだらよいのでしょうか?
 
目次:


中学生、高校生が学ぶべき英語とは? 

日本の英語教育の現状って? 
学校では・・・ 塾では・・・ 英会話スクールでは・・・


日本の英語教育はどう変わるべき? 

現状で「使える英語」を学ぶには?

「橋渡しの教育」とは?

まずは学校の勉強、定期試験、受験を重視 

同時に実用的な英語も学ぶ

学校・受験の英語と実用英語の両立

両立することによるプラスα

まとめ





中学生、高校生が学ぶべき英語とは?
まずもう一度大前提を確認しましょう。中学生、高校生が学ぶべき英語は、会話も含む実用的で総合的な英語、いわゆる「使える英語」です。英語が受験のために学ぶ学校の一教科だった時代はとっくに終わっています。
 
日本の英語教育の現状って?
では、そのような英語を教えるシステムが日本の教育にあるでしょうか・・・?ありません。学校、塾、英会話スクールへ通っても「使える英語」は身につきません。これら各種学校の現状は以下のようなものになっています・・・
 
学校では・・・
少しずつ改善されてきてはいますが、学校の英語はいまだ「学校英語」「受験英語」の域を越えてはいません。その最大の理由は、教えることのできる先生がいないことです。多くの授業が伝統的な「文法」「読解」に偏ったもので、実用英語、総合英語を教えられる先生は多くありません。外国人のALT(アシスタントランゲッジティーチャー)によるレッスンもお茶を濁す程度のものでしかなく、効果は上がっていません。
 
また、受験、特に大学受験のために「受験英語」を教えざるを得ないことも理由のひとつです。受験では実用英語力はあまり問われません。おのずと学校では実用英語の学習を省き、受験に出るものだけを教えるということになります。受験を前に、点にならない会話を練習しているわけにはいかないのです。
 
受験がなくならない限り「受験英語」もなくならず、実用英語がなおざりにされます。しかし、かといって受験がなければあれほど必死に英語を勉強するモチベーションがありません。「受験英語」も総合的な英語力をなす大切な一部分ですから、受験をなくせばよいという簡単な問題ではありません。ならば実用英語力を問う試験(面接試験など)を実施すればよいといわれるかもしれませんが、そうした試験は手間がかかり、作成や評価も大変難しいのです。
Top
塾では・・・
塾の目的は学校の定期試験でよい点を取り、内申点を高くし、受験に合格させることです。「使える英語」を教えることではありません。したがって塾へ通っても実用英語は身につきません。塾の先生は「点数を取らせるプロ」「受験のプロ」ではありますが、プロの語学教師ではありません。
 
また内申点や受験が目的の塾では、おのずと試験で点を取らせるだけの教え方になりがちです。しかしそれでは本当の英語力はつきません。
 
英会話スクールでは・・・
ふつう英会話スクールでは外国人教師と会話中心のレッスンをします。しかしネイティブ教師とレッスンしても「なんとなく英語で会話しただけ」で、しっかり身につかない場合がほとんどです。
 
その主な理由は、1.ネイティブ教師に英語初級者を教えることは難しいこと。2.ネイティブ教師の質が悪いこと。3.文法の下支えなしに会話だけしても効果が低いこと(「日本人教師について」「文法について」のページ参照)4.ふつう英会話スクールのレッスンは学校や塾のような真剣な学習ではないこと、などが考えられます。
 
いずれにしても、会話だけに偏ってしまっては高い実用英語力、総合英語力は望めず、「なんとなく会話しただけ」という結果になります。これなら塾で文法を叩き込まれるほうが後々ずっと役に立つでしょう。学校の勉強に対応していないので、学校の授業が分かるようにならず、試験でも点が取れず、英語の基礎力がしっかり身につきません
Top
日本の英語教育はどう変わるべき?
日本の英語教育の現状はだいたいこのようなものですが、それは将来どう変わっていくべきでしょう?・・・ほかならぬ学校に「いい日本人の英語教師」(「日本人教師について」のページ参照)が増え、中高生に実用英語、総合英語を教える中心となるべきです。
 
また日本の英語教育を担う「いい日本人の英語教師」を、海外ではなく日本で生み出すシステムが必要でしょう。プロの英語教師を育成するプログラムが国内にもっと増え、英語教師を目指す人が体系的に英語教授法を学べる体制が整備されるべきです。
 
現状で「使える英語」を学ぶには?
このように、日本の英語教育の現状とあるべき姿との間には大きなギャップがあります。中高生が「使える英語」を学ぶことは現状では難しいのです。このような状況で必要なのは、塾でも英会話スクールでも行われていない、学校の英語と「使える英語」の間に橋をかけるような教育です。学校の英語をうまく利用しながらそれを「使える英語」まで引き上げるような教育です。
Top
「橋渡しの教育」とは?
私はそのような橋渡しの教育とは次のようなものと考え、教室で実践しています。
 
まずは学校の勉強、定期試験、受験を重視
以下の理由から、学校の勉強、定期試験、受験をまず重視します。普段は学校の進度に沿って補習を行い、定期試験で点数が取れるようにします。受験に際しては受験指導を行います。ただし、点数だけを追うような教え方はしません。あくまで本物の英語力がつくような指導をします。
 
1.学校の英語は高い実用英語力を身につけるための大切な基礎、学校で学ぶ「文法」は英語をマスターするのに必要不可欠なものだからです。「学校英語」は無駄なものでは全くありません(「文法について」のページ参照)。学校の英語をしっかり学び、実用英語学習のための土台としてうまく利用するのが賢いやり方といえます。
 
2.学校の授業がよく分かり定期試験でよい点が取れれば、英語に自信を持ち、英語学習に積極的になることができます。授業についていけず、試験の点数が悪かったら英語を好きになれるはずがありません。
 
3.いくら「使える英語」が必要といっても、現実には学校の内申点、受験は依然として重要なものです。現実的にまずこれらが優先されてしまうのはいたし方ないところです。
Top
同時に実用的な英語も学ぶ
学校の英語と同時に実用的な英語を学びます。学校で学ぶことを利用して、それを実際に使う練習をしていきます。学校での英語学習で「使える英語」が身につかないのは、この「実際に使う練習」が不十分なためです。これら二つをそれぞれ別に学ぶのではなく、お互いリンクさせ合いながら学ぶのがポイントです。
 
学校・受験の英語と実用英語の両立
学校・受験の英語と実用英語は両立が可能です。両立どうこうというより、本来英語に「学校英語」「受験英語」「実用英語」「英会話」などの区別があるわけではありません。これらはそれぞれ総体的な「英語」の一部分であり、みなひとつの「英語」としてつながっています。そしてそのうちどれひとつとして欠くことはできません。
 
理想的な英語教育とは、これらを別々の種類の英語として教えるのではなく、ひとつの「英語」として総合的に教えるものです。もう少し具体的には、「語彙」「文法」「聞く」「話す」「読む」「書く」の各スキルを特定のものに偏ることなくバランスよく学ぶというものです。私の教室では、中学生、高校生が置かれた状況に現実的な配慮をしながらも、なるべくこうした「総合英語」を教えるよう努めています。
Top
両立することによるプラスα
学校・受験の英語と実用英語の両立は、相乗効果によってプラスαの結果をもたらします。これら二つを互いにリンクさせ、バランスよく英語を学んでこそ高いレベルの実用英語力、総合英語力が身につきます。
 
たとえば「英会話」だけを学んでも、ふつうは日常会話程度しか出来るようになりません。しかし受験英語と実用英語を両立させていれば、受験で学ぶレベルの高い語彙やイディオム、構文を使うことによって、より複雑で高度な内容の事柄について話したり書いたりすることも可能になるわけです。
 
また実用英語の学習は「楽しい」ので、英語を好きになります。英語を退屈な文法学習ではなく、コミュニケーションの手段ととらえて興味を持ちます。学校や受検の勉強にもより意欲的に取り組むので、結果的に高い総合英語力が身につくというプラスαも考えられます。
Top
まとめ
1.現状の学校、塾、英会話スクールでは「使える英語」は身につかない。
2.中学校、高校に「いい日本人の英語教師」が増え、彼らが中心となり実用英語、総合英語を教えるのが日本の英語教育の将来あるべき姿。またそのような教師を育成するプログラムが日本国内にもっと必要。
3.現状で中高生が「使える英語」を学ぶには、学校の英語と「使える英語」の間に橋をかけるような教育が必要。
4.その「橋渡しの教育」とは、学校・受験の英語を基盤にしながら同時に実用英語を学び、二つを両立させながら高い実用英語力、総合英語力を身につけるというもの。
5.本来英語に「受験英語」「実用英語」などの区別はなく、みなひとつの「英語」としてつながっている。理想的な英語教育とは、これらを別々の種類の英語として教えるのではなく、ひとつの「英語」として総合的に教えるもの。「語彙」「文法」「聞く」「話す」「読む」「書く」の各スキルを特定のものに偏ることなくバランスよく学ぶというもの。

Top






HOME | 日本人教師について | ネイティブ教師VSノンネイティブ教師 | 文法について | 発音について
小学生の英語学習
| 中高生の英語学習 | プログレスについて | 英検について | 短期留学について | 一般の英会話学習
私の留学体験
| 学位論文(英語原文) | ご意見、ご感想 | リンク 1 | リンク 2 | リンク 3 | リンク 4
リンク 5 | リンク 6 | リンク 7 | リンク 8 | リンク 9 | リンク 10 | リンク 11 | リンク 12



Copyright © 2009 T.Tsuruoka All Rights Reserved.