HOME 日本人教師について ネイティブ教師VSノンネイティブ教師 文法について
発音について 小学生の英語学習 中高生の英語学習 プログレスについて 英検について
短期留学について 一般の英会話学習 私の留学体験 学位論文(英語原文)




日本人教師による英語教育

日本人教師に教わることって必要???
一般に「本物の使える英語、英会話はネイティブ教師に教わらないと身に付かない」と考えられる傾向があります。しかし、日本人教師から学ぶことは、受験英語のみならず、実用的な英語、英会話を習得する上でも実は大変重要なことです。このページでは、日本人教師の長所と必要性について詳しく解説してあります。


目次:


英語の初級〜中級者にはネイティブ教師より日本人教師
日本人教師が教えるシステム
とは言っても日本人教師のイメージって・・・
必要なのは「いい日本人の英語教師」
「いい日本人の英語教師」とは?
ネイティブ教師とも対等に渡り合える「いい日本人の英語教師」
日本人教師とネイティブ教師、理想の英語教育のかたちは?
ネイティブ教師の長所は?
ネイティブ教師の短所は?
日本人教師の短所は?
日本人教師の長所は?




英語の初級〜中級者にはネイティブ教師より日本人教師
まずは素朴で根本的な疑問から考えてみたいと思います。英語、英会話学習の初級者が、いったいネイティブのレッスンを理解できるのでしょうか?・・・実際、ほとんど理解することはできません。百歩譲って少しは理解でき、少しずつ上達するとします。しかしそれには膨大な時間が必要です。そして日本に住む日本人として日々生活する私たちに、一外国語にすぎない英語の勉強にそのような時間をかける余裕はないのです。
 
英語学習の初期段階では、まだネイティブ教師中心に教わるには早すぎます。英語があまり分からないうちにネイティブ教師から教わっても、大変効率が悪く無駄も多いのです。しかし現実にはそのような無理な英語学習が日本中至るところで行われています。そして結局上達しないまま英語学習をあきらめてしまうケースが非常に多く見受けられます。
 
英語学習の初期段階で必要なのは、日本人教師です。なぜなら日本人教師は、日本人である特性を生かすことによって生徒の英語の基礎力を効率よく築くことができるからです。ネイティブ教師のレッスンを受けることもいずれは必要になります。しかしその前に、日本人教師との予行演習期間を経て十分な基礎力をつけ、それからネイティブ教師に教わったほうがずっと上達が速いのです。
 
たしかに従来の日本人教師には「文法や読解に偏っている」などの悪いイメージもあります。また、「6年間学校で英語を学んでも日本人はしゃべれるようにならないじゃないか!」という批判がよくなされますが、その責任の一端が日本人教師にあるのも事実でしょう。しかし、たとえそうだとしても、日本人の英語力の基礎作りを担っているのは、現実には日本人教師であることをまずご理解ください。
Top
日本人教師が教えるシステム
私の教室では、こうした考えから対象を英語学習の初級〜中級者である小、中、高校生と初級〜中級レベルの一般英会話生に絞り、日本人教師である私が中心になって教えるシステムを採っています。将来的にはネイティブ教師との緊密な協力によるティーチングを目指しています。
 
とは言っても日本人教師のイメージって・・・
「日本人の英語教師」と聞いたとき、どのようなイメージを持たれるでしょうか?「文法や読解に偏っている」、「しゃべれない、会話が教えられない」、「発音が悪い」、「授業が退屈」・・・などネガティブなイメージを思い浮かべる方も多いと思います。事実、これまでの日本人の英語教師にはそうした面も多く見受けられ、このように否定的な見方をされても仕方がなかったかもしれません。また、実用的な英語の必要性が増す中で、「日本人教師から教わることに意味はない」というような考え方が生まれてきても不思議ではありません。
 
必要なのは「いい日本人の英語教師」
これからの日本の英語教育を担うべきは、このような従来型の日本人英語教師ではありません。必要とされているのは、ある一定の資質を持った「いい日本人の英語教師」です。英語学習の初期段階で「いい日本人の英語教師」から教われば、実用的な英語も含め、ネイティブ教師よりはるかに効果的に学習することも可能です。
Top
「いい日本人の英語教師」とは?
「いい日本人の英語教師」とは具体的にどのような教師でしょうか?それは「日本人の英語教師」が持つ従来のイメージとはかなり異なったものです。
 
「いい日本人の英語教師」とは・・・
 
1.少なくとも数ヶ月程度の海外留学経験があり、ぺらぺらとまではいかないが、英語がしゃべれる。
2.英語教授法の正規のトレーニングを受けたプロフェッショナルな語学教師であり、会話も含む実用的で総合的な英語が教えられる。
3.日本人教師としての自分の長所を理解し、その長所を生かして教えることができる。
 
・・・このような教師です。次にそれぞれなぜこうした資質が必要かその理由ですが、
 
1.生徒に英語によるコミュニケーションを教えるのならば、当然のこと教師自身が英語でコミュニケーションできなければなりません。
2.英語教育はプロの知識と技術を必要とする専門職です。英語ができる、しゃべれるというだけでは教師として不十分です。
3.日本人教師にしかできない教え方をしないのなら、「ネイティブ教師から教わったほうがいい」ということになってしまいます。
 
こうした「いい日本人の英語教師」が多く増えることこそ日本の英語教育のレベル向上には必要なのであって、いくら学校でネイティブ教師の授業時間を増やしたとしても、また外国人講師だけの英会話スクールが日本中に増えたとしても、その効果は薄いのです。日本人英語学習者の多数が初級から中級レベルであるということを考えれば、日本人教師の持つ役割はとても重要だといえます。
Top
ネイティブ教師とも対等に渡り合える「いい日本人の英語教師」
英語はその「持ち主」であるネイティブ教師が教えるものでしょうか?日本人教師はネイティブ教師より劣ったおまけのような存在なのでしょうか?いえ、そのようなことは断じてありません。「いい日本人の英語教師」ならば、ネイティブ教師とも対等に渡り合うことができます。
 
確かに英語力の面では日本人教師はネイティブ教師には通常かないません。しかし、繰り返し述べてきたとおり日本人教師はネイティブ教師にはない特有の強みを持っています。そしてその強みを生かして教えることのできる日本人教師ならば、それによって英語力の弱点を埋め合わせ、ネイティブ教師と対等な立場に立つことができるのです。
 
英語教育において、日本人教師はネイティブ教師とは違った役割を持っており、その役割はネイティブ教師には代えがたいものです。日本人教師から教わることは、英語を習得する上で必須であると言っても過言ではありません。
 
日本人教師とネイティブ教師、理想の英語教育のかたちは?
このような「いい日本人の英語教師」とネイティブ教師が互いの長所を生かし、短所を補い合いながら協力して教えるのがもっとも効率的であり、英語教育の理想的なかたちといえます。もう少し具体的には、英語の初級者は主に日本人教師が教え、ネイティブ教師は補助という形でかかわります。そしてレベルが上がるにしたがって、次第にネイティブ教師中心のレッスンに移行していくという形が最も理想に近いといえます。あるいは文法や読解は日本人教師、会話やライティングなどはネイティブ教師のように、得意分野をある程度分担するのもよいやり方です。
 
それでは次に、ネイティブ教師、日本人教師の長所と短所とはそれぞれどのようなものでしょうか?日本人教師の長所を中心に主なものをご説明します。
Top
ネイティブ教師の長所は?
ネイティブ教師の最大の長所は、「ネイティブである」というそのこと自体です。ネイティブと英語で交流することそれ自体が新しくてワクワクする経験であり、そもそも英語を学ぶ理由のひとつなのです。ネイティブ教師は教室にいるだけで、その存在感が絶大なわけです。これだけは日本人教師にはどうやっても代わりを務めることはできません。
 
ネイティブ教師の短所は?
現在日本で英語を教えているネイティブ教師にはひとつ大きな問題があります。それは彼らの多くは単なる英語のネイティブ話者であり、本当の意味での教師ではないということです。彼らのほとんどは日本に1、2年観光目的で滞在している旅行者で、彼らにとって英語を教えることは日本での一時的な生活の手段でしかなく、英語教授法のトレーニングを受けている教師は多くありません。中には中学しか卒業していないネイティブが教えている場合もあり、文法はおろか簡単な単語のスペリングさえ怪しい者すら見受けられます。彼らをコミュニケーションの相手とみなすことはできても教師と考えることはできません。
 
日本人教師の短所は?
日本人教師の最大の欠点は英語力です。英語力の面ではネイティブ教師には通常かないません。英語を教えるのにネイティブ並みの英語力は必要ありません。しかし中学、高校で教える日本人教師の英語力(特に会話力)は、現状では全体的に低すぎるといわざるを得ません。
Top
日本人教師の長所は?
日本人教師の主な長所を5つにまとめてみました。これらの長所は、学習者が英語学習の初期の段階で特に効果的に発揮されます。
 
日本人教師は・・・
 
1.      日本語を使用して教えることが出来る。
「レッスンで日本語を使ったら、英語はしゃべれるようにならないのでは?」とお思いになる方もいらっしゃることでしょう。しかし、英語学習の初期段階での日本語使用には、実はさまざまな利点があります。
 
ごく単純に考えてみましょう。ある初級の生徒がいたとします。その生徒は、身の回りの限られた数の単語と、自分の名前を言うことくらいしかできなかったとします。もしこの生徒がネイティブの英語でのレッスンを受けたとして、いったいどれくらい理解できるでしょう?ほとんど理解できないはずです。英語の初級者である小、中学生、あるいは長く英語から離れていた大人の生徒を、いきなりネイティブだけ(英語だけ)で教えるのは、これくらい無理なことなのです。
 
ここで必要なのは日本人教師です。日本語を使って教える日本人教師のレッスンは、単純にずっと分かりやすいのです。確かに、初級からネイティブ教師だけに教わっても上達は可能です。しかしそれには膨大な時間と労力が必要になるでしょう。日本人教師は、日本語を使用することによって効率よく教え、学習時間を大幅に短縮することができます。教室で英語を学ぶ時間はごく限られています。この短い時間に効率的に英語を学ぶにはどうしても日本語の使用が必要なのです。
 
レッスン中の日本語の使用量は、生徒のレベルや希望によって、多くしたりも少なくしたりもできます。普通はレベルが上がるにしたがって、使用量を減らしていくのがよいでしょう。
Top
また使用する場面もさまざまなものが考えられます。例えば単語の意味を説明するときに日本語はとても有効です。ある単語の意味をネイティブが長い時間かけて英語で説明してくれたとしても、なんとなくしか理解できず、結局辞書を引いてしまうというのが普通です。とくに抽象的な単語の意味は、英語での説明が大変難しいものです。日本人教師の場合、日本語で意味を教えれば即座に完全に理解させることも可能です。また日本語で微妙なニュアンスを説明したり、日本語英語との意味の違いに注意を促したりすることもできます。
 
イディオムや構文の意味と用法、文法の説明なども日本語でおこなったほうがはるかに効率よく確実です。初級者に英語で文法を説明してもまず理解できません。また文章の読解も、日本語の訳と日本語の解説を介さなければ不可能です。実際のレッスンでは日本語のアシストが不可欠な場面がいたるところにあります。
 
このように、日本語はレッスンから取り除かれるべきものではなく、すでに私たちが持っている知識、能力としてうまく活用されるべきものだと考えることができます。日本語は、初級者が英語を学習する上で必要不可欠なのです。よく「英語を英語のまま理解しなさい」という言われ方がされます。確かにそれは大切なことです。しかしそれは英語力が上級に進むにしたがって徐々にできていくもので、日本語を母語として獲得し終えたあとの私たちには、はじめからそのようにするのは無理なのです。そうではなく、英語を理解するときにはまず日本語を介すことから始め(英語→日本語→理解)、その回路を少しずつ英語で直接理解(英語→理解)できるように変えていくのが正しい道筋なのです。
 
さらにもう一つ、日本語の使用は学習者の精神的緊張を取り除くことにも役立ちます。ネイティブのレッスンを受けたことがある方は分かると思いますが、相手が何を言っているのか理解出来ない時ほど苦痛なことはありません。学校でのネイティブのレッスン中、内容が理解できず、緊張しながらあてられないことをひたすら願っているというのはよく聞く話です。また理解していないのに相槌を打ったり、笑顔でごまかしたりと、いろいろと精神的に疲れることを強いられることになります。このようなコミュニケーションの不具合が苦痛になり、スクール通いが億劫になり、結局やめてしまうというパターンを頻繁に見かけます。日本語を使う日本人教師は生徒にこうした不安や緊張を与えることがありません。
Top
2.      英文法に精通している。
英語をマスターする上で英文法の理解は非常に重要です。英文法を抜きにして英語を習得することは、まず不可能といえます(「文法について」のページ参照)。日本人教師は英文法を通じて英語をマスターしているために、英文法に精通しており、より上手に教えることができます。
 
それに対してネイティブは単に英語のネイティブというだけで英文法を知りません。意外に思われるかもしれませんが、プロフェッショナルな語学教師でない限り、普通のネイティブ教師は文法に詳しくありません。
 
これはわれわれ日本人が日本語の文法をほとんど知らないのと同じことです。通常わたしたち日本人が日本語をしゃべるとき、「ここは‘てフォーム’だから動詞をこう活用させて、格助詞はこれを使って・・・」とか、「これは‘ナ形容詞’ではなくて‘イ形容詞’だから否定形はこう作って・・・」などのように考えながら話しているわけではありません。われわれはこうした日本語文法を必要とせず、「考えずに」話せるために、自分の母語の文法についてはほとんど知らないのです。同様に英語ネイティブも普段は英文法など気にせずに英語を使っているために、それについての知識はあまり持ち合わせていないのです。
 
さて、ある言葉を外国人に教えるのに、ただネイティブ話者であるというだけで、その言葉の文法を知らずに教えることができるでしょうか?・・・答えは「できない」です。日本人が外国人に日本語を教える場合で考えてみましょう。日本語のネイティブであるわたしたちは、自分たちの言葉である日本語のことを普段はよく分かっているつもりでいるかもしれません。しかしいざ外国人に日本語を教えるとなると、自分たちが日本語について実はほとんど知らないことに気づかされます。例えば格助詞(が、を、に、へ、で、と、から、まで、より・・・など)の意味や用法を、普通の日本人は体系的に説明などできないでしょう。そしてこのような日本語文法の知識とその教え方を知らなければ、たとえ会話の相手になることはできたとしても、外国人に日本語を教えることなど到底できないのだと思い知らされます。
 
わたしたち普通の日本人は、母語にもかかわらず日本語をちゃんと教えることはできないわけです。それとまったく同様に、英語ネイティブといえど、英文法を知らずに英語を教えることは非常に難しいのです。
 
このように、普通のネイティブ教師は英文法に詳しくありません。そして英文法なしで英語を教えることは困難です。したがって、英文法に精通している日本人教師のほうが、この点では英語教育においてネイティブ教師よりずっと有利な立場にいると言えます。
Top
3.      生徒が目指す目標になることができる。
「メアリー先生のようにしゃべれるようになりたい」という生徒と、「鈴木先生のようにしゃべれるようになりたい」という生徒がいたとします。より現実的で達成可能な目標はどちらでしょうか?答えは「鈴木先生のように・・・」の方です。
 
ネイティブの英語を真似し、ある程度ネイティブに近づくことはできます。しかしどれほどの努力をしたとしても、われわれ日本人がネイティブそのものになることはできません。したがって、ネイティブ教師は生徒の英語学習の目標にはなれません。メアリー先生を英語のお手本にすることはできても、「メアリー先生のようになる」ことは実現不可能なのです。
 
一方、日本人教師は英語学習の成功モデルとして生徒の目標になることができます。日本人教師は、「これくらい英語ができれば十分通用するんだ」というお手本を、自ら示すことができます。そして生徒は、同じ日本人として、努力次第ではお手本である教師と同レベルの高い英語力を身につけることも可能なのです。生徒は、「自分も頑張れば、鈴木先生のようにしゃべれるようになれるんだ!」と思えるわけです。そしてこれが生徒にとって大きな励みになるのです。
Top
4.      自らが学習者として英語を学んだ経験から、英語習得の道筋を熟知しており、どう英語を学習したらよいのか知っている。learning strategies(英語の効果的な学習の仕方)をよりよく教えることが出来る。学習者が学習過程でつまずきやすい箇所を認識しており、それを回避することが出来る。
 
「ネイティブと同じ方法で英語をマスターする!」って本当にできるの?
「ネイティブと同じ方法で英語をマスターする!」・・・よくこのような英会話スクールや英語教材のうたい文句を見かけます。しかし、そうしたことは本当に可能なのでしょうか?・・・ネイティブと日本人では、英語の身につけ方に決定的な違いがあります。日本人はネイティブと同じやり方では英語を身につけることはできません。
 
ネイティブ = 英語を「自然に」獲得
英語のネイティブは、生まれたときからある一定期間(クリティカルピリオドと呼ばれ、だいたい思春期までといわれています)までを英語の環境で育つことによって、英語を「自然に」獲得した人たちです。
 
日本人 = 英語を「学習」によって習得
しかし対するわたしたち日本人は、ネイティブのような英語の環境に囲まれているわけではありません。したがって、どうやってもネイティブと同じように「自然に」英語を獲得することはできません。ここで言う英語の環境とは常に英語に囲まれ英語で生活するということですので、たとえ早期に学び始めたとしても、週に数十分程度英語教室に通う程度ではまったく十分ではありません。
Top
「自然に」英語を獲得するネイティブに対して、日本人は意識的な「学習」によって英語を習得します。これが、日本人が英語を身につける唯一の方法です。確かに、ネイティブが英語を獲得したのと同じような英語環境に身をおくことも大切です。しかしそれは、英語を習得するために必要な英語学習全体の一部でしかなく、それだけで英語をマスターするということはあり得ないのです。
 
「英語山」のたとえ・・・
ネイティブと日本人がそれぞれどのように英語を身につけるか、その違いをわかりやすく登山にたとえて説明してみましょう。いま「英語山」が目の前にあり、ネイティブと日本人が登ろうとしています。頂上へ近づけば近づくほど高い英語力を獲得していることを意味します。この「英語山」に登るとき、ネイティブはふもとからケーブルカーを利用することができます。そしてそれに乗って「自然に」「苦労なく」八合目付近まで一直線で到達することができます(ネイティブといえど頂上までケーブルカーで行くことはできませんが・・・)。
 
ところが日本人ははじめからこのケーブルカーに乗ることができません。曲がりくねった山道を、試行錯誤、徒歩で道をさがしながら、一歩一歩自らの力で登るしかないのです(これが「学習」です)。そしてこの道の途中にはさまざまな危険箇所(英語学習者がつまずきやすい箇所)が待ち受けているのです。
 
日本人教師は「英語山」を熟知するよい登山ガイド
学習者がこの「英語山」を登るときに、日本人教師は強力なサポートを提供することができます。「英語山」をすでに一度登り、その道筋をよく知る先輩として、これから同じような道筋をたどって英語を学習しようとする生徒を導くよいガイドになれるからです。効果的に英語を学習する近道も知っています。また学習者がその道筋で遭遇するさまざまな困難箇所を予測し、あらかじめ回避することもできます。
 
この学習者がつまずきやすい箇所とは、主に日本語と英語の違いが原因で引き起こされるものです。日本語と英語の両方を知る日本人教師は、それら二つの言葉を比較、対照することができ、それによって困難の原因を理解し、回避が可能になるわけです。
 
一方でネイティブ教師は「英語山」を自らの力で登っていません。したがって日本人教師ほどよいガイドになることはできないのです。また、日本語の知識のないネイティブ教師は、日本人教師のように日本語と英語を比較し、困難箇所を避けたりすることが難しいのです。
Top
5.      生徒をよりよく理解することができる。
教師が生徒のことを理解しているということは、言うまでもなく重要なことです。日本人教師は、生徒と同じ日本で生まれ育ち、社会的、文化的なバックグラウンドを共有しています。このため同じ日本人として、生徒の気持ちや心をよりよく理解することができ、精神的な支えになることができます。ネイティブ教師との異文化交流が楽しい一方、英語を学習していく上ではこうした心の理解者も必要です。
 
また、言葉を学習することは大変な労力と困難を伴うものです。日本人教師は、自らが苦労して英語を習得した経験から、語学学習の困難さを知っています。よって学習者の気持ちにより共感でき、励ますことができます。
 
これに対し、英語を「自然に」「苦労なく」獲得したため英語学習の大変さを知らないネイティブ教師は、自分が教えたことをなぜ生徒がわからないのかが理解できず、「なんでこんな簡単なことがわからないの!」となってしまいがちです。
 
さらに、英語教育も「教育」です。生徒と心の交流ができたとしても、外国人に小、中、高校生を「先生」として教育することは出来ないでしょう。「先生」は生徒を理解し、導く存在でなければなりません。それは日本人の先生でなければできないことです。学校や塾の英語の先生には、そうした教育者としての役割も大きいのです。
 
以上、このページでは日本人教師の必要性とその長所について見てきました。日本の英語教育レベル向上のためには、英語が話せ、プロの語学教師としてのトレーニングを積んでおり、なおかつこのような日本人教師の長所を実際のレッスンに生かすことができる「いい日本人の英語教師」が、学校などの教育現場に多く増えることが最も重要です。

Top





HOME | 日本人教師について | ネイティブ教師VSノンネイティブ教師 | 文法について | 発音について
小学生の英語学習
| 中高生の英語学習 | プログレスについて | 英検について | 短期留学について | 一般の英会話学習
私の留学体験
| 学位論文(英語原文) | ご意見、ご感想 | リンク 1 | リンク 2 | リンク 3 | リンク 4
リンク 5 | リンク 6 | リンク 7 | リンク 8 | リンク 9 | リンク 10 | リンク 11 | リンク 12



Copyright © 2009 T.Tsuruoka All Rights Reserved.