建物の横にある緑。これが庭。庭園と呼ばれる広大なものから、家のほんの小さな隙間でも庭。名庭といわれるものがあり、皆これを見に行く。私も見に行く。そしてその良さを理解しようと懸命になる。時にはよくわからない時もあるけれど、その庭と正面から向き合うことは確か。しかし、自宅の庭ではそんなことはしない。自宅の庭は見るだけではなく、遊んだり、庭いじりを楽しんで、時にはぼんやり眺めたりと生活の中にあるもの。庭園という言葉は似合わない。庭、むしろ単に緑と言った方がいいかもしれない。土屋作庭所は生活の中の緑、気取らない緑の庭を作っています。

庭を作るといっても新作、改修といった工事ばかりが庭づくりではありません。剪定や草引きなどの日々の手入れも大切な庭づくり。この手入れ次第で庭は大きく変わります。ですから作庭後も庭づくりは続くといってもいい。そのお手伝いも土屋作庭所の重要な仕事です。