Home

後立山

不帰ノ険

屏風のように立ちはだかる岸壁に正直たじろぎましたが

しかしいざ登り始めるとみると鎖や桟橋がつけられコ-スはよく整備 されていて

適度の緊張感を楽しみながら通過したことを覚えています。