表紙

はじめての山歩き 蝶ヶ岳

ガイドブックで調べてみると
初心者おすすめコースとして蝶ヶ岳が紹介されていたので、初めての山歩き
はこれに決めました、コースタイムは登り四時間下り二時間です。
以下は当時の山行記録を見ながら振り返ってみます。
一九七八年八月二十日夜出発し、甲州街道をひた走り
松本市を過ぎ豊科駅手前の陸橋を左折しばらく走ると、舗装道路は道幅の狭い砂利道に変わり、夜明け頃に蝶ヶ岳登山口の三股へ着きました。
農作業小屋脇に小川が流れ、車一台ようやく駐車できる場所がありました。
キャラバンシューズに履き替え、第一歩を踏み出しましたが、
歩き始めて二時間もすると疲れ果て、何度か登山道で座り込んでしまい、普段は運動などしていない身にとって登山はかなりハードルが高いことを思い知らされました。
途中、ザックを枕に仮眠したりして、なんとか斜面を登っていきました。標高が上がり
山頂に近づくと、登山道は更に険しく急勾配になり息が切れて十メートル歩いて十分休むと云うほどバテていましたが、やっとのことで稜線にたどり着き、蝶ヶ岳ヒュッテの赤い屋根が見えた頃には、予定時刻はかなり過ぎていて
なんとか到着した安堵感と疲労でクタクタとしゃがみこんでしまいました。
翌朝は快晴でヒュッテの周りは、今や遅しとご来光を待つ登山者でいっぱいでした。
日の出前の東の空は徐々に赤くなり、日が昇ると圧倒的なオレンジ色に染まり、雲は金色に輝き、朝陽で赤く染まった槍穂高山稜は、時間が経つにつれて色褪せていきました。
遥か彼方には富士山が見え、透明感のある
この素晴らしいご来光を心に刻みこみました。
蝶ヶ岳登山歩行距離十四キロ 費用は一万六千円
蝶ヶ岳登山ではバテてしまったので次の山行に備え、縄跳び、ランニングは何時の間にか日課のようになっていました。

 

アイゼン無しの白馬岳登山

写真と車とオーディオの好きな友人を白馬岳登山に誘い、一九七九年六月二十四日夜遅く出発し、夜明け頃には猿倉登山口に着き準備もそこそこに
歩きだして、白馬尻小屋で軽アイゼンを借りるつもりでしたが
早朝のため戸が閉じていたので、アイゼン無しでも
まあなんとかなるだろうと軽い気持ちで
標高差六百メートル長さ二キロの日本最大の大雪渓に踏み入れました。
雪渓歩きは汗ばんだ肌にひんやりした雪面を渡る風が心地よく、
雲間から射し込む陽を受け、スプーンカット状雪面をキックステップで勢いよく蹴り込み足場を確保しながら一歩一歩登っていました。
標高が上がるにつれガスで、見通しが悪くなりやがて小雨になりました。
ときおり落石の転がり落ちる鈍い音がするので、これを避けるためできるだけ雪渓の中央部を進みました。
大雪渓上部の小雪渓付近は更に勾配が急になり、雪面が氷化していて
雨具を着て滑ると止まらなくなると思い、雨具を脱ぎ慎重に小雪渓を横断
しました。
小雪渓を渡り終えると岩場の急登になり、この先はなだらかな斜面が広がり、霧の中からうっすらと白馬山荘が見えてきました。
この小屋は収容人数八百人ですが、この日の宿泊者はぼくと友人、単独登山者の三人でした。ベテランの八本爪のアイゼンを付けていた単独行の人が言うには
「この時期アイゼン無しでは危ないですよ」云われて深い考えなしに勢いで登ったことに気付かされました。
翌日は朝からガスがかかり眺望は望めませんでしたが、足跡だけは残しておこうと白馬岳山頂に向かいました。
快晴ならば黒部の谷を挟んで立山、剣を見ることができるのにと思いながら
新田次郎「強力伝」に出てくる風景指示盤一八七キロ(五十貫)にさわり
こんな重いものをよく担ぎ上げたものだと驚きました。
雪渓の下りは寒さで左膝がしびれ痛みを堪えての下山となりました。
白馬岳登山歩行距離十四キロ 費用は一万六千円