ことばこ

 いろいろなところに落ちていた、何となく素敵な言葉たちを、箱につめてみました。
    

 


10/29 ていと .あ ていと
 ふらんす語で”ないしょばなし”の意味をもっています。



esplamade海岸などの散歩道

glean   かすかな兆し、きらめき

water white 蜂蜜の等級で一番上のもの。(透明度によるもの?)
 以下ExtraWhite,White,Extra Light Amber...と続きます。

Herzlich ドイツ語で、「こころのこもった、心からの」
Herzが「心臓、ハート」の意味でlichは形容詞や副詞をつくるもののようです。

をとめさび 乙女らしい様子をすること。少女らしい振るまい。

和まる(のどまる)のどかになる、のんびりする。しずかになる、落ち着く

lovey  愛しいもの、あいする人、

花心  人の心のうつろいやすさを散りやすい花にたとえたもの。浮気心。

鳥兎そうそう(<漢字出ず)  太陽には烏、月には兎がいるという伝説から、
     烏兎で太陽と月、そうそうは慌て急ぐ意味で、「月日の立つのが早いこと」

月読み  つきのかみさま

龍眼 ムコロジ科の常緑高木。夏しろまたは淡緑いろの小花を開く。実は「龍肉」


 文殻   読んでしまった不要の手紙

邪恋  道にはずれた恋

 風紋  砂丘の表面などに風によってできる波形の模様。

 trefoil   四つ葉のクローバーのこと。

 boudoir  婦人の私室。「すねるための部屋」が語源。

 零れ幸い  思いがけなく巡り会った良い出来事

久遠  くおん。遠い昔。時間が無限に続くこと。

白道地球の周りを回る月の道筋と、地球の中心から見て天球上に写したときにできる大きな円

 アヴァロン ケルト伝説において、アーサー王を始めとする英雄が死後精霊の姿で運ばれたという島。
西方海上の天国にあたる島。

 玉章 「手紙」の雅語(古代、中世の詩、物語、日記に使われた和語)

みーじぇん  蜜漬の果物のこと。中国より。

 comfy  気持ちのよい、気楽な

さもわーる   壷型で金属性のロシアの紅茶器。
内部にパイプがあり、そのなかで木炭を燃やし、まわりの水を沸騰させる。

 casket 宝石などをいれる小さな箱のこと

 和敬 穏やかで慎み深いこと。

 美 羊 と 大 の文字をあわせてできている、もともとは「美味しい」の意味。つまり大きな羊...はおいしい?

BInding Spell   結びの魔法。 
リボンに魔法を封じ込め、使いたいまさにその時にリボンをほどくと、魔法がその力をふわありひろげるというもの。

 ねくたる  ギリシア神話の神々がのまれる、不老不死のお酒。

noblesse oblige  貴人の義務

天色  空の色や模様

じゅぐらんす  くるみの学名

 Davil's knack  悪魔のように勘が冴え渡っていること

constellation  星座 集い 組み合わせ。

 六花  雪の異称。形に因んで。

 リドル  なぞなぞ

ぼんくれてぃあん  なしの品種の名前。フランス語? 
ぼん、は、よい。 くれてぃあん、は。キリスト教徒の、とか、寛容な、の意味。良きキリスト教徒?

regalia 
王位の象徴となる宝物

exlibris  ラテン語で”from the books of"の意味。このあとに所有者の名前を入れる

山桜桃  ゆすらうめ と読む。薔薇科の落葉木。
春、梅に似た白い花を開き、丸く赤い実をつける

 orb 
 1 heavenly bodyー天体、太陽、月、星など 
2 宝珠 玉の上に十字架を飾ったもので、scepterとともに英国王権の象徴

 Angelina
 ピンクと白のグラデーションのチューリップ。 

 leve  「残す」の意。ゆえにe leve nは「十数えてひとつのこす。」twe lveは「同様に2つ残す。」 

くりぷとぐらむ  暗号記号。 

しゃれーど 謎かけ詩。 

アデュナタ   不可能の世界、あべこべ世界

 シャトリン  ウエストのところから時計や鍵などの小道具をかける装飾的な鎖

 serene  穏やかに光る....月の光などに使用

 Blue Roses (碧き薔薇)  現実には存在しないもののたとえ。

  C'est du gateau  「簡単よ」の意味。直訳は「そんなのお菓子だわ」


  ていと あ ていとさらえるへのお手紙