医療法人社団 いざなき会 定岡歯科医院ご予約・お問い合わせは0164-32-4118

インプラント治療について

失ってしまった歯の代わりに人工の歯根(インプラント)を埋め込み、顎の骨としっかり固定し、その土台の上に人工の歯を装着させるという最先端の歯科治療方法です。
インプラント材には、生体親和性に優れた高純度のチタン合金などが使われています。
インプラントは、乳歯・永久歯に継ぐ「第3の歯」と言われています

インプラント治療はこんな方におすすめ

「短時間」「高耐久」「経済的」「審美性」など優れたメリットのあるインプラント治療は、
このような方におすすめです。

  • 取り外しの入れ歯が嫌いな人
  • 口の中で入れ歯が動いたり、発音や発生に不便を感じている人
  • 話したり笑ったりした時に、入れ歯が見えて恥ずかしいと感じている人
  • 歯が抜けた所を治療するために残っている歯を削られたくない人
  • 歯周病などでたくさんの歯を失い、入れ歯を装着することにより
    残っている歯にまで悪影響が及ぶと考えられる人
  • 以前と同じ天然歯のような歯が欲しい人

歯が中間で1本抜けた場合

→

まわりの健康な歯を削りブリッジ

まわりの健康な歯を削ることなく植立し人工歯を取り付けます。自分の歯と区別がつかない程、治療の跡がわかりません。


歯が中間で2本抜けた場合

→

抜けた2本の歯の大きな噛む力を支えるためまわりの数本の健康な歯を削りブリッジ。支える健康な歯にも負担がかかります。

抜けた数だけインプラントを植立できます。インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛むことができます。


奥歯が数本抜けた場合

→

取り外しのできる入れ歯を作り、バーを左右に渡し、さらに止め金で部分入れ歯=局部床義歯を固定します。

数本のインプラントを植立し、インプラント同志を連結します。入れ歯と比べ口臭も減ります。


歯が全部抜けた場合

→

床のついた入れ歯・総入れ歯=全部床義歯を装着します。歯茎全体で入れ歯を支えるかたちになり、噛む力もかなり弱くなります。また、顎の骨がやせて合わなくなるとつくり直す必要があります。

数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に入れ歯を固定します。外見上も不自然さがなく、しっかり固定され、天然の歯と変わらない食感を楽しむことができます。

治療費について
`