..

diary 09/06 home

2009年06月30日(火) 君に胸キュン(キュン)
2009年06月29日(月) 16小節の旅のはじまり
2009年06月22日(月) 全部仕組まれた甘い罠だった
2009年06月15日(月) 3秒のダイブは未遂に終わった
2009年06月07日(日) 未来はまぶたの裏泳いでる
2009年06月05日(金) 別世界に連れ出したいから
2009年06月01日(月) 飛び出たハートが帰らない


精神的キャパオーバー…の合間に極上の癒やしを求めた一ヶ月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2009年06月30日(火) 君に胸キュン(キュン)



一緒に暮らしたい!!!!! と思わせるオトコ。
suzuさんちのアークくん。
基本ネコ派だけど、このときばかりはでれっでれに。
後頭部のモフ毛を指でかき分けるようにモフモフモフモフーーとか。
あの感触…。思い出すだけで、はぅわ!(はぁと) 恋わずらい。

今月なにかとバタついていたけど、上半期最後の週末で癒やされた〜〜。


2009年06月29日(月) 16小節の旅のはじまり

「で、行くんでしょ?『恋する惑星』」 と、聞かれ面食らう。
“〜する” しか合ってないし。

絶対混む。と、開催日が近づくにつれ尻込み100%だった「旅するもみじ市」。
オットが街中のヤマダ電機に行くと言いだしたので、ならばならばと便乗。
激混みだったcholon会場でしろごまさんに遭遇して、「ちはやふる(5巻)」の
太一が、ね!(口元押さえつつ)もうね!などとごあいさつ。
そのあと、のんびりspace1-15会場でまた遭遇して、戦利品をチラ見せあい。



本命の「中川ちえ」さんご来店日には都合があわなそうだったので、
せめてもと「in-kyo」と「morihiko」のブレンドを購入。
なるべく丁寧に淹れて(※)、スコーン(旨!!)といただいてみた。
さわやかで心地よい味…と思ったのだけど、合っているのだろうか。
(※堀口俊英氏によるKONO式ドリップ動画。たまに見ておさらい。)

型染めユニット「kata kata」の手ぬぐいは、もう迷う迷う。どれもツボすぎた。
「CONTEXT-分室ギャラリー」では、試飲でいただいた喜兵衛番茶を、
「coin」では狙っていたハンドタオルを入手。使い込んで早くクタクタにしたい。

・至近距離でクロスステッチの大図まことさん。「K-SHOCK」にくぎ付け。
・「drop around」で見かけた、クタンとしたバッグ。マネしてみたい。
・人で近寄れなかった「点と線模様製作所」。7/9〜13。cholonで展示会。



オットと合流して「花フェスタ」の大通公園にいたわんこ集団とたわむれる。
モッフモフ!なでくりまわして嫌がられる図↑。
にしても暑かったー。
小エビ天(抹茶塩)つまみに昼からビールは正しい選択だったと思う。至福。
(昼間から禁断の「夏休みの図書室でビール」、も気になるな。)


2009年06月22日(月) 全部仕組まれた甘い罠だった

 

椿屋四重奏 熱視線7 「TUMBLING VACATION」 in cube garden 06/21

灰色の空に足取り重く、てんで上がらぬテンションで参戦してゴメン。
のっけから降臨劇ばりに感情豊かなステージングをお見舞いされ、
それでいて人懐っこい距離感で、またしても悩殺され完敗。

ムード作りと切り替えが巧みなんだよなぁ、中田裕二。北島マヤか。
本来なら照れて直視できないようなパフォーマンスも様になるもんだから
見てて気持よくて。で、変なスイッチ入っちゃって、むちゃくちゃ楽しくなってた。
箍が外れる開放感。たまらん。

4月のソロもよかったけど、やっぱりバンドサウンドはよいな。
今の時代には、微妙に…開花しにくい(!)系統なのかもしれないけど、
今の時代では満たされない隙間にひたりと入ってこられる感じもして。
わたしの中のどこかに根付かれてるようなんだなぁ、椿屋四重奏。

ライブ終わって外に出たらまだ空が明るい。と思ったら、夏至だったんだ。
W椿といきたかったけど、TSUBAKI HALLは貸切だったので別店で反芻会。
…してた間、数回、脳内でライブ映像リピートしてにやけてた。ゴメン。
タカシゲさん(↑画像左)にしがみつくように抱きついてた代表の図がフラッシュバック。


2009年06月15日(月) 3秒のダイブは未遂に終わった

coinのDMがかわいい。

里塚の住宅街にある「patisserie kazroo」のケーキ、妙にしっくりくる味だった。
と思ったら、以前よく買い求めてた某店のパティシエが出したお店らしい。
写真奥はロールフリュイ。
手前はココアロール…風キッチンスポンジ。100円ショップで。
パクつくふりして見せたらパソコン中のオット「何、喰ってんのよ!!!(真剣)」て。
どんだけほいどなんだか。

そんなこんなで、なにやらワタワタしてたわりに体重増。やっぱりねー。



魂のゆくえ くるり
チャーミングに人間くさいというか。裸、だなーという印象。葉っぱもなしね。
でもって、聞いているとぼんやり旅気分に。
各駅停車の気まま旅。手ぶらでフラッと心の旅。

…だからというわけじゃないけども、来月ぶらり旅。DOバリュー28で東京。
宿とかまだ未定なのだけど、梅雨真っ最中でも似合いそうかも…と、
今のところ鎌倉が有力。ただ行く頃にはもうあじさい剪定されてる予感。
思えば、2007年に姉妹旅行を断念したときは、「ワルツを踊れ」、
2008年の沖縄旅行のときは、「ハイウェイ」鼻歌。
わたしのリアル旅はくるりによって操られているのかも。


2009年06月07日(日) 未来はまぶたの裏泳いでる



朝1で映画を観たあと、「寺屋」→「ルルド」→「cafe chata」コースで
「純なロール」一本買い。やっぱりウマ〜。
堂島さんが22歳だとすると、純な子は16歳な感じで旨フレッシュ。<!?

テイクアウトのロールケーキは、持参してたクーラーボックスにしまい込み、
ルピシア ダージリン・フェスティバル 2009へ。
会場となる札幌コンベンションセンターは、すごい種類のお茶にすごい人で、
初日ですでに売り切れ多数の盛況ぶり。
その中で、招待券と引換にお菓子をいただき(帰りにはお土産も)、
ダージリンファーストフラッシュからとろんと甘い玉露まで試飲三昧して、
麦茶を購入。「イタリア麦茶オルゾ」というもの。
試飲で気に入ったのもあるけど、ノンカフェインのやさしさにホッとしたのかも。
冷たい牛乳に入れて2〜3時間でできるオルゾ・オレ(?)、早速うちでも。

映画はオット希望の「ターミネータ4」。
ターミネーターは極上の恋愛要素も入っている1が好きで、カイルも好きで、
2はエドワード・ファーロングが美しくて、なのに3はなにしてくれんの!?で、
4に希望はなかった。…のだけど、ジョン・コナーの改変(!)含め
いい感じに盛り返した感じもして、意外と満足してしまった。T5が楽しみに。
先行特典とかでポスターをいただいたのだけど、は、貼らないしなぁ。


2009年06月05日(金) 別世界に連れ出したいから



高速でバビューンと日高富川ICまで。ETCサマサマ。
びらとり温泉の大広間(?)でくつろぎながらびらとり和牛ランチして、
すずらん好きとして一度行ってみたかった「すずらん群生地」に向かう。
時折小雨ぱらつく平日だけあり、ほぼ無人、瑞々しい空気、すずらんには露、
という理想のロケーションで気持ちよく散策できた。
辺りには、すずらんの清楚な香りが静かに満ちてて、なにか聖地めいてて、
たぶん、あの場所、コロポックルだらけだったと思う。<瞳孔全開

群生の規模は想像以上で、歩けども歩けどもすずらん、時々、蕗&蕨。
そのせいか遠目に見ると、行者ニンニク群生地に見えなくもないという。
間違って食べたら死んじゃうけどネ。



全然おいしそうに撮れなかったけどおいしかった「びらとり和牛ハンバーグ」と、
日高町のラーメンプリン。チョコムースのチャーシューに、脳と味覚が混乱。



平取と言えば、トマトも有名。てことでトマトピューレなども買ってきた。
本日、煮込みハンバーグの予定。根っからハンバーグ好き。


2009年06月01日(月) 飛び出たハートが帰らない



「ジョーカプチーノ」とともに、わたしが淹れたカプチーノも残念な結果に。
ここのところふたり揃ってこっぴどいカプチーノスランプ。
が、オットのみかろうじて復活の兆しらしく(画像の↑ハート)。
これで、新調したカップのせいにするわけにはいかなくなった。
カップはアンカップ社のトリノ(TORINO)とベローナ(VERONA)。
つい、ペローナ(PERONA)と言い間違ってしまうのは、軽いONE PIECE病。

週末のオヤツ。
定番大福は、当然のように3:1(わたし=1)。家庭内格差、もう、慣れっこ。
リピ中シフォンは手でふわふわちぎって食べるのが◎。


「さんまのまんま」(北海道的時差でようやく放送)を見たあとのせいか、
やけに積極的にトークしてたように見えた「笑っていいとも!」の斉藤和義。
まあ、タモリさんとは面識もあるし。なんとなく気も合いそうだし。
しかし、お昼の番組で「ポストにマヨネーズ」とは…反則的によかったな。
会場は笑いがおきてたけど、ライブでは鼻血級にかっこよすな一曲。

MステのGreen Dayも反則的だったけど。
なつかしい気持ちとともにこみあげる笑い←なぜ。
体調不良でライブを諦めたのはもう7年前のことだなんて。時の流れ、早すぎ。
思えば、先月でホムペ歴10年目だった。我ながらおどろき。


←0905 top home

以前の日記