..

diary 09/02 home

2009年02月27日(金) 誰かに声が届く世界で
2009年02月24日(火) 横にだって道はあんだ
2009年02月23日(月) 真っ赤な林檎を頬張る
2009年02月17日(火) 星の数の夜を超えて
2009年02月14日(土) 苦い泪を忘れられるネ
2009年02月13日(金) 恋するだけが乙女じゃない
2009年02月10日(火) 折れた煙草の吸いがらで
2009年02月08日(日) 瞬きの隙間で未来は変わるよ
2009年02月04日(水) 恋のような素晴らしさよ
2009年02月01日(日) 心まで白く染められたなら


ふわふわと遊び、ふらふら風邪ひいた一ヶ月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2009年02月27日(金) 誰かに声が届く世界で

友人に誘ってもらった糸モノイベントで、アドレナリン大放出。
「アナタすごい!上手に詰めたわねぇ!」と店員さんに言われるほどに
毛糸玉詰め放題プロフェッショナルで新たな自分発見。
小さな会場に1時間半もいたなんて。どんだけ無我夢中。
素材収集はお得度に比例して楽しさUPで楽しすぎた。

丸井さんでは、またしてもTerzinaのお総菜を。トリッパは常備中。
デパ地下はいつも賑わっているのになぁ。がんばれ丸井さん。
靴下を買ったとき、対応がよくて、よすぎて。心の中でエールを送る。



前略。山田太一先生。ラストは奇跡よりも救いをください。
じゃなきゃ、もう一度ダッフルコートの加瀬くんプリーズ。メガネもつけて。
重力ピエロ」ではメガネとパーカーの加瀬亮=泉水、ハマってるような。
何話か忘れたけど、「ラブシャッフル」の諭吉(DAIGO)が、
見事に「ダッフル+メガネ」だった件について自問自答してたところ、
今週の「キイナ」でも見事に「ダッフル+メガネ」。塚地さんが。
さあ、あとは、もっと用意周到さを願わずにおれない風太郎くんだけズラ。
先週の風太郎の慟哭はドラマの域を超えてた感じですごかった。
そして気になる「ウルトラミラクルラブストーリー」。今度は津軽弁か。


2009年02月24日(火) 横にだって道はあんだ

函館から遊びにきてた友人をむかえうちランチの週末。
料理を運んでくる執事メンズ(顔未確認)にひとり勝手に脳内セリフ追加。
「こちら、本日のデザート。ババでございます。 メイ様。」
というか、ババという単語の意味にはやはり本物のババも含まれるのね。
予約時、年齢までは伝えなかったのに。ルチアの陰謀にちがいない。

帰宅後、風邪ひき者としての心得が足りなかったことをじわり反省。
せめてマスクだった。なんならバッテンマーク付きので。
なんだか、年々自分本位な言動が増していて愕然とする。
もう少しいろいろな面でおもんぱかることを心がけたい。心がけなくては。

行きたかった、行けなかった、vaasa蚤の市。
アンティーク系にそれほど興味はなかったはずなのだけど、
生活やアイテムのほんの一部分(←ポイント)に組みこめるような、
出会い頭の一点物(←ポイント)に弱いかもと気づく。
渋色リバティのハギレとか、透明感のある鈍色のアンティークボタンとか、
構想中のモフモフアイテムに組みこんでみたりとか…(妄想手芸部)。



RADWIMPSの「おしゃかしゃま」「雨音子」がよい感じで
アルトコロニーの定理」に期待してしまう。約2年ぶりかぁアルバム。
アルバムと言えば、細美さんのも待ち遠しい。
矢野さんのライブで新曲を歌ったそうだけど。3ショット。すご。


2009年02月23日(月) 真っ赤な林檎を頬張る

先週のこと、軽く「BOSSA」→「だいふく」のホット梅酒でぬくまってから
(エビ入りイモ団子(旨!)に、久々のAigues Vivesのパンとかつまみに)
オフィスおりんご主催の「MAKE RINGO NIGHT2」へ。

女子たちがひしめく会場は、まるで“キレイとユーモラスのリンゴの国”。
そこでキョドりまくる猫背の中年女子=わたし、年々かわいさUPしてる
アキオさんの笑顔(ケアルガ級)に救われる。
愛は地球を救い、笑顔は人を救う。

メイク予約もブースも満員だったこともあり、してもらわなかったのだけど、
行くとやっぱり気になるメイクイベント。気になるツケマツゲ。ツケヒゲ(違)。
10歳若返るアンチエイジングメイクったら、わたしの場合、特殊メイクだな。


アキオさんのリンゴ帽もかわいすぎ(掲載許可はいただいてます)。グッズものに弱い↑。

久々の7pヒールのせいで関節痛に!と思っていたら風邪のせいだった。
ダウン中にやってきた結婚記念日、ひとり布団の中で“たこ焼き食べたい”
と思っていたら、仕事帰りのオットの手にたこ焼きが。サトラレか、わたし。
頭痛と吐き気以外、食欲衰えないのが微妙な自慢です。


2009年02月17日(火) 星の数の夜を超えて

先週今週と2週にわたり放送された「素晴らしい世界」のゲストは、
“肉眼では見えない星も再現することで見えるリアルさ”にこだわり、
世界最高峰と言われるプラネタリム「メガスター」を作った大平貴之さん。

コアでマニアで下心な理系男子熱烈トークは真摯でチャーミングだし、
見えないものも含めての世界を見つめるような姿勢が感じられるところも
やっぱりステキで永久保存版。
二言三言だった「さんま御殿」も、あれはあれでよかったけど、
スバセカでは、メガスター製作日記から見受けられる大平貴之像に
より近い魅力が見られたようにも思えて、よかったなぁ。ひさし、グッジョブ。

「人間は可能は証明できるが、不可能は証明できない」
一刻者サイトのインタビューにもあったけど、番組内でも言われてた信条。
大平さんの日記によると、短期間に北海道各所訪問したとのことだけども、
いつの日か、北海道でもメガスターの上映、可能にしてほしいですよ!



もうひとかた、ひそかに敬愛しています山野井さんの日記が久々の更新で。
大平さんとは違う形で、人間の可能性を証明されているかのような生き様に
ただただ感服。(「凍/沢木耕太郎著」ようやく注文。腰重すぎ。)
ふわふわ生きてるわたしには見えない世界をふたりは見ているのだろうな。

てことで、本日の心の片隅の走り書きは。
見えないモノの重要性。卵の側の視点と信念を貫く強さ。ゴックン。


2009年02月14日(土) 苦い泪を忘れられるネ

ラッコのクーちゃんに会いに釧路に行く!
というオットをなだめ、家でちんまりバレンタイン。
ありがたくもいただいてきたらしい義理チョコを食べ終了。

オット:「意外とおいしい。義理チョコの定番メリーチョコ。ゴーイングメリー!」
わたし:「これ一番おいしい!中、クランキーだ!」
オット:「え!? フランキー!?」

中にフランキー入ってたら、歯、折れるから。



先日の「編み編みの会」の時、とても素敵な雰囲気の人が首から下げていた、
手編みコインポーチ(?)がかわいかったので、思い出し想像で編み編み。
原毛を紡いだスラブ風毛糸(※)+ハギレ革+カシメで。制作費0円。
撚り止めしてないので編み地斜行してるけど。まあ、ご愛敬。
刺繍糸や裂き布も混ぜたart yarnにしてーとか、妄想部がたのしか。

※ 紡ぎはコマのような形をしたドロップスピンドルで。羊ヶ丘展望台にいる羊の毛でマフラー
を!と思い描き、ジンギスカン臭の汚毛を洗ったところで止まり早数年。この時の羊はこの羊毛
で作られたものだったり。右画像手前から、汚毛・洗浄後の原毛・スピンドル・紅茶染め毛糸。


−−−−

「ドスペ2蘇えるユニコーン」が北海道で入らなくてガックリしてたところ、
スマステ「1万人に聞いた!ニッポンのバンドベスト30」でテンションあがる。
REBECCA!THE BLUE HEARTS!BOOWY!なつかしー!
番外編?のRED WARRIORS。WINE & ROSES、当時よく歌ったっす。


2009年02月13日(金) 恋するだけが乙女じゃない

handmade・antique・etc.なイベント「暮らしのまんなか」へ。
使う予定もないのにアンティークレースとか欲しくなるステキ世界で、
CRAFT Logコラージュマスキングテープや福田菓子店のガレットなど購入。
ほくほくしてワークショップ「trois+5の編み編みの会」へ移動。
場所はお隣のSiesta Laboさん。徒歩5歩。

ちょうどヨシエマコトさんが春らしい花を活けておられて、
その、さくさくと絶妙にアレンジされていく様子にこっそりうっとり。



そんなステキSiesta Labo奥スペースで開催された編み編みの会は、
サバサバ気持ちのいいmico先生のもと、笑い飲み編み笑うの約2時間。
基礎やコツとともに編み物のたのしさもしっかと教えていただけて。
想像より実はオトコマエ(いい意味で!)な教室だったことが楽しかった〜。

mielさんのパート ド フリュイ(あってる?)の恋愛初期的なおいしいさと、
mico先生のもふもふデジカメケースにときめいて、みんなで撮影大会も。
ただ甘いだけじゃない絶妙なさじ加減の甘さ。あやかりたい。



教室後は、バンケットでセレクトランチ。迷い迷ってaab。
お嬢様4人でグルグル皿回し。不行儀は見逃して。S級執事。
キャパ超えのおいしさとメンズ談義(!)に、脳から何か漏れたと思う。

帰り際、kanna cafeで開催中の北欧マーケットをのぞき目の保養。
Cathrine Holmがケトル型じゃなく、Siestaさんにもあるポット型だったら…
軽く理性を失っていたかも。後ろから抱きしめたかも。<なんの話よ

今回、Siesta Laboさんへ行くのに4プラ前から市電を利用してみた。
めったに乗らないから、音も雰囲気もゆる心地よくて新鮮。170円だし。
街の喧噪から少しずつ遠ざかり辿り着く感じもまたよかったりして。


2009年02月10日(火) 折れた煙草の吸いがらで



先日入手したアルパカの毛糸を使ってちょちょいと編んでみました!


……嘘です。大嘘です。
いとも簡単に嘘ってつけるものです。人らしく。

ただいまblogが開店休業中のヘッド某マダムの作品です。全部。
あまりにもかわいかったんで、体育館裏に呼び出されるのを覚悟で掲載。
…嘘です。
ご承諾いただいき掲載しております。震えながら。
ヘッド某マダムと編み物−というギャップがまたいいんだなー。<え。

帰り際、長靴のメンテはアーマオールで充分だと確認しあっていたら、
それぞれの長靴カラーがハンドルネームどおりだと気づき笑う。


2009年02月08日(日) 瞬きの隙間で未来は変わるよ

治りかけの火傷の傷跡も痛がゆく、もやもやしていた週末。
「おうぎ屋」→北広島の「麦の香」→そこからわりと近くの「福田菓子店」、
そして、えこりん村コースで、もやもや一転、もふもふに。
せっかくのデジカメを忘れドアホ呼ばわりされてたこともモフっと忘れた。



母親は臆病なので触れないけど、子アルパカならいいですよ!と言われ、
はしゃぐいい大人2名。想像以上のもっふもふ具合にモフっとモフ死。
彼らは、地球上のかわいさを超越した癒しの使者ですか。(瞳孔全開)
名付け親、早速応募してしまったし。



先日、友人が子供連れで遊びにきていたときのこと、
一応…と用意したお昼寝場所に、ちんまりとチェブが寝かせられていて、
その光景もそうした子供ちゃんもかわいくて胸キュンキュン。
かわいいもの・おいしいものは心の柔軟剤です。ふわん。

「鉄腕!DASH」にえこりん村が出演とあったので見ていたら、
太一が無邪気に雪とたわむれていて、脳内BGMにとある新曲が。
いやもう違うと思うのだけども。妄想聞きすると切なさ120%で。とくに最後2行。


2009年02月04日(水) 恋のような素晴らしさよ

02/03、「ニコさんの描く男子が好きです」なんてひとりつぶやき、
02/04の今日は盛大にひとりニヤニヤ。
イエス!フォーリンラヴ!ニコ・ニコルソン

できることなら、ニコさんの描く「enough」の世界も見てみたいところ。
「シンシロ」は中でもとくに「ライトダンス」「ネイティブダンサー」、
そして、途中泣き声がかっているような「enough」が好きです。
新のようでいて真は不変なんだなぁというようなフレーズがそこここに。

羽海野さんの描く男子も好きです。
ダッフル+メガネという黄金コンビネーションの桐山零くん。
千と零。繋がる世界。 …や、千はいないけど。
(て、サカナクションに興味のない方にはなんのこっちゃで御免候。)

この回、よかったなぁ

ここのところ、ゆっくりだけど確実になにかが繋がってきているのを感じる。
反面、知らないところで離れていってるものもあるのかもしれないけれど。
風まかせ、自分次第、タイミング。
意図せぬベクトルの一瞬の交わりは、奇跡のようにすばらしい。


2009年02月01日(日) 心まで白く染められたなら

粉雪が小躍りするように吹き荒れた週末の午後。
札幌は久しぶりという友人の鼻が寒さで赤くなるくらい連れ回す。
ランチ処の前菜とワインが合いすぎてキケンな昼下がりだった。

帰り際、エスタ(期間限定)で「侍のプリン」とバッタリ出会う。
「マーロウ」のビーカープリンの日本男児版みたいな感じで、
カラメルはホロ苦派のわたしウホウホ!苦手派のオット、渋い顔。
が、「ほろ苦カラメル堪能方法※」を試してみると、急に顔つきが変わって。
ちょっとしか飲ませてくれなかったオットに殺意が芽生えた瞬間。
正統派侍流プリン術による食べ方
〜2口ほど残した時点で冷えた牛乳を半分ほど注ぎよくかき混ぜて飲む。




マチはどこもかしこも節分&バレンタインモード。
例年バレンタインとは無縁だけど、モンキーストラップのバレンタインver.が
出てたんでサル好きの妹用に。iPodで何聞いてるんだろ。きみまろ?
わたしのメッセンジャーモンキーもだいぶんすすけてきてたので新調。
以前は大きめストラップって苦手だったのだけど、大きいと掴みやすくて。

昨今の恵方巻きブームはどうよーとか言いながらフライングでかぶりつき。
方位磁石までついていたのに全然違う方角向いて。御利益あるかなぁ。


←0901 top home

以前の日記