..

diary 08/06 home

2008年06月29日(日) おかえり
2008年06月25日(水) 夢見がちな終電後の世界
2008年06月22日(日) 夏が来る窓を開けた
2008年06月18日(水) 何か終わりまた始まり
2008年06月17日(火) またきてね堂島さん
2008年06月15日(日) ポーズして進ぜよう。
2008年06月13日(金) 町のはずれでシュヴィドゥヴァー
2008年06月10日(木) 小さな世界を照らす
2008年06月05日(木) あとのまつりぬい
2008年06月05日(木) 遠い空の向こうに
2008年06月03日(火) 血液ガッタガタ
2008年06月01日(日) お祭りわっしょい


引きこもったり、遊びほうけたりの一ヶ月。初夏らしくなってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2008年06月29日(日) おかえり

義祖母の法事で金曜から帰省。〜の前に、「おうぎ屋」で昼ラーメン。
移転オープンの延期で心配してたけど、つけ麺、変わってなくてよかった!
とりめしおにぎりがなくなったのは少々さみしくはあるけど。
うちからは前より近くなったし。また行くぜ!

法事は前代未聞なハプニングがあったりしたけど、義父含め、
叔父叔母衆ほぼB型人間のせいか、あっさり笑い話で一応つつがなく。

そんな親戚大集合の中、本家次男坊の嫁でありながら
2階でこそりと「シバトラ(6)」を。だって新刊でたよって義弟が。<言い訳
しかしこれ、もうドラマ化だなんて。 小池徹平が今の風貌のうちにでもと思ったのかな。

日曜昼は、オットと意見一致でまた「おうぎ屋」。
醤油ラーメンも変わってなくてよかった!
2Fにある「よっしーの店」も好きなので、たまらない一画になったなぁ。
食後の甘味・寄り道コースを開拓せねば!


おうぎ屋さん、忙しそうでバタバタ扉が邪魔そうだったなぁ。メロンとケーキは法事の副産物。

たった数日ネットしない間に、胡桃庵webshopがオープンしてて、
久々に、うっわ欲しい!と思った器がすでに完売になってた。がーん。


2008年06月25日(水) 夢見がちな終電後の世界

崩れるのかと思ったら見事にスッパリ快晴続きの札幌。
なんとなく気合いでも入れたろ!と、原作未読でこの映画(DVD)。

■ cinema memo クローズZERO
そこから一歩踏み出すため、男たちは(誰かと、何かと)闘う−
小栗旬vs山田孝之の校内覇権争いケンカ上等映画と思いきや、
やべきょうすけ演じるダメチンピラ片桐拳の存在が絶妙で。
その片桐目線で見ると、無意味そうなものも意味あるものに見えたり。
女子受けは小栗に譲ったかに見えた山田孝之だったけど
夕陽に染まりニヤリするところ、漢フェロモン炸裂で鼻血でるかと。
2009年公開予定の続編、願わくば紅0点のオトコ祭希望です。


それに比べて、気合い淡泊に感じた火曜夜の最終回。
「絶対彼氏」のクライマックスは(わたしの中で)前回だった。
もっと2男子の間で揺れたかったのに(え?)室長、情熱プリーズ。

蒼井優の全てと旗ふりOPを毎度楽しみにしていた「おせん」は、
まとめ方も一升庵精神で見せてほしかったでやんすよ。
ラスボスの最終アイテム…。どうせならマグロにはマヨネーズで。

ちなみに「“気持ちのいい男子”はタケル、キミだよ。」の木曜夜のアレは
「はいはい、「る」つながりでよかったね(無表情)。」
…と、毒吐きながらも見てたんだから思うつぼなのかしら。



2008年06月22日(日) 夏が来る窓を開けた

ちょっくら気疲れする行事を汗と笑顔でやりすごし。
それ以外はぽやーんと過ごす。ちょっと前までの制作意欲は引き潮。
ついでに、ごはん支度の意欲も引き潮MAX。

土曜は手打ちうどん寺屋→リヴゴーシュコース。
今いちばん気に入っているうどん屋。てほど食べてないけど。
香川出身の若き店主=ソフトな海老蔵…と見てるのはわたしだけだろうか。
ぶっかけ天ぷら(冷)に入ってる天ぷらたちのバランスのよさしかり。
艶めくうどんは、中田代表言うところのエロスな感じで。
てか、表現がイヤラシすぎよッ!代表ッ!<褒め言葉

日曜は麺eiji→八紘学園(ソフトクリーム)の定番コース。
夜も面倒になってぶらりみよしの。きょう、炊飯ジャーに触ってないや☆

天気が崩れる前の生ぬるい空気が、そこはかとなく夏を匂わせる夜。
もったり重だるい体で、たこ焼きつまみにビール飲みつつサッカー。
いきなりなぜ?なぜ、コロコロPKを使わん!?もー!!
そして、ぽよよーんか。まあ、ゆるい週末にピッタリな感じで。


スイカは先日の。甘かった!銀だこの薄皮たい焼きはパリパリ皮命。焼きたて狙いで。


2008年06月18日(水) 何か終わりまた始まり

そうくるよね。それしかないよね。犬夜叉。
全部読んでたわけじゃないので、コウガの行方とか知らないけど、
(蛇骨がアレだったりと、どこをターゲット?な一面もあったけど)
大長編戦国お伽草子、大団円。12年も続いてたのね。

BECKも終わっちゃったしなー。満足の最終回。
ピアノの森もそうだったけど、音が聞こえてくる漫画だった。
脳内コユキ声は、甘く高音シャープな細美系。
I Hate It」あたりを、どしゃ降りのフェスで歌うコユキ、とか、
間奏で竜介くんのルシール炸裂とか。妄想も楽しく。…ゴホンゴホン。

なにはともあれ最終回。
今一番気になるのは、ロボモコのだったり。!?。
だってだって、ナイトーー!!!(泣!)どーしよ!<自分に動揺

■ cinema memo 山桜
藤沢周平の短編集「時雨みち」に所収されている「山桜」。
この約20頁ほどととても短い原作を読んでいたときに感じた心象風景が
適度な奥行きを持ち映像として現れた−というような映画だった。
物静かな展開の中に映し出されるわびさび、
慎み深くあぶり出される静かな情熱に胸熱く。
その存在感からも想いをにじませる母3人衆はもとより、
いつからか苦手分野に入っていた田中麗奈と、ジャ○の万能紳士
ヒガシヤマさんも想像以上によかったし。<二人とも眉キレイすぎだけど
ただ、わたしの中ではラストの曲は残念だった。
ただただ苦手なのです、あのひとも曲も。お好きな方、すみません。

田中麗奈演じる幸薄の野江が、届かぬ山桜に手をのばしているところに
ヒガシヤマさん演じる長身の侍・手塚さまが背後から声をかけてくる。
「手折って進ぜよう。」

一緒に観てたパコ嬢とこのシーンについてあれやこれや。
「もし、手塚さまの身長が低かったらどうしたんだろうね?ニヤ」
「そりゃあやっぱり、(おぶって進ぜよう。)じゃない?ニヤ」
「振り返ったとき、もし、手塚さまがイケてなかったら?」
ニヤニヤしあう二人であった。


2008年06月17日(火) またきてね堂島さん

あの、堂島さんが初来札(三越の催事)。
我が家のロールケーキ王子こと信長オット、まるで当たり前のように
「で、買いに行くんだよね。」て。 プ、プレッシャー。
念には念をと整理券配布の40分前に様子見に行ったらもう行列。ヒイー。
その甲斐ありめでたくゲット。

でも正直、なんぼのもんじゃい!?な気持ちもあった堂島さん。
すまないっっ。
うまい、うまいよ!あんさん!
信長オットも大層ご満悦。さる、むくわれました。

くどくないの?と思ってた生クリームはふわふわ軽やか。甘さ控えめ。
これ、朝ごはんのかわりに一本食いできるわ。


大阪モンシュシュの堂島ロール
ともさかがグータンでおみやにしてた七尾鳥居醤油ロールも憧れロールのひとつ。



2008年06月15日(日) ポーズして進ぜよう。

函館から日帰り来札のパコ嬢を昼時めがけて捕獲。
逢うなり空腹を訴えてきたので、無計画にごはん処へ飛び込む。
店内満席だったのでテラス席。もうあと+3℃だったらちょうどよかったね。

パコ嬢のメインイベント後、ふらふら歩いていると前方に侍集団。あ!
ゴミ拾い侍!!!!
パフォーマンスグループ・一世一代 時代組。遭遇でござる!
これは写真でもと携帯操作にアセアセしてたら、パコ嬢、デジカメ片手に
いつのまにやらちゃっかり彼らにポージングさせていた。アナタ、スゴイ!

侍に別れを告げ、茶飲み処(ニヤリ)でひと休み。
nanoさんで品切れになってた「おりんごりんご」をゲットしたり、
パコ嬢が試着したり、わたしがhands beで散財したりであっという間。
いろいろと気持ちよく満たされた土曜日だったなぁ。


クリック↑で大画像。かわら版もいただいたでござる。ごはん処でもらったオレンジでござる。

たとえパフォーマンスの一環だとしても、かっこよくゴミ拾いする姿はいいものだなと思う。
ふだん見かける清掃の人たちは、まるで黒子のような所在で黙々と仕事をされている。
その様子を見えていないふりでポイ捨てする人を見かけることもある。
清掃の人たちはもっと街のメインキャストとなってもいいのにな。…とか思ったりする。



2008年06月13日(金) 町のはずれでシュヴィドゥヴァー

夜の待ち合わせまで「nano cafe」でだらっと読書+梅酒=至福のとき。
nanoさんとこの自家製梅酒、スッキリ味ですこぶる好み。
ロックグラスはおそらく「glass cafe gla_gla」の。ここのも好みなのよねー。

nanoさんから徒歩10秒の「mayu 繭」でチャッピーパン
ベーグルもオレンジチョコも外パリ中モチで噛みしめるほど旨味。
「酒場ハッピータイガー」がランチも始めるにあたり、
自分の名前からとって改名(!)したの−と、店主のまゆさんもステキっす。


パンたちはアドバイス通り、トースターで温め直して。

そしてこの日のメイン「フランス食堂Quenelle(クネル)」に。
いちいちステキ!ここに住みたい!!と女3人静かに興奮。
フランス料理だけど、どれもビールも合うネ!と瓶ビール手酌しつつ、
「はんぺんみたい!」と初クネル。甲殻類系濃厚ソースもパンで根こそぎ。
そのパンがわんこそば状態で出てくるものだから、お腹、はちきれるかと。
4卓のみの店内の心地よい雰囲気も気に入りリピート決定っす。


この↑アミューズで骨抜きに。豚足もデザートも旨かった〜。


2008年06月10日(木) 小さな世界を照らす

遠藤のコロコロPKにあやかり、ゴロゴロWE(weekend)。
風邪と花粉症の間でグロッキーなwe、共倒れ。

熱が…と言いつつ、居間に布団敷いてサッカー観戦のオットがまき散らす
どんより空気の部屋の中、なるべく静かに、だけど何かしたいと思い、
以前からあたためていた「豆本」づくり。
ミリ単位の寸法に目がしばしばしたけど、ちまっと完成。
なんだろう、このちまちましたうれしさは!

調子に乗って何個か作ってみたら、そのたびに雑になってしまったけど。
慣れ気分も、気合い入れすぎも失敗の傾向が。
肩の力抜いて、大事なところを見極め一点集中がいいのかな、なんでも。
コロコロPKのように。
いやもうね、ネーミングといいその技の素晴らしさといいコロコロに夢中で。


ボール紙はお菓子の箱。はぎれ布。細革紐。材料費0円。手の平、赤。塩分過多?

参考にしたのは、豆本のかわいさを知るきっかけとなった柴田尚美さんの「おまめの豆本づくり
−のサンプル本。極小文字が読めず(!)pdfファイルを200%拡大して見たりして。
備忘録:あきやまみみこさんの動画言壺さん豆本づくり花布の作り方



2008年06月05日(木) あとのまつりぬい

気に入ったおかずにしてもだけど、好きになったらリピート派。
てことで、あれよあれよとまるまるまるっと。

ファーストバッグは(理由は内緒にして)妹にあげることにして。
両面無地の黒まる2は見た目同じでも気分が違う。
これでようやく満足!のはずが、無いものねだりの柄モノ気分で
地味めな柄(表)×無地(裏)でまる3。<画像灰色まるは裏生地

その3つめを作り終えたとき、初めて気づく(説明書を理解)。
今まで「面倒すぎるーー!」と憂鬱だった手縫い(まつり縫い)箇所も
ミシン縫いでよかったということに。がーん。あの労力は一体…。

まだ予定はないけど、ツイードやピッグスキンで秋冬っぽい4とか…
なんてイメージ膨らませているときが一番たのしかったりする。
つらっと立ち読んだ江面旨美さんの作品たちがかなり理想だったなぁ。


1.2はつけてないけど柄モノの3はレシピ通りに接着芯でハリを。キャンドルは観賞用〜。

持ち手部分の余り布が、ちょうど「花小皿」パターンにピッタリと判明。
中表で返し口以外ぐるりミシンで返してまつって5箇所ダーツ縫いで完成。
しかしうちの部屋は(も)やはり花型・ギンガムって感じでは、ない。


2008年06月05日(木) 遠い空の向こうに

宇宙飛行士の星出さん(39歳)、発見!
札幌上空を通過する時間に夜空を眺めていたら
探すまでもなくあきらかに星とは違う輝きが突如出現して、
予想外の速度で華麗に通過していった。その間、約4分間。
口ポカーン開けてアウアウ。子供みたいに興奮してしまった。

全く興味なかったらしいオットも、「スプートニク!スプートニク!」と
ジェイク・ギレンホール気分。ていうか、スプートニクじゃないから。

♪宇宙なんて あんがい近いもんさ 直線400キロ 車で4時間――♪
松本零士氏も協力したという星出さんを応援する歌(いいご友人だ〜)
ロボットアームで抱きしめて(仮題)
失礼ながら仮題に噴飯したけど、すぐ、え、車で4時間!?と驚いた。
ほんと、あんがい近いんだね。


晴れた夜空じゃなくても、見えないだけでいつでも頭上には星も「きぼう」もあるんだね。

国際宇宙ステーション(ISS) 札幌での見え方
あくまでも予報とのことだけど4日はバッチリ予報通りでした。


2008年06月03日(火) 血液ガッタガタ

裁断だけして放置してた、型紙いらずのスモックブラウス。
無謀にもほんのちょっと勝手なアレンジをしてみたら…
なんということでしょうー。
IE○Aのラメドビーギャザーブラウス(のパクリ品)に。

あちこち見事に引きつってたりと、相当な粗悪品(!)だけど、
なんたって材料費は“本物価格”の約10分の1以下。これぞ原動力。
座高に合わせて長め丈にしたらなんとも中途半端なバランスになり
お直しをするというお約束も忘れずに。懲りないA型です。

本日の日記タイトルは、完成品を見たオットがふと口走ったひとこと()。
えぇ縫い目がね。それにしても古いなヤツも。


裁断はもちろん目分量。捨てる服からとっておいたボタンで袖口に飾りボタン。

・USAKOの洋裁工房さんのフリーレシピ「ざくざく切って夏用スモック
・110巾1.3m。身頃サイズは自分に合わせてプラスα。袖丈50pで6分丈ぐらい。
・襟ぐりと袖口はギャザー寄せのバイアス仕立てに。あきナシの広め袖口巾14p。
型紙おこせるならnaniIROのフリーレシピも魅力的。フリーも結構あるのね。



2008年06月01日(日) お祭りわっしょい

週末は友人家族と札幌ドームで交流戦。
トラファンのオットの友人にいただいたチケットなのでもちろんトラ側。
日ハムファンもたくさん紛れ込んでいるエリアだったのだけど、
トラチャンス時の「わっしょい!わっしょい!」コールにつられつられて
体が勝手にわっしょいわっしょい!あ。すいまめーん。
トラコールはつられやすくていかんわー。


トラ側はだみ声の人が多いのね。トラキチの友人もユニホーム姿にグローブで大騒ぎ。


相変わらず、鼻炎も目のかゆさも最高潮。
この憂鬱な状態を救ってくれるのは、もう、6月の「ウニ漁解禁」しかない。

今までのUVクリームでは乾燥するようになってきたので、
SOFINA beauteのUVクリームのサンプルをもらってきた。合うといいけど。
ファンデはBBクリームが気になるところ。どうなんでしょ。


←0805 top home

以前の日記