..

diary 08/03 home

2008年03月31日(月) 幻のラー油
2008年03月30日(日) 夜毎つのる想いに
2008年03月24日(月) 島ネコ
2008年03月23日(日) 春の陽差しがそうさせた
2008年03月21日(金) 外は三月 春がもう近い
2008年03月19日(水) 幸せだけが溢れるように
2008年03月18日(火) I LOVE ME
2008年03月14日(金) とぅるばるおきなわ
2008年03月13日(木) あてどなき旅の終わりを
2008年03月06日(木) 全部後回しにしちゃいな
2008年03月04日(火) あんな時代もあったねと
2008年03月03日(月) 予兆はリボンナポリン。


お楽しみ一気に開花宣言。わーわーな一ヶ月。
初の沖縄旅行に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2008年03月31日(月) 幻のラー油



匂いを嗅いだ瞬間、笑うしかなかった。
絶対好きだと思っていたけど、まさかここまでとは。好み度パーフェクト!

平松洋子さんの本(「わたしの沖縄食紀行」「おいしい日常」)で知り、
その後、ケンタロウも好きと知りますます興味が湧くも、
取扱店はどこも品薄らしいしと、家康気分で数年が過ぎ…。
今回の沖縄旅行中、市場界隈の店先でバッタリ遭遇!キター!<古
が、「コレ、トテモ、キチョウネ〜」とルビー・モレノ風ねえさんに言われ、
よく見ると定価の倍以上。

結局、札幌の「わしたショップ」で。
限定50本ということで、争奪戦はニガテだしと今まで避けていたのだけど、
拍子抜けするほどあっさり入手できた。好きですサッポロ。

ということで念願の「石垣島ラー油」、通称「石ラー」。
ラー油というより、ゴマ、ニンニク、山椒、島胡椒などの濃厚香味油な感じで、
似た感じの中華ダレはよく作っていたけど、香りと味の奥行きがまるで違う。
人気の秘密は手作り生産ゆえの稀少性だけじゃないんだなぁと納得。

出汁醤油と酢とネギをプラスして冷や奴に◎ 春雨サラダにも◎
唐揚げや餃子の下味に、タレにも◎。今日は水餃子にしてみた。
うどん粉で作った皮の食感に、釜揚げうどんのタレにもいいかもと思った。
たぶん、そろそろオットから悲鳴があがると思う。

−−−−
こぺんぎん食堂:那覇にオープンと旅後に知る。そういうもんよね。
山田製油ごまらあ油:こちらも使ってみたいラー油
美味しいラー油を作ろう:もしくは作るとか。


2008年03月30日(日) 夜毎つのる想いに

お楽しみイベントたちが次々と終わってしまってぬけがら。
週末は、そのひとつだった、遠方からの友人たちと再会ワーワー劇。
キャストは2〜総勢9名までのショートフィルム形式。
ウォン・カーウァイばりの即興劇も、携帯電話のおかげで無事クランクアップ。
笑いあり、叱責あり、恋話ありのガールズ(!)ムービー。
主題歌は、中森明菜の「Fin」。
お店の有線で流れるも、曲名が出てこなくてみなでモヤモヤした曲。
しかしなぜに80'sチャンネルだったんだろ。客層見て?


週末のラストカット。sleepyのインストアライブのリハだけチラ見して帰宅。

いろいろとめまぐるしい一週間だった。
その中で、ふいに自分と向きあってみたりと自己省察。
わたしがもし新社会人なら、確実に研修後すぐ飛ばされる。無人島に。
マナー力と対応力が欲しい。機転が利くオンナになりたい。
機転どころか自転だもの。くるくるばたん。
何事も、急いては事をし損じる。合い言葉は深呼吸。
いろいろな人に感謝と陳謝の春です。


2008年03月24日(月) 島ネコ

「なんなのー?犬や猫ばっかり。
シーサーの写真がなかったら沖縄だってわからないよ〜!」
と、妹に笑われた。
たしかに。


でも、これら猫写真、デジカメ部だったオット撮影…。

沖縄で出会った子たちは、「なんくるないさあ〜」な雰囲気で悠々としてて、
そんな猫たちの様子に、ああ、なんか沖縄らしいな〜と思ったのだった。
首里城公園内の茂みにいた黒猫(左下)だけビクビクしてたけど。
潜んでいるところを発見されればビクビクもするよねぇ。子っこだったし。


2008年03月23日(日) 春の陽差しがそうさせた

ブーツの手入れをすると、春だなと思う。
歩き方がヘタで削れたところを補修しながらワックスで仕上げていく。
この工程もそのときの匂いも好きで落ち着く。

のんきにしてたら、ピンク色のyomyom完売って言われた。
いやまだどこかにはあるはず…と、それからものんき。
かわりに「きょうの猫村さん3」。
口に出すと、猫村さんさん。 …。

ステラのごぱポにさっくりやられたあと、グロビュールでカレー。
食後はサービスのカタラーナをいただく。
濃厚カレーの後に冷たいデザートがあうあう。うま〜。
いつからこんなサービスを始めていたんだろ。いいことだ!

「十一月のウクレレ教室」、「cholonのシャシン教室〜はじめて編」
気になる教室目白押し。でも、どちらも都合がつかなく残念。
…の前に、ウクレレ、今やオブジェ状態だろ!
フィルムカメラたって、LOMOも持ち腐れてるだろ!って言われそう。
手にした段階で満足してしまうんだなぁ。ハハハ。<悪びれてない

半年ぶりに薄手のコートに袖を通したら、ポケットに100円玉の感触。
何かが見つかりそうな春ですね!<違


相変わらずの猫村ワールドのまま、どんどんディープに。一番好きな3月限定ロイズ。


2008年03月21日(金) 外は三月 春がもう近い

奇跡の演歌歌手、ジェロ。
売れているとは聞いていたけど、一体、どんな人が買っているのか?
と思っていたら、いた。マイかーちゃん。一緒に口ずさんでいるし。

かくして、彼岸のカラオケ大会スタート。ホームカラオケで。
さりげなく室内照明を落とし、葡萄酒も用意しだすかーちゃん。
ムードにのせられわたしも少々、「あきらめないで」とか「サチコ」とか。
「サチコ」は、もちろん、ニック・ニューサの方で。


夜遅くまでカラオケしてたんで、朝から爆睡中の毛もじゃ。

実家ではいろいろと思うところありで、心身共にヘロンヘロン。
布団の中で、ふと、自分の老後が悲観的に思えて泣けてきたりと重症。
この、メランコリック気分。春だ。春のせいだ。

というか、ここのところの涙もろさには自分でも戸惑う。
なんだかんだの「ハチクロ」最終回でもつい…。
生田くんが最大の見せ場で、またしても最大のむくみ顔だったけど、
あのパンは反則技だから。


2008年03月19日(水) 幸せだけが溢れるように



沖縄街角ワンショット。信号待ちの間に車中からパチリと。
誰かが付け足したと思われる「どこに?」がツボ。(マウスオーバーで拡大)

車での移動はそれはそれは便利なのだけど、
目に止まった光景が一瞬にして過ぎてしまうのがなんとも。

袋菓子を路面にめいっぱい陳列してるお菓子屋(?)さん。
沖縄なのに「クリオネ」という名の飲食店の看板。
某「あいのり」のラブワゴンにそっくりなピンクのワゴン車。

これらは脳内SDカード(8M)に保存。
そこに斉藤和義ファイルも入っちゃって、たぶん今、何かがだだ漏れ中。


2008年03月18日(火) I LOVE ME

3月17日。急速に雪融けが進むも、夜はまだ寒い札幌。
斉藤和義LIVETOUR2008 〜I LOVE ME〜 @Zepp Sapporo

今回のライブ、(わたしは直接被害を受けなかったのだけど)
WESSによる“チケット手配ミス(後席への振り替え)問題”があり
ドリンク代免除、スタッフ増員、開演前に山本代表からお詫びも。
当事者の方には切ないライブの幕開けだったと思う。

そこを考慮してか、大盤振る舞いの斉藤和義。
お詫びに一曲、さらに一曲、気分がいいからもう一曲…、と
おそらく、当初のリストより3曲ほど増やされ、終了時間22時越え。

泣きのバラード、狂乱ロックナンバーと緩急絶妙なセットリストが、
失神もののギターソロ、キーボード、ドラム、ハンドマイク(!)−と、
これでもか!っちゅう怒濤の展開で繰り広げられ、もう、ふらっふら。

斉藤和義の心遣いに(も)完璧ノックアウト。

災い転じて福となす。(当事者の方には申し訳ないのですが。。)
こんなライブ、あまり経験したことがない。

@ツアー後につき曲名も出してます。
@自分で余韻に浸りやすいように(!)「曲名」に音リンクをつけてます。
<暇人 音NGな方はご注意ください。


前回に続き、ツアーイメージにあった素敵(!)なセット、「!」な衣装。
演出は質素でもいい派なのだけど、セットと照明効果と曲とが
バッチリあったときのあの高揚感はちょっとたまらないものがある。

男節」で渋くスタートしたと思ったら
出た!「I Love Me」。案の定イントロに奇声。むぎゃー!!!(白目)
ドライブ」のイントロには武者震い。男泣き。

バカにすんなよ!」は「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」なアレンジで、
ご当地ネタや桜井さんネタを『…バカにすんなよ?』と微笑ましく。
その中でWESSネタだけ『ゴルァ!』と、こてんこてんにぶった切り。
誰かが怒ってくれると、気持ちが少し軽くなることもあると思う。
どよめきと歓声。ここで会場内の濃度が一気に濃くなったような気がした。

(WESSの件で)お詫びにと、キーボードで弾き語りの「」。
前夜の「音遊人」で大阪弾き語りリハの中でこの曲を演ってたから
そこからもってきたのかなぁ。
桜ソングは多々あれど、この「桜」とシカオの「桜並木」が一番沁みる。

ノンストップアゲナンバーもどれも好き曲でうれしく、ニヤつき、ふらつき、
ジレンマ」の全身全霊っぷりにはなんだか泣きそうに。
この曲、何度聞いてもすごい歌詞と思う。

かと思えば、「Swing」の曲を使ったメンバー紹介で爆笑!腰砕けた。
とくにエマーソンさんの。
アノちょっとヤラシイ曲でああも遊んでしまうとは。ぽろりぽん…?
笑顔100%のもっくんがいないのはさみしかったけど、
かわりに、キセル兄がどんどん慣れてきてて、なんか微笑ましかった。

通りに立てば(飛ばすぜ!宮ニィ)
昨年末亡くなられた「ICE」の宮内和之さんを偲んでの曲−
なんてことも一切語らずにただただ歌う姿を見守るように見つめた。

ラストは「かすみ草」。隣で中年男子(オット)、グッときてる様子。
というか斉藤さん、若かりし頃の恋にふと遠い目をしたことのある
中年
成人男子に沁みる曲が多いと思う。
だからなのか、今回、男子率が高かったような。
つか、隣の中年男子の思い出て。いつの?妄想?

なにはともあれ、終わってみたらむちゃくちゃ満足のライブだった。
長々させてしまったけど、これでもほんのかいつまみ。
今のところ、斉藤和義のライブで満足できなかったことは一度もない。
どんなにシャイな空気でも、結局最後には手玉にとられてしまう感じ。

ああ、今年こそRSR。来て欲しい。三度目の正直。
山本代表、今回のお返しとしてスペシャル待遇で呼んでくれないかな。
や、花火まではいらないけども。



2008年03月14日(金) とぅるばるおきなわ


のんびりしすぎてバタバタとツアーに申し込んだ2月半ば。
行きたいところ、したいこと、食べたいものを2つ3つ用意して、
あとは当日の気分&体調&風まかせの沖縄本島4日間。
でもま、なんとかなるしょ〜。ていうか、なんくるないさぁ〜。

・わたし=沖縄に癒しと和みと食を求める中年女子
・オット=沖縄のジャスコとスーパーに行きたがるネコハンター
・姫(仮名)=暑さに弱いので春の沖縄に愛と港を求める友人



1日目 03/07 来たぜ沖縄!
2日目 03/08 はしゃいだり和んだり。そして歩く。
3日目 03/09 のんびりまったり。
4日目 03/10 またね!沖縄。

画像はデジカメ(オット担当)とLOMO LC-A(目印は画像隅の小文字)入り交じり。
リンク用マウスポインタの形になるところの画像はクリックでデカ画像に。



2008年03月13日(木) あてどなき旅の終わりを

初沖縄の疲れが今、ボディブローのように。ポンサクレックー。
振り返ってみると、空港より南へ行かず、今帰仁より北へ行かず。
青の洞窟も瀬底島も古宇利島も壺屋やちむん通りも市場も行かず。
でも、結構いっぱいいっぱいだった。体力的に。
基本、わたしも「一日1単位(by.こぶ)」なので。
いつかまた−のときは、石垣島のビーチで日がな一日ごろごろしたいな。

今回、オットがデジカメ部だったこともあり、純粋に旅に没頭。
なのにちゃんとデジカメに旅の記憶が残っている。いいね、これ。
わたしはLOMO部だったけど、フィルム1本分のみ。うち失敗作多々。
そんなLOMO、デジタル写真織り交ぜの旅日記もぼちぼちと。




2008年03月06日(木) 全部後回しにしちゃいな

僕が旅に出る理由はだいたい百個くらいあって
ひとつめはここじゃどうも息も詰まりそうになった
ふたつめは今宵の月が僕を誘っていること
みっつめは車の免許取ってもいいかな
なんて思っていること

くるり/ハイウェイ

当時、泣きながらヘビロテしてた曲。
(ジョゼ後遺症のパブロフの犬状態で)

息は詰まりそうじゃないけど
今、ちょうど新月の頃だけど
車の免許はもう持っているけど
明日からぶらり旅してきます。初沖縄。晴れますように!



2008年03月04日(火) あんな時代もあったねと

他人事と思っていた「ねんきん特別便」が我が家にも。
確認してみると訂正必要。なんて厄介な。
年金手帳を奥から引っぱり出したとき一緒に出てきた古いパスポート。
「バブルへGO!! 〜」の吹石一恵ですか。<あくまでも髪型だけ。
当時、ヘアムースの消費量が尋常じゃなかった。

そんな当時の匂いを感じてしまった。
TOKYO CITY RHAPSODY/椿屋四重奏
中田裕二の美声再認識後、改めてバンドの音を聞いているのだけど
声・楽曲とも、前より成熟してるぜ(投げkiss)って感じがする。
恋わずらいPVは、女を払うとことかアナタ自分の持ち味生かしすぎ!と叱りたくなる。
でもこの人やっぱりバラード系が似合う声だなと思うのだけど。

そして、そこはかとなく漂う80年代の香り。

ふと、安部恭弘、池田聡、来生たかお、あたりの記憶が曖昧に蘇り
ひとりタイムスリップ。それはまさにロングソバージュ時代。(遠い目

なんて耽ってる場合じゃない!
沖縄旅行の準備がまったくできてない!
おまけに確定申告もやってない!


ぶくぶく茶より泡盛。アグー。海ぶどう。


2008年03月03日(月) 予兆はリボンナポリン。

あの甘くて強めの炭酸を飲みたくなるときは大抵調子悪くなる前後。
案の定、日曜の午後からダウン。
夜、味噌をといた山盛りの大根おろしを食べたら少しよくなったけど。
首の下ぐらい(風門)に貼っていたカイロが威力発揮しすぎたか、
少々ヒリヒリするのが気になる。低温火傷かな。

昼間から遮光カーテンひいて、うだうだ寝返りうっている間、
浅い眠りの中で何度も同じシーンやフレーズが繰り返された。

ひとり暮らしには広すぎる実家の台所。
小さい前掛けをしたかーちゃんが、冷蔵庫の扉をあけながら言う
「お姉ちゃんも飲むかい?ナポリタン。」
(ちがーう!)と心の中でツッコミ入れながらケタケタ笑った
今年の正月帰省時のひとこまが何度も何度も。


ナポリンの語源はナポリタン色からだけども。


←0802 top home

以前の日記