..

diary 08/01 home

2008年01月30日(水) コストコマジック
2008年01月28日(月) 僅かな光で切り取る白い影
2008年01月27日(日) 週末の渋滞の中で
2008年01月25日(金) おなじようでもいつもとちがう
2008年01月24日(木) カフェオレでも飲んでみるか
2008年01月23日(水) 天気予報より嘘つきで
2008年01月21日(月) キミの香り深呼吸
2008年01月19日(土) 深呼吸で目を開けるのさ
2008年01月17日(木) 甘い匂いでフワフワで
2008年01月15日(火) ツミとバツ
2008年01月14日(月) 心地よい針のシゲキが欲しい
2008年01月09日(水) 月のない夜沈まぬ太陽
2008年01月08日(火) 開かない瞼こすって見える
2008年01月06日(日) 手をのばす前のまわり道
2008年01月05日(土) イチゴの日
2008年01月03日(木) 安心な僕らは旅に出ようぜ


マイペースの中にも気持ちの良い流れを感じた一ヶ月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2008年01月30日(水) コストコマジック

先週オープンしたばかりのコストコ。
週末は2時間待ちもあったらしいけど、昨日は10分待ちで入場できた。

昼時だったのでまずはフードコートで名物ホットドック。思ったよりイケル。
(うちには味が少々濃いめだったけど)クラムチャウダーもなかなか旨。
どれもこれもボリューミーでお腹いっぱい。

フードコートでは奥様たちがお買い上げの商品をシェアしあってたりも。
「とりあえず鶏肉は一枚ずつ…」って聞こえてきたときはおどろいたけど。
案外、同じ商品を狙っている見知らぬ者同士で「シェアしませんか?」と
きのう何食べた?」のシロさんと佳代子のようなことも起き…ないか。

買ったモノは12品目。でも、車の後部座席は山盛り状態。
なにせ商品、Bigサイズ(しかも、まとめ売り)。
最初はその大きさにウケるのだけど、そのうち次第に感覚がマヒしてきて。
粉チーズ、こんなに使うの?うち。

買ってきたモノのほとんどは、我が家の定位置に収まりきらず。
収納・冷凍庫スペースが確保できれば、または、うまくシェアできれば、
そして、マジックにやられなければお得な買い物もできそうだけど。
この先、コストコを上手に使えるかは…ナゾです。


事前入会でもらったクーポンブックが、若井…、もとい、アムロに見えたり。文庫本と粉チーズ。


2008年01月28日(月) 僅かな光で切り取る白い影

週末、香りでクラクラしながらハンドクリーム作り。
本を頼りに、高血圧にいいとか、リラックスなどの効用も一応考えつつ、
選んだ精油は、イランイラン+サンダルウッド+ローズゼラニウム。
南国フェロモン〜な香りは、LUSHの蝶々夫人っぽい感じ。
意外とそそられる。かーちゃん用だけど。

自分用はオレンジ+カモミール+ローズウッドで。
おとなしい香りになったので、わたしの加齢臭は打ち消せませんがね。

クリームのオマケに、かーちゃんが前から欲しがっていたモビールも。
Handmade Papercraft Clubのfree sampleで作ってみた。<買えよ
調子に乗って白クマポップアップカードも。
どちらも10分ほどで完成。というか、約10分程しか集中力がもたない。
影絵みたくしようとキャンドル近づけすぎてうっかり燃やすところ。


蜜蝋キャンドルの香りは先日のマンダリンで。魚HITで眼光キラーン☆な白クマくん。

クラフト、根気があればパンダといきたかったけど。ムリ。10分じゃ。
建物シリーズなんて、マイケル・スコフィールドに頼まなきゃ絶対ムリ。
YAMAHAEpsonもはや紙(神?)の域を超えてる。


2008年01月27日(日) 週末の渋滞の中で

日曜だっていうのに、「かど丸餅店」のために朝早くから家を出る。
10時前着で今回は豆餅以外も買えたけど、やっぱり豆餅が1かも。
くるみ餅は「一久大福堂」のが好み。

カジカを買う予定で場外市場に行ったら目当ての店は休み。あ。日曜。
観光客向けのところは賑わっていたけど。カニの試食?

気を取り直し、「ルルド」行って、「まるは」でラーメン食べて帰ってきた。
狭い坂道の先にあるルルドまでの冬道は過酷だったけど、
そのせいか売り切れが少なく、ガレット・デ・ロアも残ってた。
「リヴゴーシュ〜」のクレームダマンドより軽めな感じ。こっちも旨〜!
あちこち渋滞でイライラしたけど、案外、大雪も悪くないネ!<現金な奴


バゲットには、ハイアット東京のリエットとレバペをめっこり乗せて。どっちも旨!なの。

今月の「天然生活」にエバジャムの宇佐美亜希子さん。
アムプリンと同じく、高山なおみさんの日記に出てきてたジャムの人。
そのエバさんも、ろみさんと同じアノ銅鍋。Mauvielのジャムボールだった。
やっぱりあの鍋かー。や、買わないけど。 

注文してみようとした矢先に「暮らしの教室」での通販がお休みしてしまい、
わたしの中では幻となっているエバジャム。
アムさんもいるってことで、エゾにも遊びに来てくれないかしら。


2008年01月25日(金) おなじようでもいつもとちがう

今年のカレンダーは、昨年にひきつづき葛西薫さんのと、
某新聞社からのものと、もうひとつ。
「ご家庭で出来る6つの手作り調味料・Cooking CALENDER」。
掲載されているレシピ制作は、北海道フードマイスターでもあるKONさん
料理に対して愛があって美味しそうで、どれも作ってみたくなるものばかり!

で、早速つくったのは「頼れる八方だし」。
まず一番だしは保存瓶へ、二番だしはうどんのつゆに、
出がらしの昆布と干し椎茸は食べやすい大きさに適当に刻み、
豚バラ肉や豆腐なども入れてそのまま三番だしで煮しめ風に。
他にもこのだしで作ったものはみんな好評で、本当に頼れるやつでした。

ザク切り長ネギとこの時のリエットを「手作りマヨネーズ」で炒めただけの
kuroオリジナル超手抜きメニューも、思いがけず好評だったりもして。
手抜きしてても、“ちょっと違うぞ?”と思ってもらえる基本の調味料は、
じつは、手抜き派(=わたし)にこそマストアイテムだったようです。
ということで、今後もますます活用しますヨ〜!ありがとう!KONさん。


KONレシピのサバ缶けんちん汁も好評。大根の皮のきんぴらは魚柄仁之助レシピ。


2008年01月24日(木) カフェオレでも飲んでみるか

ジャム教室の時のBGMにもなってた「music & me
ジャケットで原田知世が着てる、mina perhonenのrain chukka。
プロフィールの画像にしてる柄だったので、勝手にうれしくなってた。
“テイスト違い”と自覚しつつも、ショップでこの柄のブラウスを見てた時、
最後まで店員の応対がなかったくらいやっぱり“違う”のだけども。はは…。
まあ。無い物ねだりということで。

「くちなしの丘」PVではいろんなminaも似合う知世ちゃん。
「時をかける少女」をボサノバ風にセルフカバーしてる知世ちゃん。
40にしてこの少女っぽさをもちつつ、いいトシの重ね方をしているような。
にしてもかわいいなあ。


くちなしの丘」は斉藤和義ツアーにも参加してるキセルの曲。この曲、好きだなぁ。


2008年01月23日(水) 天気予報より嘘つきで

円山公園駅で待ち合わせて円山ランチ。
その待ち合わせ場所を微妙に間違えてメール回してた。ゴメン!
さらに、前に行ったことあるから〜と先導してたら、店、通り過ぎてた。
朝の星占いで「間違った情報により信頼を失う」なこと言ってたような。
占いなんて天気予報みたいなものと思っていたけど、たまに当たるのね?
しかも悪い方で。いや、ただアンラッキーの方が目立ちやすいからか。

おばんざいとらや→石渡紅茶→cholon→東急ハンズ→三越のコースで、
気づいたら両手に手荷物もっさり。
期待半分でメールしたらオットが最寄りの地下鉄駅まで迎えにきてくれて
帰りについ、一心。オット、「カニマヨと中トロロ!」と言って聞き返されてた。
夜食はOlive Marketのミラノ。手が止まらん!<あ、丸井さんも寄ってた。

気になる精油は、香りの弱さとやはり光毒性を考えて断念。
下調べでは“水蒸気蒸留法のものを少量なら〜”とあったのだけど、
ショップのお姉さん曰く「安全策をとるのがいいですよ」とのことで。
あと、なかなかいいお値段だし(セコい)。柚子め〜。
今年もありがとう〜な「Oh!Baby−ゆずはちみつ」に合わせたいかもと
松山油脂の柚子クリーム風を狙っていたのだけど。ま、違う香りにしよ。
結局、芳香浴用にオーガニックマンダリンのみ。


ミツロウはこの量で約1g。1粒の増減加減がクリームの柔さに結構でてきたり。


2008年01月21日(月) キミの香り深呼吸

先日の教室で作ってきたハンドクリーム。
香り求めてこまめにぬりぬり。これもひとつの香り効果!?

その香りのもとでもある精油、教室ではアドバイスをいただきつつ
自由に好きな香りを選びブレンドできる。(単品もOK)
あの日のわたしは、感覚的に爽やかさを欲していたようで、
オレンジ+マジョラム+レモンマートルの爽やかリラックス系をチョイス。

完成直後、「若くておとなしい檸檬系」かなと思った香りは、
翌日には精油がなじんだのか「懐かしくて甘い檸檬系」へ。
手に塗って少しするとフワ〜っと「温かみのある檸檬系」に。
ほんのりハチミツの香りがする黄色いミツロウと溶け合った複数の精油は、
揮発度や体温により香りが移ろう。そのたびスーハー深呼吸。<あやしげ

精油のブレンドは、芳香浴や石けん作りなどでもしたことがあったけど、
香りが変化していく過程をじっくり楽しむことはあまりなかったから、
今回のことで俄然いろいろ試してみたくなって。
手持ちの精油は定番モノ以外、消費期限が曖昧なのもあったので、
(芳香浴や掃除にはいいとしても、肌に使うのは新鮮なのがいいな〜と)
近々、気になるフレッシュな精油を調達してくる予定。わくわく。


MYクリーム↑手以外にも。アントスやアルガンは只今控え選手に。木製容器はリップバーム。

MYクリームの香り、LUSHのシトラスシャワーの香りにも少し似てるけど、
もっと前の記憶にもある…と手帳を見ていたら、「WINTER LEMON」!
数年前に作ったオリジナル石けんの香り!というかそのネーミング。汗
(アボガドオイル、カカオバター、オレンジEO、レモンEOなどを使ってた)
この季節、冬の檸檬を求めてしまうことは必然だったのかも。


2008年01月19日(土) 深呼吸で目を開けるのさ

こちらも昨年から行きそびれていた、ハンドクリーム教室 in B.C.S。
講師は手作り石鹸を製造・販売されているSavon de Siestaの附柴さん。
Siesta石鹸のファンでもあるので、うれしさもひとしお。

教室は附柴さんを含め6名と少人数のせいか、最初から和みムード。
そのうち精油のいい香りが立ちこめ、心も脳もほどけほわほわに。
ほわほわしすぎて、ハンドクリームのベースとなる植物油の分量を
間違えてしまったり。<relax aromaで上の空のヤツ=わたし。
その植物油や香りの精油を好みでチョイスできるのもまたたのしく。
完成後は、5人それぞれ違う組み合わせの香りをスーハーしあったり、
B.C.Sから出されたシフォンケーキ(しっとり旨!)とお茶をいただいたり。
やわらかい時間の中、リラックス効果満点のとてもたのしい教室だった。
(作ったハンドクリームについてはまた後日にでも)

今まで独学だった精油の知識もハンドクリーム作りも
ちゃんとした知識をまじえながらの講習でまた違う世界が見えてきて。
“人から習うことでの広角視野感”というか。ちょっとクセになりそう。

附柴さんは透明感のあるとてもステキな女性で、しかも気さくで。
教室外のお話やおすすめカフェなども教えていただいたりして。
その中のひとつ「SHOZO」。どこかで聞いた名前…ともやもやしてて、
高橋みどりさんの「くいしんぼう」に出てくる“省三さん”=「SHOZO」!!!
とつながったのは帰りに寄った「わしたショップ」内。反応おそっ。


徳光珈琲とのコラボ企画で、昨年に続きSavon de Siestaオリジナルブレンドが。楽しみ!

教室前には「Sagra」でランチ。
チョイスメニューに融通を利かせてくれたり、最初からシェアしてくれたり、
こういう心遣いに弱い。もちろん旨!牛すじ肉の煮込み、口の中で溶けた!


2008年01月17日(木) 甘い匂いでフワフワで

昨年の開催時には残念ながら行きそびれてしまった
Romi-Unie Confitureジャム教室 in cholon
16人定員×4回はすぐに受付終了だったらしい。ろみ人気、恐るべし。

フルーツ×スパイス、フルーツ×乳製品、フルーツ多種使いなど、
ここのジャムの特徴でもある、combinationの妙技などを習えたら…
と思っていたのだけど、それ以前の、“果物を砂糖で煮る”という
シンプルな工程の中のコツと裏ワザに目から鱗ぽろぽろ。
女子16名、用意されていたマイスプーン手に右往左往。試食にため息。
突然の自己紹介コーナーは冷や汗ものだったけど、
むちゃくちゃおいしくてたのしい時間だった。

ぷっくりふわふわした小さな手でシャキシャキ作られるろみジャムは、
ふわりとした甘さとコクとキレが絶妙で、(わたしが受けた印象ですが)
まさに、ろみさんそのもの!という感じ。
最終的な決め手はもう技術云々ではなく、人柄なのだったりして。

習ったジャムは3種類。(プチ瓶に入れておみやげにいただけました)
*いちごとリュバーブ …クリアで垢抜けてる味。これと全然違う。汗
*りんごとシナモンとバニラ …りんごはアレルギー持ちなので見てるだけ。
*バニラ・キャラメル …ひとくちで悶絶死。アイスクリームにかけたい!

購入ジャムは、「キャラメルと発酵バターとゲランドの塩」と
「ブルーベリーとカシスとバナナ」。すごい組み合わせだけどどちらも旨!
以前のWECKのときもかわいかったけど、今の瓶も使いやすくてかわいい。


ろみさんの↑手。“強い火力で短時間”でキレのある味と色に。道具もいちいちかわいい。銅鍋
cholon journal」で教室の様子がチラと。詳細は「suzuさんち」<リンク多謝!@私信


料理通信」2月号の表紙はろみさんの「Fairycake Fair」。
TRIPPA通信によると、ケーキをのせてるお立ち台もろみさんのものとか。
こだわりのアイテムをたくさん持っていそうだったものなぁ、ろみさん。
フードプロセッサーはCuisinartよりNational派とおっしゃってたけど。
うちのもNationalなのでグッと親近感。


2008年01月15日(火) ツミとバツ

連休中、頭痛に襲われたオットに「カイジの読み過ぎでしょ!」と
冷たい態度をとっていた罰なのか、本日、わたしが頭痛に。
前日から鼓膜がぼわぼわしてたから、気圧の変化でもあったのかな。
年々、天気が健康に関与してくることが多くなっているような。
薬を飲むまでじゃなかったので、背中や肩を温め、額に湿布を貼る。

温めはこのときの「d」で。
紐付きリメイク済みなので肩から落ちず、また腰用やお腹用にもなる。
が、今、その腰用には紐が若干みじかく感じられるという事態に。ヒー。


適当カバー。布は元もとブラウス。

真山が山田さんをおんぶして歩くあの名シーン。…切なかった。
切なくなれないのが切なくて別の意味で泣きそうだった。
俳優陣も切ないだろうなあ。パチクロ。
ゆるぎない世界観のある人気漫画(が原作)ゆえの難しさ。

けど、よしながふみの「大奥」はむしろ実写化希望してみたり。
その時はぜひ西島秀俊にも出演して欲しく。
ドラマも見たことないのにうっかり録画してあった「大奥@映画版」を
見てしまったがゆえの浅はかな妄想ということは置いておいて。
西島くんの罪はあの色気。口角5ミリほどの微かな笑みは大罪です。


2008年01月14日(月) 心地よい針のシゲキが欲しい

いまいち気の乗らない用件でなんやかやと出ずっぱりの三連休。
連日初INしたランチも個人的にパンチ不足でさらにまったり気分。

そんな中、ずっと気になっていた東区の「かど丸餅店」。
昼過ぎで残ってたのは豆大福だけだったけど、あっただけでも儲けもの。
田舎のおばあちゃんが作ったような懐かしい味わい。
甘さ控えめで素材の味が自然で。んんー好み!と、ほころんだ。

連休中の家ごはんは、野菜不足を補うためにまたしてもバーニャカウダ。
これだと、芋が苦手なオットがおかわりする勢いなのでつい。あと楽だし。
翌日は、残ったソースに(温めながら)生クリームを少しずつ加え乳化させ
激旨だった「Picchu」のクリーミーバーニャカウダもどきに。
見た目は結構近いと思うのだけど、もひとつパンチ不足。
胡椒追加で持ち直したけど。アンチョビ多めか塩胡椒追加がベストかも。
残った生クリームはアイスクリーム予定。


豆大福の豆も旨!乳化前と乳化後のソース。ザク切り蒸しキャベツ、目玉焼きにも○。

■BOOK MEMO (1〜5〜)  石塚真一(comics)
“凍傷で指を失った登山家夫婦”の番組の話をしたところ
我が家の漫画小僧が勧めてきた山岳救助物語「岳」。とてもよかった。
山じゃなくても落ちたり迷ったりして動けなくなる時がある。
そんな時、たとえどんな状態だろうとも、“ここにいる”ということに
気づいてもらえるだけで救われることもあるものなあ、などと思いつつ。
“三歩”が言う「よく、頑張ったね」。この言葉にいちいち涙した。
コーヒー以上の味がする燕ブレンド、飲めるものなら飲んでみたい。


2008年01月09日(水) 月のない夜沈まぬ太陽

気がついたときだけだけど、新月の頃合いには
なるべく解毒作用のあるお茶を選んで飲むようにしている。
月の影響を受け、老廃物の排出率が一番高まる日らしいので。
体の老廃物だけじゃなく、感情もデトックスされやすいらしいから、
あわよくば痩身…という安直な心も解毒された方がいいのかな。

ちなみに満月に向かう時期は、良いも悪いもなんでも吸収率がUP。
次の満月は1/22。
我が家のエビたちが踊る日でもある。


ふだんは一茶か二茶でしみじみ。昨日今日はクミスクチン茶をグビグビ。

録画しておいた「夫婦で挑んだ白夜の大岩壁」という番組を見た。
凍傷で指を失った登山家夫婦が未踏の大岩壁に挑む−
一本のロープで結びあう生と死と絆。
そんなクライマーたちの姿に笑顔に衝撃を受け、そして、涙が溢れた。
過酷な状況の中、道を模索し、自分の手でつかみ取る。
山に登るということは、彼らの人生そのものなのだろうな。

“ドキュメンタリーなんて信じない カメラはそこで回ってるんだぜ”
と歌っていたのは、もみあげも足も長い斉藤和義なのだけど、
この番組は“カメラがそこで回っている”ことがすごかった。
静寂な白夜の色、山頂に近づくにつれ輝きを増すクライマーの瞳、
それらを静かに淡々と捉えていたカメラマンに拍手を送りたい。


2008年01月08日(火) 開かない瞼こすって見える

Northern19(HAWAIIAN6やビークル風味)と、knotlamp(エルレ風味)の
music powerでモチベーションをあげ、年明け初掃除。見えるとこだけ。
フィニッシュは渦巻きの仲間のお香で空気清浄(効果があるらしい)。
でもこのお香、焚く前の香りの方が好きだったりする。

照明カバーに入ったままの虫(の死骸)は気にならないのか!?
切れっぱなしの蛍光灯は換えないのか!?と言われ続けて約半年。
残念ながら気にならないの。上、見ないから。
それに今月末には新調する予定だから。照明。
初売りでもよかったんだけど、25日OPEN予定のコストコ見てからと思って。


定番掃除アイテムはAUROグラスタースプレーとアルコール。この梅酒もすっかり定番。

夜は、シラフじゃ見れん!と梅酒ひっかけハチクロドラマ。
璃子ちゃん、カワユス!(12歳の写真集はビックリものだったが)
恋に落ちる瞬間のあの名シーンがなかったのは腑に落ちないけど。
まあ、別物としてドラマならではのサブネタ的見所は楽しめそう…かな。
にしても。原作の欠片いいとこ取りでザックリ進めていく気なのだろうか。
次週、早くもあのシーンを持ってくるなんて。
ああ真山。がんばって切なくさせておくれ。

録画してあったのだめSP、二日かけてコンプリート。
たまにやりすぎなのだめの話し方が若干鼻についたけど、よかった。
とくに二日目。何度か泣けて、何度かヘンタイ的に巻き戻したりした。
白目をむいた白シャツ玉木宏ほどセクシーなものはない。


2008年01月06日(日) 手をのばす前のまわり道

正月の帰省時にわけてもらった、約1キロほどの豚かたまり肉。
年末年始でこれ3つ分ほど太ったのね…
と気が遠くなりつつヨガボール復活祭。
ヨガボール、今なら間違いなくクリアを選ぶところなんだけど。
うちの青色ボールが早く破裂してくれるよう、運動に励むしかないのか。

豚肉はせっかくの生肉だったので、冷凍しないでせっせと消化。
それでも食べきれない分は、豚肉のリエットにしてみた。
レバーペーストとか好きだけど、コレステ注意報の我が家には罪作り。
でも、リエットならまだ許せるってことで。
こういう抜け道、うまく見つけていけたらいいな。


久々のフランスパンは発酵不足。

宮崎あおい姫はどんなもんじゃいな気持ちで見た「篤姫」。
予備知識ゼロだったのでうはうは驚く。
瑛太(かわいい)!沢村一樹(ステキ)!堺雅人(噴出<かわいくて)!
これからは玉木宏も。しかも坂本龍馬役。想像だけでバタリ。
歴史オンチだけどとりあえず次週も見ます。


2008年01月05日(土) イチゴの日

初街出は、完璧出遅れのためステラのSALEは悲しいほど残念な状態。
なぜ、目につくものは除外品ばかりなのか。罠?
LAZY SUSANのピアスも除外品だったので急がなくてもいいかとヤメ。

夜ごはんは「茶月斎」で。
本日誕生日のオットとエビスでカンパイ。ヤツはウィルキンソン。
ここのホタテとゆり根の春巻きは外せない。
カキの味噌炒めに入っていた下仁田ネギもまたトロリと甘くて旨〜!
たまらずエビスおかわり。グラスがね、小さいんだ。

食後のデザートはもちろん「ピープル・ピープ」。イチゴパフェ、う・ま〜!
帰り道、頬がピリピリするくらい寒かったけど、なんかヘラヘラ笑ってた。
ここのパフェにはセロトニンやβエンドルフィンなんかの脳内物質が
全開になるような効果があるのかも。はー。しゃーわせー。


中年女子にやさしい薄暗い店内。お正月飾りが下がってた。満足げな男の後ろ姿。

のだめSPを録画して「秘境イシグアラスト・タランパジャ」な番組を見た。
無精ひげ@西島秀俊のドアップ横顔が、リアルに36男子の肌…って感じで
妙にドキドキしてみたり。邪フィルターが少々ヘンタイ寄りに。
藤原クンのノドボトケもいい感じにドキドキポイントだったりするけど。
実はこの手の顔、ひそかにわりと好みだったりする。チバユウスケとか。


2008年01月03日(木) 安心な僕らは旅に出ようぜ

新年あけましたね。ダイエット中です。ネコです。
正しくは、年末年始、くつろぎウェアのまま飲み食いしていたせいで
ダイエットしなくちゃマジで着るモノないぞ、kuroです。


新年早々、このネコシリーズの新CMが次々放送されてうれし。

年越しは、例年通りオットの実家にて。
激しいザッピングを横目に、黙々とワンピース(読み損ねていた巻)。
お気に入りらしい「エド・はるみ」のモノマネをするお義母さんに
ギョッとしつつも笑い転げているうちに2008年。

元旦の夜は、マイかーちゃんと地元の温泉へ。
粉雪がちらつく中、湯気もうもうの露天風呂でひとり鼻歌。
偶然来ていたかーちゃんのお友達に「○○ちゃーん」と
浴場エコーで呼び止められ、マッパで新年のご挨拶。

そんなこんなで穏やかなお正月。
岡村と東野のインド旅行記やリヤカーマンを何気なく見ていたら
無性にワイルドな旅に出たくなったり。リヤカーマンはムリだけど。
今年こそどこかふらりと旅に行きたいな。とお正月から妄想旅行。


正月太りを解消しようとオットリクの(また)バーニャで野菜生活。作り慣れてきたよ。


←0712 top home

以前の日記