..

diary 07/11 home

2007年11月29日(木) 淡い光にだまされながら
2007年11月26日(月) さすらおうこの世界中を
2007年11月20日(火) さすらいたい
2007年11月19日(月) 元気に食べてます
2007年11月13日(火) 稀な女
2007年11月07日(水) ショクヨクが止まらない
2007年11月04日(日) 快晴、ドライブ日和
2007年11月03日(土) おいしくてゴメン!
2007年11月01日(木) 幸や不幸はもういい。


愁眉を開き、ついでに食欲も全開の一ヶ月。体が重い〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2007年11月29日(木) 淡い光にだまされながら

用事が思いのほか早く終わったので、目的もなく街ぶらり。
「BCS」で、店のお姉さんと雑談しながらなめ回すように雑貨を眺め、
「Savon de Siesta」のモミ(石けん)と、かわいい布張りノートを連れ帰る。

ホットワインでも飲んだろとミュンヘン市にも寄ってみたけど、
イルミネーション点灯前だったせいか閑散としててムードがなかったのでやめ。
デパ地下で、オヤツだけ購入して帰宅。
でも、べんべやのチョコケーキ、おいしいのにひとりで1個完食できなかった。
そのかわり、六花亭のトヨシロはひとりでペロリ。オヤツと言うよりお総菜感覚。
11月の限定品と言わず通年販売してほしいよ、トヨシロ


先日、街ぶらしたときのイルミ。テレビ父さん、前屈みでうろうろしてた。

黒いオーバーに合わせたいなとグリーン系のマフラーを狙うも無収穫。
コレだ!という微妙な色味のものがなく、決められないまま、もう冬。

でも、好きな色が似合う色とは限らない。
一度、パーソナルカラー診断を受けてみたいと思って、
札幌で探してみるもこれがまたなかなかいいお値段で。あっさり断念。
で、web上のフリー診断をしてみたら、わたしはオータムタイプとのこと。
うまい具合にどの色も持っている色や好む色だったりするのだけど。
(サーモンピンクだけはナイと思ったけど、頬紅で持ってる色だった。)
結局は自己診断の結果。どこまで信じていいものか。


2007年11月26日(月) さすらおうこの世界中を

たまに意識もさすらいそうになりながら、連休、あちこちさすらってきた。
わたしの実家では、カメラに目覚めているマイかーちゃんのフォトトーク。
知人の“ミニチュアカメラマン”にアドバイスをしてもらっているそう。
かーちゃん、どんだけちっちゃいカメラマンと知り合いなのだ。

オットの実家では、自動車講習に行ってきたという義父のカートーク。
申告時、オートマか“アニマル”かちょっと混乱したって。 ど、動物!?

なんて、ちょっとコバカにして大笑いしていたわたくし
途中から見だしたオットに「医龍」のあらすじを聞かれ、
「この親子はセイカンタイ移植しててね…」って。
実家の居間でハレンチ発言。


雅屋さん、マイバッグを持っていくと喜んでくれます。ついでにリヴゴーシュのマカロンも。

さすらいついでに、前から気になっていた手稲区の雅屋ベイグルに。
開店前から並んだのに自分の番がきたときには、残り5種類のみ。
「黒こしょうとチーズのベーグル」が食べたかったのに〜。
お取り置き可らしいので、今度はぬかりなく。けど、なにせうちから遠い。
けど、足を運びたくなるおいしさ。雅屋ベイグル、おそるべし〜。


2007年11月20日(火) さすらいたい

終わってしまった。斉藤和義 ザ・ロードムービー@HOKKAIDO@夢チカ18。
第1回は新千歳空港からスタート、支笏湖畔で「愛に来て」
第2回はニセコ、アンヌプリ千m台地展望台で「月影」
第3回もニセコ、昔お世話になった友人宅(?)で「嫌いになれない」
そして第4回、最終章は積丹岬、島武意海岸で「かすみ草」
そのあと海岸線を走り小樽、夕映えのオタモイ海岸で「ジェラス・ガイ」。

北海道の大自然満喫コースをバイクでさすらい弾き語り。
できることなら恒例イベントにして欲しいわ。
道南編、道北編、日の出の地球岬で「海に出かけた」とか。
民生の曲を爽やかにカバーした「カヌー」は釧路湿原、塘路湖あたりとか。
本人のコメントどおり、まさしくアウトドアver.てことで。

そんなエロ名曲「カヌー」も入ってる奥田民生カバーズ。
彼の歌は彼が歌ってこそと思えるけど、サンボ版「恋のかけら」はよいなぁ。
雪降るしずかな夜に聞きたくなる。
あと、なんといっても清々しさbP、スピッツ版「さすらい」。
♪さすらいもしないでー このまましらねーぞーーー?(←こう聞こえる)♪
って40オトコ草野マサムネに言われたくてしつこくリピートさ。

リピと言えば、今、彼らも気になりリピ中。KNOTLAMP
エルレ好きの耳が反応した音(バンド)はいくつかあれど、これはなかなか。
ビークルからアクを抜いた感じのNorthern19も注目株。完成度高し。
“似てる”がとっかかりでもいいじゃないか。今後が楽しみ。


ピーンとはりつめていて、でもどこかやさしげ。初冬の暮れていく空がすきさ。


2007年11月19日(月) 元気に食べてます

先週、目の一週間検診後にまたふらりと「FLAGSTAFF CAFE」。
ここの穏やかさとニュートラルな空気が心地ちよくて。ホッとする。
この日のケーキ「かぼちゃのプリン」は、自然な甘みにホロ苦カラメル旨〜!
で、思わず、カフェの足あと帳にへんてこなイラストまで描いてきてしまった。

ここのカフェ向かいにある「ぱん吉」…の誘惑を振り切り、週末「ルルド」に。
目当ては「La belle confiture masako」のジャム。ようやく買えた。
サラリとした青トマトジャム。ざっくりスコーンにたっぷりのせて食べたいっ。


ホロ苦カラメル大好物!青トマトジャム↑。産クラ余市のトマトペーストはきたキッチンで。

同じくようやく。やっと来た来た六厘舎のお取り寄せつけめん 3食セット。
あまりの人気ぶりに注文してから約一ヶ月。けど、待った甲斐があった!
浅草開化楼の太麺にとろんとろんに絡む濃厚スープがたまらなく旨っ!
実店舗で食べたことはないので、どこまで再現できているのかわからないけど、
このクオリティを自宅で気軽にいただけるのはかなり嬉しい。
とにかく、待つ価値ありの旨さですぐさまリピート注文。
でも、来るのはまた約一ヶ月後。まちどおしい〜。


残ったスープは少々薄めておじやに。卵でとじるとまろやかUPで旨〜。


2007年11月13日(火) 稀な女

稀に、数パーセントの割合で成果が出ない人もいると聞いていても、
それが自分にあたるとはあまり考えていないという妙な楽天性。
が、その割合にまんまとハマってしまうのが、わたしの悲しきサガか。

“一生に一度〜”と思っていたレーザービーム、まさかのセカンドインパクト。
ということで、先週、角膜をペロンとめくってまたバチバチしてきました。
でも、前回と同じく痛みもないし、なにせ経験者だし、楽勝でした。楽勝。
よっぽど歯の治療の方がおそろしいってなもんです。<微妙に負け惜しみ
とは言え、もうゴメンだけど。

成果云々の事前説明も含めて了承し、自分で選択した結果なのだから〜
と思い不自由な視力でじっと待つこと約半年。
リベンジが可か不可かの診断、可の場合の決行日などの詳細が、
医師のスケジュールが出揃う秋頃まで、連絡待ち状態だったため、
その頃の予定が立てにくかったり、なにより、少々心臓に悪かったりした。
けど、それも、もうおしまい。
というか、おしまいじゃなきゃこまるー。

ということで、前回と同じようにしばらく目を労る生活がスタート。
とりあえず手っ取り早いところで、パソコンの使用をなるべく控えてみたり、
吉○栄作風の眼差しでやたらと遠くを眺めてみたり、という感じで。
本当はこういう状況じゃなくても、意識的に目を休めるべきなのだろうけど。
起きている間中、休みなく働いている器官だものなぁ。

 
術後用の保護メガネがふたつに!て、うれしくねーっ。


2007年11月07日(水) ショクヨクが止まらない

昨日は「Banquet」でセレクトランチ。
前菜、メイン、デザートにそれぞれa.b.cと3種の選択肢。で、わたしはb-a-a。
c-c-bというセレクトをした友人には座布団6枚ぐらいあげてもいいと思う。
友人たちがセレクトしたメニューも含めて、全部おいしかったけど
中でも、(友人の)豚肉のフリカッセとじゃがいものニョッキがとくに。
ニョッキに対する脳内wiki、慌てて大幅に書き換えた。やわふわ。旨〜。

夜は前から気になっていた「La Marmite」で久々のシカオ会。
妙に落ち着く古城の隠し部屋みたいな2階席は貸切状態だったので、
話好きという気さくな店主も遠慮するくらい大いに語らい、大いに喰らってきた。
笑ってばっかりで、前菜の説明とかぜんぜん覚えてないけど(!)
噂どおりどれもおいしかったなぁ。タプナード、作り方、聞いてくればよかった。

 
バンケットの栗パフェとマルミットのフレンチ鍋…の食べかけ状態。

今月に入ってまだほんの一週間。なのにおいしいものを食べまくり。
でも、近々、面倒なミッション予定があるので、その景気づけってことで。


2007年11月04日(日) 快晴、ドライブ日和

「麺eiji」の濃厚魚介豚骨麺に塩味ができたんだって!
ほう、それは興味あるねぇ!
と言いながら二人揃って、濃豚つけBUTO麺。今やわたしの中のスタンダード。
11/05、06、は2周年記念で各ラーメン100円引きとのこと。
この2年で、ラーメンはおいしく、奥さんはより美しく、進化してると思う。
ちなみに、わたしもこの2年で、確実により大きく進化してる。肉襦袢が。

ラーメンの後は、晴れていたのでぶらりと宮の森方面。
が、いきなりフリーズして「この周辺です。お疲れ様でした。」とナビのヤロウ。
でもなんとか発見「Boulangerie la fontaine de Lourdes」へ初IN。
チョコ・ナッツ・オレンジピールmixのパン、旨〜。
「ぱん吉」のショコラオランジェ、「アンジュ」のオレンジとチョコのデニッシュ(?)
に並んでオレンジ×チョコモノパンのお気に入りができた。

La belle confiture masako」のジャムも目当てだったのだけど品切れ中。
また来週ぐらいに新しいのが入荷しますとのこと。
11月のジャムは、ぶどう、りんご、青トマトあたり?なら青トマトだなぁ。


ルルド前から坂下を見下ろす。たどり着くまで要塞のような豪邸群に見とれまくった。


2007年11月03日(土) おいしくてゴメン!

「ピープルピープ」のパフェを崇拝しているオットのため(?)に、
ステキなお誘いしてくれたKONさんとまたまたおいしい夜。

さっぽろタパス時に食べたキッシュが忘られないと言うオットのリクにより、
まずは「TSUBAKI HALL」でカンパイ。
ベーコンとほうれん草のキッシュと4種チーズとじゃがいものキッシュは
ひとりひとつずつ頼もう。これ、今後の鉄則に。
鯨のカルパッチョ 蝦夷山わさびのクリーム添えは
この味を知ってしまったらもう謝るしかできん。ゴメン!マメ科の人。
と、相変わらずなにもかもがおいしすぎ。

食後のデザートは場所を「ピープルピープ」に移して、もちろんパフェ。
リンゴアレルギーのわたしは定番バナナパフェ。久しぶり。ううう旨ー!
でも、オットとKONさんの、旬モノ仁木町のリンゴを使ったリンゴパフェ、
オットいわく、「すまん。リンゴ、バナナよりおいしい!」とのことで。
顔、テカテカさせながらあっという間に完食してた。
相席していた二人組の女の子たちも、「幻の!!」ってアウアウしながら
リンゴパフェと記念撮影してて。
その光景たるや、なんともかわいらしく、そして、しあわせ〜な感じがした。

でも、さらに幻化してるのが9月からの短期間限定品ブルーベリーパフェ。
今年は食べ損なってしまったけど、来年こそは絶対!
その前に12月のイチゴパフェも食べに行かねばー。

オットの作るアイスもなかなかイイ線いってると思うのだけど(身内賛美)、
函館のSCOREさんで食べられるプリンパフェも大絶賛モノなのだけど、
ピープルピープのパフェは別次元。ここ以上のパフェには未だ出会えない。
どうかいつまでもあの味のまま、ずっとずっとお店が続いてくれますように〜。


ジューシィ鯨肉、柔〜〜。ザッハトルテ↑否、牛ほほ肉の白ワイン煮。柔〜。幻りんごパフェ。


2007年11月01日(木) 幸や不幸はもういい。

(言ってみれば)ヒモ男・イサオにどこまでも尽くす幸薄い女・幸江の
笑いあり涙あり現代版夫婦善哉「自虐の詩」。
(言ってみれば)ベタ。コテコテ。
でも、そこを期待していた。そして期待通り、いや期待以上だった。

原作となる業田良家の4コマ漫画の世界が損なわれないよう利点が生かされ、
しかもうまい具合に美点が追加され、前半は笑いっぱなし、後半は泣き通し。
安藤裕子のエンディングソングは反則技なまでにすべてを包み込み
しあわせな余韻を残し、客電よ、あと5分ばかしついてくれるな、と願った。
でーい!とちゃぶ台をひっくり返すシーンは芸術的に美しく、
幸江やイサオはもとより、熊本さーんーーー!(泣)なキャスティングも。
一見すると豪快なんだけど、適材適所の小技が絶妙に使われていたと思う。

ああ、それにしても、安藤裕子の「海原の月」、ほんとまいった。
ただいま(某動画サイトでPV見ては)パブロフの犬状態。自虐的なわたし。
さらに自虐の詩も引っ張り出して読み返してみたりして。自虐の上塗り。


幸江役の中谷美紀は、松子のときよりさらによかったなぁ。ああ、ほんとよかったなぁ。

そういえば映画版ならではのキーワードとして出てくる5円玉。
my財布にもいつからかずっと入っている。
その5円玉が本日、21年ぶりに新調したお財布にお引っ越し。
愛着湧きすぎて墓まで一緒!な勢いだった前任者に代わる新人君は
gentenさんとこのヌメ革さん。ゆっくりとイイ色になっていっておくれ。


商品は布バッグに入れてくれる。オマケでティッシュケースもいただいた。


←0710 top home

以前の日記