..

diary 07/10 home

2007年10月30日(火) welcome hokkaido
2007年10月28日(日) ギュウとキティ
2007年10月25日(木) ママ☆どどーん
2007年10月22日(月) 空耳アワアワ
2007年10月21日(日) 珈琲会とシュワシュワ会
2007年10月17日(水) 初メール。
2007年10月15日(月) 木枯らしにこごえる日には
2007年10月14日(日) 最古の日記より。
2007年10月13日(土) シミジミシーズン
2007年10月12日(金) まつりのあとのしずけさ
2007年10月05日(金) 果報者です
2007年10月02日(火) 求めたい
2007年10月01日(月) しょうがない人


楽しいイベント盛りだくさんであっという間の一ヶ月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2007年10月30日(火) welcome hokkaido

北海道の寒く美しい秋・・・
斉藤和義がツーリングと弾き語りの旅に出るロードムービー。
〜斉藤和義 ザ・ロードムービー@HOKKAIDO〜 by.夢チカ18

この企画を考えた、責任者出てこーーい!
なんてステキな企画を考えたんですか!コノヤロウっ☆
昨年の同番組内で「北海道の広い一本道をいつかハーレーで〜」
みたいなことを言ってたのを叶えてあげたんすね。

第一回は、新千歳空港から支笏湖ルート。
黒い革ジャン、黒いメットで、バイクはグリーンのトライク「V-MAX」(※)。
できたらやはし、大型二輪の方が断然似合うと思うのだけど、
斉藤さんが持ってるのはおそらく中免まで…。
てことで、普通免許でOKなトライクを提案した人、グッジョブす。<オレ何様
そして支笏湖畔の波打ち際で「愛に来て」弾き語り。
傾きかけている太陽、キラキラ光る湖面、波の音。

カップルで行ったら別れるとか、心霊スポットだとか、死骨湖だとか、
わたしの田舎限定かもしれないけど、高校生ぐらいまで
わりとあたりまえのように言い伝えられていた根拠なき(あり?)伝説。
ほんとすまん。支笏湖。北海道を代表する美景スポットです。


先週、白老行く途中に寄ってた支笏湖。薄もやで幻想的だった。ていうか薄暗い。
※トライク車両協力は札幌の「reve world」。わたしでも乗れる。乗ってみたいねぇ。


北海道ネタに便乗して、北海道発の絵日記系blog。
ポオリィポオリィ まごまご日記」と「くま夫婦 by中央ヤンボル
どちらもクスクスと楽しませてもらってます。
これまたどちらも本になったようで。すごいなぁ。
ポオリィ〜の本「結婚一年生」の「練習マンガ」には、わかる、わかるよと。
高身長ガール、がんばるよ! …“ガール”に対する反論は聞き流しで。


2007年10月28日(日) ギュウとキティ

毎月第四土曜日は肉の日なんだ!!
ということで、数ヶ月前からひそかに計画していたらしいオット
念願の白老「天野ファミリーファーム」で白老牛に舌鼓。
この日割引対象になっていたサーロインステーキ、
まるで中トロを食べてるような食感で、ハムっと噛み切れとろけた。昇天。
ギュウって、ギュウって、スバラシイ〜!


外の東屋でいただいていたら時折、牛の鳴き声が。わたし希望のレバ刺し、シャクシャク!

ギュウの後は、せっかくなので、室蘭港に入港中のキティホークを見に。
シャトルバスや臨時駐車場への誘導看板が親切に設置されている中、
途中、入港反対のデモカーとすれ違う。
人々の複雑な気持ちが反映していたのか、マチはどこか灰色に見えた。

そんな灰色の空の下、灰色の空母キティーホークを初めて見る。
が、意外と驚愕薄。というのも、接岸してる姿はただの建築物のようで。
どちらかというと一緒に入港していたイージス艦の方が興味深かった。
そのイージス艦で、気さくに米兵に質問していた年配の男性、
「この機関砲のターゲットはどこだい?(スマイル)」って。
米兵、固まっていたようだったけど、答えはなんだったんだろ。

思ったより見学者は少なかったけど、不思議と賑わっている一角が。
みんなやたらと写真を撮ってて、わたしもつられてパチリ。平和…よねぇ。


大きく見えないけど大きいキティホーク。艦自体がDANGERな存在す。イージス艦内部。


2007年10月25日(木) ママ☆どどーん

人種差別問題がまだ残る60年代のボルチモアを舞台に、
人気TV番組のダンサーを目指すキュートな太めの女の子が巻き起こす
ハッピータイフーン、ハートフルミュージカル映画「ヘアスプレー」。
なかなかにダークな背景がありつつも、そこを打ち破ってしまうぐらい
パワフルで濃い面々が歌って踊って約2時間。
ちっちゃなことでちまちま思い悩む自分がアホらしく思えてきた。

小さな仕草がいちいちかわいくてそれがまた笑えてしまうトラボルタママと
そんなママの横にいたら小枝みたいに見えるパパC.ウォーケンとの
ダンスシーンに(チューしちゃったらどうしようと)ドキドキしたり。
ふたりとも見た目を超越したステップを披露してて、楽しそうだったなぁ。

登場人物はみんなよかったけど、中でもとくに気になったのは
トレーシーの友人役Amanda Bynes。タイプ。女の子だけど。
あと、シーウィード役のElijah Kelley。あのダンスにゃ引き寄せられるわ。
そして、白い歯眩しいコーニー・コリンズ。
どっかで見たことあると気になって気になって。<そっちの気になりか
気になるけど本命にはなれないタイプのJames Marsden。でもスキ…かも。

歌では、クイーン・ラティファの「I KNOW WHERE I’VE BEEN」にじーんと。
でも一番耳に残ったのは、「Good Morning Baltimore」。
まさかオープニングからフルでいくとは思わなかったよ。名刺代わり?


サタデー・ナイト・フィーバーなママ。「ママは男の気持ちもわかるのよ」に噴飯!


2007年10月22日(月) 空耳アワアワ

「“I LOVE ME”って言ってたの!??」
歌詞カードを見ていたオットがものすごくおどろいていた。
たしかに“アラブミ〜”と聞こえるんだけど、ならアラブミってなんですの。

かくいうわたしも「男節(試聴)」の“アマメー アマメー”って一体どんな意味が?
間…寛平??とよぎったりしていたけど。<それ“アメマ”


■BOOK MEMO 伊坂幸太郎×斉藤和義 絆のはなし
斉藤和義のとある曲を聞いたのがきっかけとなり、
会社を辞めて小説一本でやっていこうと決意したという伊坂幸太郎と、
そのお相手、斉藤和義による対談本を読んでひとこと。

伊坂さんー。
冷静になろうとしているようだけど、うれしさだだ漏れ ですよ〜。

こんなにプライベートを出す人とは思わなかったから少しおどろいたけど、
奥さんとの関係もまたいい感じで。なんかかわいい、伊坂さん。
それに比べて、斉藤さんのなんとマイペースなことよ。
でもそこがスキ&hearts(!) なんだけど。
てことで、思いっきり企画本だけど、
興味深い裏話などもあってなかなかおもしろかった。
というのはファンゆえの感想かもしれないけど。
コーチャンフォーの商品券でお安く買えたしさ。<ファンなのにセコっ


本の装丁をはがして見るのが好き。シルエットは斉藤和義。反対側は伊坂幸太郎。


2007年10月21日(日) 珈琲会とシュワシュワ会

徳光珈琲にて、念願の珈琲教室・基礎抽出編、初受講とあいなった金曜日。
小一時間ほど、珈琲の基礎的知識を熱くレクチャーしていただいたあと、
いよいよ実践となり、徳光さんが淹れた珈琲と飲み比べてみるのだけど、
わたしの淹れたものは、明らかに何かの味が足りなくて。というか別物で。
約一年前、徳光珈琲でKONO式を購入してから、
ドリッパー方法を調べ、それなりに淹れていたと思っていたけど、
今まで飲んでいたものはなんだったんだ!??と衝撃すぎて笑えてきた。

教室後は、suzuさんと合流、あいの里「RICCI italiano」にてランチタイム。
いしもちの前菜も、いのししともち豚のパスタも、デザートもベリ旨!
飲み物は、一瞬躊躇ったけど、徳光珈琲RICCIブレンドということで、
ここでも飲み比べちゃろうと珈琲をオーダー。あたりまえだけど、旨!

初対面となる若妻とsuzuさんが、共通の話題で盛り上がっている様子に
オバちゃん、しあわせーな気持ちになったまま帰宅の濃い一日でした。

土曜は、なにもかもがムーディーすぎるぜーな「φ(ファイ)」で大人のワイン会。
雰囲気あるマスター(?)に、「今の気分はいかがですか?シュワシュワ?」
なんてにこやかに聞かれ、「はい、シュワシュワで!」と答える女3人。
ワインのこと全然わからないけど、お任せオーダーしたもの全ておいしかった。
Aigues Vivesのパンもあり、料理がおいしかったのは言うまでもなく。

店内の照明が落とされ、小さな拍手が起きたバースデーシーンもあり
わたしと姫、一番トシの若い若妻に「今日、誕生日になれ!」とムチャ要求。
でも今思えばあのカップルは誕生日だったのか。
案外、つきあって一年記念日〜とかだったり。…キー!!<なぜよ


教室後は奥さまお手製のケーキセット。RICCIのパスタ。「φ」てマーク、猫目にも見える。


2007年10月17日(水) 初メール。

斉藤さん出演のラジオ番組を聞いていたときのこと。
DJの意見に激しく賛同してしまい、気づいたら番組宛に速攻メール送ってた。

「船守さんと同じ感想でした。ベストオブベストな予感。」

の“船守さん”部分が“さっちゃん”に直されて読まれてた。
ごめんなさい。ふだんラジオ聞いていないの丸出しで。


10/17 RELEASE 「I LOVE ME」 斉藤和義
各曲のタイトル発表時、正直、ど、どうなん?と思ったことを激しく陳謝。
「紅盤」でカバーした阿久悠さんの楽曲からも影響を受けたらしいのだけど、
これがまた、いい意味で昭和の香り漂うNEW ROCKで。
一発目でガッツリ掴まれ、聞き込むほどに味わい深まった。
男・斉藤和義の魅力満載。真骨頂。まさにベストオブベスト。

時計台アコースティックライブ時のアンケートに
“中年男子がぐっとくると思う!”と「かすみ草」を絶賛してきたのだけど、
我が家の中年男子、見事に遠い目をして聞き惚れていて。
「ギター弾きてぇー!」「ライブ行きてぇー!」と吠えてた。深夜に。

イントロで間違いなく奇声あげてしまうだろう!な「I LOVE ME」
テレキャスでしっとり「トレモロ」、おそらくとちくるってしまうだろう「Swing」、
妄想ライブだけでも、死ぬほどい い ん で す け ど!!!
オヤジ化してる中年女子もおかしくなってます。


「男節」の“お前の敵が見あたらねぇ”は最強の殺し文句っす。
yahoo sound station(11/15までフルオンエアー中)



2007年10月15日(月) 木枯らしにこごえる日には

冷蔵庫に入れようとしたろまん亭のケーキを箱ごと落としてしまった。
床上で玉砕しているのは、なぜかオットがウキウキ選らんだケーキばかり。
突き刺さる冷たい視線。ひんやりする家庭内。

そんな凍える週末、今季初のストーブOーN。ぬくまる〜。
さらにこの本でじんわり〜。遠赤外線効果。

■BOOK MEMO 映画篇 金城一紀
金城さんの「対話篇」がかなり好きらしいオットからの熱い要望により、
自分で思っていたよりもはやく読む機会がやってきた。

映画タイトルがつけられた5篇の物語は、1話完結型なのだけど、
見知らぬ者同士の思わぬ共通項−のような小さな点のつながりがあり、
目には見えぬ大きな輪のようなものを感じながら、わっしわしと読了。

観たことのある映画タイトルの第1話でむぐっときてホロッとさせられ、
未見映画のタイトルがついていた最終話では心底満たされた。
最終話、ホロッとクスッの連続技で、とても愛おしい話だったんです。
で、残すところ最終話のみというオットをせっついてウザがられてみたり。

1話1話と読み進めるにつれ、所々記憶力を試されるような箇所もあり、
たまに戻って確かめて、そこでまた新たな感情を追加しつつ。
(これは記憶力のないわたしゆえの読み方かもしれないけど。汗。)
最後の最後に見つめ直してしまった、内表紙のイラストを。倒置法効果。
もうー金城さんたら。金城さんたら。
SP」ももちろん見るわ。<11/03(土)23:10〜


帯に【今すぐ映画が見たくなる。】とあったけど、それを言うなら
【今すぐ「対話篇」が読みたくなる。】じゃないかと。手元にないのが悔やまれる!



2007年10月14日(日) 最古の日記より。

>99/10/24  スガシカオのライブ
>昨日、「スガシカオ」のライブに行ってきました。
>ZeppSapporoでオールスタンディングだったんですがもーー最高でした。♪
>さすがに年のせいか足腰が痛くなってキツかったけど、
>あの内容じゃ座ってなんかいられない!
>途中、何曲かアコースティックもあったけどほとんどハイテンションモード!
>前方に髪振り乱して踊りまくってる女の子がいた。
>あと7歳くらい若かったらあのくらいトランス状態になってたかもしれないけど。
>でもまぁ、とにかく踊ったねぇ〜♪

と、言いつつ、この2年後ぐらいのライブでトランス状態に陥ってましたが。
しかし、そのトシで足腰が…なんて言ってんじゃないわよ!
そう思うんだったら運動しろ!運動! …と言いに行きたい。99年のわたしに。

てことで、長年の運動不足がたたり、序盤で足が攣りだして焦った今ライブの
ネタバレ日記はまだツアー途中なので【続きを読む】にて。


札幌のしか行けてないけど。


2007年10月13日(土) シミジミシーズン

先日のこと、本州から遊びにいらしたふたりのお客さまを、
札幌組の友人らで迎え撃ち、女8人秋物語。ちゃう、女8人ごはん会。
個室に安堵し、食べらさるわ、飲まさるわ、とっちらかさるわ〜であっという間。
楽しい気持ちのまま帰ってきたのだけど、興奮状態が冷めていなかったせいか
その日は明け方まで眠れなかったというおだちぶり。

お楽しみデーの前夜でもわりとサックリ眠れる方なんだけど、
お楽しみ後に興奮しちゃって眠れなくなるということが多いような。
熱をもったパソコンみたいに、シャットダウンまでに処理時間かかってるのか。

それにしても、ふたりとは数年ぶりの再会ということだったのだけど、
久しぶりという気がしないのがネット時代のすばらしきところ。
そして、みんな元気で再会できるってこともすばらしきことなんだよな〜
と、ゆっくりお茶を飲みながらしみじみしてみたり。


ぼんやりお茶タイム。泡、多すぎた。


2007年10月12日(金) まつりのあとのしずけさ

もし勝ったら何を歌うつもりだったのか…?な昨夜のレスリング(違)祭、
イロイロと見所満載であっという間の12Rだった。

けど、今月に入ってからのミラクル斉藤和義まつり、3連休連日ランチまつり、
ネットフレンド来道再会まつり、シカオのFUNK FIREまつり…も満載で
気づけばあっという間の12days。

ミラクル斉藤和義まつりの件では、あう友あう友に開口一番
「ツいてるね!」と言われたけど、実はほんとに「憑いてる」のかも?
首から肩にかけて重だるくてしょうがないし…
って、それはシカオライブの後遺症なのだけども。

そのシカオライブのこととかはまた後ほど追記する予定として
とりあえず、お茶飲んでぼんやりしたいと思います。
いつもぼんやりしてるだろって話はいいっこなしで。


もしやラッキーはこれのせい?

先月のこと、デパートの一角に100%女性客の黒山の人だかりを目撃しまして。
近づいてみると、なんでもラッキーチャームというものの特設会場とのことで。
健康、交通安全、恋愛、チャームによっていろいろな意味があるらしく、
みんな熱心に選び、知らず隣の人と会話している光景がおもしかった。

で、こゆの好きなオカンにあげようとして、つい自分のも。
選んだのは見た目で花。意味は「夢を叶える」。
呪いにも似た願掛けが得意なおかんにもピッタリと思って。
それに「夢を叶える」ってある意味、どんな願いもまかなえそうだし。
欲深いオンナです。
一度だけ魔法が使えるとしたら、「魔法使いになる」です。


2007年10月05日(金) 果報者です

やるだけのことはやったつもり…だから、我が人生に一片の悔いなし!
と思っていたのだけど、最後の最後で目にした砦に
恐る恐るヘルプを求めてみたところ、女神が
いや、若王子が微笑んでくれまして、ダイ・ドン・デンのハッピーエンド。


時計台アコースティックライブ Vol.79 斉藤和義
−10/04(木) JR TOWER SQUARE Presents

またしても罪作りな少数枠の招待制フリーライブ。でハズレ組に。
でも、親切な若王子のペアチケット枠で入場させてもらえることになり、
かくして夢のようなひとときに酔いしれてくることができました。

古い木造校舎のような、教会のような趣のある
アンティークな佇まいの時計台ホールに、アコースティックの斉藤和義。
これ以上の組み合わせがあろうか。
斉藤さんも以前から時計台ホールに興味を持たれていたようだったけど、
このライブが実現してよかった。行けてよかった。むちゃくちゃよかった〜。

白熱灯の照明がほわりと消され、やぁやぁな感じで登場してきた斉藤さん。
長い足を持て余すようにしてピアノ用スツールに腰掛け軽くMC。
「空に星が綺麗」でウォームアップ後、すぐ「アゲハ」で煽られデレデレに。
きめ細やかな旋律の「ワッフルワンダフル」がまた聞けたのもうれしく、
「間違えても誰もわかるまい〜!」と披露された新アルバムからの曲たちが
期待以上によかったのも激しくうれしかった。

昨年のプレミアライブのときもそうだったけど、
無料ライブの斉藤さんはとてもリラックスモードで、
ただでさえ実際の距離が近いのに、さらに近くに感じられるのもうれし過ぎ。

そんな様子にヘロンヘロンにさせられたままスゥーと魂抜かれる瞬間。
今回の「歌うたいのバラッド」は(も)神がかっていたと思う。
ギブソンの音色と熱っぽい声が時計台の三角天井に反響して、
空から降ってきているかのように聞こえて。なんていうか、神々しかった。
(後半のストロークをミュートするところも身震いものだったし)

ラストに新しい曲でめいっぱいあげられ、いつものピースでフェードアウト。
客電つかないから思いっきり期待してました。アンコール。
いつもより約3割増ナーナナ〜♪の「月影」で大団円。
41男とは思えないきれいなデコルテラインにはキラキラ光る汗が。
ベルトのバックルもキラッキラだったけど。
最後の方は、立ち上がりピアノスツールに片足かけて「カモーン!」て。
(ギターストラップをつけてないから足で支えるためのポーズ…なのだけど)
心なしか斉藤さん、むちゃくちゃうれしそうでたのしそうだった。
一時期の痩せ方には少々不安になったけど、今はちょうどよく見えたし。

数日前から北海道入りして、某番組のロケでニセコ・積丹あたりを
三日間かけてめぐり、バイクに乗ったり、温泉に泊まってきたりとのことで、
仕事とはいえリフレッシュになったのかな? 天気もよかったらしいし。
「ニセコに住みたい」なんて言ってたし。けど、その案、大賛成。

できたらもう、毎月、愛に来て!<…言っちゃった

今回、手応えを確かめるように披露された曲が収録されている
ニューアルバム「I LOVE ME」のリリースは10/17
これに伴う、LIVETOUR2008 〜I LOVE ME〜は来年1月からスタート
札幌は2008/03/17(月)Zepp Sapporo 3月…待ち遠しい。

※セットリスト(ciシあたりは曲順曖昧/(*=新アルバムより)
1.空に星が綺麗
2.アゲハ (手拍子、嫌いな方じゃないんで…と、甘く誘導される。)
3.嫌いになれない* (なぜか記憶曖昧。どしたー脳内HDDー。)
-.愛に来て* (CM曲。フルで聞くとなかなかよかった。)
-.ワッフルワンダフル (かわいい曲なんだよ〜これが。)
-.かすみ草* (中年男子が遠い目をしたくなる感じかと。)
7.歌うたいのバラッド (言わずもがな)
8.ウェディング・ソング (時計台の鐘の音がかぶる。狙いだったのか?)
9.I Love Me* (だれよりもアラブミ〜!かっこいい!ライブ映え度満点)
0.月影(encore)


雷・どしゃ降りだったのが開場前には晴れてちょうどいい具合に。

ライブ後は、ご友人のツテで一足お先に参戦決定していたKONさん
二条市場界隈のイタリアン「picchu」でエキサイティング反芻会。
気にせず楽しんできて〜!と言われても、やはり心苦しかったと思う。
そんな意味でも、今回わたしも行けることになって本当によかったよ〜。

フォカッチャはジュウジュウしてるし、バーニャカウダは激旨だし、
この日、出会った人たちはみんないい人だったし、ライブは最高だったし、
ふたりして「しあわせすぎる!」と連呼しながら夜は更けていったのだった。


2007年10月02日(火) 求めたい

ひとけのない本屋で平積みされていた真四角の本に目がとまった。
ページをめくってみると、たっぷりの余白に数行のことば。
お言葉モノはあまり…と思ったのだけど、いくつかの文章から、
「めがね」の中に出てきた“サクラさん”のことばをふと思い出していた。

劇中、もたいまさこさん演じるサクラが、答えなど求めてないようにただ問う
「何か欲しいものがあるのですか。」

欲しいもの…だらけで本当に欲しいものもわからなくなっているような、
そんなわたしがとてもドキリとしたセリフ。
それと同じようなニュアンスでドキリとしたことばがいくつかあった。

求めない− するといまじゅうぶんに持っていると気づく
求めない− するとそれでも案外生きてゆけると知る
求めない− すると改めて人間は求めるものだと知る
求めない/加島祥造

こそりとネット上から転載。ということで買ってはいないのだけど。
なぜなら、求めn… あぶない、みなまで言うとこだった。
でも、別の本やモノは買い求めてしまってたり。
人間は都合よく欲深い生き物なのです。。<開き直り

−−−−

函館のカフェ、SCOREさんのメルマガで紹介されていた「猫野ぺすか」さん。
消しゴム版画の「picnic」にひとめぼれ。ポスカでもあればいいのに〜。
札幌でも個展ひらいてくれないかな。


2007年10月01日(月) しょうがない人

ここのところもう〜寒くて寒くてしょうがない!
ということで、冷え性シーズン恒例のジンジャーシロップ。
先日、大丸の「Veda Vie」で、予想5割増のお値段におどろいてしまったけど
自分で作ると生姜代ぐらいでできるので、体もお財布もホカホカよ!>私信

レシピは、生姜、水、砂糖・蜂蜜を基本に、鷹の爪、好みのスパイスを適量。
スパイスはチャイ用に買ってあったルピシア・マサラを活用中。
(これが意外とジンジャーシロップにもあうスパイスMIXだったんです。)

あとはこれらを煮詰まらないようクツクツ20〜30分煮込み
仕上げにレモン汁を適量で、ウィルキンソン風味のジンジャーシロップ完成。
炭酸で割るとジンジャーエールだけど、今は寒いのでお湯割で飲んでます。
ただ、お湯割だと少々甘さがベタついてくるので、
例のアスコルビン酸(酸っぱーい粉末ビタミンC)を適量溶かしたり。
レモン汁をさらに足したり、クエン酸を入れても後口さっぱりに。

なんだかこうしてみると、ものすごく体によさそうな。
でも、風邪をひきそうになりつつもひかずに持ちこたえているのは、
少なからず効いているってことなのかも…?
願わくば、これで脂肪も燃焼してくれるとうれしいのだけど。


煮だした生姜はもったいないので砂糖漬けに。食べたり、お茶に入れたり。


←0709 top home

以前の日記