..

diary 07/09 home

2007年09月29日(土) 百薬の長
2007年09月27日(木) 感度良好
2007年09月24日(月) 食欲の秋ですから
2007年09月22日(土) 贅沢な時間
2007年09月20日(木) オバのたわごと
2007年09月17日(月) ひきこもりの祝日
2007年09月16日(日) 週末レコーディング
2007年09月13日(木) ちゃちゃっと興奮
2007年09月12日(水) 期限切れ
2007年09月09日(日) 週末うろうろ倶楽部
2007年09月06日(木) ベタベタです
2007年09月04日(火) 嫁にこないか ぼくのところへ
2007年09月01日(土) さっぽろ食い倒れ


寒暖の差が激しい中、平穏に過ごしていた一ヶ月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2007年09月29日(土) 百薬の長

トラットリア・ズッカの料理(とイケメン)にイチコロのFRIDAY NIGHT。
ただおいしいだけじゃなく、激旨だったポルチーニのリゾットを
最初からふたつのお皿に取り分けて出してくれるなどの
ちょっとした心遣いがイケメンスマイルの相乗効果でハートわしづかみ。

リピーターが多いと聞いていたけど、いろんな意味で大いに納得。
胸まで満腹だというのに、次に来たらアレとアレもアレも食べよう〜と
黒板のメニュー表(とイケメン)を眺め、すでに脳内リピートしていた。

スパークリングワイン、赤ワイン、レモンチェッロ、イタリアビール…
料理がおいしいとお酒もすすむ。気づけば節操なくチャンポン飲み。
でも、おいしかったからいいのさ。ビバ☆酔っぱけ!ビバ☆ノンノン!


と、できればそんなLOVE & PEACEな酔っぱけ状態で観たかったかも…
と思ったのが、この日、ごはん前に観た「ショートバス」。

滑稽なまでに見事なR18シーンは少々ギョエ(オエ)!?としたけど、
次第に、「性」は「生」でもあるんだなぁと感じられてきた部分もあり
(劇中では流れないのに)脳内BGMは「All You Need Is Love」〜。
ジオラマのNY、ジャスティン、ヘドヴィグ同様、音楽もよかったのだけど。

そのヘドウィグ〜のジョン・キャメロン・ミッチェル監督ということで
膨らんでしまった期待(と倫理的理性)が邪魔をしてしまったのか。
宴会の途中からしらふで参戦しちゃったような置いてけぼり感もあって。
なら、最初から酔ってけばよかったかなと。<安直

それにしても、あそこまでの描写は必要だったのか、監督よ。
前席の男性ひとり客が若干挙動不審気味に動きだして気が散ったわ。


おめでとう日ハム!と祝杯。本日も酔っぱけ。アンジュのくるみとひまわりの種のパン。


2007年09月27日(木) 感度良好

おじいさん〜! ペータ〜! 立った!立ったよ!!

おそらくハイジも大よろこびです。
初の快挙。携帯電話のアンテナが室内でバリ3です。
オットの携帯にいたってはファンタスティック・バリ4(フォー)です。

あまりの感度不良に嫌気がさし、3Gホームアンテナ無償貸与に
申し込みをしたのは今年の夏のはじめころ
それから無線局の申請が降りるまで、待って待って待って待って…
五万年ほど待って 夢にまで見た浪曼亭〜です。

ただ、室内の場所によっては、若干不安定なのが気になるところだけど。
あと、電源アダプタがやけに熱もってしまうこと(と電気代<セコっ)も。
それでも、アンテナが立っている状態というのはいいものですね。

今後は、バックの中に入れっぱなしだったり、
携帯電話のフリーズに気づかずそのままというような
人為的受信不可状態の改善を心がけていかなくては。いかなくては。


電池パックの交換をしてもらったのだけどまだフリーズ病が。やはり本格的に修理かなぁ。


2007年09月24日(月) 食欲の秋ですから

「トキワ」のイタリアン気分は、他店で代替できないのはなぜだろう。
シャッターが閉まっていたときのショックと言ったら。
なので、変更になった営業時間をきっちりメモってきた。
平日11:30〜16:00 土日祝11:30〜16:00.17:00〜21:00 (休:木.第3水)

そしてイタリアン。
うちで“なんちゃってイタリアン”を何度か作ったこともあったけど、
マネできそうでマネできない味なんだな〜。ほっとする味。
おやじさん、どうか、いつまでも元気でいて。

連休最終日は家で慎ましく…
な想いはまたしてもオットのラーメン気分で打ち消され。
「まるは」で念願のエビワンタン。エビ、プリップリ!ワンタン旨っ!
ワンタン増量とか、ワンタン単品メニューとか欲しくなる。ワンタン大好き。

食後は、めんこいワンコがいる「阿毘達磨」でロールケーキ。
空気中に浮遊しているシアワセ成分を寄せ集めて作ったような
生クリームのおいしさに頬がほころぶ。一本喰いしたいおいしさ。
でも、一切れで「Anniversary」のハーフロールが買えてしまう…
と思うと庶民派には少々、泣ける。 わおーん。

夜は久しぶりに自家製バナナアイスクリーム。はうー理想の味!
でも、レシピ分量は謎。なぜならいつものようにオット作だから。
わたしには作れません。というより、わたしは手を出せません。


出来たてはたまりません。思えば、4年前のこれ2年前のこれを経てこんにちのアイスに。


2007年09月22日(土) 贅沢な時間

たらたら散策に気持ちいい界隈にある「レストラン・ヒロム」で
おいしいもの大好きのKON嬢とフレンチランチ。
木々に囲まれた古家改装系のお店で、カジュアルにお邪魔できつつ
料理の方はしっかと丁寧でおいしく満足。


空に向かう階段−みたいな美術館界隈にあるレストラン。食感のよいビーツのスープ。

昼から白ワインをいただきケラケラ笑いあって、あっという間に時間が…!?
てことで小走りする女ふたり。本日公開の「めがね」にすべり込みセーフ。

「かもめ食堂」の荻上監督ということで、否が応でも膨らんでいた期待が
始まった瞬間にパチンとはじけて、わたしは身ひとつで旅に出ていた。
この感じ、「かもめ食堂」のときと一緒
でも、かもめよりゆるく、風まかせノープランの旅という感じ。

そこで、やわらかい春の海、波の音、自転車の荷台(じんわりきた)、
おいしそうな食事、海辺で黄昏れながら飲むビール、適当な地図…など
おおらかでやさしい時間と空気に浸っているうちに、すーっと深呼吸気分に、
そして、なにか豊かなものに包容されているような気持ちになっていた。

持て余すほどの情報や感情や早すぎる時間の流れから
一時でも無防備なまでに解放される場所や時間が持てるということは
今の世の中、なによりも贅沢なことなのかもしれない。
とすると「めがね」はとてもとても贅沢な映画と思う。

それにしても、荻上直子が操る空気感と距離感は絶妙のひとこと。
引き算の美学で魅せられる映像・彩度を抑えた色彩・曖昧な背景の登場人物、
その中に散りばめられた彩りや際だつ存在感やメルシー体操もすばらしく。
いろんなところに憧れ処があって、いろんな意味でため息ものでもあった。
そんなこんなで、わたしの心はいまだ「ハマダ」でたそがれてます。ほわ〜。


海と白シャツの加瀬亮とビール。こちらもこの上ない贅沢品。隣でたそがれさせてーー。


2007年09月20日(木) オバのたわごと

良くも悪くも、検索ワードで拾われやすいBlog社会の罠か。
イケメン+paradise でたどり着かれた方がいるもよう。
でも、paradise…?パラダイスではなく??

当初、○栗はイケメン?と、ファンに撲殺されるであろう暴言を吐きつつ
それでも気づいたら最終回まで見てしまったイケメン♂パラダイス。
○栗のツンデレぶり、生○のひとり芝居(最高!あ。)、堀○の男装、
もさることながら、“素性を隠しての学園生活”という設定がね。
「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」や「25年目のキス」も好きなのでね。

それと、これはわたしだけかもしれないけど、
“男の友情”に男として加わってみたいという憧れがあって、
そこをうまくくすぐられたところもあったんだと思う。
たとえ彼女でも、むしろ彼女だからこそ入れない男同士の輪の中で
対等に、ときに無邪気にぶつかり合える間柄。とでも言いましょうか。
まあこれは女目線ゆえのドリームなのかもしれないけど。
なんにせよ、人間性に惹かれつながりあえる関係というのは魅力的です。

そういう意味では、「オレは男だと思っても好きだったけど」という
中津のひとことは最強だったかと。
最終回のキメ場でむくみ顔をさらしていたけど。アンタ、イイ男だよ。
だけどもわたしは寮長派(注:難波)。

しかし、2時間SPなほどの番組になるとは、制作側もビックリだったのでは。
というか、こんな語っちゃってるわたしにビックリですね。


きょうは、約半年間ほどずっと喉の奥にひっかかっていた魚の小骨が
少し良い方に動いたというようなことがあって、思わず外食&ビール。
外ごはんはせめて週1にしよう!という誓いはもろくも崩れ去り。


実際に小骨はないけどノドが痛くてのど飴。e-maホワイトミント。
でもコレ、斉藤和義の方ではなく、ジローラモの方の!?



2007年09月17日(月) ひきこもりの祝日

胃腸が疲れると免疫力が落ち、風邪をひきやすくなる−
という説からすると、おそらく食べ過ぎです、オット。風邪でダウン。

病院は行ったけど、高熱にうなされているわけではないので退屈らしく、
何も考えなくていいヤツ…ということでだらりとDVD鑑賞。
「Mr.インクレディブル」。結構おもしろかった。
インクレディブル夫人はファンタスティック・フォーのあの人、だね。
ゴムゴムの〜〜!<それルフィ

一日中、風邪菌が充満していると思われる部屋の中にいたせいか、
わたしまでノドが痛くなってきた感じがしたので、
いつもは紫蘇ジュースに入れているアスコルビン酸で
ホットハチミツドリンクを作り、あわててビタミンC補給。
今は、美白より風邪予防に全力を注いでくれたまえアスコルビンさん。


我が家では、“白い粉”と呼んでます。え。


2007年09月16日(日) 週末レコーディング

金曜夜は久しぶりの「開」で牡蠣&新蕎麦。
バターでカリっと焦げた部分がうますぎ、牡蠣ステーキ。ビール、合う合う。

帰る途中「本馬の若鶏半身揚げ」で半身揚げをテイクアウトして、
帰宅後、(再度)ビール片手にかぶりつき。鶏肉の味がおいしいジューシィ。
なんでも秘伝のタレに二日間つけ込んでいるのだとか。
揚げるのに10分ほどかかるので、今度は電話予約でリピートしたい。

土曜は家で食費もカロリーも慎ましく…
のつもりが、「まるは」か「山嵐」「まるは」か「山嵐」とうるさいオット。
しょうがないから、昼は「山嵐」風キャベだくとんこつラーメンに。コレで。
たまにむしょうに食べたくなるのです。

が、やはりアレでは満足できなかったらしく、日曜日、「あらとん」へ。
しかし、身内の方が急病とのことで臨時休業の張り紙にふられ、
気になっていた「広島風お好み焼 ピックアップ」にターゲット変更。
おいしいヘルシー。やっぱり広島風、好きじゃけぇ。

食後は「パティスリーシイヤ」でイートイン&ケーキとマカロンをテイクアウト。
ケーキには牛乳ってことで、帰りに某スーパーに寄ったら、
オリーブ色のハンチング帽を目深にかぶった(北海道の)ミスターらしき人が。
本当にご本人だったとしたら、実物はめっさかっこよくてビックリということに。
真意はいかほどですか?ミスター。

夜は、「やっぱり猫が好き」のCMにつられてサッポロ生搾りみがき麦。
なかなか飲みやすいということで、早速1ケースが当たるという懸賞に応募。

…と、食べたものなどを記録してみても、これじゃあ痩せないだろうな。
レコーディングダイエットのススメ
岡田斗司夫さん。痩せたら頭いい人に見える。<失礼な


シイヤのパフェ。旨!街ブラするも収穫なし。駐車場から見た空の隅にチラリ観覧車。


2007年09月13日(木) ちゃちゃっと興奮

ここのところ朝夕めっきり涼しくなってきて、温かいお茶が恋しい季節。
リピート中の「のんびり田舎茶(LUPICIA)」を保温ポットにまとめて淹れ置き
マグカップでガブ飲みしてます。

たまには、香りのよい「桂花烏龍茶」などを丁寧に。
というか、丁寧に淹れなきゃもったいなくて。
気持ちはセコいけど、気分だけは「BUND CAFE」や「茶語」な感じです。
と言っても、本格的な茶器はないので前に韓国で買ってきた伝統茶器で。

中国茶系は、茶器と淹れ方によって香りも味も変わる−
と、以前、お茶専門店の人に聞いたことがあるのだけど、
実は、本場の人だって日常的なお茶は略式でいただいているとも聞くので、
まあ、自分で満足できればそれでいいじゃないか〜と。<適当人間

でも、そんな適当人間がちゃちゃっと淹れてもおいしかったのが、
台湾旅行に行ってた妹から送られてきた「高山烏龍茶」。
清々しく、かつ、甘くまろやかな余韻を残してアナタを離さない…味。
高山さんのような女性になりたいものです!!!<ムダに興奮

この烏龍茶には日本人向けとされる説明書が同封されていて
お茶の飲み方・効能などが記載されていました。
(以下、一字一句転載)
「ぉ茶のカフエインはカテキンと結合して適当に興奮して持続性がありますので
お疲れの場合に一番適する飲料です。」


てことで、適当に興奮中!


2007年09月12日(水) 期限切れ

通帳の残高を把握していない、野菜室で胡瓜を液状化させる、
納豆の賞味期限が10日間ほど過ぎていてもOKのワタクシ、
「これでも読んでみれば?」と一冊の雑誌を渡されました。
特選街10月号 特集“絶対得するお金の話”

マイル、エディ、ナナコ、ワオン…ワオン?!
へー!ほー!と感心するどころか、へー?ほー?と知恵熱。即ギブ。
でも、とりあえず手持ちカードの特典やポイントを見直しているうちに、
500円分のポイントがたまっていることを発見。失効期限間近。
換金手続きは郵送のみ。
たまったら商品券のような形で自動的に送られてくればいいのに〜。
なんにしても、入るの簡単↑もらうの困難↓ってことなんでしょうかね。

郵便局に行ったついでに、書き損じ年賀状を交換してもらい、
すっかり忘れていたお年玉年賀状のアタリも交換してもらおうと思ったら、
局のおじさん、ビツクリ顔。
引換期間、とっくのとうに過ぎてました。
(ちなみに通帳の残高は、106円でした。

もう少し賢い暮らしを。
これ、来年の目標にすべきかな。


今年初の醤油漬け。本文と関係ないけど。


2007年09月09日(日) 週末うろうろ倶楽部

北米住宅ショールーム兼インテリア&カフェショップ「fW.Scene」。
8月にOPENしてたらしいけど気づかなかった、南郷20丁目。
先日、近くの「信州庵」に行ってたのに。
個人的には「ma-douce」の方が好みだなぁ。けど、どちらにせよお高い。
うわさでは11月頃に「D&DEPARTMENT」が札幌進出するとか。
早く「IKEA」にも来て欲しい。IKEA、カモン!


土日もランチメニューOKってありがたい、菊水の「chanoshita」に初IN。
白ワインが欲しくなる前菜のリエットもおいしかったのだけど、
なんといっても、メインについてきたパン。う・まー!
外はカリッカリ、中はモッフモフで理想の味。
一体どこでどうやって作られているパンなんだろう。
ちなみにここはパンだけじゃなくごはんも選べるので、
“肉にはごはん党”のオットも胃袋とともに満足していたようす。

そのオットのみがオーダーしていた食後のデザート(Lサイズ)に、
「もうひとつ、いかがですか?」
と、わたし用のスプーンも笑顔でセッティングしてくれたお兄さん。
オットは「チッ、余計なことを!」と言っていたけど、激しくグッジョブです。

そのまま街中に秋物を見に行くつもりが、面倒になってアリオへ。
よなはらみよさん目当てで「自休自足」を丸善で立ち読みし(買えよ)
KALDI COFFEE FARMでウィルキンソンジンジャーエールと生ハムを。
切り落とし生ハム、安いのにう・まー。もう1パック買うべきだったと悔やまれた。

今日はおとなしくうちごはんの予定だったのに、
なぜか「麺eiji」→「自然満喫倶楽部」コース。意志薄弱夫婦です。


食後のデザートと貸切状態だったchanoshita。青空の下でイチゴパフェ大満喫。


2007年09月06日(木) ベタベタです

スパゲティ、ラーメン、そば、うどん
オットが食べに帰ってくる昼ご飯は、麺類になることが多い。
副菜などはあらかじめ用意しておけるけど、
麺はオットが帰ってきてから茹ではじめることになるので、
多少、お待たせすることになる。
その間、ネットサーフィンなどをしていてもらう。

で、テーブルに器を並べた状態にしてからこう声をかけるのだ。
「おまち〜」。もしくは、「おまちどうさん〜」。 !?


名前なんて見ないで買ってて。昼から軽く脱力。

と、脱力してみたりしてますが、先日、「ショコラティエマサール」のプリンが
今まで食べた瓶プリンの中でかなり上位にランクインしたことから思わず
すごい!すごいよマサールさん! …と。<ネタもと(音注意)
知らず、類は友を呼んでいたのでしょうか。

−−−

JR TOWER SQUARE Presents
時計台アコースティックライブ Vol.79 斉藤和義 10月4日(木)開催

抽選の上ペア55組を招待
って、またしてもなんという悩ましいプレミアムライブを…。
ただいま必死で応募中です。
どのくらい必死かというと、余った年賀状やエコハガキは使わず
由緒正しい官製ハガキを使い、年齢、若干サバよんでみたりとか。
こうすると当たりやすいという法則、どなたかご存じありませんか?


2007年09月04日(火) 嫁にこないか ぼくのところへ

圧力鍋を使いながら揚げ物をして、オーブンでドライトマトを作る。
こんな猛烈な火気使いができるのも、涼しくなってきたから。
むしろ、肌寒さを解消したくて、台所に入り浸り。

晩ご飯は、サバの味噌煮と野菜のあげびたし。
ほっとする家庭料理風なのに繊細で奥深い味で、思わず結婚して!
と思うほどおいしかった「おばんざいとらや」のモロ、パクリです。
と言っても、あの味にはほど遠いのだけど。
とらやのおねえさん、嫁にしたいです。
もちろん、わたしの嫁に。


ドライトマトのオリーブオイル漬けと、プチトマトシロップ漬け。

夜、枝豆をつまみながらなにげなくかかっていた番組を見てて泣いた。
泣き笑い。おバカすぎる。
ブラザー、マジ最高だメーン!<それ別番組
強烈すぎて、今年の大賞がかすんで見えてしまったわ。
世界一おバカなチャレンジャー、ラルフ・ザバディルさん


2007年09月01日(土) さっぽろ食い倒れ

桃色テンションな姫(仮名)と「さっぽろタパス」、初参戦。
開催期間中、参加各店で指定チケットの一片を使い
「飲み物+タパス(つまみ的一品)」の提供が受けられるのだけど、
今年は飲食店以外にも使える場所が増えたという。

そこでまずは北海道立近代美術館にて「ダリ展」を鑑賞。
タパスチケット使用で入館料は高校生価格。ビバ☆学生!
ここで、別行動で来ていたオットと遭遇。
でもなにせ別行動なので軽く挨拶をしてシュールにスルー。

ダリの後は、「Bistrot Kawasaki」「ビストロマリオ」「dining En」をハシゴ。
「dining En」ではまたしてもオットと遭遇。あと、KONさんとも!
アポなしの遭遇劇って、5割り増しうれしくなってしまう。<オット除く
パテにフォアグラ、白ワイン、フレンチ系三店はどこもおいしく大変満足!
〆にタパス日じゃない「たぱす」で合鴨にゅうめんなどの和物をいただき
しみじみしたところで解散。

ちなみに、野郎だけで参戦していたオットは
「ダリ」の後、「Bistrot Kawasaki」「TSUBAKI HALL」「dining En」「hofe」
「果実倶楽部 818」とハシゴって、〆にラーメンを食べてきたらしい。
5枚綴りのはずなのに6軒。一枚は後輩から買い取ったって、どんだけ〜。

心地よい夏の夜、どこか祭ムードでwelcomeモードになっている
サッポロというフィールドでおいしいものを求めて自由にうろつく。
観光客に混じり、街中でMAP(タパス用)を広げ次の店を探してみたり。
なんていうか、プチ旅気分。
なんていうか、学祭でトキメキを求めてキャンパスうろつく学生気分(!)。
予想以上に楽しくておいしくておもしろくて、来年も参戦決定です。

前夜、使い切れず一枚残ったわたしのタパスチケットは、
本日、パルコ前にいた「GELATERIA RE di ROMA」でキッチリ使用。
一枚でダブルジェラートをふたり分+チュッパチャプス1個。
てことで、オット、最後の最後までタパス150%ぐらい満喫したもよう。

この日、歩行者天国になっていた大通り界隈では、
パフォーマンスカーニバルやふるさと市場が催されていたので、
そちらもしっかと堪能。北海道、うまいどう。胃袋が4つほど欲しいです。


トマトとヨーグルトのダブル。ふるさと市場ではししゃもと焼き牡蠣を。あ、祭太郎さん!


←0708 top home

以前の日記