..

diary 06/05 home

2006年05月30日(火) 曇りときどき晴れ
2006年05月28日(日) 騙し騙しでチョロチョロと
2006年05月23日(火) 雨の日のエーンジェル
2006年05月22日(月) 臨機応変週末乱舞
2006年05月18日(木) やってらんねぇ・・なんて言わない
2006年05月14日(日) 実店舗に寄せる想い
2006年05月12日(金) ラッキーハッピー
2006年05月10日(水) まだ食べられます
2006年05月07日(日) サクラサク
2006年05月05日(金) Sugarless
2006年05月01日(月) GWにひそむ渋滞


浮かれたり心配したり大忙しな一ヶ月。花粉症もキッチリ発症。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2006年05月30日(火) 曇りときどき晴れ

なかなかカラッと晴れない天気と心配事は、悶々していてもしょうがないので
わしっと掃除して、もりっとパンなぞ焼いてやりすごすことに。

なにか目先にお楽しみを作って気合い入れも必要−と、
昔ちょっと聞いていたSAKURAと全く聞いたことのない森大輔、
そしてお目当てアンジェラ・アキ出演の複合型ライブのチケットも購入。
久々のアンジェラの生歌、たくさん聴けるといいな。


マイユ、エバーナット、ペルシュロン、ディジョン・・・とにかく粒マスタードが好きだ。
甘さスッキリ苺ジャムパン。パンク防止の切り込みを深く入れすぎてジャムがチョロりと。



夜、所用で外出したついでにカレーでもと思ったら「MEDICINEMAN」定休日。
猫村さん」発売日は5/31だけど、もしかして!と思ったらやっぱり置いてなく。
そんな気持ちをなにかで晴らしたくて、火曜市のスーパーで1番お高いビールを
いただき物のビール券で買ってみた。ちょっと晴々。

カレーは結局「ピカンティホライズン」で。
わたしと同じ疑問を抱いてる人が他にもいたのだろうなぁ・・
「お皿の凸な部分で野菜をカットできるようになっております。」って言われたよ。


2006年05月28日(日) 騙し騙しでチョロチョロと

拠ん所ない事情により、狭い我が家に泊まりに来ていた義父母と
寿司をゴチでいただき、勢いで藻岩山にも登ってみた。(車で)
テレビ塔が霞むほど燦々と輝くノルベサの観覧車電飾がキレイだったけど、
あまりの寒さに風のように退散。帰宅後、義父母は瞬眠されてました。
思うに、あの山の寒さはハードだったんじゃないかと。

でも、そのハードさが地味に堪えていたのはどうやらわたしの方らしく
アレルギー鼻炎も相俟って、グズグズ鼻づまりの口呼吸でノド真っ赤。
「大人になったら小さくなる」のひと言で、摘出手術を避けてきたのに
一体いつになったら大人になってくれるのか・・扁桃腺よ。


そんな状態を騙し騙しで毎日チョロチョロと。
ここのところよく通りかかっていた「cholon」もようやく初探訪。
意味あり気な余白が洗練された空間を演出−な店内はステキすぎて、
毛玉カーディガンなわたくしと、目の下クマなオット、浮きまくりな感じ。
せめてリネンのプルオーバーとか着ていくべきだったな。・・もってないけど。


小さな買い物で「Cho Lon Book#01、#2」をいただく。カタログとは思えぬかわいさ。
頂き物のうどで味噌漬け。お茶もお酒もすすみます。義母の味噌づくりに参戦計画中。



■BOOK MEMO 麦の海に沈む果実 恩田 陸
広げきった風呂敷の畳み方には、少々物足りなさを感じてしまったけど
閉塞的で謎めいた学園の世界観と秘密と疑心に翻弄され、貪るように読了。
恩田さんが描く男子学生って、どうしてこう魅力的なんだろう。
黎二と聖の間で揺れ動いてしまいました。<注:そうゆう物語じゃない

備忘録〜麦の海関連 のんびり全制覇したい
「睡蓮(図書室の海)」・・理瀬の幼少の頃の物語。
「回転木馬(三月は深き紅の淵を) 」・・麦の海〜の序章な感じ。<既読
「麦の海に沈む果実」
「水晶の夜、翡翠の朝(殺人鬼の放課後)」・・ヨハンの物語。
黄昏の百合の骨」・・理瀬の物語。
黒と茶の幻想」・・憂理の物語


2006年05月23日(火) 雨の日のエーンジェル

ピピピピピピピンポーンー ピン  ポーーンー
なんて、ふざけたピンポン鳴らすから、てっきりオットだと思い、
無防備にドアを開けたら、中近東版・黒板五郎!?な宅配のおじさん。
開口一番、「エー。ンンー。ジェル・・  ジェル・・? ・・・・・・・。
オラァ、ニホンジンダカラヨ。エーゴ、ヨメネェヤ!ヒャッヒャッヒャッ!」て。
そのお姿でそのコメントはハマりすぎですから!
朝から薄暗く鬱々とした雨の日だったけど、思わず和んだ〜。


ソニープラザではなくあえてWEBで。なぜならオープン記念WEB販売特価だったから。
保冷剤一体型ランチボックス「GEL-COOL」。弁当派のかーちゃんにも進呈予定。



ステキなおねえさまの心遣いにより、念願だった「ROOTS66ライブ映像」初見。
お目当ての斉藤和義が歌う「スローなブギにしてくれ」が入ったとき、
朝食のパンを半分口に入れたままの状態で瞬間フリーズしてしまった。
あれはいかんよ。反則だよ。犯罪だよ。
「うぉんちゅう〜」よすぎだよ!! ・・・バタッ。<倒れてる

DVDには他にも、ELLEGARDEN US TOUR SPECIALとか盛り沢山で、
なんか、泣けてきた。うれしくて。最近、ほんと涙そうそう。
そんな状態もあってか、「レタスバーガープリーズ.OK,OK!(10)」でも涙涙。
とくにあの海での。稲造ーー!!<こんな自分ウザすぎ。


2006年05月22日(月) 臨機応変週末乱舞

ピンク色の服を着ていくだけで1000円(キノ限定)になるのなら−と
朝からタンスの中をひっかきまわし、ようやく1コ発見・・したけど、
週末の、人でごった返している映画館のロビーで
パンツ一丁になる度胸は持ち合わせていなかったので定価で観賞。

映画の余韻にぼんわりしながら、パコちゃんと軽くお茶して
この日のメインイベント会場である地鶏バーにかけ込みエビスでカンパイ。
ラストオーダー伺いでハタと我に返る女7人。気付けば一軒に7時間。
でも、疲労感どころか、帰り際、若手娘を迎えに来た若夫に対面したことにより、
テンションは最高潮に。この時、みな若干ナチュラルトリップ状態で
どこまでも歩いて行けそうだったけど、各々タクシーに乗り込み軽やかに解散。


日曜は女4人+9ヶ月児(ほっぺちゃん)で中華ランチ。
只今のほっぺちゃん、なぜか高齢の人に対して大泣きセンサーが作動する
というので、リトマス試験紙になった気分で心持ち緊張の対面だったけど
妙齢女子三名、とりあえず無事にクリアーできてホッと。心からホッと。
でも、1番ホッとしてたのは、ヘッドほっぺ母さんだったもよう。笑

その後、パコちゃんと街ブラしたり、アキオさんと合流してお茶したり。
「コンサドーレ」以来の衝撃的ネーミングと言われている「ノルベサ」も、
テラスからテレビ塔が見えるカフェも、夜にまた来たいね〜(年下イケメンと)
という結論に達したところで爽やかに解散。

気持ちのいい天気と、1人1携帯時代の恩恵で、
臨機応変な週末乱れうちデートもつつがなく終了したのでした。
願わくばこの先も臨機応変に、流れるようにぷかりぷかりとどこまでも〜。


今日はうちでネコチーノ。こうゆうの無意識時はネコになりがち。
アキオさんのフリーペーパー「おりんごりんご」。手のひらサイズです。



「ブロークン・フラワーズ」
明確な答えがないことこそが、この映画の要と言ったら大袈裟かな。
流れるように、流されるように、過去も未来も理想も後悔も
浮遊させたままの不安定さと心地よさというか。
そういうものをこの映画に求めていたわたしとしては、全編ニヤ〜状態。
There Is An EndやYekermo Sewなど、印象的なBGM(試聴)の中
ビル・マーレイの、なんとも居心地の悪そうな表情とか
出てくる全ての女たちとか、すこぶる魅力的で目が離せなかった。


2006年05月18日(木) やってらんねぇ・・なんて言わない

斉藤和義の新曲「ハミングバード」鬼リピ中。
竹中直人監督によるPVは、どことなく篠原哲雄監督の
「月とキャベツ」っぽい雰囲気もありステキ。
もちろん、歌もギターソロの鳴きっぷりもステキすぎ。
縁側に座り両足でパタパタとリズムとる仕草にはバタリと撃沈。

メロウなギターリフで始まり、一見(一聞?)やわらかそうにも思えるけど、
実はけっこう骨太と思うこの曲。聞くほどにじんわりと好き曲でうれし〜。

ファンの間でも写真写りの悪さに定評のある斉藤さんなのだけど、
今回のモノクロイメージは奇跡に近いフォトジェニックっぷりでドキドキです。
・・・反論はあえて聞き流しの方向で。

2006.05.24 RELEASE 「ハミングバード」 斉藤和義(期間限定フル視聴)


中指はイメージ的に狙いかもしれないけど、
「コードによってはこの指つきになってしまうんだヨ!」とは、某似非ギタリストの弁。



2006年05月14日(日) 実店舗に寄せる想い

よく晴れた土曜日、新鮮な食材を求めて石狩界隈をぷらぷらし
迷いに迷って辿り着いた「徳光珈琲」で午後のひととき。

以前、「Aigues Vives」の庭でオープン前の移動販売をされていたときに
試飲させてもらったことがあった「徳光珈琲」。
実店舗の方は初めてだったのだけど、日向と珈琲の香りに包まれて
時間がゆるやかに流れているように感じる、居心地のいいところだった。
あの温柔な空気は、店長が醸し出しているものでもあるのだろうなぁ・・
石狩方面に行く機会があったらぜひまたリピートしたいところ。

初めての「KONO式」で「こく深ブレンド」を入れて飲んでいた日曜の朝
グッドタイミング!とばかりに、大量のパンが京都から届く。
今月11日にオープンしたばかりのパン屋「Boulangerie−Luna」のパン−

ネットが縁で親しくさせていただいている友人の古くからの友が
パン屋を開くにあたり、微力ながらもお手伝いさせてもらっていたのですが、
メールを駆使し3人でゼロからつくりあげたものたちの晴れ姿を手にしたとき
改めて心地よい達成感で胸がいっぱいになってました。
こんなにも貴重な体験を味あわせてくれた友人にほんとうに感謝です。
いつか京都に行く機会ができたときは、迷うことなくLunaに行くからね!

Boulangerie−Luna
京都市北区上賀茂向縄手41番地1リンツ北山1F


小麦の素朴なおいしさを味わえる、ハード系(郵送の関係上)のルナパン大集合。
徳光珈琲の「こく深ブレンド」で作ったカフェオレでいただいてみた。どっちもうまー。
末永くたくさんの人に愛されるパン屋になりますよう。。。



2006年05月12日(金) ラッキーハッピー

爽やかに晴れた本日、宅配のお兄さん、爽やかに登場。
すこし怪訝そうにしていると、「あ。鍋ですヨ。鍋。」と再度爽やかスマイル。
幸運は忘れた頃にやってくるものなのか。
「JR TOWER SQUARE STYLE」のPRESENT当選。

カードの明細表についてくるものとは思えないくらい
おいしくそそられるこのニュースペーパー(?)が好きで、
名前が変わる前の「STELLER PLACE NEWS」の時にも一度、
プレゼントのウクレレ目当てに感想を併せて応募したことがあるのです。
ま、それはハズレたんですけど。

今回は逆で、とても気になる記事に感想を寄せようとした結果、
数点のプレゼントの中から鍋を選択したということだったんですが、
ちょうど鍋も欲しいタイプのものだったので、なんだかうれしさ二倍でした。
(感想内容により抽選が決まるワケじゃないにしろ、なんとなく気分的に。)

ちなみにその記事とは、「一冊の本と巡る函館周辺パン屋さんに会う旅」。
友人のパコちゃんも一役買ってる「SCORE mini book パンの回」に
掲載されたパン屋を巡る旅〜というテーマにひとり大興奮でした。
自分の好きなものが好感触で紹介されていてうれしかったんですよ〜。


「mini book パンの回」はこちらの上から4つめの。
実は密かにル・クルーゼ月兎印のポットも白で統一しとけばよかったと思ってたりして。



2006年05月10日(水) まだ食べられます

たまに宝が眠っていることもある、おつとめ品コーナーをさりげなくチェック。
目当てはイチゴ。
アイスやジャムを作るのに少し熟れすぎぐらいモノが適しているのです。
本日も粒ぞろいの甘ーいイチゴが半値で手に入りました。
おつとめ品、ワンダホー。・・て、毎年同じ事をしていた。

今年の夏は、いろんな果物でサワーや果実酒を作ろうと目論み中。
と言っても、果物アレルギーがあるので、種類は限られるだろうけど。
アレルギーに効くと言われているシソジュースを地味に飲んでるのだけど
少しでも効いてくれてるといいな。花粉シーズンももうすぐかぁ。


今回はジャムにしてもいいかなと甘さスッキリのフルーツシュガーをまぶしてあります。
煮詰める時に、レモン汁と少量のトレハロースを足せばしっとりトロリなジャムに。



帰りはいつものコーチャンフォーで時間を忘れて立ち読み三昧。
「猫びより」など猫系雑誌を目尻下げ下げ数冊(立ち読み)制覇。

風呂で読もうと買った雑誌についていたオマケ小冊子で、
「ダーリンは外国人」の小栗さんが男児を出産されたと知り、
勝手に子供バージョン本の題名を考え出したわたしってば余計なお世話部。


2006年05月07日(日) サクラサク

外食、買い物、ブラリ、昼寝・・ GWというより、いつもの週末。
絶対食べ過ぎ。絶対脂肪分過多。絶対野菜不足。

ザラリ濃厚系のスープカレー「soup curry GLO BULE」。
先日行った「日々是好日」もそうだったんだけど、
ペースト状の野菜、はたまたスパイスでザラドロリと濃いスープが
すこぶる好みで参った。この一言に尽きる。リピート確実。

本日は、久しぶりの「スパイスボックス」。
ライスに添えられていた「山わさび」が衝撃的ヒット。
激しく鼻にツーンとこないまでも、清涼感につられゴハンが進む進む。
意外な組み合わせに最初はビックリしたけど、あれはイイネ!

身元バレ(!)のラーメン屋「まるは」では、またしても味噌ラーメン。
本来、塩or醤油派のわたしなのだが、ここの味噌は進んでリピート中。
しっかりとコクがあるのにクドくなく、最後までおいしく食べられる味噌って
わたしには貴重なのだ。 三十路の胃袋はもたれやすいからね。(笑

「櫻珈琲煎房藻岩店」で午後のお茶タイム。
キレイな銀髪の奥様たちが、珈琲片手に旅行の計画を立てている−
そんな光景が似合う、なんとも落ち着く大人の隠れ家って感じのカフェ。
ソファ席に通され、2シーターにオット、1人がけにわたしと陣取ったが、
これがハニカミデートなら間違いなく2シーターに2人なんだろうな〜
・・とかって妄想全開。(妄想ネタ元↓=「恋するハニカミ」)
※http://www.youtube.com/watch?v=KPjryXeLx8s

櫻珈琲煎房藻岩店

街中では、エゾヤマザクラが咲いていた。
わたしの頭の中もいろいろ咲いているし、 春爛漫 ですねぇ。


2006年05月05日(金) Sugarless

GW恒例、両実家に帰省。そして脂肪蓄積。
ほとんど動かない嫁は、義弟が持ってきてくれる漫画本を読みながら
気付けばお菓子だの、珍味だの、ビールだのを過剰摂取。
そんなカロリーを少しでも消費しようと、ひとりブラリと散歩に出かけてみた。



空を仰げば青い空。列をなす渡り鳥。風にのる白いグライダー。
雪解け水、ふきのとう、春の匂いがするポカポカと気持ちのいい日。

あまりにも気持ちよかったので、前方一回転半したのち背面着地
という形で土手を転げ降りてみたりして。
いつぞや、「真新しいスニーカーを早くいい具合に汚したい〜」
なんて言ってたけど、草と湿土が練り込まれた感でガッツリいったヨ!(涙


残雪と濡れた草を甘くみた結果。

わたしの実家に着く頃には、体中があちこち痛んできてますます動かない娘に。
休日でも来客やら電話やらで家の中をパタパタ走り回ってるかーちゃんに、
「今ねー、ポラロイドカメラが欲しいんだよ〜」ともらしてみたらば、ンフフーと
不敵な笑みの後、“ハイチーズ!” もなしにいきなりチェキで一枚撮られた。
というか、かーちゃん。いつの間にそんなカメラっ子に・・。

帰りは、サーモンファクトリーで今だけ限定の「ずわい蟹の頭」を購入して帰宅。
指先がカニミソくさくなるまでカニミソ三昧!
余ったら雑炊にーなんて思っていたけど、ふたりでアッサリ無言で完食でした。
石狩湾漁協朝市も始まってるし徳光珈琲も行きたいし、また石狩にいかねば。

 
かーちゃんのカメラたち↑。仕事で使っているそうでくれなかった。<甘い考え粉砕。


2006年05月01日(月) GWにひそむ渋滞

GWでもせっせと働いているオットから車を借り、無印でせっせと散財。
必要以上に混雑している場所が苦手な者としては、
ゴールデンウィークより、無印メンバー10%OFFウィークの方がうれしい。
でも結局、帰り道でまんまと“ユニクロ渋滞”につかまり、あくび連発。
天下の国道をあんなに詰まらせてしまうユニクロセール、恐るべし。

日曜日は、カジュアルな欧風料理屋で満腹ランチをいただいたあと、
いつものコーチャンフォー→真駒内のパン屋コースで帰宅途中、
うっかり“KAT-TUN渋滞”につかまる。
道行く女子率100%・・・SOかもね!
すごかった。みんな、めいっぱいオシャレしてて。うちわ持ってて。

それにしても、久しぶりに食べたパン屋のパン・ド・ミのおいしさったら!
朝食用のパンに限り、自家製でもある程度満足してきてたところだったけど、
やっぱりプロのは全然違う〜。


あつあつトーストにカルピスバターを乗っけてザクザクっと。バター、ジュワッと。



←0604 top home

以前の日記