..

diary 06/04 home

2006年04月27日(木) ゆれる物欲心
2006年04月26日(水) あえてコックリさんではなく
2006年04月23日(日) 週末黄金ライン
2006年04月20日(木) 妹思い
2006年04月19日(水) ハラゴシラエして歩くのだ
2006年04月18日(火) ネジレスパイラルを断ち切れ
2006年04月16日(日) 喉カラカラ☆Saturday Night!
2006年04月13日(木) EASTER PARADE -sheep,sheep,sheep-
2006年04月10日(月) 食い付かない。
2006年04月09日(日) Sunny Morning
2006年04月01日(土) あなたに会えてよかった


少しの刺激とおいしいものがあればしあわせ〜。な一ヶ月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2006年04月27日(木) ゆれる物欲心

「いやあ、やっぱりポラロイドカメラが欲しいんだよね〜。」
と、ジャスコ帰りの車中でつぶやいたわたしに、

「ほーう。LOMOもぜんぜん使ってないのに?」 というアンサー。

まあまあまあまあ。
こう言われることは100%予測していたからいいとして、
ポラロイドの魅力を妄想まじりの夢見気分で語りはじめたわたしに、オット
「カメラが欲しいんなら、もう、一眼(デジ)買っちゃえば?」
なんて、とんでもないひと言で揺さぶりかけてきやがった。
これは一体。なにかの罠か。罠なのか。
どうするっ? どうすんのっ?オレ どうすんのよーーーっ!?
つづくーーっ!!<いや、つづかないと思う


やっぱり焼いちまった、シナモンロール。某映画の思うツボだぜ。コピ・ルアック。
画像はポラ風加工。撮る前に1個食べちゃった。
今となってはPannaが出たとき、サクッとカートインすべきだったとプチ後悔。
でも、本当はSX-70が本命。とは言え。一眼。夢の一眼・・。ほんとどうすんのよーっ。




2006年04月26日(水) あえてコックリさんではなく

ドライフルーツのように固く乾いた脳みそから
なにかしらのインスピレーションをひねり出そうとすると、
なぜか無性に手書き(手描き)したくなる。
タイピングや、ペンタブレットを使うといった手の動作とはまた違う
神経回路が働くのだろうか。

あまり興味のないテレビ番組をながら見しながら(これがポイント)、
深層心理に任せて電波系のラクガキタイムを過ごしていると、
たまに、なんじゃこりゃぁぁ!?なものを無意識に書いているときもある。
もしや、キューピットさんが南の窓から・・?


ラクガキはボールペンか筆ペンが多い。メモ帳は十数年前のもの。古ー。


友人からレンタルしていた「Papa told me−シーズンセレクション」。
10年以上前かな、連載中のものをたまに読んでいたのだけど、
その時は気付かなかったものがここにきてピタリとハマったよう。
一見すると甘いのだけど、実はサラリと深い。大人の童話。

読了後、検索していたらこのマンガがドラマ化されていたことを知る。
が、知りたくなかった。
信吉役に当てはまる人なんていやしないのよっっ。よよよ。



2006年04月23日(日) 週末黄金ライン

金曜の夜、“かもめ症候群”により、しらかば豚のとんかつを食べに行く。
とんかつ気分が満たされ満足するがちょっと胸焼け。増量サイズだったからか。

土曜の昼は、前々から行きたかった「日々是好日」でスープカレー。
開放的なのに隠れ家風な趣きのあるカフェの佇まいに一目惚れ。
壁の穴に施された演出も、常備雑誌も、カレーもすこぶる好みで大満足。
窓際のソファー席を狙って、また行こうと心に誓う。

そのあと、タルトが旨いと評判の「モニク」で春のケーキをいくつかチョイスし、
コーチャンフォー→ビックハウス(ローカルネタ)の黄金ラインで帰宅。
こうして外食が続くと、ごはん支度をひどく面倒に感じてしまうのが玉にきず。


結局夜ごはんは、「世界の山ちゃん」もとい「世界のくろちゃん」をば。ビール必須の甘辛味。


ピアノの森」新刊を読了後、また一巻から読み返し感動アゲイン。
とくに5巻からのくだりは何度読んでも引き込まれて胸高鳴る。
Amazonの “この本を買った人はこんな本も買っています” を何気なく見たら
PLUTO、のだめ、BECK、バガボンド、というラインナップ。
案外やるのね、Amazonデータ。見事に全部読んでました。



2006年04月20日(木) 妹思い

昨日、駅周辺をブラついているときに
限定版Oh!Baby ボディスムーザーグレープフルーツを発見。
昨年と同じく7月販売かと思っていたのに、今年は4月だったとは。
持ち歩くには重さが気になったけど、買えるときに買っとけ作戦で、
いそいそふたつお買い上げ。 このさわやかな香り、たまらんっっ。

ひとつは妹(妹も愛用者なんです)にプレゼントと思っていたのだけど、
姉の使い方次第で、その話はなかったことになるかもしれません。


いっそ、通年販売して欲しい。


TVチャンピオン ゆるキャラ日本一決定戦」で、キャラたちの奮闘ぶりに
座布団叩きながらヒーヒー笑っていたら、すっかり笑い疲れてしまい
「テレビ父さん」とともに私も敗退してしまった。笑うってすごく体力使うのね。

近畿・北陸ブロック の「タチレンジャー」の頭の太刀魚はベリーキュート、
中国ブロック の「い〜ねくん」が空気抜けてしぼんだところはミラクルでした。
北海道東北関東中部ブロック みなツワモノ揃い。
その中でわたしがゆるキャラに求めるものは、やっぱりコレ(音アリ)かな。



2006年04月19日(水) ハラゴシラエして歩くのだ

一ヶ月以上も前に購入した前売り券を握り締め、
小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、お三方の舞台挨拶付き
「かもめ食堂」特別先行上映会に参戦。

予定されていた、かもめ雑貨ショップ&カフェが急遽中止で残念−とか、
生小林聡美がむちゃくちゃかわいかった−とか、(座席が狭い−とか)
本編スタートと同時にみんなどこかに吹き飛び、わたしはヘルシンキにいた。

緻密に計算されているであろう、全てがぬかりなくパーフェクトなロケーション
もさることながら、やはりなんといってもメイン3人の存在感がすばらしく、
中でもとくに、もたいさんの“ゆるりとした空気を纏いつつも際立つ存在感”には、
憧れを抱かずにはおれないほど。素敵すぎです!マサコさん。

そんなもたいさんの存在を含め、随所で笑えて、ほわりとして。ほろりとして。
北欧スタイルのスロウライフ系映画とも見られるけど、
丁寧に暮らす時間の流れや、凛とした意思を感じる印象深い言葉たちが
じんわりと沁みてきて、心の芯がふっくらと満たされていたのでした。
予想していた好き指数の、さらに上をいかれてたなぁ、かもめ食堂。大好きだ。

鑑賞後は、「おにぎりー」「焼き鮭ー」「なんならトンカツー!」と吠えまくりながら
初入店した小粋な和食処で図書館長(仮名)とンーンー唸りあい。うますぎて。
もしかして既に死人? と、己の生存を疑うぐらい至福の一日だった。


久々のパンフ(右)買い。何回も見た。劇中に出てきたシナモンロールのレシピもバッチリ。
かもめ食堂占い。「わたしをちょっぴり幸せにするメニューはおにぎり(梅)」でした




2006年04月18日(火) ネジレスパイラルを断ち切れ

ゆがみが取れると一瞬にして体に革命が起こり−
などという、魅惑的な解説で綴られている「ゴロ寝で3分・骨盤たたきダイエット」
の“切り抜き”を、友人が“貸して”くれたので、体型タイプ別の体操(動作?)を
半信半疑でやってみたところ・・ アラ、ホントに気持ちイイ!

と、次の瞬間、デ・ジャ・ヴ。
数年前に通っていた整体でも、ほぼ同じ体操をさせられていたのだった。
ところ変われど、わたしのゆがみは同じところに辿り着くんだ−とひとり感心。
解説では、ゆがんだ体=ねじれたホース、
結果=停滞・圧迫・悪循環・・と喩えられていて、なるほどな とまた感心。

ダイエット効果は別として、単純に気持ちいいので、
佐伯チズさんの「手のひら美肌術」と合わせて、毎日の日課にしようかと。
どちらも、お金も時間もかからず簡単にできるのがポイント。

ここのところ「皮脳同根」という言葉をよく意識します。
皮膚と脳は同じ細胞から作られているので、どちらも影響し合うということ。
そうそうポジティブテンションばかりじゃいられない世の中だけど
気持ちがネジレそうなときほど、肌や体に気持ちのいいことを心がけたいな、と。
けど、ベンジャミンの枝と麻花児にはやっぱりネジレていて欲しいかな、と。



2006年04月16日(日) 喉カラカラ☆Saturday Night!

土曜の夜は、女子組4人で女体舟盛りを囲みヌゲヌゲ☆Saturday Night。
ウワサには聞いていたけど、「大漁居酒屋てっちゃん」。舟盛り、盛りすぎ。
この日ばかりは無礼講!とばかりに、皆で迷い箸クネクネしてるうちに
刺身たち減るどころか、見た目ますます増量しだすし。
その刺身たちは炒めてもらえるのだけど、炒めてももうギブでした。ゴメン。

で、あまりの満腹っぷりに勝手にファスナー全開、(わたしのみ)ヌゲヌゲNight。
ウェスト付近がすっぽり隠れるチュニック着ていって正解だった。
しっかし、今時期の札幌ってば、昼夜の寒暖が激しすぎて。
なにを着ればいいのやらだし、体もおかしくなっちゃいそうだし。


冷風にさらされた体と、春のいがらっぽさに。番茶の風味と温かさでほっこりさを補給。
一保堂のいり番茶(左)が減ってきたので、只今、加賀棒茶(右)と交互に飲んでます。



北の国から商品の石けんと気持ちだけ参加させていただいたイベント
EASTER PARADE -sheep,sheep,sheep-。

じつはこんなに反響があると思っていなかったので、
少しビックリしながらも素直に嬉しさ炸裂させております。

趣味で作っていた石けんにこのような機会を与えていただき、
そして、そのことにたくさんのあたたかい声援をいただいたこと。
言葉では言い尽くせないほどありがたく、とてもうれしいことでした。
わざわざ足を運んでくださり、石けんを買い求めてくださった方々、
また、行けないけれど気にかけてくださった方々も
ほんとうにほんとうにどうもありがとうございました。



2006年04月13日(木) EASTER PARADE -sheep,sheep,sheep-

先日の日記でもらしてた“石けん販売〜”の事の発端は、
「“パーチー”をやろうと目論んでるのだけど、石けんを出品してみない?」
という、ネットフレンドからのひと声でした。

彼女は今、再来月に創刊予定の雑誌の仕事でとても大変そうな状態。
でも、そんな時にこそ楽しいパーティーを!という、心意気でがんばっている姿に
微力ながらもエールを送りたいなと、喜んで参加させてもらうことに。
結果、わたしの方がイイ刺激もらい楽しませてもらうことに。
モッサリした日常に添えられる“おたのしみスパイス”って、いいものですネ。
で、本日そのイベントのWEBCARDが完成−との連絡を受け、おしらせです。

EASTER PARADE -sheep,sheep,sheep-
2006/04/15(13:00〜18:00ごろ)−04/16(13:00〜売り切れじまい)
東京都目黒区下目黒5−3−12 亀屋ビル2F Trippa Gallery

 
↑クリックでWEBCARD詳細がご覧になれます。ハンドメイド原毛羊は石けんのオマケに。

開催場所は東京なんですが、近郊の方、週末にぶらりといかがですか。
アルザスの復活祭のおかし「アニョー・パスカル」、クッキー、ジャム、
ハンドクラフト、キャンドル、and more?がおまちしております。
ほんとはわたしもその場に行きたいんだけど。うう。ドラえもーん。アレ貸してー。




こちらが創刊される新雑誌「料理通信」(の創刊準備号=0号)。
「食べる」という行為について、もっと深く想いを馳せたくなるような、
「食べる」という行為に対する五感や意識の幅を豊かなものにしてくれるような・・
そんな味わいが感じられるスタイルのフードマガジンと予察しているところですが、
贔屓目抜きにして、本当に素敵なコンセプトを掲げられていると思うので、
創刊後はじっくりと末永く愛される雑誌になってほしいなと願ってます。
The Cuisine Magazine 料理通信ONLINE
『料理通信』編集スタッフが送る食情報&創刊までの活動記録TRIPPA通信



2006年04月10日(月) 食い付かない。

オットが突然「RADWIMPS」を聞き出していたので、
どうゆう風の吹き回しかと思って訪ねたところ、
ニコ・ニコルソン」の人が良いって書いてたから気になって−とのこと。

おんどりゃー、わしが前に勧めたときは全然食いついてこなかったクセに!
と吠えつつも、ツマがオットにもたらす影響力のなさに我ながら笑えてた。
「25コ目の染色体」はわたしも一時期ヘビロテでした。しかも泣きながら(!)。
できれば「RSR」あたりで生希望。


「anパンダ」は“食いつけない”!かわいくて。今日のタイトル、「おでん」さん風だ。 


ウワサには聞いていたけど、スガシカオの新曲「19歳」のPVに口ポカーン。
こことのところのメジャー路線走行に戸惑う人々へのカンフル剤ということなのか。
モザイク(!)も馬乗り(!!)もあの設定もファンにしたら周知レベルだからいいとして
(そう、いいんです)、歌聞くことを忘れてしまうPVって、これいかに。これいかに。
といいつつ、食い付きまくりだったわたし。そうか、これが狙いだったのか。



2006年04月09日(日) Sunny Morning

ネットで出会った友人たちにイイ刺激をもらい、
相変わらずぼへーとしてはいるけど、充実した日々を送っていました。

近々、この日記でも詳細をお伝えすることができると思いますが、
自作石けんを単発イベント(?)で販売することになりまして、
その準備諸々を喜々としてこなしてみたり。
また、友人のワクワクするような計画の端っこに参加させてもらう
というありがたい機会をいただき、ふだんは見られないような夢を
一緒に見させてもらったり。

ゆるやかに流れてきたような、ほどよく気持ちのいい刺激に触れ
冬眠していた情熱(と書いてパッション)がむくりと起き出しそうな、
そんな春です。

刺激と言えば。
先月購入した「エナジーオブアユーラ アロマスカルプセラム」。
ほどよいシゲキが気持ちよく、すでに半分くらい使ってしまいました。
バスタイムにピッタリのまろやかな香りに包まれながら、
顔のたるみは頭皮から”を合い言葉に、うりうりマッサージ。
春の頭重感は、これとクール目薬で乗りきろうかと。



2006年04月01日(土) あなたに会えてよかった

一年にひとつずつマグを買い集めているのですが、
今年は、いっちょバシーンと気合いを入れる意味もこめて
激レアなボスコスキー・スノーマンマグを初めての海外通販で入手しまして。
出会えたことが奇跡のような一品にうっとりしながら、毎日愛用しております。

海外通販ということで、問い合わせメールは全て英文だったのだけど、
「えいご漬け(DS)」をちまちまやっていたせいか思ったより苦労せずに
意向を伝えることができ、Mint(未使用)でhigh qualityなものが手に入り、
しかも、何度かメールのやり取りをしているうちにいつしか、
ShopのサイトマスターDavid(自称29歳)とフレンドリーなメルフレ状態に。

あらヤダ。
鼻毛が、鼻毛がのびるよ、おじいさんー。
うん。春は埃っぽいからね。て、ちがーう。鼻だよ。四月バカン。


昨年はスタッキーズ。一昨年のレースドットはかなりプリントがかすれてきてる。・・なんてな。



←0603 top home

以前の日記