..

Paradise day 03/05 home

2003年05月29日(木) 夏日のはしご
2003年05月26日(月) 先先行な週末
2003年05月23日(金) 実験くんは昔の話が好き
2003年05月22日(木) 事前購入券を買いに行く。
2003年05月20日(火) 洗脳
2003年05月19日(月) 開設4周年目の週末
2003年05月14日(水) 半年目のアボガド
2003年05月11日(日) X−MEN2とふしぎな場所
2003年05月09日(金) 予定は未定/めぐりあう時間たち
2003年05月08日(木) きっちり洗顔二度洗い
2003年05月07日(水) かーちゃんの基準
2003年05月06日(火) 気まずい帰省
2003年05月01日(木) 切りたくてうずうず

いろいろ楽しかった一ヶ月。冬眠から目覚めてきた気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2003年05月29日(木) 夏日のはしご

「トゥー・ウィークス・ノーティス」 見た。
ヒュー いいっ! サンドラ いいっ! ふたりとも いいっ!
ていうか、 ふたりいいっ! このコンビ 最高! (感嘆符多すぎ)
二人の役柄はまさに ヒューとサンドラの真骨頂とも言えるキャラ。
んもー バツグン。


「ハンテッド」 見た。
トミー・リー いいっ! なんたって トミー・リー いいっ!
だって ベニと組んずほぐれつ 草むらに押し倒されたり、のしかかれられたり。
そうゆう意味で いいっ。 ていうか、うらやましい。 できることならわたしと代わって欲しい。


今日の札幌、すごく暑かった。
汗ダラダラ。日焼けしたくさい。首と腕と顔がヒリヒリする。
日も暮れて、遊び帰りは夏の匂い。
かえるゲコゲコ。
なぜか道ばたにわんさかいた。
よけながら歩くわたし。てくてくてくてく・・。 ぶちゅっ。 !!? (かなりデカいやつ。)

明日 雨が降ったら わたしのせいだと思ってください。
あー 靴越し足裏の感覚を消したいー。 (水風船を踏んだんだと思おう。・・ムリだ。)



2003年05月26日(月) 先先行な週末

土曜日 遊びほうけて 日曜日 寝ほうけてました。
いやー 寝た寝た 13時間。
頭痛かったので、薬飲んで寝たら、服着たまま朝を迎えてたんですよ。<一応ちゃんと布団の中
というか 眠りこけてるでっかいツマを着替えさす気は なかったんでしょうか・・。
まぁ、夕飯の支度から後片づけまでやってくれたみたいなので 何も文句は言えませんが。

たくさん寝たおかげで、足腰フラフラするけど 頭痛は治ってます。
寝汗かいてしまった布団を、朝からガシガシ洗濯しました。 えいえいおー。


土曜日は、「マトリックスリローデッド」 の先先行。
前作も大好きテイストだったが、今回もニタニタするくらい好きで参った。
好きなもんは、多少のことがあっても 好き好きなので、
『究極のおあずけ』 を喰らおうが 『長い長いエンドロール』 を拝まされようが
ワタシ アナタについて行くッ!! て感じです。
いい子にして待ってるので、完結では めくるめくご褒美ください。
裏切ったら   コロすよ。

なーんてな。
そんな怖いオンナぢゃなくてよ。 ほほほ。

映画の感想は、どこをどう書けばいいのか・・・な映画でもあるから、
好きなシーンと、笑えるツボ(!)の箇条書きになりそう。
覚えていたら、またあとで映画メモにでも。



2003年05月23日(金) 実験くんは昔の話が好き

かーちゃんから電話がきたとき、
「石けん 作ってみたんだけど いる?」 と聞いてみた。
すかさず かーちゃん
「苛性ソーダ使って作ったのかい?」 と言ってきた。

へぇー。
石けんを作る材料を知ってるんだ!? と ちょっと意外だった。
が、 「戦後はね、みんな ガンガンで作ったもんだよ 石けん。」 で納得。
(注:ガンガン=たぶん、一斗缶のこと。)

今でこそ、石けん作りは なんだかナチュラル生活のステキ趣味っぽい感じに
扱われていたりするけれど、昔は、生活の一部として普通に作られていたんだろうね。
ひと家庭、ひと家庭、味噌や漬け物、料理の味付けが違うように、
きっと、石けんのレシピも好みによって、ご家庭ごと違っていたのかもしれない。

戦後の石けん。
どんな材料で、どんな風に作られていたのか、ちょっと興味が沸いてきてしまったよ。
今度、両実家に帰ったときにでも、かーちゃん、お義母さんに聞いてみよう。
戦時中や、戦後の生の話を聞くの。 好きなんだ。
でも、もう 戦前、戦時中の話を直接聞かせてくれる人は、まわりにいなくなってしまったけど。
聞けるときに、もっとたくさん聞いておけばよかったなぁ・・と
センチメンタルな気分になるわりに、「人の話聞いてない!」とよく言われますが。ほほ・・。

 まず身内で毒味させる魂胆・・
ちょっと遅れた 『母の日』 てことにした。<なにもしなかったから。
クッキングペーパーで包んで、再生紙紐をラフィア風にして結ぶ。
ラベルはちゃちゃっと手書き。 しかも、ポストイットに。
言わなきゃわかんないよね。 ほほ・・。

−−−−−−

「廃油を使って石けんを作ってみましたレポ」
DIARY'S MENU → hand made report* にアップしました。
興味のある方はどうぞ、ごらんになってみてくださいまし。
わたしの石けん作りってば “ナチュラル生活”というより、“実験くん”。
気分は渦巻きメガネに爆発頭のマッドサイエンティストです。<人体実験も大好きです。(え?

 ←今回使用した廃油。色はキレイなのだが。色は・・。
最近、石けんのことばかりですみまへん。
たぶん今が一番楽しい時期なので、しばらくこんな調子だと思うけど
「きっと、そろそろ飽きるはね」・・と、 「きっと、楽しいのね。^^」 と、暖かく見守っていただけたら・・・。
でも、飽きる前に成功品作って配布しろ! とか、そんな無茶は言わんといてください。
なんせ、その成功品がなかなか作れないんで。(泪)



2003年05月22日(木) 事前購入券を買いに行く。

『絶対 音が良いスクリーンで。そしてもちろんできればベストポジションで。』
という、映画好きだが普段忙しくてなかなか観られないオットたっての希望もあり
「マトリックス リローデッド」 の事前購入券、販売日初日にゲッツ!してきた。
すごい力の入れよう。
でも、このくらいしないと いい席で観られないだろうし と思っていたんだけど・・・
まだ後方のいい席は余っているようだったかな。
でもま、なにはともあれ これでひと安心。
あとは、当日 腹コワしたりしないようにさえすれば。

せっかく札幌ステラプレイスまで行ったので 『竹麓輔商店』 で晩ご飯にする。
「らーめん むつみ屋」の創始者がオープンさせた、新しい味 がウリ。
更科めん並の極細(だけどプリプリ)の麺にトロンとまろみのあるスープがよく絡んで おいしかった。

その後、大丸デパ地下をちょろりとのぞく。
デパ地下大好きなオットがワクワクしてるようだったので、「ほれ。行ってこい!」 と、解き放ってみる。
案の定、鎖をハズされた(普段あまり散歩してない)犬のように、ブワーっと行ったきり行方しれずになった。
おーい。

別売り場で待ちくたびれていると、しばらくして「かま栄のパンロール2コ」と「ケーキ3コ」を手に
たいそうご満悦のポチ(オット)が尻尾フリフリようやく帰還。
ていうか、その「ケーキ3コ」てどうゆうことなんだ?
うちはふたり家族だよ。

もし、週末 わが家で「マトリックス リローデッド」を見に行った形跡がないようだったら・・
ケーキがもとで何か起きたと思ってください。



2003年05月20日(火) 洗脳

またしても ちょいと 『MRI』 に入ってきました。
ちょっと前に違う病院でやったときは、『サンドイッチ型』 だったのに 昨日は圧迫感のある『筒型』。
検査部位は 『肩』 だったから がっちり拘束されて頭からトンネルの奥へ。
かなりつらい拘束だったけど、20〜30分と聞いていたから楽勝だと思ってた。
が、 なによ。 たっぷり一時間ていうじゃない。

MRI体験した方はご存じだと思うけど、あれって
ドラム缶の中に頭を入れて、そのドラム缶をガンガン ガンガン 叩かれてるようなもの。
「動かなければ寝ててもいいですからねー。」 と 微笑む検査技師がニクニクしく見えた。
こんな状態であんなうるさい中、眠れるわきゃないじゃん と。

なのに 寝てた。

ニンゲンてスゴイ。
しかも、ちょっと夢を見ていたっぽい。
夢の中で、オットが 「狸!狸!」 と叫んでる。 「えー?どこにいるのよ?」 と、わたし。
気づかないわたしに しびれを切らしたのか、そのうちめちゃめちゃ しつこく連呼しだすオット。
「狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!狸!」

うううう うるせーーっ!

半ギレ状態で目が覚めたら 「タヌキ!タヌキ!」 と聞こえてたのはMRIの共鳴音だったと判明。
ていうか な、なぜ狸・・。 ワケわかんないよ。もう。 洗脳?


でも、洗脳ってああやれば、簡単にオチそうだなぁ・・ と ちょっと怖くなった。
だって、検査終わって拘束をといてくれる 検査技師が天の救いに見えたもの。
・・・・・縛ったのは、ヤツなのにね。



2003年05月19日(月) 開設4周年目の週末

なんだか妙に精力的に動いた週末だった。
その甲斐あってか、久しぶりに昼寝で爆睡。
オットが競馬で当てたのも、休日だけど職場へ行ってたのも気づかず寝てた。

昼寝からの起きがけに、ホームページ開いてから明日で4年目だ。と気づく。
なにか、TOPでも変えようかな・・と パソコンの前に座った途端 オット帰宅であえなく断念。
そして夜ご飯、餃子&カレーライスを食べた。

そんな、paradise paradise開設4周年イブ。
結局 特別かわったこともしないで過ぎるけれど、
今まで飽きることなく続けてこられた自分に おつかれさまを。
そして、今まで飽きることなくお付き合いしてくれたみんなに、ありがとうを。

いつまでも楽しい時間を共有していけるといいね。
これからも、どうぞ よろしく。(ぺこ)


−−−−−−

天気が悪くて今まで植え付けできずにいた植物たちを ガシガシ植えた。<プランターに
ベランダで作業してる間、なんども野鳥が遊びにきた。
が、わたしの姿を見るなり、ツバメ返しのように体を翻して諦めるように木々に舞い戻っている。
何が 目当てなんじゃ。
遊びにきてもいいけど、種や新芽には ちょっかい出してくれるなよ。
どうせなら、虫を食べてくれ。虫だけを。

植え付けたのは、ほとんどハーブ。あと、朝顔(西洋朝顔)とか。<ツルも出かかっていたし。
でも、今頃になってようやく芽がでた 超おくてのんきヤロウ朝顔がいた。

 ←ブラックデビルと名付けた。
しかも、これだけ色が赤い。
先日のアボガドといい、おそーくに出てきた芽は赤いと相場が決まっているのか?



2003年05月14日(水) 半年目のアボガド

アボガド・・・。
ありましたねぇ そんなの。

2002/10/29の日記で、アボが初登場 。
実験君みたいだと喜び、芽がでたら 『アボガドまつり』 ひらくなんて希望に燃えてます。

2002/12/01の日記では 根が出てきたことに喜んでおります。

2002/12/29の日記では、アボ分裂事件により、無惨にも半分に割れたアボガドが。 
いちおう 「がんばれー」と声援送ってるようでいて、半ば諦めムードも漂っています。

その後、かなりの間放置され、ダメもとで土に植えられ、
さらにこの春 どーでもいい鉢に植え替えられ、その後も続けられた放置プレイ。
そしていよいよ、サヨナラの季節を迎えるか・・ と思っていたところ、なんと

 ←芽が。

(↑どーでもいい鉢)
というか、芽なのか? なぜ、赤い。 赤いものなのか?
苦労したから 赤いのか?
わたしに対する抗議の意味なのか?
わからんー。

ということで、ハッキリ芽と確認できるまで 『アボまつり』 は保留で。
つか、『アボまつり』 てなにをするのだ。<自分



2003年05月11日(日) X−MEN2とふしぎな場所

わしわし 気忙しくも楽しい毎日過ごしておりました。

フライデーナイトは 「X−MEN2」 レイトで、ヒュー(ジャ)の肉体美堪能。
でも、髪型が前作よりさらに 猫ちゃん化してたような気が・・。
もしくは、この人↓。 サリーちゃんのパパか?っつーの。

 表情も似てる。
たぶん、3作目は、さらに 耳(?)部分が進化し、口髭も生えていると思われる。

今回は、サー イアン・マッケランにうれしいストーリーだったろうなあ。
まんまと 「お持ち帰り」 も成功したことだし。
こっちも、3作目、
“持ち帰られた彼” の能力が、サーの 『教育』 のよって さらに進化していると思われる。
どんな 『教育』 かは、みなの想像にまかせるとしよう。

ツッコミ感想、わしーっと書きかけていたんだけど、これはまたあとで。


−−−−−−

土曜は、肌寒かったけどぷっち行楽。
↓こんなところに、行ってきました。(実ははじめて行ったのだ。)

 天気悪かったせいか、ガラガラだった。
なだらかな上り勾配は、弱り切ってる足腰にはキツかったけど、
上から見下ろす光景は、ちょっと 異空間的でなにか神々しいものすら感じてみたりして。
白いピラミッドのさらに奥に行くと、自然と一体化し瞑想するべき ような場所もあり
全身 黄色い衣装に身を包んだ人たちが、
たまちゃんを救おう!と、一心不乱に祈りを捧げていた。


・・・・・・・・・ うそですたい。
あ、あやしい場所じゃありませんよ。>特に道外の方

何度も行きたい場所・・というほどではないけど、なんか楽しかったな。
陶芸も楽しそうだったけど、ガラス工房はどこで見かけても魅力的。
一度でいいから、ガラス吹き体験してみたいな と思うのである。
http://www.artpark.or.jp/



2003年05月9日(金) 予定は未定/めぐりあう時間たち

「めぐりあう時間たち」 の試写会に行ってきた。
場所は、札幌ファクトリーにあるシネマ11。
少し早めに行って、ファクトリー内をブラブラしようと思っていたら なんと 休館日。
さすが、めざましカウントダウン占いの最悪さんだっただけのことはある。

時間を潰すため、かろうじて開いていた 「トイザラス」 に行ってみると、
なんだか、妙にひとけが多かった。 みな、考えることは一緒なんだな。


さてさて。
定員470名のところに、応募総数6000通もあったという(ほんまかいな)
「めぐりあう時間たち」 はどうだったかと言うと・・。
・・言うと、言うと・・・端的に述べられないのが 「めぐりあう時間たち」 て感じか。
だって、女の人生って 端的じゃないもの。
ということで、まさに 「女の映画」 という感じでした。
もしくは、 「ニコールの映画」 。
といっても、 劇中 ニコールはいないのだけど。
だって あの人 ニコールじゃないもの。<それだけすごい

楽しく、おもしろい映画じゃないけど、こうゆう映画って、反芻するほどにあとからジワジワくる。
この映画の中に出てくる女たちが抱える 想いっていうか、心の根っこ みたいなものって
女の遺伝子中に組み込まれているのかな。
それが この映画の どこかの部分で ふと呼び起こされたら・・・
ずずーん とくるかも です。
わたしは・・・ きてしまいました。 これでもやはり女だったのね。

ダラダラ書き途中の感想は、なんとかまとまったらアップ予定。
予定は未定。 未定は気が楽。 ぱっぱや〜。



2003年05月8日(木) きっちり洗顔二度洗い

今度は オットの実家帰省編。
義弟の部屋に 『ハリーポッター 秘密の部屋』 があった。ラッキー。
晩ご飯も食べ終え、ひと段落した居間のソファーに寝転がり DVD鑑賞する嫁。
そんな嫁に、毛布をかけてくれた お義母さん。ひゃー。
すみません ごろ寝大好きな嫁で。

でも、前作でもそうだったんだけど、この映画ってなぜか 途中で眠くなる。
そもそも 若干子供向け風のわりに長いんだよ。
して、案の定 自分じゃ気づかないうちに寝た。
しかも、イビキをかいていたらしい。

そんなんなので、続きは明日に・・ということにして 途中でストップし
顔洗って、さっさと寝ることにした。

いやもう 本当は 顔なんて洗わないで寝たかったんだけど、
「あらあら、うちの嫁は お風呂にも入らず、顔も洗わないで寝るのかしら。」とか
思われてもなー と思って、とりあえず洗う姿勢を見せてみたのだ。<なぜにそんなところで見栄を。

が、いくら とりあえずと言っても、ヘアクリームで洗顔するのはどうかと。<自分。
しかも、ご丁寧に 二度洗いまで。
というか、普段二度洗いなんてしないんだけど、一度洗いでは、妙にヌルついていたので
二度洗いしたワケだ。ヘアクリームで。(3度目は手洗い石けんで洗ったが)

つか、一度目で気づけよ!<泡立たないんだから

−−−−−

帰省中の教訓その3。
寝ぼけながら洗顔するなら、いっそしないほうがマシである。



2003年05月7日(水) かーちゃんの基準

自分の親にビデオを勧めるのって 案外むずかしいんだなと知った18の春。
誰が18やねん。

たしか、去年のお盆も かーちゃんに オススメビデオは?と言われ
吟味した上で 「シックスセンス」 を勧めてみたが のっけから爆睡されたし。
とーちゃんは、最後までよくわかってなかったみたいだし。
まぁ、「シックスセンス」 は眠くなる要素があったから、しかたないなとは思ったけど。

なので今回は、そこをふまえた上でのチョイスに挑んだわけだ。
しかしだ
「オーシャンズ11」は? 「泥棒モノぉ・・? いいわ。(いらないわの意)」 と、つれない。
「ホワット・ライズ・ビニーズ」は? 「幽霊ものはいいわ。」 と、一蹴。
「ロード・トゥ・パーディション」は? 「マフィアやギャングもの 好きじゃない。」 とあっさり。
「海辺の家」は? 「泣けなくてもいいの。」 と、興味なし。
「ディープ・ブルー」は? 説明も聞いちゃいない かーちゃん。
途中、ズラーっと並んでいた「ハリーポッター 秘密の部屋」 を横目でみつつ
「こうゆうのは、一切 興味なしだから。」 続いて 「恋愛モノ? それもいいわ。」 と、しめくくった。

一体、どんなのがいいのさ もう。

でも、その中でも かーちゃんなりに気になった作品があったらしく、何本か手にとって見ていた。
その作品とは、 「バンディッツ」 と 「ジャスティス」。
どうやら ブルース・ウィリスがお好きなようだ。
しかし、他にも気になる人がいるらしいことが発覚。
なぜなら、「チェンジング・レーン」 と 「トータル・フィアーズ」 にも過剰反応していたから。

 誰だ。 誰目当てなんだ。 かーちゃん。(汗)
さらに かーちゃん 「9デイズ」 も気に入ったようだった
が 「ママね。この人出てるの好きなの。」 といって、クリス・ロックを指さしていた。え。
きっと・・・ というか、絶対 クリス・ロックの出てる映画は見てないであろう かーちゃん。

 うおー。 なんだ? 誰だ? 何が基準なんだ?
・・・・ ふ、ふたり並んでるパッケージ?
もしくは、サミュエル、モーガン、クリスが同一人物になってる可能性もありか。

−−−−−−

帰省中の教訓その2
血の繋がった親子と言えど、ビデオチョイスの基準は人それぞれ・・なのである。



2003年05月6日(火) 気まずい帰省

わたしの実家、なにもない。マチもさびれてるし。
で、ヒマならいっちょビデオチョイスしてくれ・・と言うことになり、ビデオ屋へ行った。
わたしが勧めたのは 無難に 『ジョンQ』 『スコア』 『パニック・ルーム』 の3本。

 新作の棚に表向きで並んでいた REM[レム]
が、なぜかしら かーちゃん この 『REM』 がえらく気になったようで、
パッケージ持ったまま動かなくなった。
こうなったら、もうダメ。 テコでも動かない。
『これ、どう? おもしろい?』 なんて人に聞いてるふうで、実はぜんぜん聞いてないし
心の中ではもう絶対借りる方向へと 突っ走っているのだ。<なら聞くなよ。
てことで、わたしは何度も優しく却下したんだけど、結局借りていた。

そして、なぜか家族で見るハメになった。
が、あんなに見たがっていたかーちゃんは、途中何度も中座し
とーちゃんは、『ダンナだろ。犯人はダンナだ!』とやたらとしゃべり出す。

そこに、おっさんジェフ・ダニエルズとロリ乳のエミリー・バーグルの無意味に長いサービスカットが。
ロリ顔のエミリー・バーグル、おっさんのファスナーおろして そこに顔もってくかー!?のアングル・・。
室内恐ろしいほどの沈黙。 長い沈黙。

あー 瞬間移動して うちに帰りたいーっ

勘弁してよもう。 どっと疲れた。(「レム」簡単感想はコチラ
『ママの借りてくるビデオはいつもこうだ。』 還暦越えしてるとーちゃん 脱力気味につぶやいた。
めずらしく、とーちゃんと心が通じ合った瞬間だった。

それにしても・・
映画の展開もラスト謎だが、何がかーちゃんをあんなにも惹きつけたのか・・・ それが一番の謎だ。

−−−−−

帰省中の教訓。
家族で観る映画は、よーく 考えて選ぼう。



2003年05月1日(木) 切りたくてうずうず

今回は、溶け崩れしにくく泡立つ石けん マユセイユ石けん に挑戦。
完成品が「豆腐」にならないように、牛乳パックの型で作る。

 ←お手製針金カッターでカットしたの。

型出ししてから、2.3日乾燥させる。
ほどよい固さになったところで、カットするんだけど、
わたし このカット作業 大好きかもしれない。

カットしていくときの しゅぱー とした あの手応え!! 新触感体験!
気持ちよすぎ!
たまらず、細かく切り刻みたい衝動にかられる。
でも、石けんとして使いやすいサイズがあるだろうし・・と、グッと堪えてたんだけど・・

本当は 切りたい。切りたい。切りたいんだよーっ!

ああ。切る感触が忘れられない・・。 手がうずく。
気分は『シザーハンズ』のエドワード・シザーハンズか『エルム街の悪夢』のフレディ・クルーガーか。


−−−−−

マユセイユ石けん製作日 2003/04/21 解禁日 2003/05/末


←0304 top home

以前の日記