..

Paradise day 01/03 home

2001年3月31日(土) 祝・電子レンジご購入
2001年3月29日(木) ハッピーな一日
2001年3月19日(月) ぼけぼけだるだる
2001年3月07日(水) 旅の準備はのんびりと・・
2001年3月05日(月) 出発までのカウントダウン
2001年3月02日(金) ブーツって脱ぐのが面倒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2001年3月31日(土) 祝・電子レンジご購入

電子レンジをついに買いました。(逝っちゃってから、約一ヶ月半)
修理に出したら、またなんとも微妙な修理代金だったので
思い切って新品を買うことにしました。
これで、チャーハンライフともお別れ・・。うふっ。
でも、チャーハン作りが昔より少しだけ上手くなったような気がする。
(ヘラとお玉を使って、サクサク炒め混ぜることを覚えた。)
それに、意外とレンジがなくても不便じゃなかったような気が。
まぁ、ごはんの温めにしか使ってなかったしね。


2001年3月29日(木) ハッピーな一日

久々に街へお出掛け。
今日の目的はひとつ、「ギャラクシー・クエスト」鑑賞。
そんなに人は入っていなかったけど、2人の陽気な外人男性と一緒になる。
スゴかった。
サクラ笑いのように 「ウアーッハッハッハッハッハッハー!」。
さらに時折、手も叩きながら笑ってる。<オバチャン笑いってヤツ。
だけどこのおかげで思いっきり笑えてしまった。
それどころか、もうー 笑いが止まらない!
上映中、「あるシーン」を除いてはずーっと笑いっぱなし。腹筋イタイー。
こんな面白い映画があっていいのー!?ってくらい楽しめて、
最高に幸せなひとときでした。

映画の前に、ちょこっとお買い物も。
「私の部屋」にてサロンエプロン。
家でつけてみたら、微妙に似合わないことが発覚。NOッ。(泣)
やっぱり黒色にしとけばよかった。<青色を買ったの。
それと、固くてオイシイ煎餅で有名な「ゆかり」。
海老海老しててオイシイ。渋いお茶が飲みたくなる。
帰りは「カリー軒」で肉汁ジューシーハンバーグ。ウマイー。

なんだか、今日一日とってもハッピーだった。
それもこれも「ギャラクエ」効果、かな。


2001年3月19日(月) ぼけぼけだるだる

モルディブから無事帰ってきて、はや3日目。
一向に旅の疲れというか、ボケがとれません。
なんたって、ギャップが激しすぎます。
いくら少しは暖かくなったからと言って、札幌まだまだ寒いです。
それを、いきなり常夏からひとっ飛びですから、
体がだるだるーくなっても、なんら不思議じゃないですよ・・ね。
決してトシのせいではないですよ・・ね。
でも、筋肉痛が二日目にでるのと同じく、
旅の疲れも二日目になってから、ガクッときたのには、
少々驚きましたけど。(汗)

モルディブとの時差はマイナス4時間だったため、
普段なら23時頃には眠くなるのに、夜中になってもランランです。
そのかわり、朝死ぬほどつらいです。←これはいつもだけど。

そんな状態の中、旅の後片づけをノロノロやってます。
一応、帰ってきた日に信じられないパワーで5割ほど片づけたんだけど
(・・というか、お土産とか早く出して余韻に浸りたかっただけ)
洗濯がねぇ・・。
まさしく山のようなんです。それも山脈並み。
洗濯機に入らないモノが、洗濯かごから溢れ、
さらにカゴにも入らないモノが、床にいくつもの山を作ってるんです。
はぁー。見たくない。乾かない。やりたくない。たたみたくない。

主婦にとって、至れり尽くせりの一週間はまさに、天国。
だけど、すっかりそれに慣れて ハッと気づけば
布団しまってない、お茶碗洗ってない、
おまけにエプロン反対につけてるという、、、。
旅ボケに輪をかけて、マヌケぶりまでも強化されています。

こんな感じなので、HP運営が平常に戻るのには、
もう少し時間がかかりそう。
けど、気まぐれにあちこちに顔出してますから、
見かけたら、声かけてやって下さい。


2001年3月7日(水) 旅の準備はのんびりと・・

旅行の準備も着々と進んでいます。

もっとも重要と言われるお菓子も、すでに購入済みです。
「かりかり梅」「フリスク」「梅ガム」「のど飴」などなど・・。
お菓子はやっぱり日本製に限ります。
あ、「フリスク」だけは違うけど。

他の準備はまだ、全然出来てません。
スーツケースについていた値札をやっとはがしたくらいです。
換金もしてないから空港でしなくては・・。
焦りますね。<ホントか?

成田からコロンボ行きの飛行機はスリランカ航空。
最近新しくなって、エコノミーにも映画が見られるモニターが
ついたとのことだから、どんな映画が見られるか楽しみ。
でも、パンフには「インド映画も見られます!」ってある・・。
なんだか、ちょっぴり不安です。


2001年3月5日(月) 出発までのカウントダウン

格安旅行会社に頼んだので、心配がたくさんあったのだけど、
一応(結局コチラから催促の電話をした)旅行に必要な書類等が
やってきました。ほっ。

これで、当日千歳からの飛行機が飛べば、無事モルディブです。
(雪にも「てるてる坊主」って効果あり?)

あとは、最大の心配「オーバーブッキングによる島流し」
さえクリアできれば・・。
モルディブは小さな島々から成り立っている共和国で、
島単位で役割などが違ってきます。
街のある島。飛行場の島。漁民の島。無人島。なんてふうに。
観光向けのリゾート島も「一つの島に一つのホテル(リゾート)」となってます。
なので、そのホテル(島)に宿泊出来ない場合は、
島を変更ということになるのです。

島を変更くらい・・と言っても、実は島にはそれぞれの特徴があって
ビーチが広く、浅瀬がずっと続く遠浅の島。
ハウスリーフと呼ばれる島周辺の環礁内が美しい島。
ダイビングに適した島。シュノーケルに適した島。など、色々・・。
それに、歩いて一周30程度の小さな島で
一日のほとんどを過ごすので、島選びはとても重要なのです。
それらを吟味した結果、ノンダイバーでシュノーケル重視のあたしたちは、
近場の海が美しいと言われている島、「フィリティヨ」を選んだのでした。

だから、どうか、神様・・。無事に辿り着けますように・・。
それと、トランクが行方不明とかにもなりませんように・・。
(↑これもありがち。指さし確認しなくちゃ。)


2001年3月2日(金) ブーツって脱ぐのが面倒

昨日、「小説家を見つけたら(試写会)」と「処刑人」を
S嬢とご一緒で観てきました。
待ち合わせは14:30。

いつも、先に待っててくれるS嬢なので、今日くらい先に出迎えたい!
と意気込んでいたものの、家を出てちょっとしてから
試写会のハガキを忘れてきてることに気づく。あうちっ。

走って戻って階段を駆け上がり、慌てて鍵を開ける。
しかし、その日に限ってロングブーツを履いていたので、
もー あたふた。
待ち合わせの時間に間に合うかすらも怪しくなってるし、
時間短縮のために、ブーツを片方だけ脱いで部屋に入ることに決定。

ブーツの方は、「かかと」だけで歩こうと思ったのに
靴底に雪がついていたため、フローリングの床で激しく滑り、
股関節ゴキッ・・・。うっ。
その上、泥棒コントのように足跡がついたので、
消そうとブーツでゴシゴシしてみると、余計にゴム跡が・・。

結局、あちこちに足跡を残し、出掛けました。
これを教訓に今度からは、両方脱がないで膝をついて
部屋に入ろと思います。(子供の頃よくやったよね。)

仕事から帰宅したオットは足跡に気づいてなかったみたいです。
本物の泥棒かもしれないのに、悠長なヤツっすね。


←0102 top home

以前の日記