教会へ行くのは初めてなのですが・・・


パワー・フォー・リビング ( 生きるための力 )

初めて教会にいらっしゃった方に差し上げます。 受付係りに、本を希望、とお伝えください。


「異邦人」の久保田早紀、元・日ハム監督のヒルマン、フィギアスケートのジャネットリン、福音歌手の本田路津子らが、いかにしてキリスト教信仰に導かれたか、それぞれの証しが綴られています。
 「あなたは、神にとって特別な存在です」、「あなたは神の目に高価で貴い存在です」と説いています。 ( A5判・147ページ )



★ 教会にはどんな人が来ているのでしょう?
   若者・高齢者・子ども・女性・男性・元気な人・病気の人・あらゆる職業の人々、
   こんなにさまざまな人々が一つに集まる所はそんなには無いでしょう。
   クリスチャン(信者)ばかりでなく、キリスト教や讃美歌に興味のある人、求道者も多く集まります。

★ 会費とか入場料はいるのですか?
   いいえ、礼拝の中で自由献金がありますが、初めての方、ご用意のない方はパスしてくださって結構です。

★ 礼拝に服装の決まりはありますか?
   特にありません。 神に向かって礼拝を捧げる、という心構えであれば、服装は自由です。
   夏期はエアコンが効いていますので、露出の少ないものがよいでしょう。

★ 以前、ある宗教からしつっこい勧誘を受けて困りました。 
   そのようなご心配は無用です。  
   (初めての方には、受付係りが「新来会カード」に記入いただくことをおすすめしています。
   記入いただいた方には、クリスマスなど特別礼拝のご案内をお送りします。)  
   けれどもお差支えの方は、受付にある「新来会者カード」に お名前のみ記して ( 住所・電話は記入せず ) お入り下さい。 
   

★ 何か持って行く物は?

   特にありません。 貸し出し用の聖書、讃美歌が受付にありますので、ご自由にご利用下さい。

★ 礼拝では、いつ 何をするのですか?
   受付係りが、その日の週報をお渡しします。 
   週報には、礼拝のプログラム(聖書のページや讃美歌の番号など)や、報告、予定などが記されています。
   「教会は初めてです」とおっしゃっていただければ、受付係りが教会員の隣の席にご案内いたします。 ご遠慮なくお尋ね下さい。

  


★ 
幼児がいっしょでも?

   お子さん、お孫さんとご一緒にどうぞ。  母子礼拝室もありますのでどうぞお気兼ねなく。

★ からだが不自由なのですが
   道路から礼拝堂まで段差は無く、車椅子のままで礼拝堂にお入りいただけます。
   お声をかけていただけましたなら、すぐに介助いたします。
 
  
★ 福音とは何のことですか?

   よろこばしい知らせ、゛good news゛ という意味です。   聖書は良い知らせを告げたキリストについて記します。
   キリストの教えと、キリストの行い 「人間の罪をすべてその身に負い、私たちに代って十字架にお掛かり下さった、
   死から復活され信じる人を罪の救いと永遠の命に招いて下さった」 これを福音といいます。

 
★プロテスタント 、カトリックの違いは何ですか?

   
キリスト教は16世紀の宗教改革以来、プロテスタント教会(新教)とカトリック教会(旧教)の二つの流れに分かれて来ましたが、わたしたちの日本キリスト教団・太田八幡教会はプロテスタントに属しています。
 新・旧両教会では50年程前から  教会一致運動の高まりにより、やがて共通の聖書(「新共同訳」 日本聖書協会刊)を用いるようになりました。 互いの伝統を尊重しつつも、より高い一致を目指しています。


★ 聖書とはどのような本ですか?

   聖書は旧約・新約の二部から成っています。 旧約の意味は「旧い契約」、新約は「新しい契約」です。 
   共に神の恵み、人間の救いがテーマとなっていますが、旧約は救い主キリスト誕生以前について、
   新約はキリストの教えと、教会の福音宣教の働きが中心になっています。
   聖書によく出てくる「
アーメン」の言葉は、祈りや讃美歌の終わりにも唱えられます。 
   アーメンは「真実、確かにその通りです」を意味する誓約の言葉です。

 教会では、あなたの席を空けて、お待ちいたします。


   >>> 表紙へ戻る >>>