皿ケ嶺(2022年 5月 9日)

過去の山歩記録へ        続・のんびり山歩記録へ       ホームページヘ

  

 

「幻霧ブナ林」 「緑したたる」
   
 久しぶりの雨の山歩。 天気予報は良くなかったけど、ガスの流れる新緑のブナ林撮影と皿ケ嶺春の花見物に、と出かけてみました。
雨の日に登るのは好きではありませんが、皿ケ嶺も今がブナの新緑が旬のころ。 雨覚悟でのお出かけです。 本当は曇り空くらいでなんとか・・・。 
7:47風穴下の駐車場着、気温14℃、曇り。 出発準備をしていると同じころ来た車2台の方が先行して登って行く。
8:10私もボチボチ登りはじめる。 登りはじめて間もなくするとポロポロと降って来る。 とりあえずザックカバーのみで。
 
この時期皿ケ嶺は花盛り。登山道沿いには、コンロンソウ、ヤマブキソウ、イチリンソウ、ラショウモンカズラが目立つ、それに今年はヤマシャクヤクが多い。
その他にもいろいろ有り、ついかがみ込んではパチリ。なかなか先へ進みません。 竜神平へ直接行くコースを登りましたが、今年は予想外にシコクカッコソウ
のピンク色が目についた。このコースにこんなにあったかな? と思うくらい。 一旦止んでいた雨もまた振り出したので、ベンチのところで傘を出して歩くことに。
カメラが濡れないよう注意して歩く。 ガスの流れる景色を撮る時は、片手で傘、カメラを顔にくっつけてブレないようにパチリ。でも、難しいです。
 
今回はお気に入りのブナ林でガスの流れる林を撮りたいので、竜神平には直接行かずにまずはその場所へ向かいます。
9:37その場へ到着。いい感じでガスが流れていますが雨も降ってる。片手撮影という訳にもいかず、三脚をセット。 カメラを濡らしエライ事になってもいけない
ので三脚と傘利用。 あれこれとガスの流れるブナ林を撮り自己満足してその場は終了。 雨も止まないのでついに合羽も出番。竜神平へ向かいます。
途中、ツツジもいい具合に咲いてるので、ついついゴソゴソと林の中へ。おかげでズボンはビショビショです。
 
10:30竜神平小屋に到着。誰もいません。でも時々登山者さんには出会います。その後山頂へ向かい、11:07山頂着。 この頃は空も明るくなり雨も止んで
雨も上がるのかな、と思いましたが・・・・。 山頂で食べものを摂って休憩した後11:30下山開始。 するとまた雨になる。 
この後は何組かの登山者さん達に出会う。雨でも流石この時期は、”花の皿ケ嶺”を訪れる方は多いようです。 
途中、登山道沿いにあるシコクカッコソウを見てみると、今年はここの花は大変少なく寂しい限りでした。 その後も止まない雨の中を傘をさして下って行きます。
 
13:02駐車場へ下山。車は12台停まってました。 下山中、皆さんが覗かれるクマガイソウはまだ白い蕾のままで開花はまだ先のようでした。
天候は良くありませんでしたが、途中登山者さん約30名と出会う。 例年のように沢山の花にも会えて、霧(ガス)の森の自己満足写真も撮れて天候は悪くても
まずまずいい山歩でした。 下山後、車内で遅い昼食を摂った後帰路につきます。
 

いつものブナ林ですが、新緑とガスがいい感じでした。 「新緑のブナ小路」

  

     

「霧に咲く」 雨に濡れて色鮮やかに。

 

 

この場所は見事に咲いてました。 某所に咲いていたクマガイソウ。ここは毎年早く咲きます。

 

 

竜神平水場に咲くシャクナゲ。今年は花数が少ないようです。 いつものブナです。その1

   

     

いつものブナです。その2 いつものブナです。その3
       
         

ホームページヘ