皿ケ嶺(2022年 4月23日)

過去の山歩記録へ        続・のんびり山歩記録へ       ホームページヘ

  

 

「萌えブナ」 「新生ブナ」
   
 春の花にはまだ少し早いだろう、と思いつつ皿ケ嶺への山歩。 来週からの天気予報はパッとしない日が続きそうなので、と言っても今日もイマイチの予報。
でも雨は無いであろうと出かける。 今回は久しぶりに水の元登山口から登ることにする。 たまには「天狗の庭」も通ってみようと思い、水の元から登ることに
する。 7:55水の元登山口を出発。曇り空で気温は15℃。暖かい。まだ車は全然いません。少し早く来すぎたかな〜〜? 
植林の中の登山道をゆっくりと登って行く。 風穴に8:21着。すぐにまた登って行く。 この辺からは登山道沿いにポツポツ花が現れてくる。
 
でもまだあまり開花してる花は少ないがハシリドコロはやたら目につく。 ヤマブキソウやイチリンソウは数輪目についたくらい。
それでも登山道沿いに座り込んではパチリ。 登るのに時間が掛かります。 今日は直接「十字峠」に登って行く。 いつもと同じ写真を撮りながらトボトボ登って
行く。 今年はシコクカッコソウの葉芽がいつもの年に比べたら非常に少ないみたい。不作? それとも・・・・?
十字峠で少し休んだ後、山頂へ向かう。何名かの登山者さんに出会う。 10:00チョウド皿ケ嶺山頂に到着。気温18℃くらい。曇天。
 
休んでいると5名の方が来られる。今日は山々の見透しは良くない。ボンヤリ景色。 10:20山頂より下山開始。これまた毎度の同じ写真を撮りながら竜神平へ 
下って行く。 まだブナの新芽が殆ど出て無いのでまだ少し寂しい感じの山である。竜神平で少し休んだ後、10:55出発。 上林峠方面へ向かう。
いつもながらこちらのコースになると出会う登山者さんが少なくなる。 このコースはブナが多いのでお気に入りのコースではありますが、まだ芽吹きには早いので
チョット残念。それでも何度も立ち止まってはパチリ。新緑の頃また来てみたいものですが?。
 
11:41上林峠着、少し休憩。 先週、東方面からここまで来ていたので1週間ぶり。 いつもここは風が吹き抜けている峠である。
11:50再び下り始める。この辺はこの時期あまり撮るものはなし、単調に下って行きます。 林道に降りてくるとグループ登山者さん達に出会う。
そのまま「天狗の庭」方面へ下って行く。 やがて大きな岩がゴロゴロしている庭に到着。この辺は風穴付近に比べると標高が低いので開花している花が多い。 
座り込んで花をパチりパチリと・・・・。 空は完全に曇ってきたのでお日様の光がなく素人には花の写真は上手く撮れません。 無精者は手持ち撮影ですので。
 
道草して撮影した後、水の元へ下って行きます。 12:47水の元へ下山、車も14.5台停まっている。 
荷物を片付けているとフロントガラスに水滴がポツポツ・・・。 ”エッ降るの!?” 車内で遅い昼食を摂った後、13:15帰路につく。
雨も麓に降りてくるて降ってない。 皿ケ嶺の春の花はやはり5月になってからが最適かな? 
 

いつものブナ撮影その1 いつものブナ撮影その2

  

     

いつものブナ撮影その3 本日の皿ケ嶺山頂

  

     

今日は石鎚山もシルエット景色 まもなく芽吹きのブナ林

 

 

クロフネサイシン エンレイソウ

 

 

イチリンソウ。まだ少ないです。 ジロボウエンゴサク シコクカッコソウ。1輪だけ見ました。

   

     

カタクリ、時既に遅し! エイザンスミレ。多くありました。 ヤマブキソウ。まだ少ないです。

上記以外にも花類は咲いていましたが、掲載は省略しました。

       
         

ホームページヘ