うなめご(奥善神山)(2022年 4月16日)

過去の山歩記録へ        続・のんびり山歩記録へ       ホームページヘ

  

 

「新緑と冬の名残り」(下山後東温市横河原より石鎚、二ノ森方面) 春の霧氷。ブナの新芽が寒そうです。
 4月の上旬は暖かい日が続き春の花も一気に過ぎ去った。 今日・明日の天気予報は良さそうなので、先月登った「うなめご」(奥善神山}に再度の山歩。
前回は東の「井内峠」から登ったが、今回は西の「上林峠」からの山歩。 東側から登った時に、次は西側から、と思いまだ樹々の葉が茂らない4月に行こう。
と決めていたので今日のお出かけとなる。 今日は、天気予報は良いけど気温が下がる予報なので寒いかも?
7:00前自宅を出発。皿ケ嶺登山口方面へ向かう。 朝は皿ケ嶺〜石鎚山系の山々は雲の中。しかし今日の予報では雲も昼までには消える筈だ。
 
いつもの皿ケ嶺登山口を通り過ぎて車で久万高原町畑野川方面へ向かう。 上林トンネルを抜けて少し行くと広場があるのでそこに駐車。 8:00到着。
今朝は冷たい北風がビュウービュウー吹きまくってる。 気温2℃、寒ぶーー!。稜線はガスってる。 もしかして霧氷かも?? 
予想外の寒さなので防寒着を着る。 8:35登山開始。 トンネル出口まで引き返し、そのトンネル右側の車道を登り始める。 まずは陣ケ森への登り。
陣ケ森にはNTTの電波鉄塔基地があるので山頂近くまで車道がついてる。行きはこの車道を登り、帰りは登山道を利用することにする。
 
しかし、この車道歩きはクネクネしてるので距離が長い。上の方まで来るとガスも切れはじめ皿ケ嶺方面も見えてくる。その皿ケ嶺の北側斜面が少し白い。
”ウッ! あれは霧氷かな!”  やっぱり霧氷か。 四月に皿の霧氷はめずらしいかな? これだと石鎚、瓶も霧氷であろうナ〜〜。
今日は瓶に行くべきだったかな〜、と少しモヤモヤ気分。でも、今日は予定どおりに!。 9:15陣ケ森山頂着。ここは植林された樹々があり展望が無い。
10分後、山頂を出発して奥善神山へ向かう。この頃になると雲が切れ始め、奥善神山方面も見えてくる。その北側稜線は白い部分もある。
 
少しは霧氷も付いてるようだ。ここから奥善神山まではアップダウンの稜線歩きになる。強い北風が吹き付ける稜線を歩いて行く。
しばらく歩くと、本日一番の登り坂かな? 前々司山?手前のピークの登りにさしかかる。急登をヨタヨタと登って行く。この辺になると木々の枝が白くなり霧氷
も出てきたのでカメラを出して撮りながら進む。しかし霧氷と言っても、霧氷の赤チャンくらいなので写真にはならない。やがて前々司山?の標識のある所を
10:08通過。また少し下って行く。この辺は大きなブナの木もある感じの良い稜線である。最後の登り坂を登っていると下山してくる登山者さんに出会う。
 
本日初めての登山者さん。 その登山者さんを見送ると、今度は私の後方から登山者さん1名が追い越していく。 2名にも出会うとは・・・。予想外。
その後まもなく、井内峠方面と奥善神山との分岐点に着き、右に行くとすぐに奥善神山(うなめご)に到着。 10:30チョウド山頂着。先行者さんが休憩中。
先行者さんはすぐに下山して行く。私は暖かい飲み物を摂って休憩タイム。ここも風が強く寒い。でも青空が広がり陽射しも出てきたので気温も上がる。
温度計を見ると+6.2℃。 石鎚方面は雲があり良く見えない。 10:55山頂より下山開始。登って来たルートを引き返す。  

トンネル右側方面に登って行きます。 陣ケ森山頂の様子。
 登る時既に霧氷はパラパラ散っていたので下る頃には殆ど散ってしまってる。 下りといってもアップダウンがあるので登り坂もありボチボチ進んで行きます。
次第に気温も上がり暑くなってきたので、前々司山?のピークの所で防寒着は脱ぐ。 ここからは急坂を下るのでついでにストックも出す。
途中、1名のお登りさんに出会う。 登山道は笹などが刈り上げられ整備されているので歩き易い。深い笹などの区間もあるので整備される方には感謝です。
11:52陣ケ森分岐点まで戻る。下りはここからは車道でなく稜線沿いの登山道を下山してく。 まだ風は強い。
 
12:13上林峠着、少し休憩。 峠の少し下の道端にお地蔵さんが祭られている。 本来の峠はこちらの方かな?
峠から久万高原町側に下るとすぐに登る時利用した車道に出る。 この車道に降りた時チョウド1人の登山者さんが撮影中。
見るとなんと皿ケ嶺の植物博士!?の〇〇さん。 今日もご出勤で春の植物観察、流石熱心です。 立ち話後、私は車道を歩き、12:30車に戻る。
広場には車が3台に増えていた。 この頃は空はスキッとした青空が広がり寒いけど気持ちの良い眺めになる。 車内で昼食を摂った後、13:10帰路に着く。
 
車で麓まで下って行くと、山肌の深緑が輝いて空気も綺麗、これだと白い石鎚が見えるのでは、といつもの場所へ行き石鎚をパチリ。
少し雲があり霧氷も散ったのか白さもイマイチでしたが春の霧氷の山はいい眺めでした。
まだ一度や二度は戻り寒波で石鎚山系は白くなる、と期待はしてるのですが・・・・・・・。その時は是非お邪魔させてもらいたいものです。
今日歩いたコースは昔一度歩いているのですが、記憶も定かでなかったが今回確認することが出来たのでいい山歩になりました。
 

前々司山の標識の場所。後方のブナの枝は霧氷で白いです。 うなめご(奥善神山)山頂。

 

 

うなめご付近から見る皿ケ嶺(右) 前々司山(中央)への登り返し。

   

    

上林峠、右方向へ下って行きます。 峠近くのお地蔵さま。石室に鎮座。

 

 

下山時の陣ケ森。碧空が綺麗です。 東温市から見る石鎚山。
       
         

ホームページヘ