石鎚山(2022年 4月 1日)

過去の山歩記録へ        続・のんびり山歩記録へ       ホームページヘ

  

 

ピーカン天気でなく、時々ガスが流れるいい霧氷の石鎚でした。 白粉塗りまくり化粧の天狗岳。
 4月1日は石鎚スカイラインの冬期閉鎖の解除。今年も出かけてみました。例年この時期は寒気が流れ込み、降雪や霧氷が着く事が多い。
今回も寒気が流れ込ん来たようで、もしかしたら霧氷でも見えるのではないかと期待して自宅を出発。
7:00前、スカイライン入口まで来ると既に何台かの車が並んでいる。私は駐車場に車を停めてのんびり待ちます。毎年この日は警察や消防の方が
来られて安全登山の注意喚起を行ってる。今朝も来られてグッズを配っていました。私も頂きました。
 
オープンと共に車約10台以上が進入して行きます。 私は最後尾からゆっくりと。空は曇り空、風も強いです。スカイラインをどんどん上がって行くと、
石鎚山は雲にかくれて見えませんが、山肌は白く霧氷がついてるようだ。 ”オッ! バッチリではないか!。” ひとりテンション上がります。
西空の方からは少し雲が切れ始めてる。 今日は良いかも。 スカイライン道端には残雪の塊も。
7:26土小屋着、気温ー3℃。 周辺の樹々は霧氷で白くなってる。しかし北風が強くて非常に寒い。
 
登山者さんの車は7.8台かな? あと閉鎖されていたトイレの清掃点検する業者の方の車が数台。 この寒い中での清掃、ご苦労さんです。
8:00頃土小屋出発。既に何名かの方は先行して登って行きます。 装備は冬山装備で登ります。
始めは登山道に残雪はありませんが、鶴ノ子ノ頭北側トラバース道になると少しづつ残雪が現れてきます。
霧氷景色の中を登って行きますが、雲が流れているので景色は見えません。 第二ベンチ辺りまで来ると雲が少し切れ始める。
 
残雪があるので滑らないように気を付け登って行く。まだアイゼンはいいかな・・・。北風が強くて顔が冷たい。
9:14東稜分岐点着。 先行登山者さん達4名がアイゼンを装着している。 ここからは北側斜面の登山道になるので残雪は沢山あり。しかも残雪は
固い。私もザックをおろしてアイゼンとストックを出す。 ところが、この頃から北壁のガスが晴れ上がって来る。青空も出てくる。
”なんだ、なんだ、早すぎるじゃないか!” なるべく早く山頂へは行きたいけど、この景色も撮らないと。 ザックからカメラを出してバシャバシャ撮影。

ガスが晴れ上がって行きます。(東稜分岐点より) 第三ルンゼの様子。
 その後また登り始める。先行登山者さん達はとっくに出発してます。 アイゼンを付けて残雪の中ゆっくりと登って行きます。雪は固まってはいますが、
油断してると、ズッボと足がめり込み膝上まで沈む。 なるべく人様の踏み固められた箇所を辿る。 ルンゼの箇所は上からの氷塊落に気を付けて足早
に通過したい、ですが、軟弱者の年寄りはモタモタ。 上を見上げると白い北壁が見えてる。 しかし残雪登山は疲れるナ〜〜。
立ち止まってはパチリ。 第一ルンゼを過ぎると北壁も美しく見える。 ”ウ〜〜ン、綺麗だな〜〜。” またザックを降ろしてカメラを出してバシャバシャ。
 
こんな事してると山頂へ着く時間が増々遅くなる。 10:31ニノ鎖下の避難小屋に到着。少し休憩。 10:40出発。 ここからがしんどい所だ。
残雪斜面を立ち止まり休憩しながら登って行く。 鉄階段には残雪が全然ないので歩き易い。相変わらず北風が強い。下山者1名と出会う
三の鎖巻道の危ない箇所も思った程残雪が無いので難なく通過。 でもスリップでもすれば数百mは滑るであろう。
11:17弥山山頂に到着。 先客さん5名休憩中。 空は青空ではあるが時々ガスが流れ込んでくる。 とりあえず状況写真を撮って昼食にする。
 
風の当たらい場所で気温ー5℃。 風が強いので稜線はもっと寒いかも。 陽射しが有るので風の当たらい場所では暖かい。
山頂では8名の方を見かける。 天狗岳の北壁には霧氷が良く着いてる。 折角なので天狗岳方面からも撮ってみたいので天狗岳行ってくる。 
稜線には残雪が無いのでアイゼン付けてると反対に危ないのでアイゼンは外していく。
12:32弥山へ戻ってくると誰も居なくなってる。皆さん早い下山だ。 今日は、ピーカン天気ではなく時々ガスも流れるので待っていればシャッター
 
チャンスがあるかもしれないが、日帰りなのであまり長居もできない。 12:50下山開始。 下りはより慎重に下って行く。
ニノ鎖避難小屋付近まで降りてくるとお登りさん2名に出会う。 聞くと、警察の山岳救助隊?パトロール登山のようだ。 少し下ったところでも2名の警察の
方に出会う。登山パトかな? 13:52東稜分岐点まで降りてくる。ここでアイゼンは外す。今日は冷たい北風ズーっと吹いてる所為か、霧氷が全然散らない。
下山も霧氷のトンネルを潜りながら下って行く。 第一ベンチでも少し休憩し下山。 土小屋へ15:09下山。 この辺りもまだ霧氷がついてる。
 
トイレもスッカリ綺麗に使用可能状態になってる。車は5,6台になってる。 荷物を片付けて帰る準備。 町道瓶ケ森西線はまだ閉鎖されたまま。
でも、まもなく町瓶線も開通。 いよいよ春山シーズン到来かな? 気温3℃。15:25帰路に着く。今日は久しぶりに白い天狗岳を見ることが出来て良かった。
いつもこんなだといいんですが・・・・・。
  

第二ルンゼの様子。 第一ルンゼの様子。

 

 

久しぶりに出会う白い北壁。 ニノ森方面の様子。

   

   

寒そうな天狗岳山頂の祠。 天狗岳稜線の霧氷。

 

 

今日の天狗岳の様子。 弥山山頂広場の様子(12:32頃)
       
         

ホームページヘ