世田山(2022年 3月 3日)

過去の山歩記録へ        続・のんびり山歩記録へ       ホームページヘ

 

 

  

瀬戸の夜景と寒風・笹ケ峰の稜線。 朝焼けシルエット。左赤星山〜右赤石山系
  天気予報をあれこれチェックして、今日は期待ができるかな? と思い、先日行った今治の「世田山」からの石鎚狙いで出かける。 
3:00過ぎ自宅を出発。星は見えてるので期待する。 でも、桜三里付近を通過する頃には星は全然見えない。 ”ダメかな〜〜。”
登山口4:37着。 ここに来ると満天の星空。 望みありそうだ。 重いザックを担いでゆっくりと登り始める。 約20分で稜線のコルに到着。
汗が流れるようになる。 今朝は西側から風が吹いてくるので寒い。 瀬戸内の夜景を見ながら稜線を歩いて行き、世田山の岩場に5:40過ぎ到着。
 
山は見えるか? と石鎚方面を見るが暗くてよく見えない、シルエットも見えない。 ダメなのかな? 笹ケ峰方面から東の稜線は見えてる。
とりあえず撮影準備に掛かる。 少し明るくなってくると、石鎚方面には雲が流れ込んでいるのがわかる。 ”ありゃ!今朝もダメか!” 
寒風山から赤星山にかけての稜線は良く見える。 だけど、伊予富士辺りから西の稜線は、松山方面から低い雲が流れ込んできて山々は見えない。
折角期待したのに・・・・。今朝もハズレか! 赤石山系方面は次第に空が染まってくる。 石鎚方面も晴れていれば朝焼けになるであろけど・・・・。
 
やがて6:40頃、赤星山からお日様が顔を出す。 石鎚方面は以前雲隠れ。  撮る景色が無いので退屈。 朝食を摂って時間つぶし。
その後、7;50頃から石鎚方面の雲が切れだしてお山がボチボチ現れてくる。 しかし。今朝は空気の濁りがひどくて霞がかかり山はボンヤリ。
お日様の陽射しも澱んだ空気に遮られて石鎚は良く見えない。シルエットを眺めてるようなものだ。 全然ダメだナ〜〜。 撮る意欲もしぼむ。
岩場に座って様子見。でも全然空気はスッキリしない。 前回よりヒドイな〜〜。 待ってもダメだ。 9:10本日の撮影は終了。
 
9:25岩場より撤収。 稜線に立ち止まっては瀬戸内の景色を見ながらのんびりと下って行く。
片道40〜50分の登りなので楽チンではあるけど、これから先春になればますます空気は澱んでくるから、今年はもうチャンスはないかな?
今日も成果なしでショボショボと引き上げです。
 

日の出前、一瞬頭を出した石鎚。 赤星山からの日の出。

   

        

雲が切れ始め、石鎚が見え始める。 春霞?に浮かぶ石鎚。

  

    

周桑平野もボンヤリ。 世田山付近の稜線。眺めは良いです。
       
         

ホームページヘ