世田山(2022年 1月15日)

過去の山歩記録へ        続・のんびり山歩記録へ       ホームページヘ

 

  

  

この朝焼け後の天候に期待したのですが、この後は・・・・・。 朝もやに浮かぶ霊峰。
   
石鎚山系には降雪、今日の天気予報はどれも良い情報。 シャッターチャンスかな? と、 昨年も行った里山からの石鎚狙いに再度チャレンジしてみる。 
ですがあえなく撃沈!! 今治市にある里山「世田山」は石鎚山の展望にはいい所なので、雪の石鎚山に朝日が射し込む景色に期待して行く。 あわよくば
朝焼けの山の下には雲海が流れている。 と、欲ばった考えだったのでその分期待が外れるとガッカリ! 
4:00前自宅を出発。 この時から空には星が殆ど見えないのでどうかな? と思いつつ車を走らす。
 
5:20登山口の駐車場着、気温0℃。 誰もいないであろうと思ったのですが、なんと先客1名様が出発準備中。 私も5:45登り始める。
今回も大型三脚に交換レンズあれこれ一式持参。ザックを担ぐと肩にズシッ! 長い山道ならギブアップであろう。でもここは里山。これなら年寄りでも・・・。
見上げる空には星は無し。 瀬戸の夜景が美しい。 ひと汗かき始めた頃世田山に到着。 その先の撮影場所の岩場に6:27到着。
赤石山系から石鎚山系まで山々は良く見えてるが上空には雲が広がってる。 朝日はどうかな〜〜、と思いつつ撮影準備。
 
明けゆく山並みと瀬戸内の街を撮りながらチヤンスを待つ。 今朝は風は全然なく寒さはあまり感じない。 日の出前になると赤石山系方面の雲が朝焼けに
染まってくる。 少しは青空も見えるので石鎚方面が朝焼けになるか? と期待しながら待つが、その後は雲が多くなるばかりです。
やがて日の出タイムになっても雲は晴れず、お日様も見えません。 折角石鎚が見えてるのにナー・・・・・。陽射しの無い山肌は暗くて美しくない。
結局、今回も朝のチャンスはなし。 でも、もしかしたら・・・、と岩場に座り食べ物を摂って待つ。 今朝は誰もやって来ません。
 
今日は土曜日、石鎚に登ってる方もいるだろうナ〜〜、と眺めながら待ちますが、変化なし。 お日様も顔を見せてくれない。
9:30まで待つがシャッターチャンスはなし。 今日はアキラメ! 撤収開始。 登って来たルートを引き返す。
この頃になると下山途中には何人かの登山者さん?達と出会う。 里山なので地元の人が毎日登山でもしてるのかな? 荷物を持たないハイカー風の方が
多い。  10:17駐車場へ降りてくる。車は8台に増えてる。  下にある麓の駐車場にも車が一杯。 人気のある里山のようだ。
今日はダメだったけど、また次の機会もあるであろう。 曇り空の下の石鎚を眺めながら帰路に着く。
 

明けゆく東の空。 日の出時間になっても陽射しはありません。(300mm)

   

       

まもなく日の出、雲が無くなって欲しいです。 雲の中の日の出、お日様も良く見えません。

   

   

陽射しが欲しい!(600mm) 安物レンズでは暗いです。(600mm×2)

 

 

朝もやの瓶ケ森方面。 石鎚から鞍瀬ノ頭。

 

 

朝の周桑平野と石鎚山の山並。 昼過ぎ松山方面から見る石鎚、少し陽射しが出ました。
       
         

ホームページヘ