コンテンツ

革工房ビフォアフターの様子

ブログ
M's革工房
革製品ビフォーアフター〜 マッキーのお仕事日記〜

 

お問い合わせ

M's革工房
新潟県糸魚川市
担当*水沢
フリーコール
電話 0120-929-477

M's革工房

革(レザー)は今よりキレイになれる

ビフォア・アフター


M's革工房
革製品ビフォーアフター〜 マッキーのお仕事日記〜

普段の仕事をブログに掲載していますので、興味のある方は ↑↑ ご覧下さい

いままでのメンテナンスの様子


革想い 一途に

皮革の歴史は古く、原始時代にさかのぼります。
狩りでしとめた動物。肉は食用に、皮はなめして革にして衣類に、骨や角は刃物に加工して生活していました。
時代は流れ、人々は階級や権力を示すものとして革を身にまとうようになります。
さらに、現代では化学技術が発達し天然皮革に似せた、「人工皮革・合成皮革」というものまで開発され、広くファッションに取り入れられています。
革は私達の暮らしに密着して存在しています。

「皮」「革」この違いを皆さんご存知でしょうか?

「皮=スキン」を薬品を用いて腐らないようになめしたものが「革=レザー」なのです。
「なめす」というのは皮をやわらかくしてより扱いやすいようにする作業のことを指します。

革製品は私達の身の回りに溢れています。
靴・バッグ・財布・ジャケット・携帯ストラップ・ソファ・車のシートなどなど。
とても身近で汚れるはずなのに、お手入れの仕方がいまいちわからない。そんな位置にいる素材ではないでしょうか?

革は私達の皮膚と同じく呼吸をし生きています。
汚れたらきれいに洗い、乾燥してくれば保湿してあげなければ、どんどんその美しさが失われてゆきます。日ごろから気にかけてあげることが大切なのです。

わたくしども「M‘s革工房」では、あなたの大切な革製品のメンテナンスを一手にお引き受けいたします。
素材を見極め、適切なクリーニングを施し、キズの修理、しみ抜き、整形・仕上げまでトータルサービスいたします。
革は生きています。使い込めば使い込むほど味が出て、愛着も深まります。
どうか、革は捨てないでください。
当工房の修復技術で究極のエコライフを体験してみませんか?