千住ねぎ焼酎 やっちゃ場 20度・25度
販売中

通年商品

 平成16年11月に販売を開始いたしました、千住葱(長葱)を原料とした本格焼酎「やっちゃ場」 おかげさまで大変なご好評を頂き毎年葱の最盛期に仕込みをしております。

 今年も葱の収穫最盛期という、大変良い時期に仕込みを行なうことが出来、味わいもグレードアップ。
 ねぎの持つ爽やかな香りと千住葱の最大の特徴「甘味」を最大限に生かすことが出来、とてもよい商品に仕上がりました。

<千住葱>
 千住葱は、関西の九条ねぎ群・下仁田の加賀ねぎ群・そして関東の千住ねぎ群と長ねぎを三大群別する中の一つで、私たちまちの誇りともいえるものです。
 かつて千住にあった青物市場(やっちゃ場)に関東の根深ねぎ(白ねぎ)が持ち込まれ、そこから江戸に出荷されたことから、「千住ねぎ」と呼ばれるようになったそうですが、現在では江戸時代より続く葱商により選び抜かれた葱のみを「千寿葱」のブランドとして販売をされている高級葱です。

<葱焼酎やっちゃ場>
 本格焼酎やっちゃ場は、選び抜かれた「千住葱」の特徴である糖度の高さを生かし、米焼酎をベースにした、ほのかに香る葱の香りとまろやかな葱の甘味を特長にした他に例を見ない焼酎です。


ラインナップ 通常ラインナップはレギュラーの25度とマイルドな味わいとリーズナブルな価格のアルコール分20度の1.8Lと720mlの3種類どれも変わらぬ味わいをお楽しみいただけます。

やっちゃ場25度720ml やっちゃ場20度720ml やっちゃ場20度1800ml
価格 1,429円(税別) 1,143円(税別) 2,286円(税別)
原料 米・米麹・千寿葱
製造 太田酒造株式会社

特別限定商品   ≪やっちゃ場30度720ml≫ 1,810円

「やっちゃ場」を原酒のまま、甕で3年以上寝かせた、長期貯蔵酒を30度に調整いたしました。アルコールの角が取れ、マイルドな味わいになりました。


<太田酒造>
 江戸城構築の立役者「太田道灌」の末裔となる大田家が創業する蔵で、本社は滋賀県草津市にあります。
昭和20〜30年代に東京都足立区千住桜木町(現、東京営業所)において酒及び焼酎を製造しており、「千住ゆかりの蔵元」として製造をお願いしております。

コラボ商品
江戸野菜焼酎セット


    ¥3,238(税別)