家計のデザインノートへ戻る


<理論株価(簡略版)の計算方法とは?>  


ここでは、BSとPLを使いながら、理論株価(簡略版)を計算してみましょう。






理論株価は、企業の価値をまるごと評価して、それを総株式数で割ると求められます。

企業の価値は、財産価値と事業価値に分けて試算します。


理論株価=企業価値 ÷総株式数

      =(財産価値 + 事業価値 ) ÷ 総株式数

      =(資産 - 負債 + 営業利益×10倍 ) ÷ 総株式数

      =(流動資産 +投資その他の資産 -流動負債×1.2倍 -固定負債 + 営業利益×10倍)÷総株式数

      =(80億 + 10億 - 40億×1.2倍 -20億 + 10億×10倍 ) ÷ 1000万株

      = 122億 ÷ 1000万株 

      = 1220円


●ここで、3つの疑問がわいてきます。

@なぜ、固定資産は資産に含まないのか?

Aなぜ、流動負債は1.2倍してからマイナスするのか?

Bなぜ、営業利益を10倍すると、事業価値になるのか?


●回答

@財産価値は、企業が倒産したときにも残る正味の資産を計算しています。

 もしものことがあった場合に、工場や設備などの固定資産が市場で売却できるかどうかは、不明です。

 そこで、ここでの資産では安全側をとって、固定資産全体(40億)を資産に算入せず、

 現金化しやすい投資その他資産のみ(10億)を資産に算入しています。

A日本の上場企業の平均として、流動資産は固定負債の約1.2倍になっているので、

 それより多い部分を資産として計算しています。

Bこれは、少しややこしいですが、

 営業利益が10億円あるとすると、日本の実行税率は40%になるため、純利益は6億円になります。

 企業に対する期待利回りが6%とすると

 事業価値= 6億 ÷0.06

       = 10億 ×(1-0.4) ÷0.06

       = 10億 × 10倍

       = 100億 

となり、営業利益を10倍すると、事業価値が求まることになります。

この考え方は、不動産の収益還元法と同じになりますので、こちらのページを参考にしてみてください



●参考文献

財務3諸表、(BS、PL、CF)について、

とても分かりやすく解説されています。

初めて決算書の意味をざっくりと理解するのに、とても役に立ちます。
初めて投資をはじめる前に、

基本的な金融知識を身につけておくための情報が盛り込まれています。
株式はバクチではないのか?

という方の疑問にスッキリとした答えが用意されており、

株式投資法の世界をざっくりと理解するのに、役立ちます。



では、次に、実際にこの計算式を使って、

アサヒビールとキリンビールの理論株価を計算してみましょう。





ライフデザイン研究所

・・・あなたのライフデザインをサポートする、知識、技術、工夫のご提案






家計のデザインノートへ戻る