H O M E
活動内容
 古民家再生
ふるさと古民家たより
(ブログ)
 

北信州・ふるさと古民家を住み継ぐ会


 北信州には今でも多くの古民家が残っていますが、その数は年々急速に減少しています。

 経済が発展し、農業を取り巻く環境が大きく変化したことは、農村の生活スタイルを変貌させました。古民家もそのままでは、利便性や快適性を求める人々の要求や核家族化に対応できず、姿を消しているのです。

 これまで農村の生活を支え、脈々と私たちの今を造り上げてきた古民家は、日本の農耕庶民文化の集大成ともいえるものです。その保持保存は私たちの歴史・文化を継承することであり、とても重要なことであると思います。


 特定非営利活動法人(NPO)「北信州・ふるさと古民家を住み継ぐ会」は古民家を次代に伝えることの重要性について、様々な啓発活動を行っています。

     主宰者プロフィール

理事長 川島直樹(1952年東京生れ)

   〜古民家との出会い〜
 東京で27年間のサラリーマン生活。その間、日本を離れての生活を夢見て諸外国を訪れましたが、そのたびに日本の良さを再認識させられました。
 日本の良さのイメージについて妻と話し合ってみると、たどり着く先はいつも古民家の風景でした。
 そんな折、北信州中野市(当時は豊田村)の売り物件に出会いました。荒れ果てた古民家ではありましたが、どっしりとした構え、木の温もり、ふるさと然とした風景に溶け込んだ姿、そうしたものに強い愛着を覚えました。
 平成17年、この物件の購入に踏み切り退職。約一年間の再生工事を経てこの地に移り住み、現在に至っています。


妻と二人住まい。
趣味:音楽鑑賞、スキー
 
                      
                      主な活動


○古民家の保持保全の重要性に関する地域内外の住民に対する啓発活動

○古民家の保持保存のための自治体への働きかけ

○展示物としてではなく、住み継ぐ住居としての古民家体験


                      連絡先


〒389-2104 長野県中野市大字長江4269    рO90-2437-5793
                               メールはこちらまで

 北信州・ふるさと古民家を住み継ぐ会