Japanese drum team Kannagi-za

演奏依頼、その他かんなぎ座へのお問い合わせはこちらからお願いします。

楽器

かんなぎ座では主に日本と韓国の楽器を使用し、演奏活動を行っています。
以下にかんなぎ座で使用している楽器を紹介します。

楽器画像
長胴太鼓
木をくりぬいた一尺七寸の胴に牛の皮が張られた一般的な和太鼓です。かんなぎ座が使用する太鼓の中では一番大きな太鼓です。

楽器画像
絞太鼓
普通の太鼓より厚い皮が張られ、縄で両面に張られる皮と皮を締めつけて高い音を出します。
縄ではなくボルトで締めるものもあります。

楽器画像
かつぎ桶胴太鼓
胴の部分が桶で構成され、馬の皮を張っています。
長胴太鼓に比べ重量が軽く、音色も軽い音がします。ストラップを使用して肩に担いで演奏します。

楽器画像
エイサー太鼓
沖縄県の伝統芸能であるエイサーで使用される太鼓です。太鼓につけられたストラップを使用して担ぎ、踊りながら演奏します。

楽器画像
篠笛
篠竹に穴を空けた簡素な構造の横笛です。西洋楽器でいうC調で調律されたのが八本調子で、数字が大きくなれば高く、小さくなれば低い音がします。

楽器画像
チャンチキ(当り鉦)
お囃子などには欠かすことのできないカネです。
細い木の棒の先に鹿の角がついた”撞木”と呼ばれるバチで演奏します。

楽器画像
チャッパ
こちらもお囃子で使用されるチャッパという楽器です。
2枚の金属板を1枚ずつ両手に持ち、こすり合わせて演奏します。

楽器画像
チャンゴ
左側には牛、右側には馬の皮が張ってあります。
音が低い左側は先端の丸いバチでたたき、音が高い右側は竹でできたムチのようなものでたたきます。

楽器画像
プク
日本の太鼓に近い低い音がします。
バチを右手に一本もって、ひたすらベースとなるリズムを演奏します。歌の伴奏にも使用します。

楽器画像
ケンガリ
材質は金属で、写真右のバチを使ってたたきます。
奏法は手で押えてミュート(消音)しながらたたく方法と、ミュートしないで余韻を生かす方法があります。

楽器画像
チン
材質はケンガリよりも大きな金属で、マリンバ用のマレットのようなバチを使ってたたきます。
昔は軍隊で使用されていたドラだったようです。



Powered by HTML Templates sozai.wdcro