恒武館
はじめに 稽古案内 NEWS
後援会加入 後援会だより 連絡先

 はじめに

 
 米沢恒武館の歴史

昭和45年  当時、町内会子ども育成部長を務めていた故三條恒夫氏
(1925-1981)が、町内の子供たちを対象に、自宅の空地にて
剣道の基本を指導する。
 
昭和46年  私財を投じて、剣道道場を建設し『米沢恒武館』を創設。
     

第1期生

上杉神社で朝清掃

昭和57年  恒夫氏の長男 三條貞夫が継承し、全国大会上位進出の
実績を収めている。一方、年中行事として、館生による、
田植え・稲刈りの体験学習会や花笠パレードへの親子参加、
米沢雪灯ろうまつりに協賛しての『雪灯ろう製作』など、
米沢四季まつりへ積極的に参画しています。
 また、上杉神社周辺の清掃、ボランティア活動も恒例化
しています。
 
田植え 花笠パレード
 
  
稲刈り 雪灯ろうまつり


平成 9年  恒夫氏の叔母 三條かのさんが、剣道を通して青少年の
健やかな成長を願い建設された「三條かの記念館」を練習
会場として、9月より使用しています。
     
     


平成14年  日本スポーツ少年団創設40周年を記念して、
恒武館の活動実績が認められ表彰されました。
平成16年  山形県剣道道場連盟設立50周年を記念して、
感謝状をいただきました。
平成17年  米沢市恒武館は、創立35周年を迎えました。
 10月には小中学生の記念錬成会を開催し、250名が参加し、
盛大に行なわれました。
 11月には記念式典・祝賀会、12月には小中学生と一般を
対象とした稽古会が2日間にわたり行なわれました。
平成20年  11月、米沢市青少年育成市民会議より「模範活動青少年団体」として
表彰されました。
平成22年  創立40周年を迎えることができました。
 9月20日、小中学生に集まっていただき記念の錬成会を米沢市営体育館で
開催いたしました。
平成23年  三條貞夫館長が(財)全日本剣道道場連盟より優秀剣道少年団指導
顧問の表彰を受けられました。
    10月、山形県青少年育成県民会議より「模範活動青少年団体」として
   表彰されました。
   


特定非営利活動法人(NPO法人)剣道場・多目的ホール
三條かの記念館

〒992-0038 米沢市城南1丁目5番27号
TEL/FAX 0238-23-3334
E-mail :kanohall@taupe.plala.or.jp