問い合わせ先

e-mail:joe@umail.plala.or.jp

上条あきひろ 4年間で行う重要施策

@水道料金見直し

久喜市の平成25年4月の水道料金(1か月に10 立法メートル使用した場合)について埼玉県平均と比較してみると、久喜市は1,585円であるのに対し、県平均は1,083円となっている。

この現状を踏まえ、安定的な水供給を前提としながら、これまで培った水道事業のノウハウに、民間が有する事業効率化の手法を組み合わせた水道事業を行い、将来的な水道料金の見直しにつなげていく。


A教育特区

ITの発達やグローバル化の進展により、社会ではますます競争が厳しくなっている。このような時代を生き抜くためには、教育に力を入れて行くことが必要不可欠。

民間企業と自治体による地域協議会を組織した上で、支援措置を決め、教育特区を設立する。具体的には、株式会社による学校の設置、英語での授業、ICT教育の推進などの規制改革を行う。


 BCPTED導入 街路灯のLED化 
交差点、学校付近に防犯カメラの設置

久喜市の総合振興計画の市民意識調査によると、「街灯などの防犯施設」に「不満」と42. 5%の人が回答し、全項目の中で最も多くなっている。

住みやすい街づくりを行うためには、防犯はニーズの高い改善点であり、今後は自助、共助、公助で総合防災減災対策を推進していく必要がある。

そこで、市民力を集めての防犯、防災体制の充実に向けて、CPTED導入 街路灯のLED化、交差点や学校付近の防犯カメラ設置などを行っていく。


 

基本理念

現状認識・ビジョン

すぐに行う重要施策

4年間で行う重要施策


個別テーマ

行財政改革の具体策

地域活性化の具体策

生活・教育・その他の重要課題

↑ サイトの上部へ


| トップページ | プロフィール | 基本姿勢 | マニフェスト | お問い合わせ |
| 久喜市長選挙公開討論会 | CHANGE!やればできる! | 税の見える化 | 震災経験と地域力 |
| やります!リスト | 活動ニュース | 後援会入会案内 | お問い合わせ |