打ってみましょう

    
蕎麦うちのHPは沢山紹介されており「そば打ち 打ち方」で検索できますので細かい
   説明はそちらも参考にしてください。ここでは前項のポイントを中心に紹介します


   
・水回し 
     1.そば粉は必要量だけ量り、ふるいに掛けて殻などを取り除く 
     2.水は黄みだけをいれた計量カップに表の水を入れ、よく拡販しておく 

     3.こね鉢に、そば粉、小麦粉を使用分入れ良く混ぜ、卵水を約半分
       ほどまんべんなくふりかけ指で良く混ぜ合わせる 
     4.粉を手のひらで揉む様にしてダマが出来ないようにほぐし、均一な
       フレーク状か粒状になるように混ぜ合わせる 
     5.粒状になったら更に残りの水を少しづつ加えながら混ぜ合わせる 
       更に手のひらで粒をなでるようににして転がしていくと
       だんだん大きくなって玉状になってくる 
     6.粉が無くなり全体が1〜2センチぐらいの塊に成長したら寄せて
       1つの塊にする。 塊がパサパサするときは、こね鉢にくっつかな程度
       (耳たぶの硬さ)に残りの水を入れて調節する。 

  
 
・練る
     7.練りかたは“菊練り”と言われる方法ですが、特にこだわる必要は
       無いと思います。要は中に空気が入らないように何回も
       折り返して練る 
     8.全体を一度に練ると言うよりは生地の端のほうに体重をかけて
       押しつぶし、それを内側に折り曲げ、さらに少し回転させ同様に練る。
       この動作を何回りもすると生地の形が菊の花のように見える。 
     9.5分程練り、表面が滑らかで艶が出て来たら、縦、横交互につぶす様
       に練り、表面にシワが無くなるようにしながら生地を丸めボール状に
       する。 

   
・延し
     10.延し台(食卓等、傷が付くと困る場合は薄いビニールシート等を敷く)
       に打ち粉を振って丸い生地を置き、手のひらで丸くつぶしていく。 
       更に延し棒で1センチぐらいまで平らに伸ばす。 
    11.のし棒で一方向から巻いて伸ばし。更に180度回し同様に伸ばす
       形がレモンのような形になってくる。 
    12.次に90度回し同じように伸ばす。→角の丸い四画になってくる。
       くっつくようなら打ち粉を振る。 
    13.厚いところから薄いところに延ばしながら形が四角または長方形に
       なるようにする。のしは全体的行い、大事なのは少しずつ均一の厚さ
       にすることで、多少いびつでも気にしない。 
    14定規で厚さを測ってみてください。一度やれば後は感で出来ます。
       厚さは2〜3ミリ。(重要) 

   
・切り
    15.全体に打ち粉をふり、4、5人分なら生地を長いほうを半分に折り、
       次ぎに左右から3分の一の幅に折る。 
    16.まな板に載せ、包丁で3〜2ミリ幅で均一(重要)に切ります。 
       ビデオカッセト等を小間板代わりに当てて切ると切りやすい。 
       小間板の代用品は滑りが悪いので裏側に反りを付けると良いです)

     17.切ったそばは茹でるまで乾燥しないようにラップなどで保護
        しておく。