「21MHZ SSB TRANSCEIVER」


21トランシーバー前面 jpg 10.9kB
同調用にはジャンクのバーニヤダイヤル、Sメータ
ーにはラジカセから取ったインジケーターを使用

21トランシーバー内部 jpg 9.4kB
左側上部に見えるのがジェネレーター、その
下にわずかに見えるのがトランスバーター、
右端放熱器を立てているのがパワーアンプ

これは JA6HIC、内村さん にご指導いただいて初めて作ったトランシーバー です。ずっと以前にトランスバーター(50MHzを7MHzにダウンさせるも の)を作って7MHzで運用したのですが、その際に送信周波数とは違うところ でも送信され(7MHz帯で同時に3個所で私の「CQ」が聞こえていた)、O Mさんに注意を受けたことがあります。 その時は原因も分からなくてそのリグ でのオンエアは断念したのですが、今考えてみると局発の出力が大きすぎたのか なとも思います。 それ以来その類の機器は作っていませんでしたが、HICさん から「完成するまで面倒をみる」との力強い言葉を頂き、製作に取り組んだ次第 です。

でもプリント基板のエッチングが最初のうちはうまくいかなかったのでHICさん が作っていた基板をいただきました。 それだけではありません。ジェネレーター の具合が良くないとか諸々のトラブルに合い、そのたびに懇切丁寧なるアドバイス を受けまさにオンブにダッコ状態でした。 そんなこんなでやっと出来たのが写真 のリグです。

周波数を動かすのをVXOで行っているためスイッチオン後20分位 は若干周波数が動きますが、それ以降は実用上支障がない程度に安定しています。 出力は6〜7W、スプリアス等の測定はしていませんがBPF(トランジスタ活用 ハンドブックに掲載されていたもの)を挿入しているので基準値以下になってい ると思われます。
以下、各部の説明を致します。

SSBジェネレーター回路図及び調整方法  (48kB)

トランスバーター回路図及び調整方法  (47kB)

パワーアンプ回路図、配線図及び調整方法  (29kB)

総合結線図(7kB)



Homeへ戻る