>>home
>>last month
>>next month


 

0:18 2009/12/08【草食】

インターネットの中だけで「草食男子」が流行っているらしいのですが、私の周囲の女性で「草食男子萌え」って言ってる人が誰もいません。 男らしくてたくましい肉食男子のほうがいいよねー、という人ばかりです。草食男子っていったいどこで流行ってるの?

思うに、草食男子のほうが肉食男子よりも敷居が低いんじゃないでしょうか。
女の子の言う「肉食男子が好き」には、「ただしイケメンに限る」が付随してると思うんです。(この場合のイケメンっていうのは、容姿だけじゃなくて、魅力全般って意味で)
全く魅力のない人が「黙って俺様について来やがれ」とか言い出しても、それってただの勘違いのイタい奴でしかないわけで。

それに対して、「草食男子が好き」には「ただしイケメンに限る」は付随しないのです。だから、誰でも「自分は草食男子」と名乗りやすいのだと思います。名乗っても、イタい奴だと思われるリスクがないから。

でも、リスクを避けようという発想自体、草食男子的ですよね。個人的には、嫌われるリスクを負ってでも、前へ前へ進もうとする肉食男子のほうが好きだよなー、って、だからだめんずなのか。
 

19:42 2009/10/31【写真を趣味としていない人のアルバム】

「見て見てー、この前の旅行の写真」

と、見せられるアルバム。写真を趣味とする人とそうでない人ではっきりした違いが1つあります。
もちろん技術面でも差があるんだろうけど、もっと決定的な違いが、「写真を趣味としていない人のアルバムは、
同じアングルの写真が何枚も置いてあることが多い」ってことです。

写真を単に記録だと思ってる人にとっては、ほんの少しでも表情が違っていれば、それば別の瞬間の記録として陳列する価値があるのでしょう。
一方、写真を「作品」だと思っている人は、たくさん撮った中から特にいい表情のものだけを選んで飾り、それ以外の写真は「没」フォルダに入れてしまうのでは。

記録であるか作品であるかは、シャッターを押した瞬間ではなく、家に帰って選定する段階で決まる、という考え方が出来るのです。

これ、"ただの日記"と"テキスト(死語)"の境目についても言えるんじゃないでしょうか。
単に文章を書き終わった瞬間ではなく、
「よし、これは載せよう」
と思って送信ボタンを押した瞬間に、それまで平面の中で自己完結していた文章に、新たに「読者の目」というZ軸が加わり、立体的な作品となるのです。

この文章も、パソコンの画面という平面から飛び出して、あなたに届きますように。
 

1:33 2009/10/27【HOT21ご来場ありがとうございました】

<セットリスト>

・片翼の鳥/志方あきこ
・空蝉ノ影/kukui(霜月はるか)
・Sound Horizon/Baroque
・ZABADAK/アラウンド・ザ・シークレット
・FLAIRCK/SYMPHONY FOR THE OLD WORLD
・ELP/展覧会の絵
・THE ENID/six pieces
・清塚信也/VARIATION FOR DEVIL
・Curved Air/Vivaldi
・hiromi(上原ひろみ)/Time Control, or Controlled by Time
・→Pia-no-jaC←/CROSSBEAT(s)
・Mats&Morgan/Ooo Baby Baby
・Julverne/hit
・赤天/商人
 

2:43 2009/10/09【全品500円】

「ただいまより、タイムサービスで、ドリンク全品500円です!」
「え、全部500円になるんですか?」
「はい」
「じゃあ、グラスシャンパーニュ」
「すいません、それは対象外なんです」
「ですよねー。じゃあ田酒」
「ごめんなさい、それも対象外でした」
「あの、他に何が対象外なんですか?」
「これで全部のはずです」
「じゃあ、男山」
「ああっ、それも対象外でした」
「……もういいです、生ビールで」

なんだろう、この敗北感。
 

2:15 2009/10/05【願望】

最近世間よりも2年遅れでPerfumeにハマってしまった夫の人。
特にかしゆかが大好きらしくて、まあそれは構わないのですが、私の顔をしみじみ見ながら「ifさんはかしゆかに似てる……かもしれない……いや似てないか……でもちょっとだけ、ちょっとだけ、似てる……といいのにな……」と願望をつぶやくのはやめてください。現実を見て!
 

1:30 2009/10/01【読めない】

言葉で会話する人と、空気で会話する人がいます。
もちろん、これは話を分かりやすくするために二分法にしているだけで、両方で会話する人もいれば第3の方法で会話する人もいる、というのは大前提で。

空気で会話する人は、相手の言葉を聞いてないのです。「一般常識的に○○だから、きっとこの人も○○と言っているのだろう」とか「さっきから不機嫌そうだから、きっとこの人は僕の意見には反対なんだろう」など、言葉以外の要素で相手の発言を解釈してしまいます。

その結果、起こるのが誤読です。
「そんなこと誰も言ってないのに!」あるいは「ちゃんと言ったのに!」と怒りたくなるとき、大抵片方は言葉で、片方は空気で喋っているのです。使っている言語が違うのだから、通じるわけがありません。

空気で会話する人に正しく言いたいことを伝えるためには、どれだけ明快に分かりやすく文章を書いても無駄です。
だって相手は文章を読んでないんだもの。
誤読を訂正すればするほど、「この人は怒ってる」という空気だけが伝わって、「よく分からないけど謝ればいいんでしょ、謝れば」という展開になり、ますます溝が深まってしまいます。
だから、不本意ですが、言葉派としては、こちらが歩み寄って空気を読み書きできるようになるしかないと思うのです。

……で、空気ってどうすれば読めるようになるんですか?(切実)
 

1:30 2009/09/28【移転】

10年間続いていたこのwebサイトですが、とうとうプロバイダから、「お前が契約しているプランそのものがなくなるので契約打ち切りにします。サイトも消えます」という通知が来たので、初の移転をすることになりました。

今のところ全てリンク切れの状態ですが、とりあえずトップページだけでも移転しておきます。newebのページはもうすぐ消滅してしまうので、どうかブックマークをよろしくお願いします。

http://www2.plala.or.jp/itself/  ※このページです。

また、緊急連絡先として、ifitselfのgmailを取っています。チェック頻度は数日に1度なのですぐお返事が出来るとは限りませんが、何かご連絡がありましたらそちらへお願いします。

いい加減ブログにしろと言われそうですが、50年後に「現存する最古のテキストサイト」として人間国宝になるのが夢なので、相変わらずエディタでタグ打ちしております。ライバルはNO-FUTURE一流ホームページです。男女の平均寿命の差を考えれば、私にも勝ち目はあるはず。

ちなみに10年間契約していたプランは「ダイヤルアップ従量制」でした。そりゃなくなるわ。
 

1:43 2009/09/27【道具】

道具は良いものを買え、の意味が最近やっと分かってきました。

弘法筆を選ばず、とは言いますが、世の中の人間の99%は弘法ではなく凡人なんです。凡人は、いい筆で書いたほうがいい書になるし、いい靴で走ったほうが速く走れるのです。
道具をケチってしまうと、「自分は良い道具を持っていないのだから負けても仕方ない」と言い訳してしまったり、あるいは、結果が出せないのは自分がこの分野に向いていないからなのだ、と思って諦めてしまったり、能力を磨く機会が失われてしまいます。

学生の頃はお金がなくて、安いカメラしか買えなかったり、安い楽器しか買えなかったりしたせいで、思うような成果を出せなくて悔しい思いを何度もしてきました。時間を戻せるなら、借金してでも良いものを買っておけ、と昔の自分にアドバイスしたいです。そして、これからは何かを上達したいと思っている時は、道具にはこだわりたいです。

とりあえず、お料理がもっと上達するように、ルクルーゼの鍋が欲しいなあ。ルクルーゼの鍋が欲しいなあ。(夫の人の背中に向かって)
 

23:35 2009/08/13【ブーメラン】

相手の話をきちんと聞かず、勝手に想像して作り上げた批判対象は、自分自身の分身でしかありません。 その分身に対して批判を投げかければ、当然、ブーメランになって返ってくるのです。

「男女が二人きりでいて、何も起こらないわけがない! ○○と××は絶対何かあったはずだ!」 って言う人は、きっとその人自身が、異性と二人きりになったら無条件で襲いたくなる人なんだなあと思います。うん分かった。君とは絶対に二人きりにならないように気をつけます。

「高いワインを買いたがる人って、味なんて分からないのにかっこつけてるんでしょ?」って言う人は、その人自身がワインの味が分からないのでしょう。

「ブログを書くのって、褒められたいからでしょ?」って言う人は、その人自身が褒められたくてブログ書いてるんだろうなあ、と。

他人を批判すると自分に返ってくるんだよ、っていうのは、単なる比喩ではなくて、まさにそのまんま真実です。

批判のナイフをきちんと相手に刺さるようにしたければ、まずは相手の話をきちんと聞いて、そのような生き方の人間が存在するのだ、ということを認めなければいけません。「そんな人がいるわけない、実際は○○に決まってる」などと決めつけずに、異質である相手の思考をまず肯定して、その上でナイフを投げないと、永遠に自分自身を傷つけるだけです。
 

23:13 2009/08/12【不相応批判】

「ブスのくせに女優になりたがってる女の子」とか「頭悪いくせい東大を目指してる男の子」とかに対して世間が異様なまでに冷たい視線を向けて全否定するのはなぜだろう、と考えました。

もっと現実的な努力をしてくれたほうが社会全体の生産性が上がるから?

いや、本当は、単純に恐いんじゃないでしょうか。彼らが奇跡を起こしてしまうことが恐くて、全力でくい止めようとしているのでは?

誰だって、子どもの頃は夢があったはずです。野球選手になりたいとか、アーティストになりたいとか大統領になりたいとか、思ってたはずです。でも、みんな、そういう夢を諦めて、進学したり、就職したりしていったわけです。

彼らが奇跡を起こしてしまったら、「今まで諦めてきた自分」が否定されてしまう。それが恐いから、「あいつはイタい」とか言って否定してるんだと思うのです。

だから、「イタい」という批判に過剰反応する必要ないんじゃない?と思う今日この頃です。。
叶わなかったときの責任が自分でとれるなら、身分不相応な夢を目指してもいいじゃないですか。諦めてしまった人たちの戯言に耳を貸す必要なんてありません。

というわけで、私も「アラサーのくせにイタい」なんて批判を気にするのはやめて、AKB48のオーディションを受けてこようと思いmqあwせdrftgyふじこl
 

1:36 2009/07/31【ライフハック】

すごいライフハックを発見しました。

残業で終電を逃してタクシー帰り(しかも自腹)になった時って、何かとても理不尽な気持ちになるじゃないですか。
そういう時はタクシーに乗る前に、会社の近くのバーでうまい酒を一杯ひっかけて、「残業のせいじゃなくて酒を飲んでいてタクシー帰りになったのだ」という自己暗示をかけることにより、じゃあ仕方ないか、と理不尽さを軽減することができるのです。私って頭いい!

そんなわけで最近、毎週のように終電後に会社の近くのバーで飲んでいます。みんなも真似していいよ! って、なんだろう、なんでこのお酒、しょっぱいんだろう……? 
 

3:17 2009/07/09【一人暮らし欲】

映画の「おと・な・り」を見て、突然一人暮らしがしたくなりました。

隣り合った部屋に住む一人暮らしの男女が、壁の向こうから聞こえてくる互いのの生活音に癒されていく、というような話なんですけど、このような「音」のコミュニケーションが成立するのは一人暮らしだからに他ならないと思うのです。

家の中に家族がいると、どうしても関心が家の内側に向かってしまい、家の外側から来る情報がシャットアウトされてしまいます。風の音とか、車の音とか、近所の子どもが遊んでいる声とか、本当はいろんな音が聞こえているはずなのに、家族がテレビを見ている音とか炊事をしている音とかにかき消されて、聞こえなくなってしまうわけです。

それって、勿体ないことをしているなあと思います。外の音にもっと耳を向けられるようになりたいです。一人暮らし、いいなあ。期間限定でいいから、一ヶ月くらい一人暮らしできないかなあ。

と、ちょっとだけ思ったのですが、学生時代に一人暮らしをしていた頃は、右隣からは韓国語で罵り合う怒鳴り声、左隣からはホスト風の兄ちゃんが世な世な違う女といちゃいちゃする声しか聞こえてこなかった現実を思い出して断念しました。所詮映画は映画です。
 

2:28 2009/07/05【規制反対】

最近、陵辱ゲームなどのエロゲが規制される方向にあるみたいですが、私も1葉鍵厨として、この風潮に危機感を抱いてます。

この件に関しては、男性がいくら抗議しても世間的にはあまり説得力がないと思うので、女性である自分が積極的に声を上げなくちゃ、と思い、宣言することにしました。
if→itselfはエロゲ規制に反対です。

全ての物語は、広い意味で「欠けたものを取り戻す」過程が描かれています。
あるところに幸せなお姫様が生まれました。お姫様は一生幸せでした。では、物語が成立しません。悪意、裏切り、罪、なども含めた人間の様々なあり方に翻弄され、救いを求める過程が物語なのです。

ところで物語には、小さな物語と、大きな物語があります。
小さな物語とは、個別の作品のことです。
大きな物語とは、個別の作品を超えた時代の流れの中に存在するものです。
たとえば、ある作家のデビュー作で描かれた喪失が、死ぬ間際の作品でやっと回復することもあるでしょう。太宰治が直面した課題を、80年後に村上春樹が解決するようなこともあるかもしれません。これが、大きな物語です。

個別の作品には、確かに陳腐なものもあります。芸術性を認めがたい大衆娯楽作品もあるし、いたずらに性欲を刺激するたけのエロゲもあるでしょう。しかし、それらの作品も大きな物語の中では重要な一部分を担っており、決して無意味ではないのです。
エロゲを規制したとき、損なわれるのは「その作品」だけではありません。私たちの時代に流れる大きな物語の一部が損なわれてしまうのです。
大きな物語はフラクタル図形に似ています。大きな物語が損なわれた結果、枝葉に茂る無数の、規制対象外作品の物語までもが同時に損なわれてしまう可能性があります。どれだけの損失なのか、想像できるでしょうか。

もちろん性犯罪は決してあってはならないことです。
だからといって、物語の中で描くことを禁止するのは、物語の否定です。殺人は悪いことだから殺人事件を扱った小説は全面禁止、と言うのと同じくらいの暴挙です。

物語に悪意や裏切りが必要であるのと同じように、性や罪も必要です。それは不本意ではあるものの、人間のあり方の一つです。そして、不本意だからこそ、救いを求めて物語が流れていくのです。
エロゲを規制することは、この大きな物語の流れを止めてしまい、空洞化させてしまいます。私は、まだまだ面白い物語がたくさん読みたいです。読んで、救われたいのです。欠けたものを取り戻したいのです。そのために、安易な規制で物語をせき止めないで欲しいと思います。
 

なんだか難しいことを書いてしまいましたが、要するに今言いたいのは、規制されないうちに「痕」と「青空」買っておけよお前ら、ってことですよ!(台無し発言)
 

1:24 2009/07/01【睡眠】

別に死にたくないのに、なぜか「死にたい」と呟きそうになって、よくよく考えたら「死にそうに眠いから早く寝たい」の略でした。略しすぎです。でも、略したくなるくらい眠かったのだから仕方ありません。

もしかしたら、世の中の「死にたい」と言ってる人たちも、本当に「死にたい」と思って言ってるわけじゃなくて、「死にそうに眠いから早く寝たい」を略して言ってるだけなのかもしれません。つまり、ちゃんと睡眠さえしていれば、死にたくなる人はいなくなるはずです。睡眠、大事です。

ついでに言うならば、「死ねばいいのに」は「死ぬほど眠いなら早く寝ればいいのに」の略なのかもしれません。

死にたい人たちが、みんな死ねばいいのに。
 

23:22 2009/06/01【料理を失敗しないためのたった1つの方法】

ライフハック(笑)っぽいタイトルにしてみました。

で、今まで見かけた料理があまり上手じゃない人とか、自分自身が「今日は失敗」って思った時とか、私なりに原因を考えてみたところ、
「レシピ通りに作っていない」
の一言に集約されると思いました。

・ダイエット中だから油を少なくしよう
・肉に下味つけるのめんどくさいから省略しよう。どうせあとで一緒に煮込むんだから同じでしょ
・トマト缶ないからケチャップで代用できるかな
みたいに、安易にレシピを改変するのが、致命傷になるケースが多い気がします。 レシピ通りに作れば、せいぜい「ちょっと焦がしちゃった」程度の失敗で済んで、不味いものが出来上がることはまずないのに。

もちろん、長年料理してる人だったら、経験的に、何が代用できて、何が代用にならないのか分かるので問題ありませんが、素人がやるのは非常にリスクが大きいと思います。

何事も基本が大事。慣れるまでは勝手なアレンジは控えたほうが勉強になるのではないでしょうか。
タイトルの答えを言うと、料理を失敗しないためのたった1つの方法は「レシピ通りに作ること」です。
 

1:48 2009/05/21【○○に限る】

そろそろヲタの間で「痛マスク」が流行ってもいいと思う今日この頃ですがいかがおすごしでしょうか。

ところで最近、何にでも「ただしイケメンに限る」をつけて絶望感を味わう遊びが流行っているらしいですが、個人的には、「ただし若者に限る」のほうがリアルに絶望できるお年頃であります。

例。

・失敗は成功の母。(※ただし若者に限る)

・夢を諦めるな。(※ただし若者に限る)

・転職でキャリアアップ! (※ただし若者に限る)

・新しいことに挑戦しよう! (※ただし若者に限る)

・イメチェン (※ただし若者に限る)

・人生長いんだから。(※ただし若者に限る)

……将来、自分に子どもができたら、「やりたいことは10代のうちに借金してでもやっておけ」と教えてあげたいです。お金は借りたら返せばいいけど、無為に過ごした時間は二度と戻ってきませんからね。あーあ。
 

7:47 2009/05/19【大事なことを2回言う理由】

大事なことだから2回言う、ことに長らく疑問を持っていました。
だって、大事なことなら1回言われただけでも「うわ、やっべー、気をつけなくちゃ!」って思って、強く記憶されるはずじゃないですか。
既に知っていて気をつけてるのに、何度も同じことを言われるのは時間の無駄だと思います。他人の大事な時間をそんなくだらないことで奪わないでくれ、と思います。

が、やっぱり1回しか言わないと、みんな覚えてくれないし、誤読されることもすごく多いんです。
それは、決して他人が記憶力や読解力のないバカだから、というわけではありません。自分にとっては1回言えば決して忘れないような大事なことでも、他人にとってはどうでもいいことだったりするからです。どうでもいいことなんて、2回3回言われたって右耳から左耳に通り抜けてしまって覚えられないものです。ましてや1回言われただけで覚えられるわけがありません。

つまり、2回言わなきゃいけないのは、それが大事なことだから、ではありません。
むしろ、相手にとってはどうでもいいことだからこそ、なのです。
 

2:07 2009/05/18【リアル脱出ゲーム】

・18時には職場脱出したい。
・今日までにやらなければいけない仕事がある。
・直属の部下は風邪でお休み。
・直属ではない部下は別の仕事でいっぱいいっぱい。
・直属ではない部下の仕事を班全員で手伝って片づけようぜ!と提案する。
・班全員でやったら意外と早く終わってしまった。
・ところで私の仕事も今ちょっと困ってるんだけど…。と打ち明ける。
・直属ではない部下が半分手伝ってくれることになる。
・ギリギリ18時に作業終了。脱出成功!

最近、リアル脱出ゲームが流行っていますが、わざわざお金を払って参加しなくても、毎日の仕事が脱出ゲームであることに気づきました。でも、なんでだろー。楽しくないのはなんでだろー。
 

1:40 2009/05/15【ありがとうございました】

取り急ぎ、文学フリマに来ていただいた皆様、ありがとうございました。
少しですが残部がありますので、先着3名に通信販売いたします。
定価は300円です。送料はこちらで負担しますが、振り込み手数料は購入者の負担でお願いします。
希望者がいらっしゃいましたら、取り急ぎ、下のフォームメールから連絡先のメアド等をお知らせください。
 

0:47 2009/05/15【遅刻理由】

トイレで紙を補充しようとしていたら、右肘をドアノブに強打して、あまりの痛さに5分くらい腕を動かせず、パンツをはくことができなかったので遅刻しました。って言っても良かったのでしょうか。事実です。

ところで、以前も似たような似たような出来事があったような気がして脳内検索してみたところ、「朝、脱いだ服を洗濯機に放り込んで洗濯しながらシャワー浴びて、そのあと着替えて出勤しようと思ったら、新しいパンツがもうないことに気づき、洗ったパンツを必死にドライヤーで乾かしていて遅刻」というシチュエーションだったので、パンツというものは人を遅刻させる存在なのだなぁとしみじみ思いました。くそー、パンツめ。
 

0:08 2009/05/10【微妙な雰囲気】

明日はとうとう文学フリマです。蒲田で私と握手!

*

今日電車で向かいの席に、すごく頑張ってオシャレしてる感じの、でもどことなく垢抜けないお姉さんが座っていたんですけどね。
その人のズボンがどう見てもユニクロ。

ワンピを重ね着したりかっこいいスニーカーを合わせたり工夫してるなぁとは思うんだけど、微妙なシルエットとか、縫い目とかがね、ユニクロであることを隠しきれてない感じなんです。
ああ、残念だなぁ。
 

で、なぜそれが分かったかと言うと、全く同じズボンを今私も履いているからなんですけどね。(なにこの気まずさ)
 

1:55 2009/05/08【禿頭のパラドックス】

私が極貧の資格予備校生だった頃、手元にコーヒーがないと勉強に集中できない体質だったので、

1 最初は、普通に自販機でコーヒーを買う。
2 任意のコーヒーに、少しくらいお湯を足したところで、それはやはりコーヒーである。
3 故に、どれだけの無限のお湯を足しても、数学的帰納法により、それはコーヒーである。

という偉大な論理のもと、「1/3を飲んだら給湯室でお湯を足す」の無限ループにより、傍らのコーヒーを確保しておりました。

で、今日たまたま課のコーヒーが切れてしまって、でも喉が渇いて温かいものが飲みたかったので、手元に残っていた冷めたコーヒーにお湯を足して飲んでみたところ、ものすんげー不味くてびっくりしました。偉大な論理は間違いだったよベーコン博士。
 

1:58 2009/05/07【準備スキル】

最近、健康と節約のためにお弁当を作っています。始めてから2ヶ月が経ち、だいぶ軌道に乗ってきました。

毎日作っていて分かったことがあります。お弁当に必要なのは、「早起きして、手早く料理を作る」スキルだ、というのは誤解だ、ということです。
お弁当を作るのに、早起きスキルも料理スキルもそれほど必要ではありません。いつもより10分早く起きられれば十分だし、料理に関しても、朝の忙しい時間にやることは鍋で暖め直す程度です。

では本当に必要な能力は何かというと、
「冷蔵庫の中身を、お弁当が作りやすい状態に保つスキル」です。
具体的に言えば、「さっと火を通しただけで食べられる、一口大のもの」がたくさん入っている冷蔵庫をいかにして作るかが重要なんです。

馴れてくると、夕飯の残りを小分けにして下味をつけて冷凍しておく、的なことが日常的に出来るようになります。ここまで来れば勝ったも同然。あとは朝、ほんの10分で最後の仕上げをするだけです。

野球選手がいい球を投げるためには、試合が始まってからどれだけ気合いを入れても遅くて、普段からの筋トレや練習がものを言うはずです。何事も、成否に関わっているのは「それ自体」よりも「事前準備」のほうなんですね。どうしてもお弁当を作れない人は、まずは冷蔵庫づくりから取り組んでみてはいかがでしょうか。
 

21:26 2009/05/02【座右の銘】

人様の作った食べ物にケチをつける、ということが好きじゃありません。

確かに技術や好みの違いはあれど、お百姓さんが汗を流して作った食材を、誰かが心を込めて料理してくれたのだから、それに対して表面的な技術ばかり批判するのは、食べ物にも人にも失礼だと思うんです。まずは感謝していただくべきです。

それに食事は味だけじゃなくて、その他のおもてなしや、一緒にいる人との会話とか全て含めて楽しむものじゃないですか。同じ食卓にいる人に「不味い不味い」言われたら、余計に不味くなってしまいます。そんな人と一緒に食事はしたくありません。食べ物は楽しい気分でいただきたいものです。
 

というのを座右の銘とし、感謝の気持ちを忘れないように心がけていなくもない私でありますが、そんな自分さえも愕然とするような想像を絶する食べ物が世の中には存在し、しかもそのうちの多くが我が夫の手によって生み出される、という事実に時に震撼させられます。

ポン酢かけスパゲッティって何だよ……。
 

21:57 2009/05/01【文学フリマ】

毎度ですが、今年も文学フリマに参戦します!

日時: 5月10日(日)
時間: 開場11:00〜終了16:00
会場: 大田区産業プラザPiO (会場アクセス)
(京浜急行本線 京急蒲田駅 徒歩 3分、JR京浜東北線 蒲田駅 徒歩13分)
スペース: E-08「if→itself」

マサトクさん
harucaさん
・ヌカガさん
添田さん
いずみさん
に、寄稿していただきました。また、表紙イラストはアジさんに書いていただきました。どうもありがとうございました。

今回より、秋葉原ではなく蒲田での開催になります。ぜひ、蒲田餃子でも食べつつお立寄り下さい。

内容は新作短歌と、新作小説です。短歌については、最近「かばん」に所属させていただき、お勉強させていただいているので、以前の作風よりも成長が見られる、はずです。多分。
小説は、構想11年の大作です! と言いたいところですが、要は11年前に草稿を書いたまま放置していただけです。これでようやく精神的に二十歳を迎えられました。

今回、インターネットの友人に寄稿の呼びかけをしてみたのですが、意外と反応があってびっくりしました。正直、もうみんなテキストとか興味ないんでしょ? リア充なんでしょ? って思ってたんだけど、本当はまだまだテキストが大好きで、ただ書く機会がないだけなんだなあ、と。
それなら、私でよければもっと機会を作ることができれば、と思います。そのうちまた、雑文祭とかやろうかしら。
 

16:42 2009/04/29【やらない努力】

何をやるべきか、についてはよく考えるけど、何をやらないべきか、についてはあまり普段考えることがありません。なので、「やること」よりも「やらないこと」のほうが苦手です。

たとえば、「○○の資格を取る」みたいな目標だったら、努力を始める、という第一段階をクリアすることは難しくないのです。勉強さえすれば、すぐに叶えることはできなくても、確実に目標に近づいていくはずです。
でも、「ダイエットする」(食べない)、「貯金する」(使わない)みたいなネガティブな目標は、自分にとってすごくハードルが高いのです。何をするべきかばかり考えてしまって、何をしないべきかが思いつかないわけです。

つまり、私が目標を達成するためには、ポジティブな目標にすり替えればいいのです。ダイエットなら、「食べない」でなく「運動する」に。貯金だったら、「使わない」じゃなくて「もっと稼ぐ」に。
「運動する」は、今もやってるしこれからも続けられそうだけど、「もっと稼ぐ」に関しては、今の職場は副業禁止だし、ギャンブル運がないので株とか絶対にやめたほうが良いと思うし、イマイチ現実的じゃないんですよね。

「自炊率を上げる」を目標にしても、私の場合は無駄に凝り性なので、カロリーも値段も外食と変わらないくらい高くついてしまいそうな気がしますし。
うーん、何か、ポジティブな行動で貯金する方法、ないでしょうか。

あ、貯金する以前に、借金(奨学金)返し終わってないや。てへっ。
 

0:33 2009/04/21【白髪】

前髪のあたりに生まれつき、3、4本の白髪がまとまって生えています。

2、3年前までは、美容院に行くと普通に「この白髪どうします? 染めておきます?」って聞かれていました。しかし、ここ最近とみに、美容師さんが私の機嫌をうかがうような顔でおそるおそる「この若白髪どうしますか?」と聞いてくるようになりました。

そんな気の使い方しなくていいですから!
 

2:05 2009/04/02【礼儀】

「ありがとう」とか「おめでとう」とか他人に対する敬意を口に出して表明するのがなんか嫌だ、という気持ちは分からなくはないですよ。

私も十代の時はそうでしたから。言わなくたって通じるだろ?というか。わざわざ口に出して言うのって逆に胡散臭くね?とか。

でも、それが許されるのは学生までです。いい大人がやって許されることではありません。
節目ごとに、お世話になった人にきちんと頭を下げてご挨拶するのは、当然の礼儀です。言わないのは無礼です。照れ隠しなんですとか、内心はちゃんと感謝してますとか、そんなのはただの口答えでしかありません。繰り返しますが、その言い訳が通用するのは非常に親しい友人や家族の間だけであり、社会においては無礼です。マナー違反であり、ルール違反です。そんなことも分からないなら幼稚園に戻って挨拶の練習をやり直せ。
 

という怒り方をしてしまう自分は立派なおばさんなんだなぁ、という事実に気づいてしまったことが一番ショックでした。しょぼーん。
 

9:36 2009/03/21【飯が不味くて怒る時】

1.他人を楽しませてあげたいという目的で行ったとき
2.値段が高かったとき
3.遠かったり予約が取りづらかったりしたとき

1は怒っても、まあ仕方ないですよね。

でも、2は自分の金銭的余裕のなさが原因だし、3は時間的余裕のなさが原因なので、要するに自分の問題なんですよ。自分の余裕のなさに対する苛立ちを他人にぶつけるの、かっこわるいと思います。なるべくそういう怒り方をしない人間になりたいな。なれるかな。なりたいけれど足りないな。かねもじかんも足りないな。でも今なりたーい!
 

3:04 2009/03/02【忘れたくない】

もう6、7年くらい前だったと思いますが、ある日突然、自分が「10代の心を忘れかけている」ことに気がつきました。

こう、あの熱くて、チクチクして、甘酸っぱい感じ。
あの感情は確かに自分の糧となっていたのに、それが消えつつあるという恐怖。

書かなくちゃ、今書いて残しておかないと、もうすぐ忘れてしまう。そんな強迫観念に駆られました。
カメラマンだったら写真で、ミュージシャンなら音楽で、記録していたのでしょうか。私の場合は、いくつかのお話を書きました。

大掃除をしていたら、そのブツが出てきたので、思わず読みふけってしまいました。
もちろん死ぬほどこっぱずかしくてうぎゃーってなりましたが、それでも、ほぼ忘れていた「あの感情」が少しだけ蘇ってきたので、やっぱり書いておいて良かった、自分が文章という記録手段を持っていて良かった、と実感しました。

最近は私も図太くなって、傷ついてもすぐにドロドロした粘液が出てきて塞いでかさぶたにしてしまうけど、あの頃は小さなひっかき傷でもいちいち鮮血を流していたんだっけなぁ。
その「痛み」は、これからも決して忘れないようにしたい、と切に思います。
 

0:07 2009/02/02【風邪】

最近の寒さで風邪を引いてしまったようで、1時間に1回くらい咳が出るんですけど、そのたびに隣の席のおばちゃんが、あからさまに眉間に皺を寄せて「あら嫌ねえ」って言うんです。

最初は「いやー風邪引いちゃって、迷惑かけて申し訳ないです」とか答えていたけど、あまりに何回も嫌ねえ嫌ねえと言われ続けると、さすがにこっちも不愉快になってくるわけです。私だって好きで咳してるわけじゃないんだよ。

そこで、1時間置きじゃなくて連続で何回も咳をすれば、途中でもう反応しなくなるんじゃないかと思い、試してみました。

「ゴホンゴホン」
「あら嫌ねえ」

「ゴホンゴホン」
「あら嫌ねえ」

「ゴホンゴホン」
「あら嫌ねえ」

「ゴホンゴホン」
「あら嫌ねえ」

「ゴホンゴホン」
「あら嫌ねえ」
 

負けました。
 

23:46 2009/01/05【新年】

あけましておめでとうございます。
本年も、時々死んだように更新停止しては、しばらくして何事もなく戻ってくる当サイトをよろしくお願いします。

ところで今年は私、前厄らしいです。
厄年とは一般的に、守護神の力が弱まって災難が起きやすくなる年と聞きましたが、私の場合はもともと憑いている守護神が、「貧乏神」「災いの神」「ネタの神」の類ですので、彼らの力が弱まるのは大変喜ばしいことです。今までも厄年には良い出来事が起こることが多かったので、きっと今年も素晴らしい1年になることでしょう。

できればネタの神には、そのままいなくなっていただけると嬉しいのですgqあwせdrftgyふじこ
 

2:26 2008/12/22【二つの耳】

自分は、カラオケはけっこう自信があって、下手な歌手には負けないぜ!と思っています。また、高校生までピアノを習っていたので、今でも簡単な曲ならば弾けるはずです。

つまり私は、音楽を聴くときに二つの耳を持っていることになります。自分で経験したことがなければ分からない、ボーカルの耳と、ピアノの耳で、2種類の聴き方をすることが出来るのです。

しかし、ギターはどうしても指の痛さに耐えられなくて3日で断念しました。他の楽器は試したことさえありません。だから、ギタリストやドラマーには同じ曲がどのように聴こえているのかは分かりません。きっと全く違ったふうに聴こえているんだろうな、と思うと、その耳を習得できなかったことがとても残念です。

ところで先日、大掃除をしていたら、押入の奥から小学生の時に買ったリコーダーが出てきました。そういえば当時、リコーダーを吹くのはそこそこ得意でした。ということは私、「木管楽器の耳」は持っていたはずです。他の楽器をゼロからスタートするよりも、かつて持っていた木管楽器の耳を取り戻すほうが簡単なのではないでしょうか。

そう思って、おそるおそる息を吹き込んでみました。

ソー

ラー

シー

ドー

ヒュルッピヒュー

諦めました。
 

8:04 2008/12/17【ミステリー】

全ての文章はミステリーである、と思います。
最初にあるのは謎です。別に、犯人探しやアリバイ崩しだけが謎なのではありません。どうすれば悩みを解決できるのか、これからどうやって生きていけばいいのか、そのような問いに対する答えを見つける行為が、小説を書くことであり、読むことであると思うのです。

以前の私は、映像メディアに全く縁のない生活をしていました。テレビは全く見ないし、映画も月に1本見るか見ないかくらい。そのかわり、小説は月15冊くらい読んでましたけど。
ところが、そんな生活を続けていたら、小説がスランプに陥り、さっぱり「答え」が見つからなくなってしまったのです。未解決の謎ばかりが増えて、パソコンは途中まで書いて挫折した小説でいっぱいになりました。

そこでここ数年は意識して、今まで縁のなかったメディアに触れていました。ドラマは週3本以上、アニメは5本以上、映画は1本以上観ることを心がけていました。

先日、昔書きかけた小説を読んでみたところ、以前はあれほど考えても答えの見つからなかった謎のいくつかが、意外とすんなり解けてしまって驚きました。
これは、いろいろなメディアに触れてみたおかげだと思うのです。それぞれのジャンルにそれぞれの文法があり、特定の文法を使わないと解くのが困難な謎があるのだと思います。小説ではなかなか解けなかった謎が、たとえば映画でものすごい美しい映像を挟んだら解決してしまったり、お芝居で存在感のある役者が声を張り上げて歌を歌えば解決してしまったりするわけです。

一度解けてしまえば、あとはそれを小説に翻訳するだけです。面倒ではありますが、最初から小説の文法だけを使って解こうとするよりはずっと易しい作業になります。

最近の私が、無節操だと批判されるほどいろんなジャンルに顔を突っ込んでいるのは、、問題解決のための新しい手段を手に入れるためです。
悩みとは、そもそもいろんな要素が複雑に絡まっているもの。解くためには、要素によって様々な道具を使い分けられなければいけない、と思うのです。
 

4:11 2008/12/14【語学力】

飲み会のときに、とある参加者がアメリカ人の友達を連れてきました。シアトルから出張中のイケメン白人で、日本語は全く喋れないそうです。

生まれも育ちも優柔不断な性格もメリハリのないボディも純日本製の私でありますが、これでも一応、大学は英語教育に力を入れてるところだったし、短期留学したことだってあるんです。よーしパパ張り切って英語で会話しちゃうぞ。語学に自信がなくてもじもじしている他の女の子たちを差し置いて、青い目のイケメンと仲良くなっちゃうぞ!

私「(以下英語で)シアトル行ったことありますよー」
彼「へえ、どこ行ったの?」
私「スペースニードルとかパイクプレイスマーケットとかスターバックスコーヒー1号店とか」
彼「コーヒー好きなんだ?」
私「はい、好きです。まあ、お酒のほうがもっと好きですけど」

ここらへんまでは良かったのですが。

彼「お酒は何が好きなの?」

私「アイ アム シャンパン!

ああ、もう駄目だ。
英語力が、というか、それ以前に人間として。
 

1:26 2008/12/12【指筋】

この前、ロッククライミングの大会で優勝した人がテレビに出ていたのですが、驚いたのはその人の「手」の形です。世界レベルの実力者となると、腕というよりも指に筋肉がついて、手を握ろうとしてもグーが作れないほど太くムキムキになるものなんですね。

クライミングを始めてまだ1年の私ですが、最近、自分の指に違和感を感じるようになりました。登るときは時計や指輪は外しているんですけど、明らかに指輪が外れにくくなってきたのです。以前は緩いくらいだったのに、今では指を曲げたり伸ばしたり、引っ張ったり押したりして、苦労してどうにか外しています。これってやはり、指に筋肉がついたってことですよね?

太ったってことではないですよね?

よね?
 

1:25 2008/12/03【会いたい】

好きな作家やミュージシャンには、一度でいいから実際にお会いしてお話してみたい、と思うものです。

でも必ずしも、より好きであればより会いたいというわけではないのです。ものすごく好きだけど、作品を鑑賞するだけで満足で、本人がどんな人柄でも関係ないと思う場合もあるし、作品は正直欠点もいろいろあるなあと思いつつ、それを書いた本人にすごく惹かれる場合もあります。

好きになるということは、何かしら自分と似ている部分があるからなのでしょうが、どうやら会いたいと強く思う相手は、自分と「駄目な部分が」似ている人なのではないか、と思いました。

「良い部分」については、そのまま伸ばせばいいので、ある意味簡単です。強い意志で努力しつづければ、少しは憧れのアーティストに近づくことができるはずです。
でも「駄目な部分」を克服するためには、何らかの方向転換、新しい発想が必要です。だから、文章書きの端くれの端くれとしましては、出来上がった作品だけではなくて、そのバックグラウンドに強く興味を抱くのです。本人にお会いして、あなたはどうやって克服したの?と詳しく聞いてみたくなるのです。

今まで幸運なことに、何度か憧れの作家さんにお会いする機会があり、そのたびに多くを学ばせていただきました。作品とは、何かを克服し、這い上がっていく過程で現れるものだと思います。アーティストたるもの、欠点があってナンボです。
 

23:24 2008/11/29【工場見学】

神奈川県の南足柄市にあるアサヒビール工場を見学してきました。

これで私、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーと、ビールシェア上位4社の工場見学をコンプリートしたことになります。
どの会社の工場見学もそれぞれ良かったところがあって、キリンは発酵途中の麦芽ジュースを飲ませてくれたのが印象的でしたし、サッポロは煉瓦の趣ある建物が良かったです。サントリーは解説が丁寧で、真夏に行ったこともあり、最後に試飲したビールがすごく美味しかったです。
アサヒは一応関東なのに、かなり辺境の地にあるため、空気と水がすごく綺麗でした。無料のおつまみに、乾きもの以外(チーズと鴨)が出てくるのは珍しいかも。大自然の中でいただく出来立ての黒生は最高でした。

ところで、ここまで来ると気になるのが5位です。4位までじゃキリが悪いし、せっかくなら5位までコンプリートしてみたいじゃないですか。
5位の会社を調べてみると、シェアはわずか0.8%。そしてその名は、

オリオンビール。

沖縄、行くしかないのか……。
 

3:36 2008/11/26【高二病】

ボジョレヌーボーが売れなくて困ってるんですよ、と知り合いのバーテンさんが嘆いていました。

数年前まではありがたがってお祭り騒ぎをしていた日本人ですが、最近は舌が肥えてきて、ボジョレよりも安くて美味しいワインがたくさんあることに気づいてしまい、解禁日に騒ぐような「にわかファン」行為を恥ずかしく思うようになってしまったのが原因とか。

でも、そもそもボジョレヌーボーなんて、味を求めて飲むものではないじゃないですか。
お正月におとそを飲むようなもので、お酒の神様今年もありがとう、これからもよろしくね、という気持ちで飲む、縁起物だと思うんですよ。

高校生になって洋楽を聴き始めると、中学生のころありがたがっていた日本のバンドを突然バカにして敬遠し始めるのと似てますよね。日本の酒飲みの皆さん、中二病から高二病に移行したみたいです。

楽しいイベントや、恵みに感謝する機会は多いほうが生きていて楽しいはず。個人的には早く、「やっぱり日本のバンドは日本のバンドでそれぞれ良さがあるよね」と見直せるような、「大二病」へとステージを進めて欲しいと思います。
 

8:01 2008/11/19【小室容疑者】

友人と数人で、「小室哲哉終了記念カラオケ大会」をやってきました。

まだカラオケまでは配信停止になっていないはずなのですが、本人出演バージョンの「I'm proud」を歌おうとしたところ、なぜか何回予約してもスキップされて消えてしまう、やっと流れたと思ったらワンコーラス目の途中でブチっと切れてしまう、誰もリモコンに触れていないのに勝手に音量やキーが変わってしまう、などの怪奇現象が次々に起こり、素で怖かったです。呪われてる、呪われてるよ! さすが華原朋美さん、小室ファミリーの六条御息所。

ところで今回、参加者の年代によって歌う曲がはっきり分かれるのが面白かったです。30代の人はTMNや渡辺美里など、そして20代の人はtrfや安室奈美恵などプロデューサー時代、と歌う曲と固定されていて、あんまりクロスしないんです。

つまり何が言いたいかと申しますと、プロデューサー時代の曲ばかりを歌っていた私は、まだまだ若いのだ、ということです。心はまだ20代なのです。のです!
 

1:24 2008/11/14【貧乏肩】

ひどい肩こり持ちなので、1ヶ月に1回くらい、どうしても耐えられなくなってマッサージ屋さんに行くことがあります。

今まで無数のお店を試してきました。気軽なクイックマッサージから、整体、カイロ、温泉旅館の指圧、アロマ、ストーン、リンパ、足ツボ、吸引マッサージ……。
海外旅行に行った時には、現地のマッサージを試すのも定番です。韓国では韓国式、バンコクではタイ古式、台湾では伝統の足踏みマッサージなどなど受けてきました。そろそろマッサージマニアと言っても過言ではないかもしれません。

で、これだけ試した結果、一番コストパフォーマンスが良いと思ったのは何だったかといいますと。
駅前の10分1000円の「てもみん」でございました。(えーっ!)
 

23:46 2008/11/09【コミュニケーション】

最近夫の人の仕事が忙しくて、
私が寝たあとに夫の人がタクシーで帰ってくる
→夫の人がまだ寝ているうちに私が出勤する
というすれ違い生活が続いています。

このままじゃ良くない、たまにはちゃんと夫婦間のコミュニケーションをとらないと、と思って、朝起きて自分が出かける時に、いびきをかいて眠っている夫の人に向かって、小さな声で話しかけてみました。

私「じゃあ私仕事に行ってくるねー」
夫「ブブッ(屁の音)」

これが一番最近の夫婦間コミュニケーションです。
 

2:42 2008/10/30【エコソング】

最近、アイドルがエコソングとか歌うのが流行っているみたいですが、ふと思ったんだけ「エコ演歌」ってまだなくね?
高齢化社会を迎えた今、炭素削減のためには演歌の主な聞き手であるおばあちゃん世代にも理解していただかないといけないわけで、これは絶対にビジネスチャンスだと思うんですよ。誰か歌ってみませんか。「津軽海峡温暖化」とか。
 

1:53 2008/10/28【ご来場ありがとうございました】

初DJをさせていただいたHOT21、おかげさまで無事に終えることができました。
アニソンでは期待通り盛り上がっていただいたし、マイナーな曲でも興味を持ってDJブースまで見にきていただける方がいらっしゃって嬉しかったです。

ヒーローショーでは、参加者の皆様の大変空気を読んだパフォーマンスに感動しました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

<取り急ぎセットリスト>

※コンセプトアルバムにつき曲名で表示するのにそぐわないケースが多いため、原則アルバム名で記しています。

opening zeus record(吉澤瑛師)/Bargain
1 高円寺百景/NIVRAYM
2 マキシマムザホルモン/What’s up, people?!
3 ファッキンガム宮殿/SATSUGAI
4 UZ JSME DOMA/Fifteen drops of water
5 J.A.シーザー/体内時計都市オルロイ
6 MAGMA/M.D.K.
7 CARL ORFF/CARMINA BURANA(メータ指揮1992)
8 CHRISTIAN VANDER/WURDAH ITAH
9 ALAMAAILMAN VASARAT/MAAHAN
10 OSANNA/PALEPOLI
11 OPUS AVANTRA/DONELLA DEL MONACO
12 ALI PROJECT/わが臈たし悪の華
ending FARMERS MARKET/Music From The Hybrides
 

18:38 2008/10/24【改めて】

ついに初DJイベントが明日になりました。
変態音楽をたくさんかけます。ぜひみなさん遊びにきてください。

2008年10月25日(土) START 19:30 CLOSE 22:45
下北沢 escafe
http://www.escafe.jp/
¥1500 (1ドリンク付)

下北沢を揺らさない不動のエンタメイベント、HOT21 Vol.17を10/25に開催します!10月恒例、4度目となるヒーローショー『カボチャーマン リローデッド』を上演します!ハロウィンの平和を守るベータカロチン戦士カボチャーマンに襲いかかる悲劇とは!?愛する人、守る命、そして明かされる衝撃の真実!毎度「大人のヒーローショー」として好評です!こりゃ見逃せないぜ!また
DJゲストとトークライブ『たけしの部屋』にはifさん&ゴトウさんをお招きし、日本の未来をウォウウォウウォウウォウするなど豪華な内容で皆様のご来場をお待ちしております!

<魅惑のTimeTable>
OPEN 19:15
19:30-20:00 cim
20:00-20:30 if (Guest!)
20:30-21:00 ヒーローショー『カボチャーマン リローデッド』
21:00-21:30 ゴトウ (Guest!)
21:30-22:00 サト
22:00-22:15 トークライブ『たけしの部屋』
22:15-22:45 Sick
 

18:21 2008/10/24【トラウマメニュー】

学生時代、お金が1円もなくなって、食べ物が田舎から送られてきた米しかない時に、とりあえず腹を満たすためだけに食べていたメニューが「ネギ丼」です。
ごはんに刻んだネギを乗せて、めんつゆとラー油をかけて食べるという、とてもシンプルな料理。(料理?)

米以外の残り物があるときは、ちょっと豪華に「ネギ鰹節丼」「ネギ天かす丼」「ネギツナ丼」「ネギ卵丼」などになります。ネギ牛肉丼はめったに食べられないぜいたく品です。

もう二度と食べたくない思い出のネギ丼でしたが、ふと思いついて、再現してみました。ただし、大人力を注ぎ込んで、ちょっとお高い材料を使って。

材料
・新米コシヒカリ(昔は安売りの古米)
・よく行く和食屋の特製ラー油(昔は100円ラー油)
・九条ネギ(昔は見切り品ネギ)
・自作めんつゆ(昔は100円めんつゆ)

あれ? なんと、まともな材料で作れば、意外と美味いじゃないか!
よーしパパ奮発してネギ牛肉丼も作っちゃうぞ。

・和牛たたき

うまーうまー。

というわけで、ネギ丼のトラウマを見事上書き保存することに成功しました。
次はできれば恐怖の「小麦粉煮」のトラウマも克服したいところなのですが、さすがにこればっかりは、高級な小麦粉を使ったところで美味しくはならない、だろうなぁ。
 

22:44 2008/10/22【コンプリート】

かなり前から、「47都道府県全てを訪れる」(通過しただけでは駄目で、下車して観光することが条件)という目標があったのですが、今月の3連休に残っていた大分、宮崎、鹿児島を訪れ、とうとうコンプリートすることができました。

10年前には関東付近しか色を塗れなかった日本の白地図が、今は余すところなく赤く塗りつぶされています。せっかく征服できたので、これからはただ自分が旅行を楽しむだけでなく、友達の旅行プランを立てるのをお手伝いできるような人になりたいなあと思います。国内旅行のことだったら私に相談してください。どの都道府県でも、良かった場所とか美味しかったものとか紹介できますよ!

「へえ、じゃあ私、今度出張で岐阜に行くんだけど、岐阜は何が良かった?」
「スーパーカミオカンデ」
「は?」
「スーパーカミオカンデ。今年の見学はもう終わっちゃったけど」
「他には?」
「雛見沢」
「……」
「雛見沢」

あれっ。
もしかしたら、多大な時間とお金をつぎ込んて得た経験の割には、人様の役には全く立ってない?
 

2:10 2008/10/20【露天風呂】

先日、温泉に行ったんですよ、温泉。
渓谷沿いの露天風呂だったんですけどね、目の前に山と川と雄大な自然が広がっていて、深呼吸をすると空気も綺麗で、のびのびできる気持ちの良い露天風呂でした。私はそこで鼻歌を歌いながら、1時間くらいひなたぼっこ兼半身浴をしておりました。

そのうち、目の前の川を、屋形船が通り過ぎたんですよ。屋形船には社員旅行風の男の人たちが十数人、缶ビールを片手に談笑していて、ああ、のどかな光景だなーと思いながら、心の中で手を振りながら通り過ぎるのを見ていました。休日楽しんでるかーい、私は楽しんでるよー、と。

……あれ?
こっちから向こうが見えていたってことは、向こうからもこっちの全裸姿が見えていたってことだよね?

わあ、しまった!
どうせ見られるならお金取れば良かった!(1人30円くらい)
 

22:57 2008/10/15【閉館音楽】

閉館時間を知らせる音楽といったら、「蛍の光」とか「遠き山に日は落ちて」などが有名ですよね。私が通っているジムでも閉館5分前になると、それまでかかっていた洋楽の有線放送がフェイドアウトして、「蛍の光」が流れ出すことになっています。
でも、もう少しでクリアできそうな課題に挑んでいる時だと、ついアナウンスを無視してしまい、追い出されるギリギリまで粘ってしまうことも度々あったり。

で、最近このジムの閉館時間の音楽が、変更になりました。
新しい曲は、1、2年前に紅白歌合戦に出て話題になった、秋川雅史さんの「千の風になって」。
必死で壁を登っているときに、ふいに流れだすシンフォニカルな前奏。そしてテノールで高らかに歌い上げる声。

私の〜お墓の前で〜
泣かないでください〜♪

ちょ、怖い!
ごめんなさいごめんなさい、すぐ帰るから許して!

秋川雅史さんは最近見かけなくなりましたが、この曲だけは、「確実に客が帰ってくれる閉館時間の音楽」として末永く受け継がれていくような気がします。
 

22:23 2008/10/08【攻撃された】

最近は仕事関係の大きなイベントが重なっているので、毎日残業続きです。
たとえば、今週はコンクール的なイベントの事務をやっていたのですが、月曜日に会社に着いてみたら、自分の机が段ボール数箱分の応募書類で包囲されており、何かのテロかと思いました。

ため息をつきながら段ボール箱を開封すると、重なった書類の中から直径2センチほどの黒光りする何かがカサコソと出てきて、カサコソと走り去っていきました。
 

バババババイオテロ!!!!
 

2:13 2008/10/07【ZERO】

最近時々流れている「のど飴ZERO」のCM。あの、のど飴を舐めているときの松山ケンイチさんの表情があまりにもセクシーすぎる件について。
やばいよ。松ケンやばいって。
ただでさえ夫の人に呆れられるくらいファンだというのに、これ以上好きにならせてどうしようっていうの。

こんなにも虜にしてくれたんだから、そろそろ責任をとって私を迎えに来てくれてもいいと思うの。今日あたり、仕事から帰ろうとしたら、会社の前に泊めてある車から松ケンが出てきて、ちょっとぶっきらぼうに、でも優しい瞳で「乗りなよ」とか声をかけられてもいい頃だと思うの。

ああ、でも今日は勝負下着じゃない!
よりによって、上下で違う色の下着つけてるじゃないですか。こんな姿、とても松ケンには見せられないわ!

だめだめ松ケン、今日はまだ来ちゃだめ。
明日こそあなたの恋人にふさわしい装いで来るから、あと1日待って!
 

と、考えながら、今にもよだれを垂らしそうな顔で「ぐへへへへ」と笑っていたら、課長と目が合いました。
 

1:26 2008/09/30【チキンラーメン】

チキンラーメンって、何入れて食べる?
卵? だめだめ、分かってないね。チキンラーメンに入れるべきものは、ラー油、大量のラー油だ。それも、いろいろなスパイスが入ってる高級なラー油じゃなくて、100円ショップに売ってるようなやつな。あれを、大さじ1杯くらい入れるの。プッシュ式のボトルだったら最低でも20プッシュ。そうすると、あのチキンラーメンの油が酸化したような臭いが完全に消えて、その変わりに胡麻の香りと辛味が加わって、美味くなるんだって。

そうそう、カップヌードルのシーフードって、お湯以外で作ったことある? 沸騰させた牛乳で作ると美味しいって? 邪道邪道。私に言わせれば、カップヌードルのシーフードは絶対にキムチ鍋の残り汁で作るべきなんだよ。家でキムチ鍋をやる機会がないなら、お湯にキムチ入れて煮込んだだけでもいい。そうすると、昔韓国で食べたキムチチャンポンと同じ味になるんだって。マジで試してみてよ。
 

先日、とてもお高いフランス料理をご馳走になったのですが、食べながらずっとこういう話をしていたので、今になってあの素晴らしかったラムチョップの味を思い出そうとしても、ラー油とキムチの味しか思い浮かばなくて困っています。
 

2:41 2008/09/26【隠れ業界語】

自分でも気づかないうちに、表面的な意味と違う意味で使っている業界語というのがあって、これは時々言語化して確認しておかないと誤解を招くよなーと思います。

たとえば、最近聞いた言葉に「ミスした看護師は悪くない」「ミスした子どもは悪くない」の「悪くない」という言葉。 医療ミスで亡くなった患者の遺族に向かって、「ミスした看護師は悪くない」なんて言ったら火に油を注ぐようなものですが、これ、本当に悪くないって言ってるわけじゃないんですよね。

ミスした個人にはもちろん責任はあるけど、そもそも人間というのはミスをする生き物なのだから、いくら個人が気をつけてもミスをゼロにすることはできないのです。だから、たとえ個人がミスをしてもどこかでそれが吸収されて大事に至らないようなシステムを作らなきゃいけないわけです。

子ども然り。子どもはミスしながら大きくなるものなのに、ミスを責めてばかりでは萎縮してしまいます。本人を責めるよりも、親や学校がちゃんとチェックして、ミスしてもいいように安全マットを用意してあげることが重要なのでしょう。

つまりこの「悪くない」は、「もちろん悪いけど、そこを責めても根本的な解決にはならないよ」って意味なんですね。

普段から仕事で関わっていると、つい全てのニュアンスをひっくるめて「悪くない」の一言で通じるような気がしてしまうのだけど、誰もがそのニュアンスを理解できるわけじゃないのだから、今自分が使っているのが業界語である自覚を持って、説明すべき相手にはきちんと説明できるようになりたいものです。
 

2:44 2008/09/24【はたらくひとたち】

昔、教育テレビの番組で「はたらくひとたち」といのがあったのですが、私がかつてニートだったころ、よくその主題歌を口ずさんでいました。

♪しごとごとごと みているうちに
 はたらくひとになりたくて
 (中略)
 まわれよちきゅー
 はたらくひとに なりたいなー♪

で、それから4年ほど経って無事社会人を続けている今ですが、相変わらず同じ歌を、でもちょっと替え歌して歌っております。

♪まわるなちきゅー
 はたらくひとを やめたいなー♪

……という日記を書くにあたって、年のため「はたらくひと やめたいな」でググってみたところ、いろんな人が同じネタを書いていたので、なんだかとても心強かったです。
ひとりじゃない!
 

2:00 2008/09/21【告知・初DJ】

17回目を迎えるロングセラーイベント、「HOT21」
http://hot21.ciao.jp/index.html
に出させていただけることになりました!

2008年10月25日(土) START 19:15 CLOSE 22:00
下北沢 escafe ¥1500 (1ドリンク付)

詳細は未定ですが、多分8時くらいから出番だと思います。
DJの他にトークショー的な何かもあるかも。
ハロウィンということで、あれこれ楽しい企画もあるかも。
もちろんお酒を飲みながらボーッと音楽を聴くのもアリです。

初DJということで、ジャンルは一番の得意分野「変態」にしようと思ってます。
プログレを中心に、クラシックからアニソンまでジャンルを超えて、「変態」で上手くてノリがいい曲を集めます!
音楽が好きな方でしたら、必ず「うおーなんだこの曲www」って驚いていただけると思います。

具体的なプログラムなどは追ってご連絡しますが、
取り急ぎ、10月25日の夜はぜひ空けておいてください!

下北沢で私をボコボコにしよう!
 

23:56 2008/09/16【ノー残業デー】

課長「あ、そういえば今日ってノー残業デーじゃん。忘れてたよ。みんな、そういうわけで今日は、18時までには必ず仕事を切り上げて帰るんだぞ!」
 

ところで課長、今21時です。
 

23:56 2008/09/13【解読不能】

普段心がけてるのは、「人様からお勧めされたお店はなるべく行く」ということです。

もちろん「勧められてから1ヶ月以内に全部行く」なんてことをしたら家計も肝臓もあっという間に破綻ですが、何軒か教えてもらったうちの最低1件には、数ヶ月以内に訪問することにしています。

だって、せっかく教えてあげたのに全然行く気配のない人には、次からはいい店を見つけたって教えなくていいやって思うでしょ。
行ってみたよ、良かったよ、教えてくれてありがとう、って言われたら、またいい店を見つけたら教えてあげようって思ってくれるのではないでしょうか。

ただ問題は、「あのお店いいよー」って話をするのは酒の席が多いので、記憶もメモもいい加減で、あとで見ても意味不明のことが多いことです。
私の手帳の「行かなきゃリスト」には、「浜松町 日本酒」とか「北区 焼肉」とかいうメモがたくさん残されてるのですが、酔っ払いの自分よ、浜松町に日本酒を飲める店が何軒あると思ってるんだ! 北区広いよ! わかんねーよ!

というわけで、「せっかくいい店を教えてやったのにifの奴ぜんぜん行かないじゃねーか」と思ってる方がいらっしゃいましたら、メモが解読不能に陥っているものと思われます。なので見放さずに、また教えてくいただけると、その、嬉しいなあって……。
 

2:15 2008/09/12【恋の予感】

いつものクライミングジムで壁を登っていたら、初心者っぽい男の子2人組が、昔の自分と同じ課題で苦労していたので、見ていられなくなって「そこは右手じゃなくて左手で掴むといいですよ」と教えてあげました。

で、その後そろそろ帰ろうと思って更衣室で着替えていたら、隣の男子更衣室からさっきの男の子2人組の声がしてきたんですよ。

「マジで可愛かったよな」
「ホント、しかも上手かったよな」
「あんな可愛い子に教わっちゃってトクしたよな」

ちょ、かわ、かわいいって、まさかまさか私のこと?
フラグ立ったー!
私の夏、終わってなかったー!
 

「いやー、可愛かったよな、あの青いTシャツの子」
 

私のTシャツは赤でした。
 

12:37 2008/09/07【ないもの、を想像する】

在ると知ってるものは誰でも想像できます。本のタイトルから内容を想像したり、扉の向こうから聞こえてくる声からそこにいる人の顔を想像したりするのは、難しくありません。

それに対して、タイトルも知らなければそもそも存在してるのかどうかも分からない本の内容は、なかなか想像できるものではありません。

おいらが生まれ育った茨城の田舎町は、映画といったらもうジブリとジュラシックパークと東映まんが祭りしかやってないような惨状でして、映画ってそういうものだと思ってたし、親もそれが当たり前だったから「本当は世の中にはもっといろいろな映画があるんだよ」ということを誰も教えてくれませんでした。

そういう環境で育ったら、そりゃ「映画より小説のほうが楽しい」ってなるよな。「ハリウッドはつまらない」ってなるよな。
幸い、上京していろいろな作品を見に行けるようになってから少しずつ傷は癒され、最近はハリウッドにも先入観を持たずに楽しめるようになりつつあるけど、上京していなかったらあのままだっただろうなーと思います。

しかし地方にも映画マニアはいっぱいいるわけで、彼らは一体いつどうやって、「本当は世の中にはもっといろいろな映画があるんだ」ってことを学んだのでしょうか。
きっと彼らには、私なんかと違って「ないものを想像する」能力があるのだと思うのです。扉の向こうから声が聞こえてこなくても、もしかしてそこに人がいるかもしれないと思い、想像して、扉を開けているのでしょう。

10代の頃の私は、人の声が聞こえてくるドアしか開けず、その中にいる人のつまらなさに絶望していました。
在るものしか想像しなければ、在るものにしか出会えません。自分で、自分の世界の範囲を決めてしまうことになります。時に無駄足を踏んでも、「ないもの」を思い描いてみるという無謀な試みこそが、世界を広げるのではないでしょうか。ビバ妄想力。
 

ああ、あの扉の向こうには私に求愛しようと待ち構えてるおびただしい数のイケメンが!(ビバ妄想力)
 

1:15 2008/09/04【鯖女】

女子から嫌われる女子として、インターネットで絶大な支持を得ている典型的なタイプが、自称「私サバサバしてるの」女だと思うのですが、この偽サバサバ女、いまいち定義が曖昧で、要するにムカつく女は全部偽サバサバ女に分類しちゃえばいいじゃん的な乱暴な分類がされているように感じます。

そこで、自分なりに定義してみました。
「男の子と仲良くなるためのツールとして自分の中の男っぽい要素を利用し、かつそのことに無自覚な女子」というのはいかがでしょうか。
男の子と仲良くなりたいんだけど、オンナとして魅力的である自信はない。だから自分の持つ男性的な要素(誰でも1つや2つは持ってるはず)をことさらに強調し、相手の警戒心を解いて、その隙に近づこうとするわけです。

自覚的にやってる場合はごく普通の「モテようと頑張ってる人」ですが、無自覚で、自分はサバサバしてると思いこんでしまっている場合は確かにタチが悪いです。意識上は「男っぽい非モテ行動」のまま、実際はモテ行動を行ってしまいます。その後に付随するモテ結果(ターゲット以外の男性から好かれてしまう、同性から嫉妬される等)に大して上手く立ち回ることができず、自分勝手でズルい奴、という烙印を押されてしまうわけです。
 

ちなみに私も、まさに「男の子と仲良くなりたいんだけど、オンナとして魅力的である自信はない」ので、男の子に近づくときにわざと男っぽく振る舞うってことあるんですけど、未だかつてモテ結果が付随してきたことが1度もない件について。1度も! ない件について!
 

2:42 2008/08/31【久しぶりの哲学話】

自分はけっこう物欲強いほうだと思うのですが、でも、たぶん本当に欲しいものは別にあるんだよなあ、と薄々気づいてもいます。

「欲」と「欲の対象」は、ただ時間的・空間的に隣接している、という以外の関連性はないんじゃないでしょうか。 対象が先にあって、それに対する欲が湧いてくるのではなく、欲のほうが先にあって対象は後付けなんだと思うのです。 何か大きな飢餓感みたいなものが根底にあって、その時たまたま目の前に美味そうな酒があれば、この酒を飲めば飢餓感は治まるのかも?と思いこみ、眼鏡の似合うイケメンがいればこのイケメンの肌に触れれば解決するのかも?と思いこんでしまうのです。
だから、確かに手に入れれば一時的に飢えは治まるけれど、根本的な解決にはならず、飽きたらまた元通り、強烈に何かが足りないという感じが襲ってくるのです。

この飢餓感は、ハイデガー大先生的に言うならば、自分が瑕疵ある存在であるという負い目、あるいは自分の存在に根拠がないことへの不安と、それに対してこのままじゃ駄目だ、という気持ちなのかもしれないけど、まあそこらへんは言葉の問題なのでどうでもいい。

この不安を紛らわすために、安っぽい好奇心に任せて旅行したり映画見たり異業種交流会に出かけたりするのは、日常への頽落です。それはますますあるべき自分を隠蔽し、遠ざかっている、ということになります。

でも。

でもでもでも、だからといって、自分の存在が有限であることを了解し、受け入れ、本来の自分らしく生きられるように努力しましょう、みたいなツマンナイ話はしませんよ。 ここ以外のどこかに本当の自分があるはずだ、なんて考え方は幻想だと思うのです。

日常に埋没することが非本来的なものだとは、決して思いません。むしろそれこそ人間の本質なんじゃね?
自分の未来と死について考えることが、楽しくお喋りすることより高次の次元にあるなんて、誰が決めたの?よく分からない飢餓感にただ踊らされているのはダサいけど、それなら自ら自分の意志で踊ればいいじゃん。
同じ阿呆なら踊らな損々ですよ。不真面目を大真面目にできる超人をめざせばいいと思うんですよ。
 

今日の要約:酒飲みたい
 

1:29 2008/08/27【怖い話】

霊感というものが全くないので、この季節、みんなで飲みに行って「夏だから怖い話でもしようぜ」となったときにネタに困ります。

今まで、虫の知らせとか(ただの勘かも)、モノが触ってないのに動いた(ただの風かも)とか、その程度の不思議な体験ならないわけじゃないですけど、どれもネタとしてはインパクトに欠けて面白くありません。幽霊とかいらっしゃるなら一度でいいからお会いしてみたいと思うのですが、自分の体質じゃあ無理だろうなぁ。

なにせ、小学校の時、私以外のクラスメイトが全員が何かを目撃したのに、自分だけは見えなかったことすらあるのです。
研修旅行で栃木に行って、キャンプファイヤーをやったとき、炎の近くに「何か」がはっきり浮かび上がったらしく、一同騒然となりました。女の子は泣き出し、男の子も悲鳴を上げて逃げ出していたのですが、なぜか私だけは全く何も見えず、「あれーみんなどうしたの?」ときょとんとしていたのを覚えています。だから、きっとこれからもお会いすることは出来ないんだろうなあ。あ、そのキャンプファイヤーやった場所、昔は戦場だったらしいんだけどね。
 

そんなわけで、怖い話とか全然できなくてごめんなさいね?
 

2:15 2008/08/26【美容の努力】

友人の紹介で、初めて「顔シャン」という顔の整体マッサージを受けてみました。

人によっては下手な整形手術よりもずっと効果があるよ、ということで楽しみにしていたのですが、実際に施術を受けて鏡を見てみると、確かに効果を実感することができました。むくみが取れた分、目が大きくなったし、頬が引き締まってほうれい線も薄くなりました。5歳ぐらい若返った気分です。わーい。
1回きりの施術ではすぐ元に戻ってしまうらしいのですが、何回か続けると定着するとのこと、家からちょっと遠いサロンですが、しばらく通ってみようと思いました。
 

で、家に帰って、夫の人に「ねえねえ、私の顔、変わったと思わない?」と聞いてみたところ、しばらく考え込んだ後「あー、太った?」と言われた件について。
 

2:35 2008/08/25【みんな】

「お母さんファミコン買って! だってみんな持ってるよ!」
「みんなって誰と誰?」
「ゆうかちゃんと、まどかちゃんと、たろうくん」
「なんだ、たった3人じゃない。我慢しなさい」

小さい頃よくこんなやりとりをしましたよね。
あの時の、自分だけが恵まれていないという強烈な劣等感はなんだったんだろうと考えてみたところ、「みんな嘆いていない」という事実が根拠だったんじゃないか、と思い至りました。

「欲しいのに手に入らなくて嘆いている」人を見かけない→欲しいと思っている人は既にみんな入手している→自分は欲しいと思っているのにまだ入手してないなんておかしい!という理論です。
もちろん、嘆いてないのは強がりかもしれないし、単に話題に出なかっただけかもしれないけれど、幼い思いこみにも、幼いなりの理由と推論があったのです。

つまりあの時、母親に対してこう反論すれば良かったんだなーと思います。

「私の仲良しグループは7人いて、そのうちゲームに興味のある人は私以外に3人いるが、その3人は既にファミコンを持っている。つまり、ゲームに興味のある人のうち75%が既に入手しており、私を除けば3人中3人、100%である。これは『みんな』と言っても良い程度にマジョリティである」と。

そんな生意気な子ども、絶対に嫌ですけど。
 

2:31 2008/08/20【真摯な回答】

どうして課長が言った時は素直に聞いてたのに私が言った時は口ごたえするの?てアナタ。

そりゃ、課長の時は「これやってね」と言ってきたから「はい、やります」って答えたし、アナタの時は「どうしてやってないの?」と質問してきたから、その質問に対して「これこれこういう理由でやってない」と回答しただけですよ。口ごたえどころか真摯に質問に答えているじゃないですか。

と答えたら「ほらまた、どうして口ごたえするの」って。

どうしてって、そりゃ今あなたが「どうして課長が言った時は素直に聞いてたのに私が言った時は口ごたえするの?」と質問してきたから、その質問に対する回答を真摯に(以下無限循環)
 

1:34 2008/08/18【パラダイム(誤用)】

哲学の世界ではとっくに使われなくなった「パラダイム」という言葉ですが、なぜか本来の意味以外の場所で言葉だけが一人歩きして、経営だとかサブカルチャーとかあらゆる業界で多用(というか誤用)されるようになっているのが不思議です。
ここまで来たらそろそろ、若者言葉にも波及していい頃合いなんじゃない?と思いました。「KY」みたいなノリで。

*

そういえば「空気読め」を解説するとき、空気とは「文脈」「行間」とか説明されることが多いと思うのですが、少し違和感を覚えます。

文脈に関しては、意外とみんな、ちゃんと読めてると思うのです。昔やった現代文のテスト、あれってまんま文脈を読むテストですよね。「主人公が○○したのはなぜか」とか「下線部で主人公が言いかけてやめた言葉は何か」とか「『それ』とは何を指しているか」とか。

受験のテストだと引っかけ問題が多くて正解できないこともあるけど、日常ではみんな、その程度の文脈を読む読解力はあると思うのです。でないと、会話自体が成立しません。
文脈はちゃんと読めている。では一体何を読み違えているのか?
それは、文脈よりももっと大きな枠組みを取り違えているんだと思います。 研究仲間と遊び仲間、インターネットの友達とリアルの友達、などのパラダイムシフトが上手く出来ていないのです。

たとえば、友達グループでは、「相手が不機嫌そう」→「和ませなきゃ」→「絵文字いっぱいのメールを送信」という文脈の読み方は正しいかもしれないけど、仕事グループだったら「相手が不機嫌そう」→「納得してもらわなくちゃ」→「資料をもとに客観的に説明」が正しかったりしますよね。不機嫌な取引先に、内容のない絵文字メールを送ったら和むどころか大顰蹙です。これは、文脈を読む技術がないのではなくて、今いるパラダイムに適応できてないのです。

しかし、文脈の読み方は現代文の授業で習ってきたけど、そもそもの世界観を見極める力って、どこでも習わなかった気がします。学校で教わることは、既に決まったパラダイムの内部でどのように上手く立ち回るか、ということだけで、見知らぬ場所に放り込まれたときの対処法は誰も教えてくれませんでした。

大部分の人間は、習わなくても自然と覚えていくのだろうけど、私のような不器用な人間だって少なからずいるはずです。時勢に伴い世論も規範もめまぐるしく変わって行くこの世の中を、KYと言われずに生き抜くためには、枠組みを素早く飛び移る訓練も必要なのではないでしょうか。

*

というわけで、これから私に会った若者の皆さんは、「空気読め!」じゃなくて「パラダイムシフト!」と叫ぶといいと思います。もしくは「PS!」と。
 

16:09 2008/08/15【立ち直れない】

私がもう三十路だなんて嘘だろ……。

常識的に考えて……。
 

3:12 2008/07/20【揉みごたえ】

普段、日常的に夫の人の腹肉をつかんでプルプルさせて遊んでいるので、目の前に腹肉があると、夫以外の男性でもつい脊髄反射で手を伸ばしそうになります。

今のところ、なんとか直前に我に返って手を引っ込めているのですが、このままだと近いうちに欲望を抑えきれなくなって、課長の腹肉を揉んでしまう日が来ると思うのです。

さすがに上司の腹肉を揉んでしまったら言い訳ができません。後輩でも逆セクハラになってしまいそうです。それならば、と同僚を呼び出して、もし私が誰かの腹肉を揉みたくて仕方なくなった時は君のを揉んでいい?と聞いてみました。

「や、俺のなんかよりよっぽど揉みごたえがある腹肉を持っていて、しかも揉んでも怒られない人物が身近にいるんじゃね?」
「え、誰?」
「ifさん自身」
 

2:13 2008/07/18【ポジティブ表現】

1年ぶりに飲みに行った友達が、待ち合わせ場所で私と会った瞬間首を傾げて、少ししてから「前に会ったときよりふくよかで健康的になったよね?」と質問してきました。

そんな中途半端に気を遣った表現しなくても!
 

2:14 2008/07/17【年齢確認】

家に帰る途中のコンビニで、ビールとかつまみとかカゴに入れて会計しようと思ったら、レジに張り紙がしてあって、「年齢確認を徹底してます。酒、たばこを購入の際、20代のお客様には全員身分証の提示をお願いします」とか書いてあるんですよ。

やっべー。今日私、身分証持ってたっけ?
免許証は普段は家に置いてあるし、パスポートも家だし、あ、保険証なら持ってるけど、これは写真ついてないから身分証として認めてもらえるのかなぁ。

なんてことを考えているうちに、会計は終わっていました。
身分証の提示は求められませんでした。求められませんでした。
 

1:30 2008/07/16【電車で聞いた会話】

「バッカじゃねーの、そんな話99パーセントあり得ねーよ!」
「99パーセント? なんで100パーセントじゃないの?」
「……だって世界はまだ終わってないじゃん。今までは100パーセントあり得なかったけど、これから先も絶対に奇跡が起こらないって言い切れないし」

100パーセントが存在しないのは、世界がまた終わっていないから。
久々に素敵な言葉を聞きました。
 

1:26 2008/07/15【今食べたいもの】

肉。肉が食べたい。

それも、お上品な肉じゃなくて、もっとこう、和牛切り落としみたいなやつをフライパンの強火で炒めて、焼き肉のタレで濃いめに味をつけて、あつあつの白いご飯にぶっかけて温泉卵を落として、刻みネギたっぷり乗せて、崩れた卵の黄身を肉に絡めながらご飯と一緒にわしゃわしゃとかき込みたい、みたいな。

もしくは厚めに切った豚バラ肉を、コチュジャンとみりんとにんにくのたれに一晩漬け込んでから網でカリッと焼いて、ジュージューと香ばしいにおいが漂ってきて油がポタポタ落ち始めたところをサンチュに包んで、豪快に手で食べたいです。ビールがあったらなお最高。
 

現実:職場で残業しながらカップヌードル。
 

13:59 2008/07/13【キチガイ分が足りない】

人生におけるキチガイ分というのは、料理における唐辛子のようなものです。味蕾を破壊するので、もともとの味は分からなくなってしまうけれど、もともとの味が不味い場合にはその不味さをも分からなくしてくれます。便利だと思って使ってるうちに、どんどん辛み以外の味を感じなくなっていって、気がついたときには依存症になっているという、危険な成分であります。

先月まで、ずっと「ラスト・フレンズ」というドラマを見ていたんですけど、ストーカーでDV男の宗佑という登場人物が出てきて、怖い物見たさもあり毎週楽しみにしておりました。しかし7月からの新ドラマは、宗佑に比べるとみんな平凡な人ばかりに見えてしまうんです。宗佑亡き今、何を食べても辛みが足りなくて満足できません。舌も脳も完全に味覚障害です。

もう我慢できません。
キチガイを。もっとキチガイを! 私に! 紹介して!
と叫んで暴れていたら、夫の人が鏡を持ってきました。
 

1:49 2008/07/11【エコ】

よく行く映画館で、エコ割引という制度が始まっていました。
公共交通機関で来たことを証明できれば200円引きだそうです。
レイトショーやレディースデーの料金にも適用されるので、最大限に利用すると800円で映画が見られます。

エコロジーかつエコノミー。
エコロジーのエコは、イマイチ胡散臭いと思うこともありますが、エコノミーは純粋に嬉しいです。通常料金と比べると1000円も安いと思うと、私もエコライフ始めなくっちゃなーという気分にもなるというものです。

嬉しかったので、浮いたお金でビール2杯飲みました。
あれっ?
 

7:21 2008/07/09【作品のホクロ】

今話題のマジックアワー観ました。
やっぱり三谷幸喜さんは天才です。伏線の回収の仕方が絶妙な展開。いい演技をするに決まってる配役。分かる人だけに分かる小ネタもちゃんと織り交ぜてあって、正直非の打ち所のない作品と思いました。

そして、完璧であるが故に、面白くなかった。
ここで「面白くない」と感じてしまう自分は本当にだめんずだと思います。一般的には絶賛するべき作品だと思います。でもあまり楽しめなかったのです。
多分、終わってから解決できなかった伏線を思い出し、「あそこはどういう意味だったんだろう」と悩んだり、もし私が監督だったらこう撮るのに!と歯がゆかったり、納得できなくて地団駄を踏んだりするのも、自分にとっては映画の楽しみの一つなのです。スキがあるからこそ、そこから自分自身の人生と混ざり合い、新しいものが生まれてくると思うのです。人間は欠点があったほうが萌える、というのが持論でしたが、作品も少し欠陥があったほうが魅力的なんだなぁ。

あ、人間に関しては、「少し」どころか「だいぶ」欠陥があってもいけるクチです。(鼻息を荒げながら)
 

1:49 2008/07/08【成果】

私「(テレビを見ながら)ねえねえ、あの女優さん、最近よく見るけど可愛いよねー」
夫の人「そうだね、でも、君のほうが可愛いよ(棒読み)」

夫の躾け完了。
 

2:53 2008/07/04【犯行予告】

ネット上で犯行予告をして逮捕される輩が次々と現れています。もちろん徒に人を不安にさせるのは悪いことだけど、いかにもネタだと分かる書き込みにまで過剰反応することには疑問を感じます。以前は私たち日記サイト管理人も「カップル全員殺す」とかネタで書いていましたよね。今、あれをやったら通報されるのでしょうね。世知辛いなあ。

このままでは、みんなが過激な発言を控えるようになって、インターネットの面白さがなくなってしまうと思うのです。そこで、表現の自由の萎縮を防ぎ、好きなように日記を書く権利を主張するためにも、私が逮捕を覚悟の上、今ここで世界中を震撼させるような犯罪の犯行予告をしてみようと思います。
 

明日、飲み会で隣の人の刺身醤油をコーラとすり替えます!
 

7:57 2008/07/02【痛み】

小説とか詩とか書くとき、「痛み」「悲しみ」みたいな便利な言葉をつい使ってしまうけど、どちらも意味が広すぎて都合良く解釈できてしまうから、安易に使っちゃ駄目だよねー、という話がありました。

確かにそう思います。もっと語彙を増やさなくちゃと思って、とりあえず類義語辞典で「痛み」を調べて、使えそうな言葉を手帳にメモしておくことにしました。

・苦痛
・苦悶
・苦難
・苦悩
・辛苦
・胸が張り裂ける
・胸苦しい
・惨憺
・苛烈
・酷烈
・過酷
・身を切られる
・血を吐く思い
・千辛万苦
・塗炭の苦しみ

もしも人に読まれてしまったら、この手帖の持ち主、どう見ても自殺志願者です。
 
 
>>back to if→itself