韓国旅行記のつづき。

一日目に戻る

2日目。

朝ごはんに、屋台で卵焼きをトーストにはさんだみたいなの(100円)を食べる。なぜか砂糖が一緒に挟まってて、最初は「?」と思ったけど食べてみたらおいしかった。

地下鉄で戦争記念館に行く。国会議事堂を思わせるようなものすごい建物で、入場料も500円と韓国にしては割高。ひたすら日本の行為を責めまくる展示なのかと思いきや、石器時代から朝鮮戦争までの戦争の歴史を比較的客観的に説明していた。日本よりむしろ北朝鮮が批判のターゲットになってるみたいで、ちょっと意外。マゾの私としてはやや期待はずれ。

お昼には官邸料理のお店で石焼きビビンバランチを食べた。実はこの時が韓国来てから初キムチ。Yは、「やっぱ本場のキムチは違うねー」と言っていたが、私は「なあんだ別にそんなに辛くもないし臭いもないしつまんない」という感想。この味覚の違いはどこから来たのだろうか? ビビンバのほうは日本で食べるのよりずっといける。量が多すぎとか言ってたくせに、結局全部平らげてしまった。

景福宮と昌徳宮という、昔の偉い人が住んでた建物を見に行く。
景福宮はメインの建物が工事中で、それ以外の建物はつい最近復元されたものだったので綺麗すぎて、あまり面白くなかった。 昌徳宮は日本語・英語のツアーは終わってしまって(ツアーじゃないと入れない)仕方なく韓国語のツアーに参加。当然、何が何だか分からない。が、ロッテ免税店に勤めているというおばさんがいて、その人が日本語で解説してくれた。

つくづく、韓国の人っていい人が多い。道端で立ち止まってガイドブックを見ていると、必ず誰か声をかけてくれる。日本じゃ絶対そんなことないよね。

おばさんと別れてから、ミョンドンという若者が多い繁華街(日本の渋谷?)で夕飯。サムゲタンという、鶏肉にお米を詰めて長時間煮込んだスープを食べる。ついでに焼酎も飲んじゃう。シアワセ。
焼酎は、300円だったから一杯だと思ってたのんだら、一本来てしまって驚いた。安くない?こうなったら一本飲んでやるーっ!!とチャレンジするも、挫折。

サムゲタンには高麗人参が入ってた。Yはそのにおいが駄目だったらしく、臭い〜とか言っていた。
そうかなあ?人参というよりゴボウをもっと香ばしくしたようなその香り、私はかなり好みでハマったんだけどなあ。(ハマったあまり、ホテルに帰ってからルームサービスで人参茶をたのんでしまい、Yに嫌な顔をされた私。)

帰る途中、ニセブランドを売っているおじさん発見。冷やかしで値段を聞いてみると、プラダの財布(のイミテーション)が4000円だって。1000円だったら買ってもいいけど、4000円じゃなあ。あと1万円出して本物買った方がいいよ。中古だったら買えるでしょ。

更に、我が心のふるさと、スターバックスコーヒー発見!!
これはもう入るしかないでしょ。
ドリンクメニューは日本とほぼ同じ。違うのは、ケーキ類があること。お腹はいっぱいだったが、本日のコーヒー(220円)とニューヨークチーズケーキ(220円)を頼む。コーヒーは当然同じ味。ケーキはさっぱりしていてニューヨークチーズケーキと言うより普通のレアチーズケーキ。でも、甘さ控えめでおいしかった。

デパート(多分、ミリオレのミョンドン店)の前のステージで、女の子のグループが踊ってたんだけど、BGMが日本語の曲で、「愛してる〜♪」とか聞こえてきたので、思わず立ち止まってしまった。
しかも全然知らない曲だった。あれは何だったんだろう。
韓国で、日本のCDを売るのは違法なんだよね。
でも、流すのは合法なのだろうか。
っつうか、流すためには、まずCDを手に入れることが必要なわけで、売ってないはずのCDをどうやって手に入れたのか。(いや、目立たないところで売ってたけどね。でも、それを流していたら「私は非合法のCDを買いました〜」言ってるようなものじゃないの?)

そういや、昨日案内してくれた彼女が、
「大人は日本を憎んでいるけれど、若者は日本のファッションや音楽を格好いいと思っている」
って言ってたっけ。
うーん複雑。

テキトーな地図。

最終日につづく。

ホーム