>>home
>>last month
>>next month
23:43 02/09/30【倍の時間がかかる法則】

何かをするとき、何かをする時間さえあればいいというわけにはいかないから困りものだ。

どうも私はキャパシティがあまり広くないらしく、何か特別なことをしようとすると、他の何かが必ず犠牲になっている。たとえば家事。一日イベントに行っていると、その後更に一日二日を、溜まったゴミやら洗濯物やらを処理するためだけに使ってしまう。それに、イベントともなると普段の倍以上の精神力を消耗するわけで、疲労から回復するためにはしばらく睡眠時間を増やさなければならない。そして結局、たった一日のイベントのために二、三日が費やされている。

8月上旬……コミケ。
8月中旬……帰省。
8月下旬……関西旅行。
9月上旬……ディズニーシー、ドクデス。
9月中旬……イルバレ来日。
9月下旬……サムラ来日。

夏休みの間これだけの行動しかしていなかったはずがない。各イベントに直接関係ある日は数日しかないのだから、それを差し引いても大量の時間が余っているはずだ。一体私は何をしていたのだろう。さんざん考えてしまったのだが、結論としては、やっぱり夏休みの間これだけしかしなかったのだ。残った時間は残務処理だの睡眠だのしていたのだ。

原因は分かったけどちっとも嬉しくない。
 

1:38 02/09/30【ヒーロー】

推理小説やSF小説に惹かれたのは、ヒーローに必要とされる素質が体力ではなくて推理力や科学力だったからと思う。
体育の時間になると小学校の裏山に逃げ込んでしまうくらい(事実)運動が苦手。しかし、勉強するのはけっこう好きだった。格闘技家やアクションもののヒーローに自分を重ね合わせることは到底出来なかったが、名探偵になった自分を夢想するのは楽しかったのだ。

似たような理由で、芸術家が主人公の小説を読むのもけっこう好きだった。当時私はピアノを習っていて、ヤマハで一番上級のクラスに通っていた。まあ、もちろん実際は、茨城の田舎のトップクラスなんてたかが知れているわけだが、相手は10歳そこそこのガキである。小説を読みながらピアニストになった自分を想像してニヤけてしまったりするのは無理もないかと。

「理想の自分」は、現実と照らし合わせて何度も軌道修正させられる。スポーツの得意な子は野球選手に憧れ、勉強が出来る子は科学者を夢見る。絵が上手い子は漫画家になりたがる。理想、なんてそんなものだ。
 

11:21 02/09/29【笑い】

昔、どこかに「他人をバカにするような要素なしで笑いはあり得ない」みたいなことが書いてあって確かにそうだなと思ったんだけど、厳密に言えば笑いというものをもう1段階下のレベルで分けて考えなくちゃいけないような気がする。

すると、弱い立場の人(障害者、在日外国人、ホームレスなど)をバカにするような笑いと、強い立場の人(政治家、警察、教師など)をバカにするような笑いという概念を発見することが出来る。この2つは、同じように見えて全く違う。

どちらがより高尚か、なんて議論したいわけではない。それそれが面白いと思うほうの笑いを求めればいいと思う。ただ、私の個人的な好みとしては、強い立場の人をバカにするような風刺的な笑いのほうが好きだ。偉そうに威張っている人間を貶める快感、そして貶められた情けない姿と普段の姿のギャップが愉快なんだと思う。逆に弱い立場の人を更に貶めるのは、弱い者いじめみたいで罪悪感を感じてしまうし、普段とのギャップも感じられないから笑えないことが多い。

つまり、弱い立場弄りのほうが調理するのがより難しく、高度な技術を要するのだと思う。これは間違いない。腕に自信のない人は、小泉とかブッシュとか弄っておけば無難ですよ、と。

※追記。弱い立場弄りのネタが成功している時ってのは、対象の人間がその弱い立場故に「ある意味強い立場」になってしまっている時であることが多い。たとえば抵抗無く笑える乙武君ネタを創りたいなら、彼がベストセラー著者でスポーツキャスターという非常に強い立場を得てしまっていることに注目すれば良いと思われ。
 

2:27 02/09/28【演出】

たとえば、どこかに1人で行ったときや家族と行ったときは、わざわざ「1人で行ったんですよ!」「親を連れていったんですよ!」と書き、恋人やグループで行ったときは「誰と」の部分をぼかして、ただそこに行ったということしか書かない。これで、誰でも簡単に孤独な痛い系日記を演出することができる。

たとえば、誰かと喧嘩した時、自分が攻撃した時の描写は省き、相手に攻撃された描写は詳細に書く。自分の悪い部分があからさまになってしまうようなシーンは適当に流して、相手の悪い部分が見えるシーンは長めに書く。こうして、悪人に苛められる可哀相な私を表現することができる。

嘘はついていない。余計なものは何も付け加えていない。
マイナスの演出も、演出のうち。
 

0:24 02/09/27【仏蘭西】

★ピアノを習うのは止めたといっても、さすがに全く弾けなくなってしまったら今まで投資した分の時間とお金が勿体ないので、たまに思い出したようにリハビリしている。
しかし、確かに絶対音感は鈍っているし、鍵盤は重く感じるようになっているのだけれど、不思議と指の動く速さは衰えない。エレクトーンのような鍵盤の軽い楽器なら、以前よりも早く弾けるぐらいだ。

どうして、こんなに練習をサボっていても指だけは動くのだろう。
考え込む私に向かって友人が一言。
「パソコンのキーボードを毎日死ぬほど打ってるからでしょ」
あ。
 

★フランス大使館主催の、日仏音楽産業ビジネスコンベンションとかいう企画に行ってみました。
地下鉄の改札を出た瞬間に「南と北の区別が付かなくなる」という凄まじい脳内革命が巻き起こったせいで徒歩5分の会場に着くまで1時間もかかりました。あ、違うって。主原因は私の方向感覚だけではなくて、道を訊いた相手の人に2度も嘘を教えられたせいなんだってば。

しかしコンベンションの進行のほうもしっかり1時間遅れていてくれたので事なきを得ました。フランス人の時間感覚、素敵。

各レーベルのプレゼンテーションは当然ながらフランス語だったので、意味はちっとも分かりません。入場時にいただいた資料には日本語での説明が載っていたので、まあきっとこういうことを話しているんだろうなと予想は付きましたけど。しかし客の人たち、半分以上が日本人なのに、ちゃんと同時に笑ったり頷いたりしています。つ、通じてるのか……。
どのレーベルもサンプルとして数曲聴かせてくれて、これが面白かった。基本的にフランス語、張り上げて歌うにはあまり向いていないのね。どんな曲でも、フランス語で歌うだけでいかにもフランスっぽい歌になってしまうなんて不思議。表現の幅は広ければ広いほどいいと思っていたけど、こういう狭さは逆に面白いです。

午前の部が終わり、ブッフェ形式の昼食。昼休みの間に、午後の部(個別商談)のアポを取って下さいということでしたが、時間が押していて大学の授業の時間が迫っているのと、雰囲気的に雑談じゃなくて本当の商談をしなきゃいけないっぽかったのとで、参加は諦めてタダ飯だけ食って帰ることにしました。
ま、良い経験になりましたよ。大トロ美味かったし。
 

8:27 02/09/26【恐怖】

今日から新学期……夏休みの宿題がまだ……(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
 
6:17 02/09/25【方言】

★たとえば、太めの毛糸で編まれた素朴なニットを「ざっくりニット」「ざくざく編まれたニット」という。また、やや光沢のある化繊の薄めの布を使ったスカートは「テロテロしたスカート」「テロテロスカート」と表現する。

常識だと思っていたんだけど、ファッションに全く興味がない人はそういう言葉を知らないんだという事実を目の当たりにして驚いた。「ざっくりニットって、ハサミで切り込みを入れてボロボロにしたニットのこと?」とか言われてしまったらどう反応すればいいのやら。

他にも、常識だと思って使っているけど実はそうじゃない言葉って沢山あるのかもしれない。自分の周りには、たまたま似た趣味を持って似た生活をしている人が集まっているから、たまたま似た言葉を使っているだけなのかもしれない。

そう考えると、2ch用語やICU用語()は、「この場所でしか通用しない」と自覚的に使われているだけ、まだ良心的だ。
 

これだーーーー。
まさかIEがよく落ちる直接的原因が翻訳ソフトだったとは。
おかげで「tripodのサイトを表示させるとブラウザが落ちる」「hotmailにログインしようとすると落ちる」「yahooにログインしようとすると落ちる」「グーグルでイメージ検索しようとすると落ちる」という絶望的な状況から解放されました。インターネットってこんなに便利だったのね!
 

1:33 02/09/24【一応、女】

★女性管理人によるサイトのプロフィールとか100の質問とかを見てみると、性別の欄に「一応、女」「多分、女」「かろうじて女」「生物学的には女」とか書いてあることがよくあります。男性から見ると、これは不思議な現象らしいですね。別に男装趣味があるわけでも性同一性障害なわけでもないのに、なんで「一応」が付くんだ?と。

実は私も、数年前まではそういう書き方をしていました。理由は、「女であることを売り物にしている一部のネットアイドル的管理人とは違うのよ!」という無意識の主張、だったのかな。ネット人口が急増したといっても未だに男性ユーザーのほうが圧倒的に多く、若い女性のサイトがアクセスを集めやすいのは事実。そこで、ネナベするつもりはないけど男に媚びていると思われたくない、という複雑なジレンマが、「一応」の2文字を付け加えさせるのです。

今になってみると幼稚な方法だったと思いますが。私も大学を卒業し、女であることが売り物にならない年齢になって、やっと「一応」の呪縛から解放されたわけです。
 

★イベントやお祭りは金と暇が許す限り参加することにしている。テーマパークや観光地も金と暇が許す限り行くことにしている。行ってみて面白かったらめっけもんだし、つまらなかったらすぐ引き返して二度と行かなければいいだけの話だ。どちらにせよ、一回も行かない場合に比べて経験値が上がったことになるんだし。

そう思って西武のバーゲンに行ってみたのですが、トイレットペーパーが半額で買えただけでそれほど面白くはなかった。まあそんな日もあります。
 

17:28 02/09/23【ミスティームーン】

Outer Limits吉祥寺シルバーエレファント

概ね好きな対象の感想を言おうとする時、まず嫌いな点を述べて「それ以外はみんな好き」と述べる方法が最も字数が少なくて済む。反対に概ね嫌いな対象について感想を言うときは、まず好きな点を述べてそれ以外は嫌いと述べるのが最も効率が良い。その結果、好きな対象に言及するときは欠点ばかり指摘し、嫌いな対象に言及するときは長所ばかり指摘することになってしまうという矛盾が生じる。何が言いたいのかというと、このバンドは概ね好きだったということです。長い前置きだ。
イントロで、存在がどうの、真理がどうの、とかいうナレーションが流れたのが痛かった。聴いていて死ぬほど恥ずかしかった。ああゆう、なんとなくかっこいい言葉を並べてみたけど実は深い意味はありません的台詞は断片的に聞こえるか聞こえないかぐらいの音量にするか、そうでなければ肉声で叫んで欲しい。
あと、声量のない男性ボーカルはあまり好きじゃなかった。
それ以外は全部好きです。

ああ、やっぱりこの言い方じゃあんまりだ。とても好きだと言っているようには見えないじゃん。仕方ないので字数の効率性は気にせずに好きな所を書こう。私の好みの音楽は「生楽器変拍子アバンギャルド」と「NHKスペシャルのサントラ風」の2タイプあるのだが、Outer Limitsは間違いなく後者。いや実はそれなりに不協和音でユニゾンでプログレっぽい曲もたくさんあるのだけど、彼らに関してはシンプルなメロディを奏でる澄んだバイオリンを堪能するのが一番正しい気がする。普段はオーケストラで演奏しているプロだけあって演奏は確かで、音の厚みは大河の流れのよう。

そして、生メロトロン! なんか妙な白い箱があるよなーと思っていたら本当に正真正銘のメロトロンだったとは! 本当にメロトロンの音がした。当たり前なのに感動。
2500円は拝メロトロン料としても安いくらいなのに、その上ライブまで観られるなんて、凄く得した気分だった。……やっぱり、勇気出して「それ触らせて下さい!」と言ってみるべきだったかなあ。
 

★お気づきのように、当サイトはWeb投げ銭制度を採用しています。そして、「そんなに金が欲しいのか!」といった批判をいただくこともあります。

確かに我が家の財政はガスが止まるくらい逼迫しているので、お金が欲しいのは事実です。でも、数万円もらえるならともかく、うちのような零細サイトに投げ銭してもらえるのは月300円がいいとこ、滞納中のガス代3ヶ月分から比べれば雀の涙です。なんでこんなにガス代にこだわっているんでしょう私。
とにかく、お金が目的であるならWeb投げ銭なんて殆どナンセンスなのです。それでも募集を続けているのは、他に意味があるからです。

ご存じだと思いますが、私はかなり本気で「作家でごはん」願望を持ってます。文章を売って生計を立てたいのです。しかし、自分の能力を考えるとこの望みがかなり無謀であり実現可能性は限りなく低いということも知っています。
Web投げ銭は、多分「作家でごはん」願望の代償行為なんだと思います。自分の書いた小説にお金を払う価値を見いだしてくれた人がほんの数人いたという事実でも、作家になれないフラストレーションから少し救われるのです。自費出版するのと似たような感覚でしょうか。売れる文章を書く才能がない負け犬が遠吠えてると思って、苦笑しながら見守って欲しいものです。
 

18:21 02/09/21【レポートモード継続中】

ドラマというのは人間と人間の間に起こるものだと思うのです。世界観とか歴史とかいうのはあくまでも背景であって、主役ではない。もちろん「背景として」非常に重要な役割を担っているとは思いますが。

歴史上の人物というのは、もはや人間というよりも歴史そのものに近いと思います。その証拠に、歴史小説では彼らが「何をした」のかということが主に描かれて、その瞬間嬉しかったのか悲しかったかは決してメインテーマにはならず、付属物になってしまいます。だから私が歴史小説を読むと、背景ばかり書いてあっていつまで経っても人物が出てこない、ドラマが始まらないという印象を受けてしまうのだと思います。

世界観重視のファンタジー小説然り。私は、世界観だけじゃなくて、その世界観の中で生きている1人の小さな人間の喜怒哀楽、成長と挫折、試練と悟りが読みたいのです。だって私は人間だから。
 

20:10 02/09/20【社会復帰】

ガスが復活しました。
ガスのある生活の素晴らしさを実感できる私はラッキーだと思います(よかったさがし)。
 
21:49 02/09/19【『2ch中毒』の原稿料が入った〜!】

自転車のパンク直して、延滞していた家賃を払ってきました。ガスはまだ止まってます。仕方ないので銭湯行ってきました。

久しぶりに2chの話。

明らかに間違った行動をしている人が居て、その行動を止めさせたい&謝らせたいとします。そんな時、「お前が悪い! 土下座しろ!」とズバリ言うことはあまり良い策ではありません。相手にもプライドというものがありますから、素直に聞き入れてなんてくれないでしょう。脊髄反射で言い返されて、泥沼に陥るのがオチです。

社会では、業務の遂行のために一刻も早く問題を解決したほうがいい場合があり、そんな時は少しだけ譲歩して相手のプライドを最低限守ってやるような配慮が正しいやり方と見なされるわけです。「必ずしも君が間違っているわけではないけど、今は我慢して謝っておいたほうが後々のためだよ」とか、「どちらかが間違っているという話じゃなくて、方針の違いなんだ。頭がいい君なら分かるだろ?」とか。

ところで2chは、「本音が言える場所」です。別に運営者がそう定義したわけではありませんが、実際のところ、権威に阿ることなく駄目なものを駄目を言える場所として機能していると思います。
ネットウォッチ板などで、2ch住人vsウォッチ対象のバトルが起きたとき、2ch住人のほとんどは一歩も譲らず、相手に逃げ道を用意してやることもせずに、「お前が間違ってる!」と言い続けます。これは、2chのような「本音が言える場所」における言動としては、至極当然です。

本当か?

議論の目的が「勝つこと」だと思っている人は、「お前が間違ってる!」と言い続けていればいいと思います。別に悪い事じゃありません。だって2chだし。でも、私にとっての議論の目的は、「自分の考えを相手に分かってもらうこと」です。分かってもらうためには、まず説得の糸口を捜すために相手の言い分をじっくり聞かなくちゃだし、相手の心を開かせるためには最低限のプライドを守ってあげなくちゃいけなくなります。

つまり、権威や不文律に強制されているわけでも社会的業務を滞りなく進めるために建て前を言わされているわけでもなく、本音でそのまま、相手に逃げ道を与えるような言動が出てくるはずなのです。偽善的な意図を働かせなくても、「自分の考えを相手に分かってもらうこと」という目的のための最短距離を走れば、自然にそうなるのです。

みなさんは、何のために議論をしていますか?
 

19:48 02/09/17【残務処理】

★せっかく大阪に行ったのだから観光らしきことをしてから帰ろうと思い、かといっても大阪城や通天閣は見る気にもなれないので、鶴橋のコリアタウンをぶらぶら歩いて冷麺食ってきました。1000円以上するそれは、確かにソウルに行ったとき350円(3500ウォン)で食べた冷麺と同じ味でしたよ。嬉しいような悲しいような。

そして、いろいろ珍しげな食材を買って、新幹線へ。3重に密閉したはずのチャンジャ(鱈の塩辛キムチ味)の匂いが私の周りに微かに立ちこめていました。乗客の皆さんごめんなさい。
 

★自分が描いた絵が、捨てられてしまわずになるべく長く残るようにするコツは、どんなに安くても「売る」ことだ、と美大の友人が言っていた。人間、お金を出して買ったものは粗末に扱わない。要らなくなっても捨てないでどこかに転売してくれる。新たな持ち主もお金を出して買ったことになるのだから、やはり捨てないである程度大事にしてくれるだろう。こうして半永久的に世の中に存在させることが保証される。

小説の同人誌なんかも同じなのだろう。タダで配ったら読まずに捨てられる。読んでもらうためには売らなきゃいけない。もちろん値段をつけたらハケる冊数は少なくなるだろうけど、そのぶん「モトを取らなくちゃ」って心理が働いて深く読んでくれる。値段と熟読度は比例関係にあるのだ。

100人に斜め読みされるよりも1人に熟読して欲しいなら、自分の文章に高めの値札をつける行為は必ずしも間違ってはいない。
 

12:31 02/09/14【もうすぐ新学期】

問いというのは、別の問いに答えようとしている途中で生まれてくることが多い。だから、今問うている問題さえ放棄してしまえば、当分の間は新たな問題が湧いてくることはない。

研究する気が起きないの、と彼女は言う。
研究する気が起きないのは、研究していないからだ。研究していれば、解決しなければならない新しい問題が次から次へと出てくる。それは研究を続けるために十分なモチベーションとなる。

だから、無理やりでもいいからとりあえず3日間だけ研究を再始動しなさい、と私は言った。きっとその3日の間に解決を待つ問題が出てくるだろう。永遠に続く疑問の数珠繋ぎ。その糸につかまって歩き続けていれば、とりあえず大学院生としての身分は確保される。

しかし、果たしてそれは幸せなのだろうか。
 

9:40 02/09/13【すいみんぶそく】

時節柄、「テロの是非」と「戦争の是非」と「アメリカの政策の是非」と「アメリカ一般市民の人格の是非」とその他もろもろの是非を混同しまくった日記が溢れていて食傷気味。
「テロ嫌い」と言ったからといって「報復戦争マンセー」と言ったことにはならないし、「俺の友人のアメリカ人はいい奴だったよ」と言ったからといってアメリカ政府を支持したことにはならない。まあ、「俺の友人のアメリカ人」がブッシュ氏だったりしたら別だろうけど。犠牲者の冥福を祈っている人に対してアメ女と罵るのは論理のすり替え以外の何ものでもない。どうしてそんな当たり前のことが分からないのか。

いや、分からないか。テロ犯人でさえ、アメリカの経済の是非、政治の是非、宗教の是非、一般市民の人格の是非、その他もろもろの是非を混同しまくっているのだから。
 

12:41 02/09/11【ダメージ】

最近、徹夜の日と15時間睡眠の日を繰り返してる。一番身体に悪いパターンじゃないだろうか。

おかしなスケジュール表を作ってしまう原因は、「1度しかないイベントは、継続的なイベントよりも重視してしまう」という主義のせいだ。この機会を逃すと次は何時あるのか分からないのだから、と。
1ヶ月以内に論文を仕上げた時のメリット……60P
ということは、1ヶ月以内の任意の日に論文を書いた時のメリット……2P
今日の飲み会に参加することのメリット……4P
メリットでいったら、論文を書くよりも飲み会に行くべきなのである。

しかし、20年間貫き通した主義の論理的欠陥に今更気付いた。
本当の重要度は、為した時のメリットと為さなかった時のダメージの差で測らなければいけなかったのだ。

1ヶ月以内に論文が仕上がらなかった時のダメージ……120P
ということは、1ヶ月以内の任意の日に論文を書かなかった時のダメージ……4P
今日の飲み会に参加しなかった時のダメージ……1P

つまり、

1ヶ月以内に論文を仕上げることの重要度……180P
ということは、1ヶ月以内の任意の日に論文を書くことの重要度……6P
今日の飲み会に参加することの重要度……5P

どーりでダメージの多い人生のはずだ。
 

1:04 02/09/10【エッジ】

イルバレページ解禁。
興味ある人も少しは見ているはずなので告知。
 

★インサイダーの悲しみと、アウトサイダーの悲しみがある。

社会に適応しながらもどこかしら感じる不安や虚無感がインサイダーの悲しみ、社会から差別されたり社会に対して攻撃的になったりしている人の感情がアウトサイダーの悲しみ。昔の詩や小説は後者がテーマであることが多いけど、最近の詩や小説は前者をテーマにした作品が急増しているように思える。これは、普通の人が増えたという意味ではなく、「普通」という言葉の意味が広がったということなのだろう。

私は確かに社会不適応だけど、たとえば親に捨てられて売春して生きている少女の悲哀を歌った歌謡曲とかよりは、「毎日友達とはしゃいているけど本当は淋しいの」的なJ-POPのほうが共感することが多い。つまり、インサイダーとして成功しているわけでもなく、かといってアウトサイダーになりきる勇気があるわけでもない、いわば落ちこぼれのインサイダーってことだ。

そして、「普通」という言葉の意味が広がってしまったことをちょっとだけ恨めしく思う。
 

15:17 02/09/07【若返り失敗】
とにかく私がフロアに出る気を起こすためには最低3杯飲まないといけないということは経験上分かっていたので、さっさと3杯を腹に入れる。そしてフロアに出る。岩倉さんがやたら楽しそうに踊っていた(やっぱりあの足は脂肪じゃなくて筋肉だ)。自分はというとすぐ足が痛くなる。日頃の運動不足に加えて昨日ディズニーシーで身体を酷使したことが効いている。30分で挫折する。誰と話せばいいのか分からない。っていうか誰が誰なのか見当も付かない。竹田さん麻草さんなら見当付くけど主催者で忙しそうだから私の相手などしてもらえそうにない。困っていたらrougeさん(目立つ)がいたので宮本さんを紹介してもらう。中田英寿のような近寄りがたい雰囲気の人だと予想していたのですが実際は話しやすい方だった。でもって黄狼さんサカイさんカズヤさんGOGさんを紹介してもらう。自らの人脈の偏りっぷり(この黒背景率の高さは何なのだろう)について考察する余裕もなく、そのまま同じビルのカラオケBOXに逃げ込んでハニートースト食らいながら生臭い話をしたりカラオケしたり2時間過ごす。戻ってきて再びフロアに出るために再び3杯飲む。そしてフロアに出る。やっぱり30分で足が痛くなる。最後の1時間は椅子に座って寝ていた。もうこの疲労には勝てない。午前5時ジャストに帰る。帰り道でカズヤさんが「これから富士山登りに行く」とか不思議なことを言っていた。そんな感じのドクデスでした。
 
19:27 02/09/06【Center Of The Earth】

★ネズミーシーから帰ってきました。体力も精神力も、二足歩行するネズミたちに吸い取られました。先刻うたた寝したら、「電車で寝過ごしてしまってドクデスに行けなくなる夢」を見ました。無理! オールナイト無理! ドクデスは2時間弱遊んで終電で帰ろうと思います。

★4月頃、斬鉄剣で「他サイト言及してしまう原因はネタ不足」という主張を読んだ時は凄まじいトンデモ理論だと思ったのですが、実は一理あるのかもしれません。こう、東北行ったり関西行ったり千葉行ったりドクデス行ったりイベント目白押しだと、テキストサイト村とは云々考える時間がさっぱりありませんもの。平和だ。

★っていうかネズミーシー、なかなか侮れません。何が凄いかって、お世辞にも仲が良いとは言えない、むしろ一人暮らしを始めるまでは犬猿の仲だった母親と一緒に行ったのに、それでも楽しめてしまったってこと(仲の良い友人や恋人と行ったとしたら楽しいのは当たり前)。非日常の夢空間を創りあげることに関してはUSJよりも一枚上手だと思います。ディズニーに思い入れもなければ、表現者の思惑に素直に騙されてあげるタイプでもないはずの私が、ショーのフィナーレではそれなりに感動させられてしまいました。

欲を言えば、せっかくのショーなんだから、「プロのダンサーによる上手いダンス」をもっと見たかったなあ。いくら感情が高ぶっていると言っても、さすがに着ぐるみに手を振られただけでは嬉しくありません。あ、着ぐるみじゃなくて本物の生物って設定なのか。

アトラクションで一番気に入ったのは、タイトルの通りCenter Of The Earth。火山の中を急上昇&急降下します。それはいいんだけど、出発前に自動で流れ続けていたアナウンスが『走行中に手足を出したり立ち上がらないで下さい』だったのが非常に気になりました。スタッフが生で喋っているとしたら仕方ないとしても、録音ぐらいは日本語の文法を守ろうよー。

テレビの撮影で石田純一と万田久子が喋っていて、その前には人だかりが出来ていました。うーん、さっきミッキーが歩いていたときでもこんな人だかりは出来てなかったぞ。石田純一と万田久子にはミッキー以上の集客効果があるという驚くべき事実が明らかになってしまいました。そんなんでいいのかミッキー?!

夜、ヒルトンのラウンジで飲んだスパークリングブルーマティーニというカクテルが気に入りました。疲れていたから余計に美味しく感じたのかもしれません。ジン30cc、ピーチリキュール30cc、シャンパン30cc、ブルーキュラソー1tspをシェイクだそうです。機会があったらお試しを。
 

 

22:57 02/09/04【2メートルうしろに母が。】

東京プチ散歩 #番外編 海ほたるPA

東京でもなければ(アクアラインは千葉と神奈川を結んでいます)散歩でもない(車じゃないと行けません)のですが、土産物屋で堂々と東京土産が売られていたことに免じて番外編扱いってことで。

自家用車で行くと3000円という法外な通行料を取られてしまうアクアラインですが、高速バスを使えば川崎から1000円と、散歩としてはギリギリ合格ラインの出費に抑えることが出来ます。

景色は確かに美しい。360度に広がる海、そして海の上を走る道路、遠くに浮かぶ風の塔、と珍しい光景を楽しむことが出来ます。
  

 
ただし、海の上だけあって風が強い。本当に無茶苦茶強い。髪はボサボサになるし、目にゴミは入るし、スカートはめくれるし、寒いし、外のベンチで海を見ながらロマンティックに語り合うためには相当のラブラブパワーを必要とします。倦怠期のカップルには耐えられないかもしれません。
  

↑ちょこっと出っ張っているのが富士山
←トンネルを掘った時の刃のレプリカ

 

そして、デートスポットとして致命的なのは、お酒が飲めないこと。レストランの入口には「すっきり爽快な喉ごし」とかいうキャッチフレーズと共にビールっぽい液体の写真が飾ってあるのですが、中に入ってメニューを見ると、実はそれがノンアルコールビールであったことが判明します。騙された!
そりゃまあ、高速道路のPAだからアルコール出すわけにはいかないって理屈は分かりますけど、でも私はバスで来たんだい! バスで! 帰りのバスのチケットを提示すれば本物のビールを飲ませてくれるとかいうシステム作ってもらえませんかねえ。っていうかそこまでして飲みたいか私。

そんなわけで、デートで行くよりも1人で行って、室内のカフェで海を見ながら読書とかするのに適した場所だと思います。終バスが早いので気を付けて。
 

17:04 02/09/02【リアルとドラマの挟間】

<A>
「千津子、そこのワイングラス取ってくれないか」
「あなた、また飲むんですか。お酒は控えろとお医者さまに言われたばっかりなのに」
「今日ぐらいはいいじゃないか。お義母さんの退院祝いだよ」
「仕方ないわねえ、はい。でも、程々にね」

こういう会話を小説中に見つけると吐き気がする。
こんな会話はありえない。仮に、同じシチュエーションが実在していてそこを覗いたとしたら、次のような声が聞こえてくるはずだ。

<B>
「それ、取って」
「また飲むの?」
「退院祝いだよ」
「はいはい」

リアリティという言葉を演劇というコンテクストの中で覚えてしまったせいなのか、<A>のような「嘘」が許せない。同じように、現代の普通の学生という設定の女の子が「私もそう思うわ」なんて喋っていると、作者を殺したくなる。普通の女子学生なら「私もそう思うけどー」とか「それでいいんじゃん?」とか言うはずだ。確か、平田オリザさんも似たようなことを書いていた。

また、商品名の固有名詞を書いてしまうのも同じ理由。机の上に「Gokuri」があったとする。それを指さして「ねえ、このグレープフルーツジュース誰の?」と言うだろうか。普通は、「ねえ、このGokuri誰の?」と言うと思う。

そして私は、この「リアリティの法則」は一人称小説の地の文にもある程度適用できる、と思っている。
けど、異論が多いんだよなあ……。私にとって、斬新な試みでもなんでもなく、一番自然だからそうしてるだけなんだけど。
 

18:34 02/09/01【僕たちの思考の跡が1本のハイパーリンクで繋がっている】

うふ。やっぱり反応多め。リンクコメントでホメられることには麻痺しているのに貶されることには敏感なテキストサイト管理人の特性が浮き彫りに。

「あなたのここが嫌い」と言えるほどじっくりと、1つのサイトを読み込むのは、けっこう大変だと思うのです。自分以外のサイト管理者なんて所詮他人なのだから。他人が何か面白くないことをしていても、自分に迷惑がかからない限り無関心になって遠ざけるだけ。興味あるテキストは真剣に読むけど、興味のないテキストは無意識のうちに選別して適当に読み流してしまうので、興味がないということさえ気付かない。

だから、Not so favoriteの欄に何か書かれてしまった貴方は「それだけ私に愛されている」と思って下さい。でもって、できれば直さないでください。直されちゃうと、愛の証であるところの「Not so favorite」欄に書くことがなくなっちゃって困るし。ちなみに、アナタはとても素敵な人だと思うけど、どうしてもココは好きになれないのっていうのは不正解。どうしてもココは好きになれないのに、アナタをとても素敵な人だと思ってしまうの、が正解。(更に、「セーブが効いてない」の趣旨は「作品化された自意識はセクシーだけど、作品化以前の自意識はただの自意識だ」ということだったりするのですが、これはまた別の話。)

私もそのくらい愛されたい。だから、link2のフォーマートの著作権は一切主張しません。
 

23:15 02/08/31【憧れ】

高校生の日記を読んでいたら、部活の友人とマックで恋愛相談してたら夕飯の時間に遅れて母親に怒られちゃった、なんてことが書いてあって、もう羨ましくて仕方なくなった。
宿題やらなくちゃ、とか焦ってる描写ですら、羨ましい。
いいなーいいなー高校生。

一応学生であるところの私の生活に欠けているのは何なのだろうか、と考えて、「サークル内恋愛」だという結論に達した。
社会人サークルじゃ駄目。やっぱり学生サークルじゃないと。
放課後、今日はあの人に会えるかな、とトキメキながら部室を目指す気分、あれです。
夏の合宿の時なんて、良いところを見せようと張り切りすぎて火傷しちゃったりして、しかもその火傷の手当をあの人にしてもらっちゃったりするのです。
やがてサークル内三角関係に陥り、あの人があの子に近づかないようにしなきゃと思い詰めて、今まで以上に部室に張り込むことになるわけです。夜になって冷え込んできて、もう誰も来ないと分かっていても、帰るきっかけが見つからなくて困っている、そんな生活。
馬鹿やりたい。自制心の効かない、駆け引きの仕方も知らない、不器用な恋がしたい。

誰か私とサークル内恋愛してください。

「35歳以上の男性が好み」とか言っている時点で絶対に不可能なんだけど。
 

1:07 02/08/31【行動で示してみる】

こういうリンク集があってもいい、と思っていた。
しかし私の知る限りないみたいなので、作ってみた。
link2.html
普通の一言コメント付きリンク作るよりも大変だった。
 

[home]