>>home
>>last month
>>next month
23:23 01/11/29【レベルアップ】

というわけで、昨日と今日で届いた、題名が「Re」だけのウイスルメール計8通を見ながら「みんな私のメアドをアドレス帳に登録してくれてたのねっ!私ってば友達多いんじゃん!」と素直に喜んでもいいのか悩み中のifです。

やり始めればそこそこ速い。でも、やり始めるまでが遅い。先延ばし、先延ばしにしてしまい、そのうち手遅れになる。
そんな「腰が重い仲間」の皆さん、あなたの対処法を教えて下さい。一緒に現状から脱しましょう。
1 諦める
却下。
2 見張り人をつける
これはかなり有効でしょうけど、ストレスがとんでもなくたまってそのうち発作的に失踪してしまいそうです。
3 飴と鞭作戦
いや既に、たとえばレポートなら、仕上げれば単位という飴が、仕上げられなければ留年という鞭が待っているのに関わらず実行できていないわけですから、生命に関わるようなよっぽど凄い飴と鞭を用意しない限り無理でしょう。
4 目標を細かい段階に分けて、各段階ごとに〆切を設ける。
これが一番有効だと思われます。
では、卒論の初稿提出日は12月6日なので、まず第一段階目の〆切は11月中ということにしておきましょうかね。

↑既に手遅れという説が。
 

18:46 01/11/28【R-Aal観てきた】

私は音楽を聴きたいわけではなく読書したいわけでもなく、
遊びたいわけでも恋がしたいわけでもなく、
ただ不安で、その不安をコミュニケーションで紛らわそうとしている。

待たない・待ちます・待つ・待てば・待て・待とう(タ行五段活用)
諦めない・諦めます・諦める・諦めれば・諦めろ・諦めよう(下一段活用)
勉強しない・勉強します・勉強する・勉強すれば・勉強しろ・勉強しよう(サ行変格活用)

しゃーない勉強するか。
ついでに明日こそはゴミ収集車が来る時間に間に合うように、
起きない・起きます・起きる・起きれば・起きろ・起きよう(上一段活用)
 

16:27 01/11/27【ICUは現在、秋休み中】

他大のゼミで、あるドイツ語の文献を「和訳してくるように」と宿題が出されたのです。
「訳本は出てないから、これが初訳だぞ。大変だけど頑張って」と。

だけど私は知っていたのでした。
確かに本としては出版されていないけど、25年ほど前、雑誌に日本語訳が掲載されたことがあることを。
はて、これってつまり、雑誌の訳をそのまんま提出してもバレないってこと?

なんだか、私のドイツ語能力ではなくて良心が試されているような気がしてなりません。
 

21:28 01/11/25【言及に対する言及に対する言及】

音楽観賞とか、読書とか、そういう類の趣味はたちが悪い。
お金と時間をかけた分、自分が豊かになったような気がするから
(実際、ほーーーんの少しは豊かになっているのだろうけど)、浪費してしまっても反省がない。
さらに、私のように何でもリストアップしてしまう性格だと、経験値がどれだけ上がったのか一目で分かってしまうから余計に困る。次第に、経験値を上げること自体が目的ではなく、経験値が上がっていく様子をニヤニヤしながら眺めて楽しむことが目的になってしまうから。

どっかで、サイトのアクセス数=そのサイトの経験値だって書いてあったけど、経験値を上げるためにがんばるのは構わない。ただ、経験値が上がったのをニヤニヤしながら眺めて楽しむようにはなりたくないなあと思うのでした。
 

22:55 01/11/24【おなかすいた】

「あの子って優しいよね」
こう言ったときの本当の意味は、「あの子って優しいような言動を取るよね」ということ。
内心で何を考えているかなんて、誰も分からない。
だから仮に、あの子が本心では他人の幸せを残念がり不幸を喜んでいたとしても、
一生隠し通すことが出来れば、「優しい」ことと何も変わらない。

昔、男っぽい言動をしていた時期があった。
しかしある日、ありがちな失恋をきっかけに、こう決心する。
「今日から服装と言葉遣いだけ女っぽくなろう」
ものの考え方、価値観、そういう自分の核を成している筈の要素はそのままで、
外側だけウケをよく改造すれば、理想的じゃないか、と。

ところが、その日から私は、本当に女っぽくなってしまったのだ。
別に、服と言葉遣いに影響されて性格が変わったわけじゃない。
女っぽい人とは、服と言葉遣いが女っぽい人という意味だっからからだ。

○○な人になりたかったら、○○っぽい服と言葉遣いにすればいい。
本当の自分は違うのに……なんて悩む必要はない。
本当の自分が分かるのは自分だけ。つまり60億人中たった1人自
そんなもの、存在しないも同然なのだから。
 

1:44 01/11/23【ふう……】

言葉にした途端に真実になってしまう感情がある。
限りなく黒に近いグレーでも、「白だ」と言った時から白になる。
ここに何かの気配を感じても、「何もいない」と言った時からここには何もいなくなる。

彼はそういう種類の言葉をばらまいて、自分自身を守っている。
いっそのこと私も言葉の魔法にかかってしまえば楽だったのに。
 

22:59 01/11/21【こんなメールが来た】

送信者:notice@pop02.jasrac.or.jp
件名:【重要】JASRACから音楽著作権に関するご案内

IF様

♪インターネットで音楽をご利用になる際の著作権の許諾手続きについて♪

JASRACのホームページ( http://www.jasrac.or.jp/network/ )をご覧いただいている方 はご承知のことと存じますが、7月からは、インターネット上で、情報料や広告料等の収入を得ないホ ームページについて、JASRAC管理楽曲をご利用になる際の許諾が必要となっております。
あなたのホームページでJASRACの管理楽曲をご利用になる場合は、JASRACのホーム ページをご覧いただき、該当する音楽著作物について利用許諾の手続きを、オンラインでの許諾申込受付窓口「J-TAKT」でおとりいただきますようご案内申し上げます。
また、現在JASRAC管理楽曲を利用されていて、手続きをされない場合やJASRACが許諾をお出しできない利用形態の場合は、手続きの対象となるすべての音楽データを、ネ ットワーク上から削除してください。

詳しい説明はJASRACのホームページにございますが、なおご不明の点がございましたら、本メ ールへの返信にてご連絡くださるようお願いいたします。
なお、行き違いに事前申込をしていただいている場合や、すでに手続きの対象となるデータの利用をされてない場合は、ご容赦ください。

JASRAC(社団法人 日本音楽著作権協会)
送信部ネットワーク課 J-TAKT係

******************************************
えーと、私の名前はifであってIFなんて人は知らないんですけど、
これって、宛先人不明の間違いメールでしょうかねえ?
まあ、100歩譲ってIFとifを間違えたと解釈しても、私、全部で7つのサイトを管理していて、どれも同じメアドを使っているから、これではどのページの何が問題なのか分かりません。せめて問題のURLを書いて欲しいものです。

っていうか、
1.失礼にあたるほど明らかなコピぺ
2.どっかのURLにアクセスすることを促している

この特徴って、そのままダイレクトメールだと思うのですが……。
そうか、これってダイレクトメールだったのね☆
読んで損したわ☆
 

22:12 01/11/20【あと1日を100円で過ごさなきゃ(^^;】

というわけで、「ハンバーガー1個無料引換券」を持ってマックに入り、レジのお兄さん(美形)に向かって堂々と「これだけ下さい」と言い放ったifです。

未だに世間を騒がせているモーニング娘。ですが、
最近、楽曲的にはマンネリ化してると思いません?
確かにメンバーはどんどんガキの割合が増えている若くなっていますけど、
曲を聴いて、うわっ、こんなことやっていいのかよっ?!と驚けたのは1年前までぐらいだったと思います。

そこで、モーニング娘。の新しい楽曲について提案してみます。
各メンバーに楽器を持たせて演奏させてみてはいかがでしょう?
当然インストか、またはインストの部分が長い楽曲になります。
演奏は、上手かったらいけません。カッコよすぎる楽器でもいけません。颯爽とギターをかき鳴らすなんてもっての他です。だってモーニング娘。なんだもん。小学校の音楽の時間に班ごとに発表したアンサンブルみたいなノリがいいと思います。

まず、ガキ4人はマラカスを振ってもらいます。
ゴマキには、ぜひ木琴をたどたどしく弾いて欲しいです。
なっちと石川は、リコーダーがいいなあ。
あとは、タンバリンとか、ピアニカとか、鈴とか。

J-POPとして新鮮なだけではなく、マラカスを持った女子中学生の手つきや、リコーダーをくわえた石川の口元に萌えられるお兄さんたちもいるだろうし、一石二鳥だと思うんですけどね。やってみませんか、つんくさん?
 

22:49 01/11/19【あと2日を800円で過ごさなきゃ(^^;】

友人のYちゃんは、モトカレをみんな憎んでいる。
私は彼女の愚痴を聞く度に、もったいないなあと思う。
過去の自分を次々に否定していくだけだったら、ただ「変化」するだけで「進化」は起こらない。

私は、今まで好きになったことのある人は全員、今でも好きだ。(もちろん恋愛感情ではないけど)
確かに、それぞれ欠点もある人だったけど、それ以上に私自身の欠点に気づかせてくれたし、自分一人では決して興味を持てなかった分野に興味を持たせてくれた。
老化してる証だろうか、あの頃の今よりずっと馬鹿で幼稚な自分が愛おしいと思うのは。

ふう。

さっき某モトカレの影響で買った本を要らねぇやと15冊以上売り飛ばした誰だっけ? というツッコミは却下ね。
 

20:35 01/11/18【あと3日を1100円で過ごさなきゃ(^^;】

★対象を肯定する発言よりも、対象を否定する発言の方がかっこよく見えることがよくある。
「この人はもっと凄いものを知っているに違いない」と思わせてしまうから。
だけどよく考えれば、逆に彼の方がレベルが低すぎて対象の良さを理解できないのかもしれないし、レベルどうこうの問題ではなく個人的なトラウマや愛着でものを言っているのかもしれない。だまされない為には、彼が何を肯定したくて対象を否定しているのか、追いかけて近づいていかなくてはならない。

ところで、私は私の好きなものが分からない。
漠然としたイメージはあるけど、それはまだ言葉で表現できる段階まで、言葉で表現しても意味が歪曲されない段階まで降りてきてはくれない。
だから私が好きなものを表現しようとすると、ハイデガーが真理を表現しようとするときと同じように、ないないづくしになってしまう。

理解するって難しい。

★よく誤解されているんだけど、私は決して電子音が嫌いなわけじゃない。
好きな電子音だってだくさんある。
ただ、それが好きなのは「電子音だから」じゃなくって、
「電子音なのに関わらず作曲者や演奏者の温もりが伝わってくるから」だってだけだ。
 

23:11 01/11/17【あと4日を1100円で過ごさなきゃ(^^;】

多くの人がそうであるように、私は飽きやすい。1カ所に留まっていると腐ってくるから、常に流れていようとしている。自分の好きなもの、欲しいものが把握できてしまうという状況が幸せなのは一瞬だけで、その一瞬が過ぎ去れば、あの、いつもの悪循環に陥ってしまう。ストレスを発散する場所が、同時にもっと大きなストレスを受け止めてしまう場所になってしまう、という。
身体から腐臭がしてきたとき、ほんの少しのきっかけがあれば、私は賭けをする。出来たばかりの真新しい場所、つまり誰一人としてそこが暑いのか寒いのか、暗いのか明るいかも知らないような場所に足を踏み入れる。今まで私が住んでいた街は、確実に、でもそれほど多くはない量だけの私の好きなものが手に入る場所だった。新しい街は、ゼロかもしれないし、百かもしれない。だけどそこに行くのは、ただそこが新しいからだ。

そうして、私も「大衆」の一人であったことを思いだした。
 

22:07 01/11/16【あと5日を2200円で過ごさなきゃ(^^;】

というわけで、美術史のテストで「えーと、この絵はドゥッチオのマエスタで、これはマネのローラ・ド・ヴァランスで、次の空欄はシモーネ・マルティーニで……」と問題を順調に解いていたら、突然頭の中に「ピッキオ・ダル・ポッゾ」だの「ロッカンダ・デッレ・ファーレ」だのいう謎の言葉(※イタリアのバンド名)が次々と思い浮かんできて死にそうになったifです。

○○のスパイス揚げ、○○のスパイス風味、と名の付く料理を食べて、「なんだ、ただのカレー味じゃん」とがっかりしたことのある人、いますよね。私は何度もあります。

ところで、一般的に、カレーの黄色はターメリック、そして香りはクミンシードによるものとされています。確かに、クミンシードは乳鉢でつぶして匂いを嗅いでみるとカレーの香りのする唯一のスパイスです。では、このクミンシードを入れないとカレーの香りにならないのかというと、どうやらそんなことはないみたいです。

きっかけは「手羽先のスパイス揚げ」を家で作ったときでした。使ったスパイスは、うろ覚えなんですが、ナツメグ、タイム、ブラックペッパー、バジル、パプリカとか、その辺だったと思います。指定された量を乳鉢ですりつぶしていると……なんと、紛れもないカレーの香りがしてきました。

そこで、急遽実験開始。私はスパイスを集めるのが好きで一人暮らしのくせに30種類以上のスパイスを持っています。それをランダム(ただしクミンは除く)に5種類選んですりつぶしながら混ぜてみると……なんと、どんな組合せでも、カレーの香りになったのです。

実はカレーとは、数種類のスパイスを混ぜると必然的にたどり着いてしまう、スパイス料理の境地なのではと気づきました。インド料理って何を食べてもカレー味だと思っていたんだけど、実はあれ、全部スパイスの配合が違うのかもしれません。でもって、日本人には全部カレーの味だとしかわからないのに、インドはその微妙な配合の違いを味わい分けられる、もんのすごく食文化の豊かな国だったのかもしれません。恐るべし。
 

23:34 01/11/15【あと6日を2600円で過ごさなきゃ(^^;】

というわけで眠いifです。どのくらい眠いかと言うと、ノートPCのCPUクーラーのまわる音がMDKのリフに聞えてきてしまうぐらい眠いのです。だからこれうpしたらすぐに寝ますおやすみ。

ところで、私は微生物フェチかもしれない、ということに気づきました。
そこで即席で作ってみました。微生物フェチ判定テスト。

●「好きな動物は?」「○○を動物に例えると?」といった話題になると、真っ先に思いつくのはゾウリムシやアメーバである。

●ボルボックスのような細胞群体はストライクゾーンだけど、ミジンコはボールだ。

●映画の「マトリックス」が流行ったとき、とっさに「ミトコンドリアのマトリクス?」と思ってしまった。

●長電話してると、無意識的に電話台のメモ帳にDNAの絵を描いていることがある。

●人間関係の話をするとき、よく細胞をたとえに使う。
(例:分裂で増える単細胞生物だって、何十回かに一回は別の細胞と遺伝子を交換するでしょ? 人間は一人でいると駄目になっちゃうからたまには他人と交流した方がいいのよ!)

3つ以上当てはまったら、あなたは微生物フェチです。
ちなみに私はもちろん全部当てはまります。
 

3:29 01/11/15【あと1週間を3000円で過ごさなきゃ(^^;】

というわけで、受験勉強、他大ゼミの課題、卒論という三重苦に加えて、期末テストという四重苦目が加わってしまったifです。
ちなみに、六重苦である「家事」は、とっくに放棄しています。
え? 五重苦目は何だって?サイトの更新に決まってるじゃないですか。

「好きな人に好かれるよりも、尊敬する人に認められる方が嬉しい」
と言っている人がいた。
でも、この二つって本当に切り離せるのだろうか? 
私は、尊敬する人を嫌うなんてできないし、嫌いな人は尊敬できない。
もちろん、客観的に見て才能があると思う人で嫌いな人はいるけど、
客観的に見て才能があると思うことは尊敬とは違う。

敬愛、という言葉が便利で、よく使っていた。
私の好きな人たちに対する私の思いは、大部分が敬愛という言葉の範囲に入る。
……だから私は駄目なんだ。
 

20:25 01/11/13【しかも期末テストまで来る】

「ひと」というのは偉大だ。単独では受け容れられないものでも魅力のある「ひと」とセットで来られると受け容れられてしまうことがある。自分の世界を広げたかったら、カタログや入門書を買い集めるよりも自分の周りにいる「ひと」を増やすのが一番早い。

……ああ、でも、もしかしたら、単独では受け容れられたかもしれないものでも嫌いな「ひと」とセットで来られてしまったが故に拒絶してしまうなんてケースもあるのかもしれない。っていうか、あったなあ、確実に。つまり、本当に自分の世界を広げたかったら人を嫌いになってはいけない。まあ、よく考えたら当たり前のことか。

違うよ私、こんなことが言いたかったんじゃない。ただ、いろんな人と出会うことは活力源であって、また、創作意欲源でもあるんだよって言いたかっただけなのに。しかも、これもよく考えてみたら当たり前のことだし、もう駄目じゃん卒論やれ私。
 

0:15 01/11/13【Can you hear me?】

インプット欲の次に来るのはアウトプット欲と決まっている。しかし、書きたいことが思い浮かばない。いや、書きたいことは沢山あるんだけど、今書きたいのはそれじゃない。仕方がないので、趣向を変えて歌ってみる。真夜中に部屋の中で大声で、近所の迷惑も省みずに。こんやも〜つ〜き〜が〜み〜てる〜わ〜♪ か〜がみ〜の〜ま〜え〜の〜すてっぷあんどすてっぷ〜♪10曲ぐらい立て続けに歌ったら、けっこう気持ち良くなった。でもまだ足りない。えーと、それじゃあ次は……。

このアウトプット欲、つきつめていくと意外と面倒なことになりそうだという事実に気づいたので、とりあえず当座の間は無理矢理でも卒論に専念することにします。あーあ、卒論は楽しいなったら楽しいな(ため息)。
 

23:16 01/11/11【未開封メールがついに3桁に……】

そうか、私は「言葉に」飢えていたんだ。正確に言えば、私の「言葉が」飢えていた。いつもの語彙、いつのも味付けには飽き飽きして沈黙してしまっていたんだ。そう、言葉だ、音ではない。私にとって音が大事なのはこれが言葉を呼び覚ましてくれるからに他ならない。
鬱の原因に気づくのは、いつでも欲していた言葉に出会ってからだ。

そんな時、昔は貧乏性だったので、一気に飲み込みたい衝動を抑えてちょっとずつ味わった。今週はこの本一冊だけで保たせよう、とか一日一章だけにしよう、とか。最近は贅沢になってしまい、本能の赴くまま、何かに憑かれたように流し込む。言葉の値段は高校生にとってはそれなりに高く感じたけれど、大学生にとっては、しかもインターネットの浸透した今となってはタダのようなものだ。どれだけ下品に食い散らかしてもさほど罪悪感は起こらない。

飽きてしまったらまた鬱になると分かっているのに、まるで飽きることを欲しているかのように、ガツガツと詰め込んでいる私。もっと、もっと、もっと、ありったけの言葉を。私は何がしたいのだろう。もしかしたら、本当に飽きることを欲しているのかもしれない。世界中の全ての言葉に飽きてしまう日が来ることを夢見ているのかもしれない。そうすれば、もう捜さなくて済むから。

つまりさしあたり私が言いたいのは、欲していた言葉に出会えたぜイエーイ、ということなのです。ありがとう。
 

0:14 01/11/11【You could find the answer】

★昨日の残りの牛肉が約グラム80グラム。
もう牛肉は食べないとか書いてしまったけど、捨てるのは勿体ないので、
これだけは食べてから断肉しようと思います。

2時間後、やっぱり(?)お腹を壊しました。

……。

世界の皆さん、牛肉は決して食べてはいけません!

つか、いいもの食べてお腹壊すって栄養失調か?私?

★ところで、狂牛病騒ぎで、牛肉の代用品としてちょこっと注目された豚トロ(霜降り豚肉)。
個人的には「ただ油がギトギトしているだけ」で不味いと感じたのですが、
しかも、同じギトギトならば三枚肉のほうがずっとマシと思ったのですが、
あれって皆さん、本当に美味しいと思いますか?
 

1:15 01/11/10【寒い〜〜〜!】

一ヶ月以上ぶりに、牛肉を食べました。

2時間後、お腹を壊しました。

も、もう牛肉なんて食べるもんかぁ〜!!

確か、人類全体が同じだけのカロリーを取るためだったら、肉よりも穀物の方が、
何十分の一の土地の消費で済むんでしたよね。
環境のためにも、食糧問題を解決するためにも、
肉を食べるのをやめるべきなんです。

それに、狂牛病だって、安全宣言は出たけど、
本当に安全なのかあやしいものです。
風評被害を気にしているだけの国の言うことなどあてになりません。

ええ、もう、牛肉なんて食べませんとも。
それが、社会と環境のためです。

決して貧乏で買えないわけじゃありませんよ。
 

16:38 01/11/08【家庭のひび割れ】

「ifの書く文章って、家族が出てきたことないよね」
指摘されて初めて気がつきました。
ざっとチェックしてみたところ、「阿佐ヶ谷」に主人公の母親がちょこっと出演している他は、家族のかの字も出てきません。

私「お母さんに私の気持ちが分かるわけないでしょ。他人なんだから」
母「まあ、なんですってっ!他人じゃないでしょ!」
私「他人じゃないって……じゃあお母さんは私なの?
母「母親でしょ?」
私「じゃあ、他人じゃん?」
母「?」
高校時代、実家にいた頃は何度かこんなやりとりをしました。
そして私は、他人じゃないならてめえの脳のニューロンと私のニューロンは繋がっているっていう証拠のシナプス見せろよゴルァ!と思っていました。

私にとって、世の中の人間は、「私」と「私以外(他人)」にハッキリと分けられてしまうのです。「私」の範疇に入るのは私1人です。もちろん「他人」の中には、好きな人も嫌いな人も近い人も遠い人もいるけど、他人の枠を出ることは決してありません。
「私はただ1人」「私は私」この2文は同義であって、ただ一人の私を世界から切り離したときに初めて私は私となり、そこから私が始まったのです。
はるか昔、「私」と「他人」の境界に「家族」があったことも、ひょっとするとあったのかもしれませんが、覚えていません。第一それはまだ私ではありません。

「外」で友達や先生やボーイフレンドと過ごす時間。
「内(部屋)」で、誰にも邪魔されずに本を読んだり小説を書いたりする時間。
私は、この2種類の時間を厳密に使い分けています。
「内」には、どんなに近い人でも、どんなに愛しい人でも入れません。
それなのに、ずかずか入って来ようとするはた迷惑な存在が、反抗期の私にとっての親でした。 反抗期を終えてからの私にとっての親も、「外」の人、つまり「友達」と似たような存在です。

いずれにせよ、玄関とか居間という場所は、「外」から帰ってきて「部屋」に入るまでの僅かな時間に、目をつぶって息を止めて大急ぎで通り抜ける通路でしかなかったのです。
 

0:06 01/11/08【むう】

嫌な予感はしていたのだ。
某大学の某教授は、もともとあと2、3年でその大学をやめる意志があるらしくて、
たとえ大学院に受かっても、修士までしか見られないよ、とは言われていた。

それが、急遽「やっぱ来年大学やめる」となってしまったらしい。
受ける大学院が一個減ってしまった……

まあね、一週間のうち3日も、他の大学のゼミに参加して、その上に卒論もあって、普通の受験勉強もして、ICUの授業も6単位分とっていてって、か〜〜〜〜なりキツかったので、負担が減って良かった、と言うべきなのだろうか。
でも、そこ、受ける中で一番ネームバリューがあって、
しかも学費も安かったところなもので、ちょっと凹みました。
 

17:08 01/11/06【寒い夜だから……】

★というわけで、「そういえば君ってまだ大学生だったんだっけ」と言われてしまったifです。い、いえ、喜んでます。「大人っぽく(つか、年齢相応に)見られたい」という願いは普段からかなり切実なので。酒屋さんでワイン買おうとすると年齢確認させられるし(泣)

そういえば、最近我が家のCDデッキが調子が悪くて、LPばかり聴いています。おかげでつい会話の端々で、「針を落とすと……」「○○のA面って……」とか言ってしまいます。このままじゃオヤジギャル、いや、ギャルではないので単なるオヤジになってしまう。ひえー。

★「他の何よりもエビチリが好きだから、初めて行った中華料理屋では絶対にエビチリは頼まない
 美味しくても不味くても、その店に対して正当な評価ができなくなってしまうから」
と言っていた人がいた。

私は、「歌詞」が大好きだ。
「詩」ではない。言葉と音楽の紡ぐハーモニーに身体をゆだねて宙を彷徨うのが好きなのだ。
だからこそ、歌詞のある曲はあまり聴かない。
インストとか、スキャットとか、歌詞があってもイタリア語とかスペイン語とかで何を言ってるのかサッパリわからない曲とか、そんなんばかり集めてしまう。
だって、どんなにいい曲でも、歌詞がつまらなかったら失望して二度と聴かないと思うから。
 

23:14 01/11/05【宴のあと】

月曜日はT大のゼミの日。
「難しい問題を簡単に説明するのは不可能。
 もしも簡単に説明できているように見えたとしたら、
 それは難しい問題を簡単な別の問題にすり替えているだけ」
M先生は身近な言葉を使って非常に分かりやすい説明をするんだけど、
ハイデガーのそんな言葉を思い出してしまう。
 
2:21 01/11/05【Work In The Fair2】

というわけで、ICU祭の間に、「どこかで見たことがあるんだけど思い出せない人」計4人に挨拶をされてしまったifです。
私は人の顔を覚えるのがものすごく不得意なんです。高校の時も、1年間同じクラスだったのについぞ名前と顔の一致しなかった人が居るくらいです。もしも心当たりのある方がいらっしゃいましたらこっそりメールしてください。(あ、すがや君、bugyoさんは大丈夫です。多分。)

今日のメインは第九。
校内団体の公演ってあんまり行かないのだけど、リハを覗いてみたら実はかなりハイレベルであることが判明したので、ペン(先)バザーのシフトを変更してもらって急遽観に行くことにしました。
結果は大満足。お馴染みのフレーズの合唱が最高潮になった時には、思わず目頭が熱くなってしまいました。指揮者、ソプラノ・アルト・テナー・バス各一人は校外から呼んだプロで、残りはICU生の有志ということ。それほど人数は多くないのに、厚くて熱い迫力の演奏を聴かせてくれました。自然と身体を揺らしてしまって恥ずかしかった(笑)。でもさ、さすがに一緒に歌うのは迷惑だろうけど、身体を揺らすぐらいならクラシックでもいいと思うんだけどなー。

そうそう、ペン(先)バザーのほうも、OGBに古本屋古着を寄付していただいたこともあり、例年の倍近い売り上げでした。OGBの皆様、また商品を買って下さった皆様、本当にどうもありがとうございました。
 

2:38 01/11/04【Work In The Fair】

★ICU祭一日目。売り上げは好調です。
柔道部がマッサージ屋をやっていたので肩もみしてもらいました。極楽極楽。っていうか気分は既に老人。

★私の大学の図書館は、どれだけ延滞しても規定の罰金を払えばチャラ、という、
さすが金の亡者・私大にそぐった微笑ましい制度を採用しています。
2年前アメリカのオスマーさんが寄付してくれた38億円はどこに行ったのでしょう?
ちなみに罰金は、1冊1日につき10円です。

先日催促が来たので、1年分の罰金を払いに行ったのですが、
総額ズバリ4600円でした。
卒論に使う本は卒論枠で借りているから延滞料金はかからないはずなんだけど……。
何をそんなに借りたんだ? 私。
っていうか、何を何冊借りてもいいから返せよ。

そういえば、1年前の今ごろも、やはり延滞料金で5000円近く払っていたような気がします。
学習能力あるんか? 私。
 

22:56 01/11/02【Trip To The Fair】

えーと、宣伝です。明日と明後日、ICU祭です。うわっ、ちょっと奥さん聞いた? ICU祭だってよ? 大変だ、こりゃ行かなくちゃ! 今時ICU祭に行かないなんてイケてないって感じぃ〜?みたいな〜?
というわけで、ICU祭にいらしたあかつきには、本館3Fラウンジ、これだね。
そして企画名は「ペン(先)バザー」。これが通の行くところ。
「ペン(先)バザー」ってのは、古本とか、古着とか、CDとか、雑貨とかが豊富な品揃えから激安で手に入る。その代わり、気の弱い人は会誌「なんのきこのき」を売りつけられてしまうこともある。これ。
で、ついでに会場に展示してある絵や詩も鑑賞できる。これ最強。
というわけで、ICUペン(先)クラブのペン(先)バザー@本館3F」ラウンジ、よろしくお願いします。
 
23:33 01/11/01【過去の恋】

ICU祭で使うものを買うためにユザワヤ(ビル1つ使った巨大な手作り用品屋さん)に行く。
そして、手芸フロアの面積の半分以上を「毛糸」が占めているという事実に驚く。
世の中に編み物をする人ってこんなに多いのか。

そういえば私も、昔は編み物に興味があったときもあったっけ。
好きな男の子に手作りセーターをプレゼントしようとがんばったこともあった。
結局バレンタインまでに完成しなくて、彼にあげることはできなかったけど。
今となっては懐かしい思い出です。

それ以来、編み物を趣味にするのは諦めてしまった。
あれは確か小学生の時だったなー。

↑諦めるの早すぎ。
 

23:40 01/10/31【理由】

「今日から(実質何も変わらないけど)うちはテキスト系サイトってことにする」
と、数ヶ月前に日記に書いたような気がしますが、
(実質何も変わらないけど)テキスト系サイトであることに飽きてしまったので、
(実質何も変わらないけど)テキスト系をやめることにします。
今日からここは、文学と哲学と音楽と喫茶店学のサイトです(実質何も変わらないけど)。
 

[home]