>>home
>>back
>>next
23:40 01/02/28【今日、明日が峠です。】

てすとてすとてすと。
メール・カキコのレス、遅れていてごめんなさい。
 
17:00 01/02/27【テスト勉強しております。】

今年はどーも花粉症が例年ほどひどくない、と思ったら、
じんましんの薬が花粉症にも効いているみたいです。
確かに両方ともアレルギーだけどさ。
薬って、けっこう曖昧なんだね。
(そういや、正露丸が「歯痛」に効くって知ってた?)
 
0:40 01/02/27【L.O.V.E. ONE MORE DAY ……】

昨日の続き。お話の結末を思いついたとき、
私は「思いついた!」じゃなくって「判った!」と叫ぶ。
これは、複雑な方程式が解けたときの喜びに近い。
多分、私にとってお話を書くことは、与えたれたキ−ワードに潜む唯一の真理を探る行為なのだろう。
もしもプロだったら、何か書けばお金が入るわけで、それだけで書く意味があると言える。(お金とは実際、世界で最も重要な意味の一つだ)
書いても何も報酬がもらえないのに書く理由は、それが唯一のものだからだ。

ふう、酔ってるわ。支離滅裂でごめん。
先刻までおさないさん、大鳥さん、CHRISさん(あ、全員相互リンクだ)と一休で飲んでましたさ。明日からテスト期間なんだけどね。
 

19:01 01/02/25【結末】

A君とB君、どっちもそこそこ素敵だけど、どっちを恋人にしようかしら。
なあんて思っているときは、どっちも恋人にしない方がいい。
本当に好きな人が現れれば、迷う余地もなく「この人しかいないっ!」って思えるはずだから。

結末をAにしようか、Bにしようかと迷う小説なら、書かなくていい。
少なくとも作者にとってただ一つの道筋とただ一つの結果しかあり得ない物語でなければ意味がない。

結末に迷ったらどちらも捨てる。
そして新しい、唯一の結末が降ってくるのを待つ。
そして気が付くと〆切は過ぎている(爆)
 

23:21 01/02/24【リアルにはリアリティがない】

拓人氏からもらった小説の同人誌を読んだ。
先週の火曜日ハブ馬場店でもらったやつだ。
「この冊子の中では俺の作品ぐらいしか読む価値ないよ」
と(酔ってたとはいえ)堂々と言ってしまう彼は凄い。そして、読んでみると確かにそうだからもっと凄い。

たとえば主人公が失恋したとして、行きつけのバーのカウンター席でスコッチをすするよりも、ボロアパートに帰って発泡酒をがぶ飲みしていたほうが絶対にリアリティがあるよね、という話をした(もちろん、先週の火曜日に)。

私はユニットバス付き1Kに住み、CDを聴き、スターバックスでエスプレッソを飲み、集めた30種類のスパイスでタイ料理やイタリア料理を作る。それが私の日常だ。
なのに、ユニットバスより銭湯、CDよりレコード、エスプレッソより味噌汁、ボルチーニとモッツァレラのショートパスタよりも喫茶店のナポリタンによりリアイティを感じる。
実際にはそんな生活は経験していないのに。私のリアルではないのに!

あるいは、時代そのもののリアリティが失われているのだろうか。
 

15:23 01/02/23【でも一応可愛い】

前にも書いたけど、今まで人に言われて1番嬉しかったホメ言葉は、
「でも一応可愛い」だった。(発言元は、毎日新聞キャンパるの1コ上の誰かだったと思う)

私の中には女性らしさをアピールしたい気持ちと否定したい気持ちが同居していて、
だから、例えば自分がバカじゃないということ、酒が強いことなどをアピールしつつ(実際に頭がいいかどうか、酒が強いかどうかは別問題だが^^;)、可愛い洋服を着て可愛く化粧している(実際に可愛いかどうかはまた別問題だが^^;)。

大抵の人は、どちらか一方しか認めてくれない。私を「可愛い」という人は私の能力を見てくれなかったし、私の能力を評価してくれる人は決して可愛いとは言ってくれなかった。両方を認めてもらえたのは、キャンパるが初めてだった。

認めてもらえないのは当然だ。その2つを両立させるためには、間に逆説の「でも」を入れなければいけないのだから。
 

22:37 01/02/22【国語の授業は大嫌いでした。】

★パクリだ、いやリスペクトだ、という論争が絶えないのは、リスペクトという言葉の曖昧さ故ではないだろうか。リスペクトとは直訳すれば尊敬であって、引用というニュアンスは全くない。この際「本歌取り」と呼んだらどうだろう。やってることはまさに本歌取りなのだから。

にしても、日本でビートルズとかツェッペリンを本歌取っているアーティストの多くが、ビートルズもツェッペリンもよく聴いたことがない世代をターゲットにしてしるのは何故だろう。

★創作活動のきっかけを「学校の授業」だったという人が意外にも多いことに驚いた。

私は、国語の授業も作文も大嫌いだった。教科書に載っている文を読むのは楽しかったけど、教師の解説は陳腐だったし、良い作文と悪い作文の違いは教師にとって都合がいいか悪いかだと思っている、生意気な中学生だった。

#もっとも、小学生だった頃は私も素直で教師に何を期待されているかを読みとるのが上手かったので、6年連続で夏の読書感想文で入賞していたが^^;

たとえば、ある友人が、学級対抗合唱コンクールの詩を書いたのがプリントで配られてホメられていた。内容は、「今まで練習が辛くて仕方なかったけど、ステージの上でみんなの心が1つになる感覚を得て、頑張った甲斐があったと思った」ってな感じで、私にはひどくつまらない詩に思えた。

あの日のステージの上には、もっともっといろんなもので溢れていた。でも国語教育は、感覚の海の中からみんなの心が1つになった感覚だけを見て、演奏前に指揮者が棒を上げた瞬間の真空も、乾いた照明が肌を刺す感覚も、楽屋で高まる胸の音と前のクラスの演奏が微妙にズレていく奇妙な感触も、見ないこと推奨している。

あえて言うなら、私の創作活動の原点は「学校の授業」ではなく、
「学校の授業への反発」だった。
 

15:55 01/02/21【真っ白な君のドレス 赤いワインこぼしたのは誰?】

部屋のじゅうたんに、真っ赤なしみが出来てしまいました。

あ、いや、違います。切ってません。大丈夫です。この歳になってもう切ったりなんかしません。しませんってば。

つまり、真っ赤なアイシャドウを白いじゅうたんにぶちまけてしまったわけです。掃除機で吸い取れるだけ吸い取ったあと、濡れティッシュで拭いてみたら余計にしみが広がっただけでした。どうすれば取れるんでしょう。色が赤だけにいろいろ妄想ができてしまい、精神衛生に悪影響を与えそうです。
 

0:36 01/02/21【スイッチ】

日本語だけ話すのは楽だ。英語だけ話すのも、易しくはないが疲れない。一番体力を使うのは、日本語と英語をチャンポンで話す場合だ。それぞれ脳の別の部分を使って話しているらしく、日本語モードと英語モードを切り替えるときにものすごいエネルギーを消耗する。

同じように、ロックを聴くときとポップスと聴くときは、別の脳を使っている。少し前までは脳も柔軟で即座に切り替わったらしく、ロックを聴いた直後にポップスを聴いたり、その反対のことをしても違和感を感じなかった。最近は駄目である。ロックモードとポップスモードを切り替えるのに無駄に体力を消耗する。切り替えるのがめんどくさいので殆どポップスを聴かなくなってしまった。

私は幸い2つの脳で済んでいるけど、人によってはこのほかにジャズ脳とクラシック脳とテクノ脳とパンク脳とブラック脳とかが全部同居してたりするんだろうな。どうやって切り替えてるんだろう。
 

7:07 01/02/20【芸術は装飾品ではない。武器である。(byパブロ=ピカソ)】

★水戸市国際交流センターの会報が送られてきました。私が夏にホストファミリーにあてて書いた文章が勝手に転載されてました。そんな話、全然聞いてません。著作憲法違反だと裁判起こしたら勝てますか?しかも誤植してます。水戸市民の方いらっしゃいましたら、最後の1文、「効果」じゃなくて「成果」ですのでよろしく。

★異性が4人以上音楽をやっていると、どうしてその中から最低1人は好みを見つけられるのだろう。単純に確率論ならば世の中に存在する歌手の4人に1人は好みのはずなのに。そうなっていないのは、「選ぶ」という主体的行動をとらせることによって本当にその子が好みなんだと錯覚させるテクニックが用いられているからだ。
「恵まれない子どものために、この絵はがきを300円で買って下さい」
と言われたら断れるのに、
「恵まれない子どものために、どれか買って下さい。壺10万円、絵8万円、本3万円、絵はがき300円なんですけど、どれがいいですか」
と言われるとつい「じゃあ絵はがきを」と言いたくなってしまうのと同じ原理。

だから私のDave Bainbridgeへの愛はMUSIC PLANTの巧妙な罠による錯覚に違いない。
 

16:43 01/02/19【そもそもR&Bの定義って何?】

いろんな人から激しくすすめられるのでデリコを聴いてみた。まあ、上手いとは思う。が、今ちまたでカッコイイと言われるためには、日本語の未熟な外国人の話す日本語の発音を上手に真似られなくてはいけないのだろうか。そんなに日本語が嫌なら全部英語で歌えばいいのに。

R&Bと言われる日本の音楽が異様に苦手だ。
多分、オシャレ故のリアリティのなさ(現実ってそんなにキレイじゃないぞ、と思う)、聴きやすさ、ずーーーーーっと変わらない、そして誰のどの曲でも変わらない、ミディアムテンポの打ち込みビートの、守りに入ってる具合、進歩のなさ具合が許せないのだと思う。
音楽って仮にも芸術の一種なわけだから、守りより攻めの姿勢が好きだなあ。
(もちろん、形式を破ることそれ自体が目的になってしまったら本末転倒だけどね)

たとえば、街でミーシャが流れていても、私は音楽が流れていることすら気付かずに通り過ぎるだろう。でも、街で「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」が流れていたら、なんじゃらほいと立ち止まるかもしれない。そういう意味では、私にとってミーシャよりミニモニ。のほうが勝っていることになる。

冗談を言っているわけではない。どうも最近、J−POPでもそこそこ上手い人がこぞって守りに入ってしまってるのが残念でならない。
誰か、デスメタルR&Bとか、変拍子コバイア語R&Bとか、やってくれないだろうか。それこそ、ミーシャとかデリコぐらい上手い輩が。やってくれたらファンになるのに。いや、どんなのになるか私も全く想像つかないけど。
 

13:59 01/02/18【あおぞらだってひとりなんだね】

★昨日ジャニスで借りてきたCD群を聴く。最近はドイツづいている。ドイツ哲学とドイツ文学のレポートに追われているせいだろうか?(関係ない)そしてCD−Rで焼く。さあ焼け、焼きまくれ、個人で楽しむのは合法だ。でも某氏にすすめられたKAYAKはif的には微妙だったのです。

★毎日新聞キャンパるの昨日掲載分、誤植なのか誤解なのかおもいっきり本意でない文章にされていて不愉快。お暇な方はif→itself掲載バージョンと見比べてみよう。
 

3:21 01/02/18【Hamatai!】

今まで私はずっと、自分は方向音痴だと思っていました。しかし、どうやら方向音痴なのではなく、ただ他力本願なだけだったみたいです。誰かと一緒にいると安心してしまって、此処はどこだろうなんて考えていなかったのです。1人ならちゃんと方向感覚は働くんです。その証拠に、今日は富士見ヶ丘から東小金井まで迷わずに歩くことが出来ました。しかも帰ってから地図で確認したところ、ほぼ最短距離を通ってきたみたいです。もう二度と私のことを方向音痴だとバカにするのはやめて下さい。

え?何故に富士見ヶ丘から東小金井まで歩いたのかって?だって井の頭線の終電って、富士見ヶ丘までしか行かないんだもの。というわけで、プログレオフ会@渋谷ダンケ、大変楽しゅうございました。皆さん良い方ばかりだったし、好きなアーティストもそれぞれで、参考になるお話をたくさんうかがえました。次回もきっと参加させていただきますのでよろしくお願いします。
 

10:30 01/02/17【woven cord】

行って来ました。IONA初来日@南青山マンダラ。
セットは全てアコースティック、インタビュー、抽選会、サイン会付きという豪華さ。
11月に発売されたチケットを2月に買ったので、多分私が一番最後の頃だと思うんだけど、整理番号は93番ってあたりが……。何しに日本に来たんだろう。海外旅行?

さて、外苑前で降りて、例によって微妙に迷いつつ、会場へ。
ワンドリンク付きなので、やはりケルトな音楽を聴くのだからとアイリッシュウイスキーをロックでもらう。
ステージとの近さにドキドキしながら、演奏が始まった

ジョアンヌの声はCD以上の美しさだった。
どっから声が出てるの??クリスタルボイスの名はアニーよりジョアンヌの方が似合っている。
ルネッサンスの天使はアニーの中にいる。でも、アイオナの天使はジョアンヌの中ではなく、視線の先にいる。天使の光を反射して、あるいは透かして私たちに届けてくれるのはがジョアンヌのクリスタルだ。
そして泣きまくるトロイのパイプとホイッスル、フランクのバイオリン。
ドラムではなくパーカッションなので、よりケルトな雰囲気が漂う。

ステージの上では常に冗談が飛び交い、アットホームな雰囲気だった。
そういえば、ジャケットの写真を見ても、パンフレットを見ても、いつもアイオナのメンバーは笑っている。(注:フィルを除く)
今日も、やっぱりみんな笑顔で演奏していた。(注:フィルを除く)
やはり、アイオナには笑顔がいちばんふさわしい。(注:フィルを除く)

客層は、おじさんが6割、おばさんが3割、若者1割というところ。
みなさん、何でアイオナを知ったのでしょう?
白状してしまえ。初めてディスクユニオンで「アイオナ初来日!」の文字を見たとき、「誰それ?」と思ったのは私だけじゃないはずだ。そして試しにニューアルバムとやらを買って聴いてみて、2曲目の出だしの声に打ちのめされた人はたくさん居るはずだ。
今日こんな素晴らしい時間を過ごせるなんて、最初にCDを買ったときは想像してませんでした。

もうバイトの時間なので続きはまたあとで。(続くのか?)

(↑続いた)メンバー直筆サインをここに置いておきます。
一声かけていただければ転載もオッケーです。
 

12:48 01/02/16【ごめん、口が悪くなってる】

忙しいから鬱になっているのに、「鬱って暇だろ?」とか言われると殺意さえ覚えます。大っ嫌いで無視してる男に「あんま喋らないね。シャイなんだね」と言われるのと同じくらい腹が立ちます。
暇じゃねえっ。ついでにてめえは眼中にねえっ。

とにもかくにもジョアンヌに会って癒されてきます。
 

22:29 01/02/15【IONAまであと1日。】

いいかげん携帯の料金払えよ、とあなたは言うかもしれません。でもでも嫌なんです。今の状態が快適なんです。

午後10時過ぎにバイトor部室から帰宅。今日も一日疲れたなー。お腹もぺこぺこだ。ちゃっちゃとごはん食べてレポート書くかー。

着替えてごはん作って、11時近く。いただきまーす。と、そこに携帯の着信音。

私は「今食事中だから……」と断れない性格なので、そのままだらだらと話してしまう。ああご飯が冷めちゃう。この人、なんでこんなに話すことがあるんだろう。電話代怖くないんだろうか?

電話が終わったときはすでに日付が変わっている。とにかくお腹が空いているので冷えたご飯を食べる。今からレポートやってもどうせ終わらないなー。酒呑んで寝るか。

と、このパターンを今まで何回繰り返したことでしょう。
そんな生活もういやです。当分の間、電話は止めておきます。
 

2:45 01/02/15【were we ever colder on that day】

NKH学園ネット短歌コンクールに入賞しました。
おめでとう、私。
ここここに載ってます。

突然「好き」と呟きたくなることがある。
別に誰が、というわけではなく。
その時たまたま彼氏がいれば、「きっと今私は彼のことを好きだと言ったに違いない」と納得できるんだけど、別に彼氏も好きな人もいないときでも、「好き」と呟きたくなることがあるから、この「好き」はいわゆる恋愛感情とはちょっと違うものなのだろう。
私は何が欲しいのだろう。何を求めているのだろう。答えを出すためには語彙が少なすぎる。

あ、今の自分、落ちてる。最近つぶれるまで呑んだり後先考えず浪費したりとちょっと情緒不安定。勉強は進まないし、携帯はまだ止まってるし、はあ。
 

0:36 01/02/14【気がつけば2月14日。】

眼中にない相手なら「バイバ〜イ」と言い残して逃げればいいだけなので楽なんだけど、下手に好みだったりすると自分の中に生じた迷いがますます事を荒立ててくれることがある。
好きな人と好みの人の間の距離って、好みの人と好みじゃない人の間の距離と同じくらい離れているのにね。

今1番気になっている人(2番がいるの?というツッコミは却下)は、今月中に会える機会は皆無、メアドは知ってても住所も電話番号も知らない、そもそも向こうが私の顔を覚えてくれているのかも確言できない、実を言うと私も彼の横顔しか思い出せないという、それで何故気になりだしたのか謎としか言いようのない有様なので、当然プレゼントしたくたって出来ない。

論理的には、「チョコを渡したいので会いましょうというメールを出す」「チョコを送りたいので住所を教えて下さいとメールを出す」という手段もあるけど、論理じゃないのよ論理じゃ。神は死んだんだし、実存は本質に先立つし、公理と推論規則から構成された体系が無矛盾で有限主義的な自然数論を生み出すほどに豊富ならばそれらの公理と推論規則からのその無矛盾性を主張する命題は証明不可能だし、近代科学のせいで環境破壊が起こってしまったわけだから、やはり叶わぬ恋は叶わぬ恋なんですわ。

おかげで例の行事への参加意欲は限りなくゼロ。ごめんなさい。参加しません。そのかわり、テスト終わったら紅茶のシフォンケーキでも焼いてきます。
 

13:35 01/02/13【隠語によって得る連帯感ってすごく虚しいと思うのですが】

今朝、日本中でMAGMAが大ブレイクし、幼稚園のお遊戯大会でも小学校の全校朝会でもBGMに流れているという夢を見てうなされました。恐かった……。

最近いろいろといろいろなところでいろいろだったので、ここは1つ私もいろいろといろいろやってみようかといろいろ思っています。
携帯止まってます。着信拒否じゃありません。本とCDと酒を買うお金はあってもJフォンに払うお金がないだけですのでご安心下さい。
あと、プロフィール微更新しました。
 

22:24 01/02/12【communication break down】

私がブラクラが貼ってあるような場所に行かないのは、ブラクラが恐いからではなくブラクラ貼るような人と同列にされたくないからです。

目的のないコミュニケーションよりも、目的の(漠然としていても一応)あるコミュニケーションの方がわたし的には楽しいと思うわけで、掲示板しか機能してないサイトや掲示板のみのサイトに魅力を感じられないのはそういう理由からだと思うのです。コンテンツ(とifが言ったとき掲示板は含まない。)の中に、目的は自ずと示されている。インタネは、そしてインタネにおけるコミュニケーションは、それ自体が目的なんじゃなくて何かもっと大きいもののための手段にしたいと思います。
 

17:24 01/02/12【彼女のスキンヘッド】

昨日はバイト後、きぃさんの家に泊まった。何を隠そう、彼女が髪を剃って坊主頭になると言い出したのだ。2DKのアパートには最大30人の人が集まり、みんなが見守る中最後の一束が切り落とされた。

キャンパる繋がりの人、大学繋がりの人、ネット繋がりの人、誰だ誰なんだかよく分からないまま飲み明かし、翌朝は無意味にモーニング娘。やタッチのビデオを見てまったりと時間を過ごした。あれだけ無意味に時間を消費したのは2年ぶりぐらいかも。

問題の彼女の雄姿は、今週土曜日の毎日新聞夕刊、「まいぶーむ」というコーナーで見られます。近々本人のホームページにも写真が載るそうで。お楽しみに。

さて、私が「まいぶーむ」の記事を書くのはよりにもよって彼女の次なんだけど、坊主頭に対抗できる記事を書くためにはどうするべきか。7色のモヒカン頭とかにしたら勝てるかな。……いや、いつから「まいぶーむ」ってそういうコーナーになったんだろう?
 

2:22 01/02/11【Confusion will be my EPITAPH】

某チャットで、西新宿にあるらしい、という以外詳しくは知らなかったプログレ専門店のホームページを教えていただいた。
うぐぅ。あと一日早く知りたかった。今日、西新宿付近に居たのに。っていうか、またお金の使い道が増えてしまいました。どうしてくれましょう。

長唄研究会の発表会@江戸東京博物館では、sakuraちゃん、ゆりゆりさんの着物姿を拝むことが出来ました。少ししか観られなくてごめんね。私のせいじゃありません、両国駅の構造が悪いのです(←迷ったらしい)。近そうに見える出口の方が実は遠いなんて、不親切どころか悪意すら感じます。ええ、決して決して、私の方向感覚がないだなんて、そんなこと……。
 

22:02 01/02/09【falling words, angel's shadow, heaven's gift】

日本民俗舞踊同好会の公演を観に行く。
入場料無料でこの内容の濃さは素晴らしいです。お祭りで踊るような賑やかな踊りばかりだったので知識がなくても退屈しないし。

その後、キャンパるの取材(大学の近くの温泉、というテーマ)で深大寺に最近オープンした「ゆかり」という温泉に行く。
私は大学からチャリで行ったけど、他の4人は武蔵境駅からのシャトルバスでもう着いていた。
ここ、「風水温泉」らしい。風水って、どっちの方向に山があると縁起がいい、って感じの思想だよね。つまり、建物の作りかたが風水的に縁起がいいってこと?弱いなー。と思ったら、随所に陰陽五行説っぽい説明が書かれている。まあ、風水って陰陽五行の民間バージョンだし、許容範囲内か。

1000円の「カラスの行水券」(1時間券)を買い、いざ中へ。
た、楽しい。
まず目にはいるのは、派手な電飾の施されてくるくる回る水車。「風水電光水車」なんて札が立っている。露天風呂の中心は噴水がわき上がり、緑やピンクの光に照らされています。何かが決定的に間違ってます。
赤銅鈴之助という風呂は、部屋全体が真っ赤な照明、お湯も床から真っ赤な照明、水蒸気も真っ赤に照らされ、低周波音楽が流れていました。風水って何?温泉って何?全ての疑問を無言のうちに却下し、納得させてしまう力(もちろん神秘の力ではなく腕力)がありました。「香り風呂」の説明に「最近、あっちのほうはいかがですか?年だからと言ってあきらめないでください。あなたが今夜成功することを祈っています」と大まじめに書かれているのを見たとき(つまりそういう湯らしい)、ついにキャンパる一同キレて大爆笑。

本当に健康にいいのかは分かりませんが、笑えることは保証します。他にもいろんなお風呂があって楽しいし、1000円は安い。一度行ってみる価値ありです。
武蔵境、調布から出ている無料シャトルバスを利用するのが一番便利ですが、ICUからチャリで行く場合は東八を東進、武蔵境通り(ドンキの手前)を右折、神代植物公園を過ぎて深大寺通りを左折、バス停「深大寺」の前の細い道路を右折、上って下りると広い道路に出るので左を見ると「ゆかり」と書かれた建物があります。

久しぶりに湯船につかったら、ポジティブな気分になりました。(ハッ、まさか風水作用か?!)願わくはこのポジティブが持続しますように……。
 

18:12 01/02/07【酔っぱらいifの思考回路かくありき】

昨日の日記の最後の1文が、どういう文脈でくっついているんだか理解できない。繋がってるような繋がってないような。何が言いたかったんだ私。どうもここんとこお酒に弱くなったような気がする。気をつけるぞ(何に?)
そういえば、いつの間にか拓人氏がMAGMA好きになっていた。洗脳成功。いぇいv。
 
0:05 01/02/07【ダイナマイトキッド・バンジージャンプ・タランチェラを呑んだ】

キャンパる会議。その後、赤坂飯店@毎日新聞社ビルで夕飯をご馳走になり、HAB@高田馬場で2次会。
最近の私、妙に自虐的というか自滅的というか刹那的な飲み方をしているなあと思う。少なくとも健康には絶対悪い。

10をめざして5が書けている人より、5を目指して5が書けている人のほうが、一般的に評価されているんだよね、と拓人氏は言う。確かにそう思う。でも私は、10を目指して5が書けている人の方が好きだ。少なくとも、そっちの人の方が将来性があると思う。ほんの2、3年前の自分の思想を全否定できる人って格好いいと思う。
 

22:51 01/02/05【初体験】

ルイスさんの持ってきた少女館という恐い写真集を見ながらクラウス・シュルツ(ジャーマン・トランスな人)の音楽を聴いていたら、だんだん脈が速くなってくらくらして、気持ち悪くて、音楽を聴いていられなくなってしまい、あわてて止めた。シュルツ単体で聴いたときは大丈夫だったのに。これって、何かやっぱりトランスしちゃったんだろうか。非合法的なお薬の経験がなくても(抗うつ剤、抗不安剤の経験はあるが^^;)こういうことってあるのね。恐るべきシュルツ。恐るべき少女館。
 
0:08 01/02/05【水に描かれた館】

★2月13日が誕生日の友人がいて、彼女にプレゼントを買うとき「ラッピングして下さい」と言うと毎年のように「セントバレンタイン」と書いた袋に入れられてしまい、仕方ないので「センパイっ、私の想い受け取って下さいっ!」とバレンタインごっこしながら渡していた。
確かにボーイッシュな人だから、ジッポとか選んでいたのがいけなかったのだろう。今年は女の子っぽい店で「誕生日プレゼントです」と言ってラッピングしてもらったのでマトモだった。少し淋しい。

★私が中学・高校の時、異様にハマっていた作家、佐々木丸美が何かの雑誌で特集を組まれたそうだ。これを期に復刊してくれないかなーと思う今日この頃。
作風を説明すると、思想と一体化した独特の世界観を難解かつ美しい文体で描いたミステリー風純文学。しかし常に視点は世界の内側のミクロにある。
1つ1つの作品が、それ自体で完結しつつ実は世界設定で繋がっていて、壮大なストーリーの部分になっている。が、突然の断筆で、北斗興産と孤児と館をめぐる伝説の謎も謎のままになってしまった。
断筆寸前の作品は、神秘主義への過度な傾倒や論理の錯綜が見られ、その辺から断筆の理由を病気じゃないかと疑う人もいる。
いずれにせよ、私が佐々木丸美に惹かれてやまないのは、この未完の謎故かもしれない。
私とあまり変わらない歳で作品を発表し始めた彼女も、私の母ほどの歳になった今、北海道の片隅で何を思っているのだろうか。
ちなみに作品は全て絶版。ヤフーオークションでは定価の数倍で取り引きされています。読みたい人は言ってくれれば貸します。
 

22:12 01/02/03【なんだかんだでIONAの来日ライブも行くことになった】

★最新アルバムしか持ってない身としては濃い客層についていけるか不安だったが、この機会を逃すともう一生来ないかもしれないし。

★バイトの休み時間、毎日新聞社の中にある本屋で、きぃさんが苦手と言っていた桜井亜美という人の小説を見つけたので試しにぱらぱらとめくってみる。5秒で脳内にじんましんが大発生して挫折。
でも、あのテの文体に身の毛がよだつ人って、あのテの文体にハマった過去のありそうな人が多い気がする。あのテの文体に全く縁のなかった人は、せいぜい眉をひそめるだけで、アレルギーまでは起こさない。
かく言う私も(笑)。

★感情でしか話せないヒト。感情で話せないヒト。
 

22:14 01/02/02【また散財】

わああああっ。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
テストモード宣言をしたばかりなのに、そして、科学史のテスト勉強に使う村上陽一郎の本1冊だけ買うつもりで本屋に入ったのに、気がつけば私の鞄はどっさりと重く、お財布は稲造1人分ほど軽くなっていたのでした。

再び宣言。
テスト終わるまで、読みません。我慢してみせます(もちろん陽一郎は除く)。
そして、テスト終わるまで、テストに必要な本でない限り新しい本は買いません。買いませんとも。絶対に。
読まないってばっ。
陽一郎の本は、3日以内に要約をちょこ哲。にアップします。アップされてなかったら殴って下さい。
 

13:51 01/02/02【創る・壊す・守る・破る】

★前から言っているけど、芸術とは何かを壊すことではなく、何かを創ることだ。
既存の枠組みをただ壊すだけの作品は、芸術に関する社会運動かもしれないけど、芸術そのものではない。ドラッグが目的の作品も、ジェットコースターがクリエイティブではなくてむしろデストラクティブであることと同じように芸術とは言えない。
私は、一般的な意味での芸術を見る目はあまり優れていないかもしれないが、このクリエイティブな力の有無を見分ける能力には自信がある。

★ドイツのCDをいろいろ買って、やっぱドイツって不思議と肌に合うんだよな、と思う。
ドイツ文学、ドイツ音楽、ドイツ哲学、みんな好き。
そういえばドイツ人で日本志向の人ってけっこういるかも?
晩年のハイデガー、ヘッセ、エンデ、等々。ドイツと日本って、何か共通点あるのかな。
それとも、単に私が「日本志向のドイツ人」が好きで、無意識のうちに選んでるだけなのか。
 

23:58 01/02/01【アニエスのコスメにハマりつつあるこの頃】

予定通りルネサンスのデジリマ紙ジャケ×2をゲット。
ついでにまだ持ってなかったアトールとファウストも買った。
散財してるよなー。ストレスたまってるのかな?
いや、ストレスたまってなくても買うものは変わらないか。

さて2月です。
そろそろifは、期末テストモードに入らせていただきます。
よって、ifが遊んでるところを見たら遠慮せず殴って下さい。
バキバキバキッ(早速殴られた)。
 

18:16 01/01/31【ハンバーグ理論】

ハンバーグ屋の使命は美味しいハンバーグを提供すること。
たから客が「ハンバーグは不味かったけど付け合わせのポテトが美味しかったし、BGMも良かった」と思ったとしたら、たとえ彼が満足したとしてもハンバーグ屋的には失敗だったということになる。

ハンバーグ屋にとっていいポテトとは美味しいポテトではなくハンバーグをより引き立てるポテトだ。もちろん、ハンバーグをより引き立てるポテトを選んだらそれが美味しいポテトだった、ってなる確率は高いだろう。でもそれは、結果的にたまたまそうだったに過ぎない。

同じように、良いBGMとは単体で聴いて良い音楽のことではなく、ハンバーグの味をより引き立ててくれるBGMのことだと思う。だから多分、客の注意をハンバーグからそらしてしまうようなインパクトの強い音楽は向いてない。BGMが流れていることに気付かれないくらいがちょうど良い。

もちろん私は小説の話をしています。
 

[home]